April 29, 2006

『恨ミシュラン』かなりノスタルジーに浸れる本だった・・・

ライブドアの某サイトで遊んでいたら、このブログがなんとなくできちゃって、できちゃったもんはしょうがないや、と真面目に「子育て」をはじめたころがあった。
そう、冗談抜きでこれは「できちゃったブログ」なのだ。
それがたった三ヶ月前だなんて、なんだか信じられないけど。

そのころ、匿名でお褒めのコメントをいただいた。
そこに西原理恵子&神足裕司の『恨ミシュラン』の名前が出ていた。
なんだか気になって、ブックオフで買ってよんだ。

この本が出たころ、日本はバブルの絶頂にわいており、しかもワタシは日本にいなかった。
一応高校は『なんとなくクリスタル』関係(?)なんで、併設された大学で学生さんがナニしてんのかは横目で見てた。
でもまだ地味なころだったと思う。

で、横目で見たまま、地味さとビンボー臭さでは全国でも指折りの、北のほうの大学に行ってしまった。
なにしろ、入学して徹底的に教えられるのは「酒の一滴 血の一滴」という校訓(?)だ。
200円しない地下鉄代を節約するため、吹雪の中30分歩いて飲みに行く学生がそろっていた。
学内で標準的な服装は「ジャージ上下」で(「今日、体育あったっけ?」と素直に聞いて、とってもイヤァな顔をされたことがある)、寝て起きて学校行って風呂屋行って(たまに)、飲みにも行って、そんでもってまた寝て起きて・・・という生活をする学生が、全部ではないがかなりいた。

「ファッション」という言葉は、単なる変則的なくしゃみの音のこと、と考えられていた。

風呂付きの部屋でないとどうしてもイヤなので、激安の玄関別風呂付を借りたら、
「あの人って、ぜいたく」と言われた。
あのときだけは、おまえらいいかげんにしろよ!と、ちょっと悲しい気分になったっけ。
だって「風呂がついている」というだけで、屈強な体育会系が蹴り飛ばしたら倒れそうな超ボロアパートだったんだもの。

でも、一応街のBGMに『恋人はサンタクロース』だの『私をスキーに連れてって』だの『ミス・ブランニューデイ』だのが流れているので、みんな「そういう世界があるらしい」というのは理解はしていた。

まあ、ナイジェリアの人が「日本人は米を茹でて食うらしい」というような理解に近かったかもしれないが、一応理解していたとおもう。
それに、あの町は私の行ってた大学の学生だけでない「東京の流行」に敏感な人たちだっていたんだし。
ま、そりゃそうですね、当然だ。

たまに東京に「帰省」して、高校時代の友達と会ったとき、
「アリーマのカレって、なに乗ってんのぉ?」ときかれて
「ロードマン」と答えたっけな。
「え〜、しらなぁい。国産車なのぉ?」
「ブリジストン」
「・・・」

会話、かみ合わず。
文化圏が離れたのをお互いに感じて、次第に疎遠になっていった。
もともと体質的に向かない学校だったのではある。

中東あたりで勤労している間、いわゆる「バブル最盛期」というものに日本は突入。
そのころこの本が出た。

どっちみち西原理恵子の書く漫画がつまらなかろうはずはないが、でもあのころ読んでも面白くも何ともなかったろうなぁ、という内容だ。

しかし、今読むと、横目とはいえ一応見ていた世界が思い出されて、非常に懐かしい思いに駆られる。

スキーか・・・苗場なんて近づきもしなかったけど、とにかく卒業して帰京して、
近辺のスキー場に泊りがけで出かけたこともあったけど、混雑と行列(どっちも苦手)に音を上げて、行かなくなった。

そもそも、あの大学の学生は「私をスキーに連れてって」なんていう言葉を「時代の符号」でなく「単なるセンテンス」としてしか認識してなかったろうな。
だって、昼間で授業受けた後で「いくべさ」なんて言って、スキーかついで地下鉄とバス乗り継ぎの所要40分程度で立派な町のスキー場にいけたのだ。

一つのエピソードで、これだけ思い出があふれる。
多分いまどきの不惑過ぎには、泣けるほど懐かしい思い出話満載だろう。

わざわざ定価を払って買うことはない。
ブックオフだので、100円で買える。
上下で200円。

お得なノスタルジー、いかがですか?

人気blogランキングへ
ノスタルジックにワンクリック。


恨ミシュラン (上)
恨ミシュラン (下)


arima0831 at 23:48│Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 好きな本 

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by アリーマ   April 30, 2006 11:10
オーゴンカープさま

言いたかないけど、瞬間的に5位浮上したんですよ。
でも、勢いの有無って言う問題もありますしね・・・。

いや、マジありうるから、困ったもんです。
最近飲み屋でナイターやってると、店内が暗い。

楽天負け越し・・・それだけは、それだけは・・・!!
1. Posted by オーゴンカープ   April 30, 2006 00:06
アリーマさま
 コメントありがとう!
 私も学生時代はよくスキーに行きました!
 今はめんどくさくて行きませんね!
 あの頃はパワーがあった!

 ところで楽天に負け越さないように・・・

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔