June 2006

June 30, 2006

『KIKUYA CAFE』のモカフロート

KIKUYA
最寄駅:日ノ出町 / 桜木町
料理:洋食 / シチュー / 欧風カレー
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


午後、遅いランチ。
ハンバーグシチューを食べていた。
最近は、自分の家の延長のような気分になる。
KIKUYAは午後三時過ぎくらいが、一番和む。

マスターがいうように「喫茶店」になる時間帯だ。

この日は、習い事の仲間らしい中年女性のグループでなにやら賑やかだ。
中年て、私もまあそうだし、半分くらいは私より若そうだったけれど。

でも、ああして「奥様方」が集まると、不思議とみんな仕草が似ているから面白い。
声のトーンやらも、なんだか「女学生」な感じ。
ふうん。

なんとなくシチューをワシワシと食べながら(ああ、何度食べても飽きないなあ)、
聞くともなし、見るともなしに隣のテーブルの様子が見える。

驚いた!
なんか「コーヒーフロート」みたいなものが出てきたのだ。
あわててメニューを見たら、確かに「モカフロート」なるものはある。
私は余り甘いものに目が行かないので、そんなものがあるのも知らなかったのだけれど、思わずまじまじと見てしまった。

大振りのグラス(ビール中生くらいか?)にアイスコーヒー(ミルク入り?)と、拳大のアイスクリームにクリームものっている。
こういうのが好きな人なら、即オーダーしそう・・・。

お勘定の時「え〜っ、400円!」という歓声が聞こえた。
特に凝ったものでもなさそうだが、さすがここはやっぱり「喫茶店」なのだった。

ランキングバナー人気blogランキングへ
ところで、私は確かに「中年」だけど「熟年」と呼ばれるには早い!
この辺の年齢カテゴリーって、微妙なんだぞぉ、と、個人的なメッセージを飛ばしておきます。
繰り返す。私は「まだ」中年、です。


アイス発祥の地で作られた「横濱 馬車道アイス」
これは、アイス発祥の地で作られた「横濱 馬車道アイス」だそうで・・・
お中元にどうぞ。アイスクリームの季節だなあ。

珈琲フロート

詩集です。

arima0831 at 04:46|PermalinkComments(14)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote カフェ、ケーキなど | 桜木町・野毛

June 29, 2006

桜木町『長富楼』 なかなかの水餃子

長富楼
最寄駅:日ノ出町 / 桜木町
料理:北京料理 / 中華料理一般
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夜食


わりあい最近、音楽通りにできたお店。

どうも常連客が早くもついているようで、中国東北地方出身の店主がたいてい一人でやっているのを、自分でビールを注ぎ、伝票を書き、テーブルに来た常連でないお客のオーダーを聞き・・・という、なんだかちょっと不思議な空気が生まれている。
 
水餃子が美味しい。
これは、この界隈「水餃子死滅地帯」なので、評価できる。

麺類などは手打ちだけれど、スープがかなりあっさり目。
好みが分かれそうな味・・・ううむ、改善の余地はありそうだなあ。
 
その他色々、メニューで注文する、というよりは、店主の曲さんに色々好みをいって作ってもらう、というのがよろしいようで。
 
ただ、水餃子も含めて料理の味に若干むらがあり、これからがんばってよくなっていくか、それとも・・・と、今後を注目したいお店。
 
店主の曲さんがとてもいい人なので、なんとかがんばって欲しい、と思います。
少なくとも、あの水餃子は水準以上。

あのKIKUYAだって、開店当時は特になにかインパクトのない店だったけれど、二年ほどであそこまで化けた。
このお店はどうか・・・と、単にクサしきれない「なにか」は感じる。

少なくとも、たまにはあの水餃子は食べにいってもいいなあ、と思います。
うちも近いし。

ランキングバナー人気blogランキングへ

北京の小麦粉料理―餃子・焼麦・【ワン】飩・麺・餅・饅頭・包子


家族をつなぐ餃子の時間


ないとなったら自分で作るが、でもやっぱり誰かに作って欲しい・・・。

arima0831 at 23:03|PermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 中華料理 | 桜木町・野毛

June 28, 2006

豚足・・・それは『慶興』 嗚呼、豚の砦な一日!!

慶興
最寄駅:黄金町 / 阪東橋
料理:台湾料理
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食


『たじま』の絶品スペアリブで、欲望の全てを吐き出した満足感に浸っていた。

と、こうしているうち、なにとはなしに伊勢佐木町あたりを散歩した。
お天気もよいことだし、日劇の様子を見てこようかな。
そうそう、こういうときは腹ごなしに歩くと健康的よねっ!

食欲コビトはどうも妙な知恵がついてきたらしい。

かくして、ワタシの売り物である「理性」は完全に猫だましにあった。
そう、夢にまで出た豚足が食べられる『慶興』は、すぐ目と鼻の先・・・。

「豚は山ほど食べたでしょうっ!」と、猫だましに立腹気味の理性に
「でも、この辺まではあんまり来ないよねぇ・・・」と囁くコビト。
「金曜日に山ほど『広東家常菜』の祭典があるんじゃないのっ?!」
「でも、アレは広東。こちらは台湾ですねぇ・・・」

と、自分同士でかなり激しく言い争う間に店についてしまった。

なにしろ、体調を崩して禁酒自宅謹慎中にseikoSTDさんが、あんな記事をのせるからいけないんです(あくまで人のせい)。

ピータン、豚足、香菜つけて!
キープ済みの紹興酒をチビチビしながら、夢にまで見た豚足を味わう。

んんんん〜〜〜〜ふにゃあん。

ピータンはマスターによると、産地は厳選しているけれど熟成度は割るまでわからない、との由。
本日、中吉。でも美味しい。

切り昆布の漬物も、口がさっぱりして、これはビールに合います。

そこでマスター
「うちの蜆食べた?」

数分前に奥のテーブル用に盛っていた「蜆」をついつい凝視していたのが、
わかってしまったのかしらん・・・。

ちょこっともらうと、これはもう、紹興酒がもう一杯です!
蜆は肝臓にいいんだよねぇ…と、瞬く間に食べてしまう。
大振りの蜆に肉厚の中身。
うまく染みた味は奥深い。

うっとり。

伊勢佐木町界隈は、ほとんど魔窟だ、と最近思います。


追伸:
ところで、ブタ話のついでになんですが(関連性・・・なし)、ほんまサンのブログにワタシが密着しているうちに、なんだか「ふたつセット」という勘違いが・・・。
あの〜、私はほんまサンの足跡をたどっているだけでして、格が違うの。
実を言うと、尊敬しているの。多分メイビー、インシャアッラー、とってもステキな人だと思うの。

いや、人格とかそういうことではなくて「ブログの内容と充実度」ということですけれど。
ほんまサンはね、えらいの。
彼がメインディッシュなら、ワタシはただの「オマケ」ですので・・・。

ちなみに、ワタシのところへのアクセス元ナンバーワンはtaputapu・・・。

ほんまサン、コテイベーカリーのメロンパンとハクライ屋のコロッケパンくらい、いつでもご馳走しますからっ!

ランキングバナー人気blogランキングへ
日劇は、帰りに前によってみた。
ここに賑わいが戻る様子を、また見たい。


ブタの絵本

なんとなく、可愛い・・・。


arima0831 at 06:00|PermalinkComments(10)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 中華料理 | 日ノ出町・伊勢佐木町

絶品スペアリブ!『西洋料理 たじま』 嗚呼、豚の砦な一日!!

西洋料理 たじま
最寄駅:黄金町 / 南太田 / 井土ヶ谷 / 石川町 / 山手
料理:洋食 / ステーキ / ハンバーグ / スペアリブ / 西洋料理一般
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食


土曜日に、山ほど羊肉を食べた。
脳みそに未練は残るが、まあ当分羊はいいや。

で、なんかの弾みで『豚』というキーワードが意識上に上がる・・・

「スペアリブが食べたいっ!!」

と、某所にて叫んだら「それならここだねえ」と。
 
一見普通の、こじんまりした洋食屋さんです。
 
ランチは750円ですが、あえて1500円のスペアリブをオーダー。
一緒に「海の幸と野菜のミックスサラダ」も。
一人前850円、二人前1050円。かなりボリュームもあり。
 
このサラダが、プリプリのえびにホタテにイカなどなど、惜しげなく入ってて、ちょっと豪勢。ついつい白ワイン一杯。
 
そして、もんのすごいボリュームで、お皿山盛りのスペアリブ登場!
「わっ!」と、オドロキと喜びの叫びが上がります。
 
いい感じに美しく照り輝くスペアリブ。
いかにも美味そうに、熱い湯気を立てる骨付きの肉!!

問答無用でかぶりつくと、手が熱いっ!
でも手で骨しゃぶるこの快感よ!

ぐわしぐわしっ!と齧りついていると、幸福感がこみあげてきます。
白ワインお代わり!
このスペアリブには、赤よりフルーティーな白が合います。
 
お店は実にわかりにくいところにあるのですが、聞けばTVで雑誌で、結構有名なお店なのだそうで・・・だから皆さん、きっとご存知ですよね。
 
気さくなご主人と、明るくて優しい奥さんがステキです。
 
他にも、ハンバーグ、グラタン・・・などなど、アレコレいろいろ。

問題は、場所です。
自分でもどうして辿り着けたか、謎・・・。

でも、桜木町からバス一本で行けることは行けるんですよ・・・。

しかし「豚の砦構築」は、同じ日にまだ続くのでした・・・。


ランキングバナー人気blogランキングへ
続くと言うからには、まだこのあとに続くのです。




豚料理大全―究極の伝統食と創作料理が一冊で学べる


ミニブタの医・食・住


arima0831 at 04:43|PermalinkComments(2)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 西洋料理 | その他横浜

June 27, 2006

レバノン料理の会 写真をあと二枚

実にまことに嬉しいことに、皆さんが色々と写真を御提供くださいます・・・。
今回はserinさん御提供です。
ありがとうございます。


コナファ件の「コナファ」は、こんなお菓子です。

アラブ世界では一般的なお菓子だけれど、大抵はべっとりとシロップ漬け。
一口噛めば、奥歯からコメカミに痛みが走るほど甘いもんです。
だから「コナファだす」とジアードさんが言った時「いらない!」とか言っちまったのですが、強く自信を持って勧めるので「ま、アラブ菓子の強烈な甘味でキーンも一興か・・・」と、お願いしたところ・・・

ごめんなさい。
ワタシはアラブのお菓子をまるでわかっていませんでしたっ!!

あ〜文章を書く手が止まる。遠い目になる…こらこら。


コナファというのは、本来はこの写真にあるような細いパスタ状の素材のことで、
現地でも家庭で手作りはあまりせず、専門店でクレープようのような鉄板に、セモリナ粉をほそーく糸状にぐるぐる引いて焼いたものを買ってきます。

ナッツを入れたり、チーズを入れたりと中身も様々なら形も色々。
今回はシンプルにクリームを挟んでオーブン焼きしたものです。

香ばしく焼けたコナファの香り。
優しい甘味のクリームはプルルンとした舌ざわり。
この組み合わせは・・・嗚呼、所詮アラブのベタ甘菓子と、はなっから見くびっていた
私を許して、ジアードさんっ!

甘いものはそう好きでないけど、これはお代わりに走ったワタシ。
元のコナファから作るのだろうから、これはかなり手のかかった一品です。

パイ類いろいろもうご紹介しましたが、前菜で出たチーズやほうれん草など、中身いろいろのパイ類再び。

おいしかったなあ。










ところで、ついあれやこれやで思い出してしまったのは「羊の脳みそ」。
実はレバノン料理では、臓物類もいろんな形で出ます。

羊の脳みそは、現地でも揚げたのが一般的ですが、茹でたのをサラダで、
なんていうのもあります。

揚げたやつは『アル・アイン』のメニューに載っていますが、これがまた上品な仕上がりでおいしいんですよー。
実は今回、こっそり出そうかと思ったけど、最初だしやめておいたものの…

嗚呼、羊の脳みそが食べたいっ!!
と、食欲コビトが叫んでいます。

「もう山ほど食べたじゃないの」
「でもアレは食べてない〜」
とせめぎあう自分と自分。

アルアインに行きたい人は、いつでも手を挙げてください…。
そうそう、ぐるなびのクーポンがあるのですよ。
内容は各自調べてくださいまし。


ランキングバナー人気blogランキングへ
食欲は続くよ、どこまでも。



ヨルダン・シリア・レバノン〈2004‐2005年版〉


arima0831 at 03:15|PermalinkComments(7)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote アラブ料理&トルコ料理 | イベント

古きよき横浜再び・・・横浜日劇、復活!

ワタシがレバノンノン、イェ〜とか言ってる間に、横浜日劇が再開していた、というニュース(関連性なし)。
でも、一回目は25日配信で25日上映・・・入場者少なく苦戦中、とか。

詳細以下参照。
livedoor ニュース


なにかと「みなとみらい」な横浜。
こういういいオハナシは、是非サポートしたいものです。

ランキングバナー人気blogランキングへ
ところで、アレレと気づかぬうち、2万アクセス越えを昨夜果たして下りました。
seikoSTDさんのご指摘で気がつく始末・・・皆様、ありがとうございます。
三万の時にはもうちょっと気をつけて見てよう・・・。


私立探偵濱マイクシリーズDVD−BOX〈初回限定盤・4枚組〉
濱マイク&横浜日劇!

「ザ・濱マイク テーマ」オリジナル
CDもあります。


arima0831 at 00:10|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote テレビ・映画・芸能界 | 日ノ出町・伊勢佐木町

June 26, 2006

レバノン料理の会〜追加レポート!〜

その後、また色々お写真いただきました。
UPしてご紹介します。

ホブス(写真提供:四十朗様)ホブス、というパンです。これですくって食べるのが基本形です。
ただ、結構お腹で膨らむんで、食べ過ぎ注意。






タッブーリ(写真提供:四十朗様)当日出たタッブーリはこんな感じです。パセリなどがてんこ盛り。
健康的でしょう?






ラブネ(写真提供:四十朗様)ラブネという前菜。白チーズとヨーグルトをペーストにしたものです。
「日本人はこれ嫌い」説が出ましたが「私が好き」という理由でメニューに押し込み・・・きれいに皆さん食べてらっしゃいました。

いや、長年の蓄積があるので、シェフの言いたいことは良くわかるし、とてもただしいと思うけれど、この日集まったメンバーは・・・ふふふふふ。


モロッコのビール モロッコのビール2(写真提供:四十朗様)モロッコのビールが人気でした。














唐辛子の漬物(写真提供:四十朗様)以前に一度ご一緒した某氏より「アレはないの??」というリクエストで急遽追加の「唐辛子のピクルス」。そんなに辛くないけど、たまに「当たり」があります。





テーブル風景(パイなど)(写真提供:クラムボンさま)チーズのパイにほうれん草のパイ+うら若く美しい参加者の皆さん。
隣に野菜が皿盛りになってますが、これをワシワシ生で齧りながらいただくのが現地式。




テーブル風景2(写真提供:クラムボンさま)こ、このようにっ、皆様ご健啖に召し上がってくださいましたぁ〜〜!なお、手前でちょっとだけ残ってるのが「ババガヌーク」というナスのペースト。
レバノンではムタバルというそうです。

夏なんか美味しいんですよねぇ。


まだまだいろんなお料理があって、食べたいものは色々。
是非また企画したいものです。


ランキングバナー人気blogランキングへ
次回から、写真撮影は誰かにお願いしよう・・・と反省している、ダメ人間はワタシです・・・。



カサブランカこの日人気だった、モロッコビール。
その名も「カサブランカ」! 一本350円、です。

たっぷり入ったお徳用!デーツ(ナツメヤシの実)500g入り
そうそう、デザートにデーツ(ナツメヤシの実)もいただきましたっけね。

デーツ(ナツメヤシの実)120g入り
お手軽に袋入りも買えます(504円)



arima0831 at 16:28|PermalinkComments(7)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote アラブ料理&トルコ料理 | 日ノ出町・伊勢佐木町

「レバノン料理の会」レポート

6月24日午後一時より、レバノン料理の会を行いました。

参会者の方の中には「都合で30分遅れますが」などと、ひどく気にして事前に連絡を下さる方もいらっしゃいましたが、基本コンセプトは「アラブ式」。
30分遅れは、はっきり言って「定刻」なのでありました。

一時スタートながら、その10分前、会場はなんとなくまだ設営中。
面倒くさいこと、格式ばったことは嫌いなので、とにかく来た人は好きに飲みものをオーダーして、店のあちこちで適宜飲みはじめてもらいました。

でもまあそのうち一時をすぎて、適度に人も集まったので、適当に好きなお席についていただき、各自でお店の人をつかまえて飲み物をオーダーしてもらい、テーブルにセットされたものは、好きにつついてくださいな・・・というアバウトさです。

尚、記録係として張り切ってデジカメを持って出かけた私ですが、きっぱりと撮影を忘れ、思いだしたのは皆さん帰られてテーブルが片付いたあと(→嗚呼、ダメ人間)。
でも、優しい参会者の方が写真を提供してくださり、プラス夫が以前に現地で撮ってきた写真も交えてご紹介します。

こんなに真面目に写真を出すのって、『ほにゃらら』はじめて以来かも知れない・・・。

まずは冷菜。
生野菜、ニンニクソース、ホンモス(ヒヨコマメのペースト)、ババガヌーク(ナスのディップ)、タッブーリ(パセリのミンチサラダ)、三種のチーズの盛り合わせ・・・といったところが並びます。

これをホブス(パン)で拭うようにして、食べます。

ホンモスホンモス(当日写真:四十朗様御提供)
中東ではヒヨコ豆をよく食べます。茹でただけのものもあるけれど、人気はやっぱりそれをテヒーナというゴマのペーストと合わせたもの。
健康的です。




レバノン料理 タッブーラ
タッブーリ(ヨルダンにてオットが撮影。写真手前)
これも中東界隈ではよくあるスタイルのサラダ。イタリアンパセリを細かく刻み、トマトやきゅうりと混ぜます。レバノンの場合、ブルグルという引き割り小麦を混ぜ込むので、ちょっと面白い食感になります。

この写真では、左側ににんにくソースがありますが、この日はクッベ・ナイという、生の羊ひき肉のお料理に乗せてもらいました。

レバノン料理 クッベJ
本日のスペシャルのひとつ、クッベナイの写真はナイ・・・ということで、夫が現地で撮影して来たものを・・・(テーブルの奥のほうにあるものです)。

この日は、にんにくソースを上にのせてもらいました。



これを出す出さないで、シェフのジアード氏と大激論。

「日本人はこれ、嫌い、食べない!」
「でも、私と私のだんなさんは大好き! 食べる!!」
「アナタとアナタのだんなさんは普通の日本人でないよ」
「いいから出してちょーーーーだい!!!」

結果、皆さん美味しい美味しいと、ほぼ綺麗に無くなり、ジアードさんがびっくりしてました。

この料理は、単に羊の挽肉を出すのではなくて、香辛料を混ぜ、タッブーリと同じようにブルグルを混ぜ込みます。
結構手のこんだ料理なのです。

この会をやったのは、これが食べたかったから、と言ってもいいくらいの大好物。
ああ、シアワセ。

チーズ盛り合わせ三種のチーズの盛り合わせ(写真提供:四十朗様)。
ここは美味しいアラブのチーズを出してくれます。

他にも、唐辛子の漬物とか、ちょこまか色々。
少しはレバノン料理の食卓に近づけたかなあ、と思います。




続いて、温菜(まだ前菜です)。

サンブサックアラブの料理はどこもそうですが、レバノン料理は特に、温かい前菜にパイが色々出てきます。
写真は、ミートパイと白チーズ入りのサンブーサというパイ。
他にも数種類パイが出ました。500円玉よりひとまわり大きいくらいの、可愛いパイです。

あ〜、みなさ〜〜ん、これからがメインディッシュですから〜〜、というと
「ひゃー」「えーー!」の声が上がります。

シシケバブ(by ramurinさん)(写真提供:ramurinさま)これは外せない!
シシカバブです。今日は羊肉のミンチを焼いたもの(コフタ)と、チキンを焼いてもらいました。

ワタシ、実はチキンのケバブを美味しいと思ったことは余りなかったのだけれど、これは別格。微妙な香辛料と鶏の処理がよいのでしょう。
さすがは名シェフ、ジアードさんです。



ケバブ(四十朗さん)(写真提供:四十朗様)ケバブのクローズアップ!
美味しそうでしょう・・・ふふふ。






そしてっ、本日の主役、羊の腿肉丸焼きのピラフのせ登場!

下ごしらえが丁寧なのか、普段日本で食べる羊の焼肉とはまるで違う食感、匂い、味・・・でも・・・スミマセン、写真がありません。
皆様、想像力をフル回転させてくださいまし・・・。

このあと、デザート二種。
この日は、アラブの家庭にでもお邪魔しなければいただけない、できたてのコナファというお菓子に、マハラベイヤというミルクプリン。

コナファというのは、現地で食べると「シュガー・ボム」といってもいいくらい、べとべとの砂糖漬けで、奥歯からこめかみに痛みが走るほどベタ甘いものだけれど、これはワタシ、お代わりしてしまいました。

マハラベイヤは、ローズウォーターの入ったミルクプリンで、脂っこいお料理のあとには口がさっぱりしてするりと入ります。
バラ水は消化整腸作用があるそうで。

映像・・・くうぅぅう!!
スミマセン・・・。

最後の締めは、カルダモンの入ったアラブコーヒー、続いてトルココーヒー。
シーシャ(水タバコ)をぶくぶくと吸うと、お腹一杯でまったりとろりんとします。

かくして、あっという間に三時間半ほどは瞬く間にすぎてしまいました。

ご参会いただいた皆さん、ありがとうございました。

楽しいお話が色々で来て、美味しいものを食べて、大変よいエネルギーをいただきました。

懲りずに二回目は・・・マンサフかな?!


ランキングバナー人気blogランキングへ
あ〜美味かった・・・と、一人で満足しているダメダメ主催者・・・


何度か出してますが、興味のある方はこちらをご参照ください。

Foods of the Lebanon
A Taste of Lebanon: Cooking Today the Lebanese Way


arima0831 at 01:25|PermalinkTrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote アラブ料理&トルコ料理 | 日ノ出町・伊勢佐木町

June 25, 2006

あっこちゃんのW杯観戦記 其の三(アリーマ愚痴付き)

ワールドカップについて、ひとつ言っておきたいことがある。
どうしても言いたくて我慢できないから言ってしまうぞ!

今回のワールドカップで、見るに耐えず、聞くに我慢ならんのは、
ネチネチグチグチイジイジワルワルと、負けた選手達やジーコ監督、
そしてスタッフなどを非難する声の嵐!!

あのなぁ、負けて一番悔しいのは選手じゃないの?
日本の期待をしょって、死に物狂いで練習して、その成果がナニカの歯車の狂いやプレッシャーなんかのために、100%発揮できずに、本当に情けない思いをしているのは選手たちだろう?!

わたしなんぞ、高校生の時800mを東京都大会で走って、最後まで目の前にある一位の選手を抜けずに二位に終わったことがあるけど、今でもあの紺の背中が、何かことあると夢に出て来るくらいだ。

死ぬほど練習して負けるというのは、その程度のレベルの高校生だって、一生夢に出て来るくらい悔しい。

まったく、くだらん非難中傷を繰り返す、超俗悪低レベルなマスメディアには、心底ゲッソリ。

結果はともかく、異国の地でがんばってきた我らが日本の同胞選手たちだ。
「次はがんばろう!ご苦労さん!!」と、前向きに迎えてあげたい。

もー、テレビ見ててそういうやつ出てくると、ケリ入れたくなるけど、
テレビが壊れると困るから我慢してるの。

で、あっこちゃんレポート。
テクマクマヤコン、とか言って、私が化けてるんじゃなくて、別のヒトです。

====================================================

・日本対ブラジル
予定通り5時起きしてテレビをつけるとオイシイところは
おわっいてたな。それにしてもブラジルの監督は失礼なやつだ。
イエローカードをもらってる選手をやすませるとか、主力選手を
途中交代させるとかはいいとしても、ゴールキーパーまで途中で
かえることはないだろう。
どうせなら最初から二番手でくればいいじゃないかーっ。
もぉーーーっ!!!!!

・玉田選手
 お、なんだけっこうかわいい顔してるんじゃないか。

(アリーマ注:え、今頃気づいたの? あたしゃすでにチェック済みさ。
でも、私のストライクゾーンからは球一個ほど外れてるんだけど・・・)

・中田浩二
後半でました。コージはいい選手だとわたしはおもうのだが、
ジーコはそう思わなかったらしく、あまり出番はなかったなぁ。
コージもイケメンだが、ツネさま(キャプテン宮本)ほど人気が出ない
のは、性格が「お笑い系」なのが災いしてるとわたしは信じている。
コージはこれからもがんばってほしいわ。

(アリーマ注:アレはイケ面か??)


・中沢選手
 ツネさまが「一対一に弱い」というのは有名な話で、それとはぎゃくに
中沢くんは「一対一に強い」とわたしは思いこんでいたのだが、この試合を見て
「そうでもないのか・・・(ため息)。」
思い切って言うけどさ、中沢くんの髪型って、安サマににてるよね?
あ、おこった???

(アリーマ注:瞬間むっと来たけど怒ってません・・・言いえて妙だが「髪形」はにとるな・・・)

・次の代表監督
 我が家ではジェフユナイテッド千葉のオシム監督がいちおし。
オシムはぱっとしない(失礼)ジェフの選手を叱咤激励し、まともな
チームに成長させた。
駒不足など気にしないところが日本代表にはぴったり。
しかも日本代表だって世代交代の時期なのでオシムには
若手育成もまかせて安心。オシムの一番弟子は巻選手。
我が家ではマッキーとよんでいます。
試合前に浦和レッズのサポーターはジェフの選手の紹介の時には何の反応もしないが、オシムが紹介されるとブーイングするらしい。
敵はオシムなのだよ。

(アリーマ注:顔が怖いのを惜しむ・・・でも、笑うと微妙にキュートよね。
あくまで微妙に、だが)

・ケニーG
代表監督候補には元セネガル監督のメツさんも挙がってるとの
情報にわたしは笑った。この方は日韓ワールドカップの時
ある雑誌に「ケニーG」と書かれていて我が家では大爆笑だった。
この人が監督になるとなにかと笑えそうだ。

・韓国
韓国だけは決勝リーグにいってくれると思ってたのにー。
これでアジアの出場枠はへりそうだ。ヨーロッパや南米から
「だってアジアはヘタじゃん」といわれても返す言葉もない。
でもアジア代表の中では韓国が一番まともだった。スイスが
意外と強かったのが誤算だった。フランスがトーゴに引き分けると
よかったのだがね・・・。

(アリーマ注:翌日『レバノン料理の会』がなかったら、福富町の終夜営業の韓国料理屋に突撃して「赤いサポーター」と真っ赤に燃え上がりたい・・・と結構夜中まで思っていたが・・・
「あなたは主催者でしょうがっ!」という理性の声が、珍しく勝った。
食欲コビトが「レバノン料理〜」と呟いていたせいもある。
でも、韓国は残念だったなあ・・・)

・元祖
韓国の代表コーチにホン・ミョンボがいると知って感動
しているのはわたしだけか?
ホン・ミョンボといえば元祖イケメン韓国選手である。

・決勝トーナメント
 だいたい試合のキックオフが午前一時である。勤め人には
つらい時間帯だ。さて、どうしたものか・・・。

・ウインブルトン
 ワールドカップが終わった頃にはじまるウインブルトンを見ていると
いままで自分がどんなに下品なスポーツをみていたか実感できる。
いや、「下品にスポーツをみていた」というべきか。とほほ。

・サッカーボケ
 2日の日曜日に「楽天イーグルス対ヤクルトスワローズ」二軍の試合を
みにいくのだが、つい「キックオフは何時だ?」と考えてしまう
自分が悲しい。口に出して言わないように気をつけよう。

・ミントの逆襲
「にんじんをうえるときにミントを一緒に植えると虫がこなくていい」と
本に書いてあったのでほんとに一緒に植えたらミントが大繁殖し、
にんじんの育成を阻害しているようにみえる。わたしはしょっちゅう
ミントをきっている。しりあいが家の周りにミントを植えていると聞いて
わたしもそうしようと考えている。それにしてもミントはすごい。

(アリーマ注:地植えのミントは、ターミネーター並。
あと、気をつけよう、チェリーセージ、パイナップルセージの類。
見る見るうちに、狭い庭を占拠されてしまうのだよ。

ミントは確かに虫除けになるけど、にんじんならマリーゴールドとかパセリのほうがいいかも)

↑コンパニオンプランツ、といいます。
例えばナスとナスタチウムを一緒に植えるとよく育つ、とかいうやつ(本当なんですってば)。

我が家のほったらかしガーデニングでも、なんとトマトに実がつきました。
庭で完熟したトマトほど美味いもんはないので、いまから涎をたらしているの。


ランキングバナー人気blogランキングへ
「オマエ、ほかになんかかくことあるだろうっ!」
ハイ、レバノン料理の会、昨日盛会のうちに楽しく腹パンパンで終わりました(幸)。

詳細レポートは、ちょっと待って下さい・・・写真が、ないんだ・・・(しっかりデジカメをスタンバイして行ったのに、気がついたら会が終わってたの〜(ダメ人間)。



農薬に頼らない家庭菜園 コンパニオンプランツ

わかりやすい本です。お役立ち。

オーガニック野菜の寄植え―花もコンパニオンプランツも楽しむ

ちょっと??な組み合わせの写真もあるが、巻末の解説で相性の良し悪しがまとまって参考になりますです。


arima0831 at 14:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote イベント 

June 24, 2006

桜木町『中屋』 心和む普通の「町の蕎麦屋さん」

中屋
最寄駅:日ノ出町 / 桜木町
料理:そば / うどん
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


お昼を食べて、長い散歩をしたあとに前を通りかかった。
梅雨の晴れ間で、暑かったし、こういうときはちょいと蕎麦なんて食べたくなりますね。普通そうですよね。あ〜お蕎麦でも軽く食べよっと。

今日は、理性が湿気負けして沈黙を保っている。
食欲コビト、圧勝。

で、ふらふらと入った。

前からある店だが、最近新装開店したとの由。
でも、中にある食卓や椅子などは、いい感じに古びている。
 
ざるを一枚。650円。
蕎麦は手打ちで、いい感じにピンと角が立って硬めだけれど、もうちょっと「なにか」が欲しい。でも、蕎麦関係死滅地帯と言えるあの界隈では貴重な店だと思う。
 
盛りはいい。
軽く一枚手繰る、というよりは、しっかり食べる店だ。
いかにも「町の蕎麦屋さん」で、和む。
 
ただ、残念ながら、私の好みからするとツユがちょっと甘め。
でもいわゆる「高級蕎麦店」ではなくて、「町の蕎麦屋さん」としては上出来だ
と思う。
 
うどんのほうが美味しい、とも聞いた。
これからがんばって、もっと美味しくなる店なのかなあ、と思う。

今度はうどんを食べにこよう!

ランキングバナー人気blogランキングへ
うちのそばの蕎麦や・・・


蕎麦ときしめん

何の関係もない書籍(でも、好き)

arima0831 at 00:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote うどん・そば | 桜木町・野毛

June 23, 2006

「中国映画祭」横浜で開催!

昨年まで東京開催だった「中国映画祭」が、今年から横浜開催、というニュース。

7月16日に横浜赤レンガ倉庫で記念イベントをやるとか。

以下参照。
livedoor ニュース


こっちが詳しい。
http://www.kanalog.jp/news/local/entry_22985.html

こういうイベントがご近所に来るのはいいことです。
でも、開催まで一ヶ月もないのに上映作品とか詳細未定・・・おいおい。

ご案内まで。

ランキングバナー人気blogランキングへ
イベント開催は、計画的に・・・(私も明日はレバノンノンだがねーー)



中国超人インフラマン

上映作品じゃありません!
ただなんとなくみてみたいな〜、と・・・。

少林サッカー デラックス版

好きなの、この映画・・・。

arima0831 at 20:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote イベント 

桜木町『ぼんの』〜ちょいといい感じ〜

大阪鉄板屋 ぼんの
最寄駅:日ノ出町 / 桜木町
料理:お好み焼き / 鉄板焼き
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:夕食


最近オトモダチになった、ももまるこちゃんに連れてってもらった。

「お好み焼き」のカテゴリーに入っているし、実際お好み焼きなども美味しいけれど、ここはむしろ「お洒落な焼酎専門バー」の趣。

「お洒落系」というと、どうも中身のないことが多いけれど、ここは酒肴は充実してるし、焼酎の一升瓶が山ほど並んでいて、値段もリーズナブル。
ホルモン焼きが大変美味しかったなあ。

全体に、食べ物おいしい。
でも「お好み焼き屋さん」ではないの。
「飲み屋さん」としては、とても落ち着いていていい雰囲気です。

焼酎に関しては、一升瓶がずらりと並べてあって、これは立派。
どうも小さい瓶からつがれると「焼酎飲んだ」って気がしないし、
オットに言わせれば「一升瓶にあらずんば焼酎にあらず」なんで・・・

これは
「レギュラーボトルのシャンパンよりも、マグナムが美味い」
という理屈と関係が・・・あるのか?
ワカリマセン。

ただし、かなりの人気店で、お店自体もそう大きくないので、最低限行く前に空席の確認を。

「ねぎ焼き」なるものを「江戸前にあらず」と馬鹿にしていたけど、ここの牛筋入りねぎ焼き、美味かったです・・・「大阪もなかなかやるではないか」と、簡単に宗旨替えしたワタシ。
牛筋のとろりんぷりんとした食感て、案外こういう「粉焼き物」にあうんですね。
知りませんでした。

ランキングバナー人気blogランキングへ
それにつけても、美味い鰻が食べたい・・・荻窪遠征、しちゃおうかっ!


絶品お好み焼き・たこ焼き・もんじゃ焼き




お好み焼きの本―関東風、関西風、広島風から世界のお好み焼きまで


arima0831 at 14:40|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 飲み屋 | 桜木町・野毛

June 22, 2006

あっこちゃんのW杯観戦記 其の二

あっこちゃんのW杯レポート PART2
 
・サウジアラビア
ウクライナに4-0で負けた。
前回大会でもドイツに6-0で負けた。そのあとドイツは勢いに
のって決勝まで行ったのだ。ウクライナもこれで調子が
あがるかもしれない。
サウジアラビアに大量点で勝ったチームが決勝に進出する
というジンクスができたらどうする?
ウクライナの強力ストライカー、シェフチェンコは
ボウズ頭にしてしまった。前のほうがずっとよかったのにー。
タグホイヤーの広告はかっこよかったのに・・・。

・トーゴ
予選敗退がきまった。やっぱりな、こういう楽しい
チームは予選で去っていくのだよな。

・オランダ対アルゼンチン
 BSで再放送をみた。後半35分に待望のアイマール登場。
4年みないうちにすっかり大人になって・・・。気分は
親戚のおばさん。あいかわらずかっこいいなー。
で、アルゼンチンのメッシ君もなかなかのイケメンと
わたしは思いますが、ありまはきっと「ガキっぽい」とか
いいそうですね。18歳だもの。

・ファンバステン
 気になるタイトフィットシャツは、コーチとおぼしき人物と
おそろいだった。

早朝の日本対ブラジルは、私は5時におきて後半だけみるつもりだ。
ロベルト・カルロスでるかなー。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
私アリーマは、日本がブラジルに勝つなど、竹槍でB29を落とそうとするようなものでは・・・と不埒にも考えていたのだけれども、ジーコはブラジルの英雄であり、男の面子を重んじ、英雄をないがしろにしないのがブラジル人であり、しかもブラジルは決勝進出が決まっている・・・というわけで・・・という穿った意見を聞いた。

どんなもんでしょう?


ランキングバナー人気blogランキングへ


今すぐ話せるブラジルポルトガル語 入門編


フチボウ―美しきブラジルの蹴球


arima0831 at 22:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote イベント 

June 21, 2006

一部訂正『ブラウステューベルヨコハマ』

ブラウステューベルヨコハマ
最寄駅:みなとみらい / 馬車道
料理:西洋料理一般 / ドイツ料理 / 地ビール
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食


以前記事でご紹介した『ブラウステューベルヨコハマ』に、ある昼下がり、るんるんと行ってきた。
近くにある病院の帰り道。
やれやれ、やっと禁酒令解禁である。
まあ、あくまで自主解禁で、お医者さんに「お酒を飲んでもいいですか?」と聞いたら、
馬鹿げた虫を見るような一瞥のみで、診療が終わったわけだけど。

でも、てくてく歩いてワールドポータースにゴクローする元気があるということは、
まあほぼ平常に戻ったと思ってよろしい。

この店、ヴァイツェン(小麦から作るうっすら白濁したビール。ヴァイスビアに近い)や
デュンケル(黒ビール)が生でいただける、というのは嬉しい。
 
雰囲気はいかにもドイツにありそうな、ビアステューベ風。
昼間の午後もやっているので、ちょっと昼間から静かに飲みたい時や、ゆっくり人と話したいときなどは、場所としてはオススメ。
 
しかし・・・料理もドイツ風。
で、ドイツ「風」なだけで、実に内容が薄い。
何故だかパエーリャだのピザだのと、別にあえてここに出さなくてもよさそうなメニューが
目立つ。
好みもあろうが、ソーセージもザウアークラウトも、特徴も個性もない「和風」。
以前はもう少し料理が良かったように思えるのは、単なる記憶違いだろうか?
 
「ドイツ料理」という期待感を捨てれば、まあ良いかもしれない。
繰り返すが店の雰囲気も悪くない。

しかし、料理はもう少し前向きに取り組んで欲しいなあ・・・「所詮みなとみらい」なレベルだ。

特に「きゃあ」と頼んだブレッツェルは、見た瞬間むっとくるほどひどかった。
見るからに艶のない表面、パサパサの中身・・・。

お願いだ、せっかく珍しい良いビールを出してるのだから、
料理も真面目にやっておくれ!!!

唯一うまかったのは、付けあわせの茹でた芋。

しかし、ビールだけは評価できる。
水曜日は女性サービスデーで、ビール一杯サービス、だそうだ。
せっかくのビールなのだから、もうちょっと美味しく飲ませて欲しい!と切に願いますです。

まあ、午後の早い時間なんか、一人でまったりするにはいいところなんですけれどね。

PP帰り、気分なおしに、同じワールドポータースにある『プレッツェル・プレッツェル』でブレッツェルを買いなおす。







ブレッツェルLaugenbrezel gross
これに比べると若干貧弱だけど、かなり近い。

ちなみに、「プレッツェル」は英語。
ドイツの「ブレッツェル」がアメリカにわたって、なんだかチョコレートやら砂糖がけやら、というお菓子になった。
日本の「プリッツ」は、このアメリカ版の変形だそーで。

とにかく、昔の記憶はあてにならないなあ、と思った次第。
買ったプレッツェルは美味しかったから、齧り歩きで散歩しながらお家に帰りましたとさ。



ランキングバナー人気blogランキングへ
て、いうか、禁酒令下のストレスが生んだ幻想だったのか知らん・・・


ドイツの街のおいしいパンをめぐる旅


ドイツ ビールへの旅


もっと知りたい!ドイツビールの愉しみ

この本、なかなか面白いです。

arima0831 at 12:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 西洋料理 | みなとみらい

June 20, 2006

とあるバーテンダーの過去

横浜の某バーに、もう26年同じところで立っているバーテンダーがいる。

昔々、今のいわゆる「団塊の世代」のオッサンたちがまだ「若者」だったころ、
彼は横浜でもちょっと知れたディスコのチーフだったとやら。
ダンスホールじゃないの?、と突っ込んだら
「馬鹿、生バンド(わ、死語)の入った立派なディスコだ!」
と怒られた・・・そうだなあ、そろそろそんな遊び場もあった時代かなあ。

当時は東京のほうは、営業規制が厳しくて、夜明けまで遊べる場所などなかったので、
米軍基地の恩恵で終夜営業できる、ハマへハマへと遊び人が流れてきたそうだ。

それでもって、いわゆる「団塊の世代」に当たる年代で、当時は女の子を追いかけまわしている「ナンパ系不良」、今も結局相変わらず若い女の子を追いかけ回している「スケベオヤジ」らが、ヨコハマヨコハマとひどく懐かしがる理由が、ふとわかった。
なるほど、アンタタチは、引っ掛けた女の子をヨコハマまで連れ出して悪いことをした思い出があるわけですね・・・ふうん。
それは懐かしかろう。

なお、このナンパ系でも賢いオヤジらが生き残り、メディアで「チョイ悪おやじ」なる小奇麗なまとめかたをしくさったのであろう、と私は思う。
いいけどさ。

で、話を戻すと、遊び場だから結構荒れることはあったそうだ。
このバーテンダーも、若いころはそれなりに暴れたらしい。

そんなこんなの話を飛び飛びにしているうち(所詮は酔っ払いの会話)、
「あの頃、前歯が三本なくなって、差し歯なんだ」と彼は言った。
「そう・・・その時は何が起きたわけ?」
ふうん、そう・・・とうっすら瞳に憧れをにじませてワタシは尋ねた。

「ひでえ虫歯でよ」
「・・・そう・・・あ、そう・・・・」

虫歯が治って良かったですね、ということで、いい歯医者を紹介してもらった。

どっちみち、差し歯のおかげだか口だけは達者なオヤジなのではある。
がんばっておくれ。


ランキングバナー人気blogランキングへ
愛をこめて(フン)。


港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ
中学生の頃、私の同級生は横浜銀行本店前までつるんで出かけて、「行」を「蝿」に瞬間張り替えて、記念写真をとって帰って来ました・・・荻窪からわざわざそのためだけに出かけたのでした。 

横浜ソウル・ブルース

カバーの垢抜けなさが泣けますが、このセレクションは結構お気に入りです。

arima0831 at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 飲み屋 | 日記

June 19, 2006

あっこちゃんのW杯観戦記

告白すると、ワタシ、サッカーには特に興味はありませんで・・・。
今回の注目は、アン・ジョンファン、というところに「真剣さ」が見えましょう。

でも、オトモダチは何故かマニアックなファンがそろっており、おかげでワタシは日産スタジアムのみならず、はるか磐田のヤマハスタジアム、北は札幌ドーム・・・と、なんだかワケわからんうちに結構あっちこっちいってます・・・珍しいものに誘われると必ずくっついていく、と、それだけの話なんだけど。

で、オトモダチのあっこちゃんが面白い感想を送ってくれたから丸パクリ。
以下、あっこちゃんレポートです。


・日本対オーストラリア
たとえて言うならモンテディオ山形対ベガルタ仙台、って試合。
レベルはJ2。よりへたくそなチームが当然のように負けた。
敵はオージーではなくてヒディング監督だったのだ。

(アリーマ注:オットは海外ロード中「日本てどうしてああヘタなんだ?!」とスーダン人に言われまくったそうだ。「アフリカ予選」でグループ5位だったくせに・・・)

・韓国対トーゴ
トーゴってどこよ? というわけで、地図で確認してから試合に
のぞんだわたし。韓国がここで負けたらアジアの出場枠がひとつ
減らされてしまうのではないかという危機感から(だってアジアは
下手くそじゃん、といわれそうな成績だ)韓国を応援していたのだが、
ここでやっとJ1の試合のレベルにあがったような気がしてほっとした。
たとえて言うなら横浜マリノス対浦和レッズとか。
この試合、トーゴのサッカーがおもしろくてついつい当初の目的を忘れて
「いけいけーっ」とトーゴを応援してしまった。
トーゴのサッカーはなんとも荒削りでそれほど凝った戦術はなくて
ひたすらボールを持ったらフオワードにあげてなんとかしてもらう、
という感じだ。でもそのフォワードがスピードがあり、二人で
韓国ディフェンスをかわしながらゴール前までいっちゃうんだ。
「たった二人でここまできたか!!!!!!」とちょっと感動しちゃうぞ。
しかもファールの仕方も堂々と審判の前で相手選手をひっぱったり
けっ飛ばしたりで、無意味なイエローカードをもらったりして。
いやはや、日本人だってもうすこしばれないようにやってるぜ・・・・・。

・アルゼンチン対セルビアモンテネグロ
 わたしの関心は「アイマールはでるのか?」の一点につきたのだが、
ついにでなかった。いや、わたしは後半10分くらいのところで
「もうアルゼンチンは勝ったよな」と眠さに負けて寝たのだ。
そのあとアイマールがでたとしたら悔しい限りだ。
アルゼンチンはすばらしい。世界レベルとはこのことだわ。
なによりディフェンスがすばらしい。アルゼンチンのディフェンスなんて
いままでそれほど注目していなかったが、やはりしっかりした
ディフェンスがいるからこそ攻撃にいけるのだよな、と実感。
それにしてもアルゼンチンの選手は背が低い。日本の選手の
平均身長は出場国のなかでは低い方から三番め、ときいたが、
もしかしてその下はアルゼンチンか?っつーくらいだ。
そのなかでサビオラはひときわ小さい。小さいけど
スピードがあり、体がしっかりと地に着いてる感じがする。
がんばれ「ちっちゃいものクラブ」!!!!!
ちなみにアイマールは「かわいい」タイプなのでありまの
好みではないと思う。

注 「ちっちゃいものクラブ」とはアニメの「おじゃる丸」に
出てくるかたむつりや亀など小さいものたちで構成される
クラブなのだが、わたしは勝手に「背の低いスポーツ選手」を
あつめて「ちっちゃいものクラブ」にして応援している。

・安サマ
ところで、安サマの髪型は天パーなの?
いいシュートでした。

(アリーマ注:あの「クルクルパーマ」はパーマだろうが、元がくせっ毛だったのね、とワタシも思いました。しかし、一回りかっこよくなったなあ、としみじみ惚れ惚れ・・・)

・オランダ対コートジボアール
 オランダの監督は伝説の名ストライカー、ファンバステンであります。
日本人にとっての釜本。しかし、釜本はJリーグの発足当初ガンバ大阪の
監督となり「監督には向かない」ことをみんなに証明してしまった。
思えばあのサングラス姿は「ヤクザの二代目」ってかんじで、あのまま
日本代表監督だったら対外的にまずかったかもしれない。
いっぽう、伝説のファンバステンはといえば、タイトフィットのワイシャツ姿。
腕周りが太いせいか、なんだか「ちょうちん袖」にみえる。ま、かわいいと
いえばかわいい。なぜここまでタイトなのかな? オーダーですかね?
まさかサイズ間違いでもあるまい。
なーんてうちでは話題なんです。決勝リーグでは注目してください。
オランダは一次リーグでは二試合続けて「点を入れてから相手におされるが
なんとか逃げ切る」あぶなっかしい試合のようです。

・プーマ
プーマのユニフォームはテレビで見ると汗でべたべたしているように
みえると我が家の話題です。あれは着心地はどうなんでしょうか?

・ポルトガル対イラン
ポルトガルのフィーゴはわたしは大ファンなのだが、この試合では
なんだかジャイアント馬場みたいになっていた。顔が、ではなくて
雰囲気がさ、「往年のするどい切れ味はないけど、仕事はしてます」
って感じ。あの顔で33歳とは驚く。日本的な基準では45歳くらいだと
思うんですが・・・。
ポルトガルの「ただいま売り出し中」若手はテクニックはすごいのだ。
しかも試合開始から終わるまでずーーーーっと
全速力で走ってた。なかなかおもしろいあんちゃ(庄内弁で「にいちゃん」)
だ。このあんちゃはPKをきめた。
あの先輩たちのなかでPKを蹴らせてもらえるとは根性がすわってるとこを
かわれたのか、若造だから失敗しても許されるとおもわれたのか、
まあ、決まってよかったね。

わたしは目をしっかり見開いてイケメンを探しているのだが、
いまのところ「新人」がみあたらない。
残念だ。

以上、あっこちゃんのW杯観戦記でした。
イケ面レポートをじっと待つ私。


ランキングバナー人気blogランキングへ


ドイツワールドカップ観戦ガイド完全版


ワールドカップ・サッカー スペシャル・コレクション

arima0831 at 00:08|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote イベント 

June 18, 2006

『野田岩 横浜高島屋店』〜シケた季節にシケたうなぎ〜

どうも最近バテ気味なので、朝から呟き作戦に出た。

「なんだか、鰻は関節に効くんだってねえ・・・」
「車があると、すぐに行けるだろうねえ」
「あ、いたた。ここでちゃんと滋養をとらないとねえ・・・」

まるで老婆の繰言か、野村監督現役時代の昔なつかし呟き霍乱作戦であるが、とにかく鰻が食べたかった。
どうも評判は「微妙」なのだが、横浜西口の『野田岩』をイメージして、
オットのそばで朝から言い続けた結果「行くぞ、支度しろ」と相成った。

心の中でガッツポーズを決めて、一応定休日、駐車場の有無などを調べたら・・・

「日曜定休」

えーーーーー!

しかし、高島屋の中に『宮川』があって、ここはなかなか良いぞ、という話を
こちらのブログで読んでいたので、一気に方向を「高島屋」に向けた。

そもそも、急遽変更で焦っていたせいか、私は「高島屋」と「ジョイナス」を間違えていたのだ。
「高島屋」にあるのは、なんと「野田岩」で「宮川」ではなかった・・・
嗚呼、勘違い。

店内の雰囲気は良い。
接客のオバサマたちも、きびきびとよく動いていて感じ良い。
同じ高島屋内の『鼎泰豐』もそうだけど、店作りと接客は、高島屋の場合しっかりしている。
この辺は評価して良いと思う。

しかし・・・まずメニューを見て、どんよりと薄暗い雲が忍び寄る。
とにかく鰻屋で、コースにお造りだらデザートだらのついた「ナントカ御膳」の類が出ていたら、もうそこはすでに「鰻屋」ではない、という勝手に自分で決めた法則があるのだ。

とにかく、私は白焼きが食べたかったので、白焼きのついたナントカ重、オットは「中入り丼」を注文。

出てきたものをみて、よりいっそう気分が暗くなる。

「こちらは食前酒の白ワインでございます」(どこの阿呆が鰻の白焼きに白ワインなんぞ飲むんでいっ!)
「あと、もずく酢、お造り・・・」(酢の物は鰻にあわん!大体、なんだこの、いきなり鰻焼いてる間に解凍してきました風の蛸の刺身は??)

そして何より、漬物がまずいっ!!
「鰻屋=うまい漬物」の法則を、軽く無視しておる。
無視すんなっつーの!!

仕上げは肝吸い。
肝がプリプリン、とお口で撥ねるのが嬉しいのに・・・固い・・・茹ですぎ。

おそるおそる上段の「白焼き」の蓋を開けると、案の定「もあ〜ん」とした
中途半端な湿気が立ち昇る。

ついでに鰻重もみると、やけに貧弱な鰻が、クッタリ、べったりと御飯の上で寝ておる。

「ねー、このワサビ、どうしてワサビの味しないのー?」と、無邪気に聞く夫に解説する気にもなれない。

まあね、鰻の味はしましたが、ものすごく不完全燃焼な気分。
これなら、まだしも『若菜』に行けば良かった・・・。

て、いうか、ジョイナスと高島屋を間違えたワタシが悪いんですけどさ。

お値段は各3990円。

尚、西口で軒を構える『野田岩』は未確認。
まさか、これと同レベルのはずはあるまい・・・と信じたい。


ランキングバナー人気blogランキングへ
これを「自己責任」といいます。
せめて今夜、日本に勝ってもらいたい・・・。


ウナギのふしぎ―驚き!世界の鰻食文化


arima0831 at 22:05|PermalinkComments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote うなぎ | 横浜駅界隈

電子レンジで茹で野菜 〜夏の必需品〜

湿度が上がると、火の前に立つのがしんどくなります。
それでも食べたい、茹で野菜・・・。

確かにサラダは体の熱をとってくれるので、夏場は美味しいものだけど、
それにしたって、食べられる量には限度が・・・。

オススメ品、ひとつ。

これだ!
レンジで簡単 茹でじょうず
レンジで簡単
電子レンジ調理器具、というと、一人暮らし用のちゃちな物が多くて、量をこなせないものなんだけど、これは少量から大量まで対応できる。
使いであり。

内かごになっているから、野菜を洗って軽く水切り、というところから使える。
あとはフタしてレンジでチン!

アホのように単純な構造だけれど、よくできているのですよ。
しかも、茹でたものより美味しい。

鍋をにらみながら汗拭う、なんてことなく、ほっといてチーンというまで他の作業ができるので、これは台所に立つ人間には大きい。

レンジの野菜茹では色々あるけど、今のところこれが一番使い勝手がいいみたい。
蒸し器にも使えます。

ただ、同じシリーズでも、パスタ用とか素麺用は使えません・・・。
こればかりは額に汗するよりないようで。



ランキングバナー人気blogランキングへ
あ〜梅雨が過ぎれば、暑い夏・・・。


arima0831 at 09:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote オススメいろいろ | ショッピング

June 17, 2006

夫が家庭に戻る日(どうでもいい日記)

3週間の海外ドサ周りに出ていた夫が帰ってきた。

そう、結婚してるくせに、このオンナの家庭はどうなっとんだ?
と、不可思議に思っていた皆さん、要するに私は「お留守番」だったんですよ。

じゃあ、お留守番じゃないときはどうしているか、というと、夫にお留守番をさせて遊んで歩いているわけですけれどもさ(猫がたまに文句を言う)。
でも「完全に留守」となると「よぉし!」と夜遊びにも気合が入る・・・のに・・・

「禁酒例」!!

もう二週間飲んでません。
野毛の某店から電話までかかってきた。
こんなの、学生時代に盲腸こじらせて一ヶ月入院したとき以来だしっ!

でも、過酷地を周ってきた夫の帰還。
本当なら、手料理などで歓待したいが、待っているのは左肩故障のためあちこちひっくり返ったモノの山。

「いつもとそうは変わらん」と、動じない夫。
さすが13年も結婚していると、感覚の麻痺と諦観がココロを強くするやうだ。

帰ってきたので、不在中の話をして、左肩の痛みは原因不明、どうしよう・・・
と、相談すると、いわく、

「セネガルあたりにいい祈祷師がいるらしいが、今はワールドカップ中だからな」

そうか、じゃあ、ワールドカップが終わるまで待てばいいんだね・・・。
ウチのオットと会話していると、私はつくづくフツーだな、と思います。


ランキングバナー人気blogランキングへ
とりあえず、痛みは紛れるんですけどね・・・


アフリカン・ヒーリング


タムタム・アラベスク?セネガル貝殻島の綾打太鼓


arima0831 at 15:16|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 日記 

桜木町『ハクライ屋』のコロッケ

ハクライ屋
最寄駅:日ノ出町 / 桜木町
料理:地方物産販売 / ポテト料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


ハクライ屋コロッケ100円、コロッケパン200円がメニューのすべて。
(時々お稲荷さんもうっているかな?)
お持ち帰りのみ。
 
はじめて覗くと「売り切れ?」と思うが、そうではなくて、たとえ一個でも注文がきてから揚げてくれるのだ。五分くらい待つ。


コロッケ揚げたて熱々のコロッケを齧りながら歩く。
はふはふ。
不思議と幸せな気分になる。
 
所謂「お惣菜屋さん」でもなく、純粋に「コロッケのみ」。
このコロッケが、自然でほっくりと美味い。
ただのコロッケなのにね。

コロッケパンも、単にこのコロッケをパンに挟んだだけ。
「ソースかけますか?」と聞いてくれます。
でも、しみじみ美味しい。
 
お昼頃に開いて、夜は8時ごろまで。
 
通りがかったら、一個買ってみてください。

はいから屋の犬入り口の「番犬」が、いい味出してます。




ランキングバナー人気blogランキングへ







arima0831 at 12:53|PermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 桜木町・野毛 | 食品・食材