April 20, 2006

『萬珍樓點心舗』一流どころで舌鼓

萬珍樓點心舗
最寄駅:石川町 / 日本大通り
料理:広東料理 / 飲茶・点心
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:昼食


4名で会食。うち一名はエジプトの人で、豚肉不可。
それでも中華街、ということで、ここにきた。
実は初めてなのだけど、間違いない、という話はよくきいていたのだ。
「豚肉不可」などというリクエストをさらっとこなしてもらうなら、やはり一流店に限る。

亡父の知人夫妻が、フランス留学時代のエジプト人の親友が来日するので、エジプトに縁のある私を招いてくださったのである。
 
店に入る30分ばかり前、予約の電話を入れた。ついでに場所も確認した。
一人OR若者のみならテキトーに歩いて「あ〜ここここ」とやるが、
本日は私を除いた平均年齢が確実に75歳を超えている。
余計な回り道はよくない。
 
電話に出たスタッフの対応に、まず感心した。
道の説明が完璧なのだ。

「お車でいらっしゃいますか?」
「イエ、もう近くにきてます。某店の前ですが」
「そちらから石川町方面に向かっていただいて、向かって何番目の角を右においでください。角にはXXというお店がございます」
 
意外に意外と、これのできるサービス業関係者は必ずしも多くない。
どうしても右や左を「自分」を軸にして説明してしまうのだ。
だから聞いてるお客は余計混乱して、とんでもない方向に行ってしまったりする。
一瞬にして「話しているお客様のいるところ」を、おそらく地図を出して考えたのだろうが、この瞬間的な「お客様の身になる」という切り替えは、できそうでできないもの。

昼時の店はおそろしく混んでいて、予約して正解だった。
ゲスト連れの会食だ。直前でも予約を入れるといい席を取っておいてもらえる。
ほぼ満席でにぎわっているが、落ち着いて会話ができる。
何しろ英語とフランス語とアラビア語エジプト方言と日本語の四カ国語麻雀状態。
騒がしいところでは食事どころでなくなる。
 
前菜数種に海老とカシューナッツの炒め物、野菜のうま煮、鯛の清蒸、カニと卵入りコーンスープと焼きそばをオーダー。
値段を見たら、意外に中華街あたりののフツウの店と、そう変わらない。
モノにもよるが、二割増くらいだろうか?
前菜類だけはかなり高いが、鯛の尾頭丸ごとは5500円。
4〜5名ならばリーズナブルな値段設定に思える。
 
スープに関しては、スタッフが小声で「当店の上湯はすべて豚の背脂などを入れておりますので、抜くと味が落ちますが、よろしいですか?」と確認してくる。
まあ、汁物がないのもなぁ、と思って、OKする。
主賓はイスラム教徒なのだ。

焼きそばだけはちょっと??だったが、他はさすがの味。

すべてきちんと細かい手がかけられていて、丁寧で上品な味付けと調理。
特に鯛の尾頭付き(!)は、骨離れがよくて鮮度の良さがわかる。
かかっているタレが美味で、ついに耐え切れず頭をほじくりかえしてしまった。
目の周り、もう「うっとり」の蕩けるゼラチン質。
火の入り加減がどんぴしゃなのだ。

「品よく会食、ていうコンセプトなんだから、そういうことしちゃダメ!」
「でも、あのウマソーな頭を残して捨てるなんて、それこそ罪というものだよ!」
と、心の中で言い争う自分と自分。

こういうとき「非常識なほう」が必ず意志を通すのはなぜだろう。
何事も、ではないけど(・・・たぶん・・・)、こと食べ物に関してはそうなる。
まあいいや。
 
プリップリの海老は気持ちよくお口で踊り、野菜のうま煮は実に程よくじんわりと滋味がある。脂ぎっていないので、するりと食べられて、後味がべたつかない。

ただ、ウィークデーの昼時だけに人員配置を間違えたか、満席の一角に数名いるスタッフはそこはかとなく目がイッテいる。
だから、多少サービスがスローだったけど、まあ許します。
よく目は走っているけれど、やっぱり一人の人間にできることは限界があるから。
「三分の二の入り」くらいを想定した人数が、満席の店を駆け回る。
人件費が高い昨今では、この辺のコントロールは経営する側には大切なのだろう。

でも、急な予約なのにメニューの相談はきめ細かく乗ってもらえるし、きびきびしているのに物腰は柔らかいし、どことはいわんがどっかの一流ホテルなんぞより余程しっかりしている。
スタッフの教育、行き届いてますね。
さすがは老舗。
 
高めな分きちんと美味い。
その上に接客があれだけきちんとしているのなら、
値段の差は十分すぎるほどカバーしている。
「点心類はみなラードなどを使用しておりますので・・・」との由で、点心を食べられなかったのは残念至極。

次回は点心三昧だ!
 
高いといってもたかが知れている。
中途半端な店で中途半端なものを食べるくらいなら、こちらがお得です、ホント。

出かける時は、直前でも予約を忘れずに。
あと、やっぱりランチ時などの混雑時は避けたほうが無難ではある。
午後じゅう通しで営業してるので。


人気blogランキングへ
ディムサムディムサムディ〜ム〜サ〜ム〜〜〜〜という通奏低音が脳裏を流れる・・・。
愛のワンクリック、を、ドウゾ。

arima0831 at 03:37│Comments(3)TrackBack(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 中華料理 | 横浜中華街

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

2. 横浜中華街 萬珍楼点心舗で飲茶再び・・  [ 横浜発! おいしいもの!! ]   December 31, 2006 16:20
年の瀬ですね。今年一年、ご愛読ありがとうございました。ブログ開始から約1年。一年間で70万件以上のアクセスがありました。平均して一日2,000件。開設したばかりの頃は、「3件」「5件」だったのが、気づけば「100件」「1,000件」に伸び、今では多いとき....
1. 横浜中華街 萬珍楼点心舗 :オススメ飲茶はここ! 萬珍樓點心舗  [ 横浜発! おいしいもの!! ]   May 30, 2006 00:37
横浜中華街には数多くの店があって困ってしまいます(^^ゞ。 ですから、このブログの中では(点数はつけないものの)、なるべく多くの店を比較してお伝えするように心がけています。 お粥といえば → 謝甜記をオススメしています。 中国茶を楽しむならば → 緑苑・茗香閣がオ....

この記事へのコメント

3. Posted by まさとし   May 30, 2006 01:11
こんにちは。萬珍楼点心舗に行ってきたのでTBさせて頂きました。しかも早速コメントまで頂いて大変恐縮です。鼓汁排骨、次回絶対ご賞味ください!
2. Posted by アリーマ   April 25, 2006 01:36
オーゴンカープさま

いらっしゃいませ。

混んだ時期は、中華街やホテルなどのサービスは、どんなにがんばってもスローダウンします。
こういう時期のために、パートタイムの人員補充をしても、あんまり役に立たないことが多いですし・・・。

でも、混んでいるから味までレベルダウンする小さな店よりは、経験上、大きなこういう有名店のほうが「実害」は少ないです。
なんといっても、ここは美味しいです。
値段以上の価値があると思います。
1. Posted by オーゴンカープ   April 25, 2006 00:36
『萬珍樓點心舗』はサービスも味もよさそうですね!
 元旦に行きましたが八割埋まっていた感じでした!
 さすがにスタッフも疲れ気味でした!
 GWもそうなんでしょうね!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔