June 21, 2006

一部訂正『ブラウステューベルヨコハマ』

ブラウステューベルヨコハマ
最寄駅:みなとみらい / 馬車道
料理:西洋料理一般 / ドイツ料理 / 地ビール
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食


以前記事でご紹介した『ブラウステューベルヨコハマ』に、ある昼下がり、るんるんと行ってきた。
近くにある病院の帰り道。
やれやれ、やっと禁酒令解禁である。
まあ、あくまで自主解禁で、お医者さんに「お酒を飲んでもいいですか?」と聞いたら、
馬鹿げた虫を見るような一瞥のみで、診療が終わったわけだけど。

でも、てくてく歩いてワールドポータースにゴクローする元気があるということは、
まあほぼ平常に戻ったと思ってよろしい。

この店、ヴァイツェン(小麦から作るうっすら白濁したビール。ヴァイスビアに近い)や
デュンケル(黒ビール)が生でいただける、というのは嬉しい。
 
雰囲気はいかにもドイツにありそうな、ビアステューベ風。
昼間の午後もやっているので、ちょっと昼間から静かに飲みたい時や、ゆっくり人と話したいときなどは、場所としてはオススメ。
 
しかし・・・料理もドイツ風。
で、ドイツ「風」なだけで、実に内容が薄い。
何故だかパエーリャだのピザだのと、別にあえてここに出さなくてもよさそうなメニューが
目立つ。
好みもあろうが、ソーセージもザウアークラウトも、特徴も個性もない「和風」。
以前はもう少し料理が良かったように思えるのは、単なる記憶違いだろうか?
 
「ドイツ料理」という期待感を捨てれば、まあ良いかもしれない。
繰り返すが店の雰囲気も悪くない。

しかし、料理はもう少し前向きに取り組んで欲しいなあ・・・「所詮みなとみらい」なレベルだ。

特に「きゃあ」と頼んだブレッツェルは、見た瞬間むっとくるほどひどかった。
見るからに艶のない表面、パサパサの中身・・・。

お願いだ、せっかく珍しい良いビールを出してるのだから、
料理も真面目にやっておくれ!!!

唯一うまかったのは、付けあわせの茹でた芋。

しかし、ビールだけは評価できる。
水曜日は女性サービスデーで、ビール一杯サービス、だそうだ。
せっかくのビールなのだから、もうちょっと美味しく飲ませて欲しい!と切に願いますです。

まあ、午後の早い時間なんか、一人でまったりするにはいいところなんですけれどね。

PP帰り、気分なおしに、同じワールドポータースにある『プレッツェル・プレッツェル』でブレッツェルを買いなおす。







ブレッツェルLaugenbrezel gross
これに比べると若干貧弱だけど、かなり近い。

ちなみに、「プレッツェル」は英語。
ドイツの「ブレッツェル」がアメリカにわたって、なんだかチョコレートやら砂糖がけやら、というお菓子になった。
日本の「プリッツ」は、このアメリカ版の変形だそーで。

とにかく、昔の記憶はあてにならないなあ、と思った次第。
買ったプレッツェルは美味しかったから、齧り歩きで散歩しながらお家に帰りましたとさ。



ランキングバナー人気blogランキングへ
て、いうか、禁酒令下のストレスが生んだ幻想だったのか知らん・・・


ドイツの街のおいしいパンをめぐる旅


ドイツ ビールへの旅


もっと知りたい!ドイツビールの愉しみ

この本、なかなか面白いです。

arima0831 at 12:43│Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 西洋料理 | みなとみらい

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by アリーマ   June 22, 2006 08:38
まみももサン

基本的に、料理にあまり重きを置いていない店のようです。ジャーマンポテトなんかは、いいかもしれませんねー。

おいしかったら、ご一報くださいまし。
1. Posted by まみもも   June 21, 2006 14:40
せっかく美味しいビールを飲めるのに、お料理が残念なのはいただけないですね〜
今度水曜に行ってみよー♪
美味しいジャーマンポテトが食べたい・・

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔