March 22, 2006

猫のはなし

現在我が家には、猫が二匹いる。
武闘派ヒメと、頭脳派ハナだ。

もう一匹、穏健中道事なかれ派の「タケゾウ」もいたのだけど、昨年末旅に出たきり帰ってこない。

2000年、ミレニアムの年、連中は日本に移ってきた。
その当時は、モモという「超武闘派」もいた。

全員がいわゆる『帰国子女』ってやつだった。
モモちゃんがなんとなく、イスタンブルにすんでいたころの私のところにやってきて、それが出産したら五匹も生まれたのだ。

二匹は貰い手がついたが、三匹あまった。

ちょうどそのころ私は、カイロに駐在していた「奇特な男」と結婚することになっていて、
乳離れしたばかりのヒメとハナを日本につれて帰った。

いや、それが目的だったのではなく、あくまで我々の「結婚式」のためだ。
ついでに貰い手を・・・と思ったのだが、当てにしていたところがまるっきりNG。
いっそ我が実家において逃げちゃおうか、とまで思ったら、見透かしたように母が「絶対にだめです」と宣言した。
当時わが実家には、クロミさんという婆猫がいて、子猫たちと同居は無理!という母の結論だった。

しょうがないから、結婚式のあと、連れて帰った。
成田からカイロ(一週間すごす)、そして戻ってイスタンブル。
その数ヵ月後、再びカイロへ。

で、カイロに5年いて、日本に戻った。

予防注射の証明書に『日本猫』とお医者さんが書いてくれるのだけれど、日本の血など一滴も入ってないので、なんだか複雑ではある。

猫の話はまだ続く・・・とりあえずクリック!
人気blogランキングへ
まいどありぃ!


arima0831 at 04:38│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 日記 | 猫話

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔