March 11, 2006

マッコリにニッコリ

一年程前ソウルにぶらっと遊びに行って以来、私はすっかりマッコリに嵌ってしまった。
以前、ビールのつまみにキムチだ、チャンジャなど韓国塩辛類に日本酒だ、などとやっていた自分が信じられない。

当然だろうけど、土地の肴には土地の酒である。
で、ほんのりした甘味がなんともキムチなどの甘辛味にあう。

初めて韓国に行ったのは、ソウルオリンピックの数年前で、その時はじめてマッコリを飲んだ。父の仕事の知り合いが、どこぞかの観光村へ連れて行ってくれて、そこで飲ませてくれたのだ。
で、あれをお土産に買って帰りたい、と言ったら笑われて、買うものではないんですよと言われたのを覚えている。

それから20年ほどが経過して、いまやソウル市内のセブンイレブンなんかで、ペットボトル入りで売ってるのを見て驚いた。
夫は出発の朝、こそこそと大ボトルを三本買い込んでいた。
一本の値段は失念したが、日本で水を買うより安かったような気がする。

で、帰国後、韓国料理となるとどうしてもマッコリが飲みたくなるのだけれど、どこでも軒並み何故か「2000円」という定価がこれでもか、とつけられている。
韓国食料品の店では、700円が平均らしい。

で、試行錯誤の結果、いいところを見つけちまいました。

1Lのパックを箱買いして、500円弱くらい。
ついでにキムチも注文してしまう。

調べると結構あっちこっちあるらしいけれど、私はとりあえず
『eプライス 』です。

イドン米マッコリ(紙パック) 1個

ここのキムチやお惣菜なども、結構いけます。
食材もいろいろ。


ところで、以前ご紹介した『延明』という店だけは、器に移し変えずに思いっきりパックを振ってから出してくれました。
この潔さは、さわやかです。1200円!
これならコップだけでいいぞ。

人気blogランキングへ




arima0831 at 00:19│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 食品・食材 | 韓国料理

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔