May 07, 2006

映画『トム・ヤム・クン!』と『死霊の盆踊り』

060503トムヤムクン ポスター

これは映画のタイトル。ただいま上映中。

「恰幅の良いほんまサン」の大絶賛コメントを読んだ瞬間「これは観にいかねば!」と思ったのです。
(参照→http://taputapu.blog18.fc2.com/blog-entry-242.html
いやいや、久々の感動でした。

公式HPは以下:
http://www.tyg-movie.jp/



「取り戻したい愛がある、取り戻したい象がいる。

タイからオーストラリアへ
男の前に立ちはだかる最強格闘技軍団。
象から授かりしムエタイ秘奥義が、いま炸裂する!」

実に、そのまんまの映画。
泣きも笑いも、驚きを超えた決死のスーパーアクションもテンコ盛りで、
しかも感動の象と人との友情物語もあり。

カメラワークがすごい迫力。
話の辻褄だの理屈だのをぶっ飛ばすパワー(?)も凄い!

ついにムエタイは、カンフーを超えた!

私は昔、チョウ・ユンファの香港映画がとてもとても好きで、
大学時代『ユン様教』の教祖にいつのまにかなっていたこともある。
いいから一緒に来なさい!と連れて行った友達が、男女問わずみんな狂うのだ。
大晦日の「来日イベント」に出かけたこともある。

そう「ヨンさま」でなくて「ユンさま」だった時代が20年位前にあった。
あれを超えるパッションはもうなかろうと思っていたら、ありましたよ。
当分はまりそう。

とにかく、アクション系、格闘技、象、昔の香港映画、といったものが好きな方は、見逃しちゃいけません。
格闘技は異種格闘技マッチ(五回戦やるの)に有名な人が出ているらしいし、ムエタイの技や格闘技に詳しかったらもっと面白いだろうなあ・・・。

それにしても、昔のギャガという配給会社は、本当に脱力状態のスーパーB級映画を細々中野の片隅で上映したりしてたのに、いつのまにか大企業になっている。
驚いていたんだけれど、でもこういう映画を持ってきてくれると「B級精神健在」と、なんだか嬉しくなります。

ちなみに、配給第一作は、
『死霊の盆踊り』という超あほ馬鹿脱力ポルノ。
観た人、います?
ワタシ、実は一人で観に行きました。
ポルノ一人で見に行くなんて習慣は金輪際なかったけど、なんか「行かなきゃいかん」という不思議なものに操られるように、中野の片隅に出かけたんでした。20年以上前の話。
あのときの入場者、ワタシ一人だった記憶がある。

実は、この映画は1965年製作だったとやら。
原題は"Orgy of the Dead"だって。
どこが「盆踊り」?!
意味??
自分で辞書引いてください。

とにかくね、ほとんど裸のオンナたちが、次々出てきて延々と「地獄の大王」の前で踊りまくるの。
それだけ。ホントに、それだけ。
わが人生で見た一番馬鹿馬鹿しい映画。
逆に、記念碑的に脳裏に焼きついてはなれないくらい・・・。

あそこまで馬鹿馬鹿しい映画を、わざわざ輸入して、字幕つけて(いらないようなもんだけど)、金とって映画館で上映しよう!という連中がいた、という破天荒さに、むしろ感動を覚えたものだ。しみじみ。

だから、ギャガが派手に出てくるたんびに、アホで馬鹿でどうしようもなかった昔の知り合いが大出世したような気分になります。

で、ワタシは、早速『マッハ!』のDVDも買っちまいました。
これは「象」じゃなくて「仏像」を取り戻しに行く映画とか。
まだ観てないけど、とっても楽しみ。

で、次は何を取り戻しに行くのかなあ・・・?


人気blogランキングへ
動物園で象に石をぶつける子どもなんぞいたら、羽交い絞めにして止めて、
できたらワンクリックさせてください。


マッハ ! プレミアム・エディション


死霊の盆踊り デラックス版
この映画の何をどうデラックスにするのかと思ったら、三分間の「関係者インタビュー」が入っていて「不思議な味と乾いた笑い」をデラックスに付け足してるんですと・・・買う?


arima0831 at 02:18│Comments(13)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック テレビ・映画・芸能界 

トラックバックURL

この記事へのコメント

13. Posted by おすん   May 12, 2006 13:43
アリーマさん>

すみません!お寺じゃなかった、杉山社でした!
箱根駅伝を見てからお参りするのが私達の慣わしでした。

あのへんに美味しいとんかつ屋さんがあったけど
つぶれちゃったみたいです。。。残念。
12. Posted by アリーマ   May 11, 2006 12:42
なんだかこの頃妙に忙しくて、二時間じっくりテレビの前に座って映画鑑賞の時間が取れません・・・悲しい、早く観たいのに!

「近くのお寺」というのは、願上寺ですか?

藤棚は相変わらずです。
あの辺においしいお店があるので、そろそろ記事にするかなあ、と思案中です。

「マッハ!」は見たら必ずレポートしますよん。
来週かなあ・・・。
11. Posted by おすん   May 11, 2006 11:55
アリーマさん>

しつこくこっちにも書いちゃってすみませんでした!
トニー、本当に凄いんですよ。
タイの「ボディ・ガード」って映画にも
(えっと、もしかしたらサブタイトルかも)
チョイと出演してるんですよ。
私はタイにてDVDをゲットしてきましたよ。
(偶然見つけたのです)
早く語らいたいですねー。

あと、藤棚、プレイスポットじゃないです(笑)
すんません、いつもご飯を買いに行ってるだけでしたぁ!
けど、老舗のうなぎ屋さんや、おいしいとんかつ屋さん
ぼりぅむたっぷりのそば屋さんなど、結構充実してるん
ですよね、あのあたり。

近くのお寺でお正月におみくじを引くと4回中三回が
大吉という、私にとって演技の良い所でもありました。

横浜っていいトコですよねー。
10. Posted by アリーマ   May 10, 2006 05:33
おお、こちらも見てくださっていたのですね。
お住まい、相鉄ですか。
ふ、藤棚が、プレイスポットって・・・あのあたりで何をして遊んでいたのですか?
まあ、いいお店がいくつかあるにはあるのですけれど。

「マッハ!」早くみたいです。
見たら必ず感想を公開します。
絶対面白そうだし・・・。

また遊びにきてください。
お待ちしてます。
9. Posted by おすん   May 09, 2006 17:00
アリーマさん、はじめまして!おすんと申します。
トニーの事が書いてあったのでお邪魔しちゃいます。
トニー、本当に凄いですよね!
私はトム・ヤム・クンも好きだけど、
「マッハ!!!!!!!!」の方が好きなんです。
(トム・ヤムはまだ2回。マッハ!は6回見ましたよ)
DVD,もう入手されたのですね?
早く見てみて下さいね。感想が聞きたいですよぅ。
それと、私は前の彼が相鉄沿線に住んでいたので
アリーマさんのグルメ日記が凄く懐かしいです!
藤棚商店街なんて、プレイ・スポット(笑)でしたよ。
「オクムラ」が安くて好きだったナァ。。。(小市民)

これからも日記の更新、楽しみにしていますね♪


8. Posted by アリーマ   May 08, 2006 17:47
ほんまサン

ホリエモンのせいだったんですね。
しかし、変な話ですね〜なんでそんなことが?

それにしても、TB苦手なのに、どうしてそんなややこしいことができるの?
人間て、不思議・・・というか、脳ある「鷹」はツメを隠すんですね〜。
あ、ちゃんと「鷹」っていってますから!(ん?)
7. Posted by ほんま   May 08, 2006 16:50
総力を挙げて、検証してみたところ、
なぜかホリエモンブログからのTBがダメみたいなんです。

ヘルプ掲示板やHTML事典みたりして、
一晩中、いろいろいじってみたのですが・・・

結局、無理!
私には解決できない!

・・・ということで、
テンプレごと模様替えしちゃいました。

まぁ、またこれの微調整が面倒で、面倒で・・・

もう大丈夫だと思いますので、ご報告まで。
6. Posted by アリーマ   May 08, 2006 01:11
ほんまサン

ワタシも、自分がコメントした記事に限っていきなり「何もない画面」が出るのはなぜかしら、と不思議におもい、あ〜下に沈んでるわ、ナンデ?と考えていた。
私のせいだったんでしょうか?(いやだ、そんなの!)
あと2,3本TB入れて試してみる、とか(冗談です)。

ブログって、運営してるところが必ず「お助けコーナー」みたいなのを設けているから、相談してみたらいかがでせう。
ちなみにワタシは「表ブログ」管理人のプリンス・エンリケが助けてくれるんで、この手のことはまるでポンキッキーです。ごめんなさい。
5. Posted by ほんま   May 08, 2006 00:46
HELP!!

アリーマさんからTBもらうと、
対象記事が遥か下方にさよならしてしまうのはなぜ?

これって相性??
4. Posted by アリーマ   May 07, 2006 08:15
確かに、そういわれれば・・・ううむ。

ユン様、やっぱり年をとりましたよね。
そりゃあそうだ「あの頃」からもう20年も経っているんだから・・・。
3. Posted by ほんま   May 07, 2006 03:53

スローモーション、2丁拳銃、そしてハト。

ジョン・ウー3種の神器では?

ユン様、最近ふくよかですよね。
2. Posted by アリーマ   May 07, 2006 03:29
ほんまサン

そうか『Z級映画』という表現がありましたか。
いいえて妙だがぴったり・・・。

確かにあのころは、確実に二十代前半の「乙女」だったから「ナンデ私はこんなもんを観にいくんだろう?」と、自分でも不思議だったけど(観てる間中「ナンデ?」って思ってたし)、なんだか見に行ったんですよ。でも、おかげで一生語れるネタができたわけです。
だからなんだ、って感じはするけど。

それと、どーしてユン様は鳩の糞まみれなのでせう?
わかんない。
1. Posted by ほんま   May 07, 2006 03:10
うわ〜、なんてマニアックな!
一部好事家に有名なZ級映画じゃないですか!

まさか、公開時に観た方がいらっしゃったとは・・・
アリーマさん、乙女の観る映画じゃないっす・・・

ユン様はカンフーが出来ないので、
拳銃が2丁も必要という悪イメージが・・・

鳩の糞まみれだと思うし。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔