March 11, 2006

よしながふみ『愛がなくても喰ってゆけます。』

グルメ本とか、レストラン紹介など、食い意地はりのすけとしてはついつい手が伸びる。
ついつい軽い気持ちでこの本を買ってしまったのが始まりで、私は『いけない世界』を知ってしまった。

人気blogランキングへ
愛がなくても喰ってゆけます。


なんせ、話のテンポはいいわ、決め台詞はびしっとくるわ、何より出ている店がどいつもこいつも実に美味そうで、明日にでも元々実家のあった中央線沿線に引っ越したくなるくらいなのだ。

そう・・・この本のいけないところは、私自身土地鑑があるというか、懐かしさあふれるようなところの「とってもうま〜い店」を、もうのたくりまわりそうなほどうまいこと紹介していることだ。
読みながら「いいからあんたは、横浜に引っ越せ!!」と叫んでしまったワタシ。

そして、ついでに、他の漫画って・・・と手にとったのが間違いの元であった。
ワタシは漫画狂いをやめてから久しいので知らなかったが、最近は所謂「BL」なるジャンルが確立していたのである。
ボーイズ・ラブ、の、略。

確かに昔も、そんな漫画はなくもなかったけど、世間の性風俗が過激化するとともに、そういう漫画の表現形態も過激化していたのではある。
ひ〜。

しかし、この人は天才である。
同人誌出身でBLデビューっていのはよくある話らしいけど、この本で描いた素敵な「空気感」は、どの作品でも健在なのだ。

だから、中央線沿線と縁の深い方には、是非一読をお勧めするしだいです。

それにしたって、どうして横浜の食い物屋案内って、こうもまともなのが少ないのでしょうか。
だれか書いてよ!!


人気blogランキングへ


arima0831 at 18:04│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 好きな本 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔