May 30, 2006

『梁さんのベトナムフォー』(明日で閉店)

紅葉坂を下りて、桜川新道沿いを、みなとみらいに向かって左にしばらく行くとあるお店。

残念ながら明日で閉店。

この情報を『恰幅の良い彼のブログ』のホンマさんのところで見つけて、実は翌日速攻ランチに駆けつけたのだった。
http://taputapu.blog18.fc2.com/blog-entry-294.html

が、結果はいまひとつ。
それで、ホンマさんのところに要らない書き込みなどしてしまい、
今でも反省している。

しかし、それにしても私があの日食べたフォーと生春巻きは、あんまりにひどすぎた。多少のことなら「好みの問題」で片付けるけど、「あの」ホンマさんがあれだけほめている店が、そうそうここまでひどくなるもんか???と、どうも奥歯にパクチーの筋が引っかかったような気分(?)だったのである。
それは、どんなに丁寧に歯磨きしようが、デンタルフロスを動員しようが、
奥歯にしがみついて離れないのだった。

だって、私のブログなど、別に卑下するわけでもなんでもなく、彼のブログを見てあっちこっち走り回っちゃあ書いているようなもんなので、まあ多少好みの差はあるかもしれないけど、そこまでひどいはずがないではないの???

どうしてもスッキリしないし、どうもここのところブタばっか食べてて、さっぱりしたものを体が求めていたので、突然思い立って夕食に出かけてみた。
そして、出てきたフォーは、前回食べたものとまったく別物だった。
確かに少々化調が気にならないではなかったけれど、上品な出汁に牛肉用のタレが別添え。
ミントとレタスがついて巻いて食べる。
600円なら、悪い内容ではない。

春巻き類は売り切れていたので、ゆで空芯菜のタレ添えをたのんだら、これはしっかりエスニックで、しかも480円という値段なのに皿に一山出てきた。
タレがうまい。
空芯菜の茹で加減も、ちょうどいい。

値段を考えれば、決して悪くないお店だった。
ナンデあの日の料理がああもひどかったか、と考えると、単純に厨房に主人の梁さんがおらず、手伝いの女の子が作っていたかららしい。

これはこれで問題だとは思うけれど、人様のブログにいらない書き込みをしてしまった余計なお世話は深く反省している。
この場を借りてお詫び申し上げます。

お店は明日までだけれど、界隈で再開店の予定はあるそうだ。
現在物件探し中だが、再来月くらいには・・・との由。
お問い合わせは、携帯:090-4136-5318までどうぞ(とお店の人が言っていた)。


人気blogランキングへ


arima0831 at 23:14│Comments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 桜木町・野毛 | 東南アジア

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ミャンマー   January 23, 2012 23:33
ミャンマー料理食べたいな

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔