June 22, 2006

あっこちゃんのW杯観戦記 其の二

あっこちゃんのW杯レポート PART2
 
・サウジアラビア
ウクライナに4-0で負けた。
前回大会でもドイツに6-0で負けた。そのあとドイツは勢いに
のって決勝まで行ったのだ。ウクライナもこれで調子が
あがるかもしれない。
サウジアラビアに大量点で勝ったチームが決勝に進出する
というジンクスができたらどうする?
ウクライナの強力ストライカー、シェフチェンコは
ボウズ頭にしてしまった。前のほうがずっとよかったのにー。
タグホイヤーの広告はかっこよかったのに・・・。

・トーゴ
予選敗退がきまった。やっぱりな、こういう楽しい
チームは予選で去っていくのだよな。

・オランダ対アルゼンチン
 BSで再放送をみた。後半35分に待望のアイマール登場。
4年みないうちにすっかり大人になって・・・。気分は
親戚のおばさん。あいかわらずかっこいいなー。
で、アルゼンチンのメッシ君もなかなかのイケメンと
わたしは思いますが、ありまはきっと「ガキっぽい」とか
いいそうですね。18歳だもの。

・ファンバステン
 気になるタイトフィットシャツは、コーチとおぼしき人物と
おそろいだった。

早朝の日本対ブラジルは、私は5時におきて後半だけみるつもりだ。
ロベルト・カルロスでるかなー。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
私アリーマは、日本がブラジルに勝つなど、竹槍でB29を落とそうとするようなものでは・・・と不埒にも考えていたのだけれども、ジーコはブラジルの英雄であり、男の面子を重んじ、英雄をないがしろにしないのがブラジル人であり、しかもブラジルは決勝進出が決まっている・・・というわけで・・・という穿った意見を聞いた。

どんなもんでしょう?


ランキングバナー人気blogランキングへ


今すぐ話せるブラジルポルトガル語 入門編


フチボウ―美しきブラジルの蹴球


arima0831 at 22:57│Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote イベント 

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by アリーマ   June 23, 2006 12:55
にんにくや「かど」さま

コメントありがとうございます・・・。
まあ、仕方がないですよね。
一点ゴールを決めただけでも、立派じゃないか、と思います。

後はせめて、ブラジルを応援しましょう。

しかし、実に情け無くなるのは、負けるたんびに感情的に選手や監督、スタッフたちを非難し叩く日本のメディアとサポーターです。
負けて一番悔しいのは、選手じゃあないのか、と私は思いますから、せめて「ご苦労さん」と迎えてあげるのが「同胞愛」だと思うのです。

口汚く選手たちを責めるのは、もうやめて欲しい。
1. Posted by にんにくや「かど」   June 23, 2006 10:25
5 完全に撃沈されてしまいましたね。
やはり竹槍ではB29は落とせなかったようです。
ただ前半ロスタイムまではB29も低空飛行をしていたようで竹槍がうまくプロペラに絡まったようですがB29にはプロペラが4つありましたので復活しちゃいました(残念です)ジーコもピッチに立って(ラインぎりぎりまで)仁王立ちしてブラジル選手に精神的プレッシャーを与えてほしかった・・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔