July 29, 2006

『南翔饅頭店』@六本木ヒルズ コメント再び・・・(この暑いのにねぇ)

南翔饅頭店
最寄駅:六本木
料理:台湾料理 / 飲茶・点心
採点:★☆☆☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:おやつ


なんとなく「ライブドアぶら下がり」な我がブログ。
でも、ライブドアのコメントをそのまま記事にするのも、あまりに芸がないし、あんまりひどいことを書くと「コメント返却」となるので、一応辺り触りなく…と心がけてるが、先日の南翔饅頭店のコメントは「コメント返却」の憂き目にあってしまった。
個人のブログじゃないんだから、取捨選択の権利は向こうにある。
軒を借りている以上、家主が「ルール違反」と判断したら、家主が掟である。
それでよいのだ。

ライブドアに出したのは、ブログの半分くらいの「ブーイング量」だったんだけれども…(ははは)。

だから、律儀に書きなおしたのでありました。
なんちゃって書き直し分、ついでだから載せちゃおうっと。

以下、そのまんまコメント。

_____________________

三時ごろいったら、空いていた。
 
とはいえ、がらがらではなく、そこそこ人が入っている。
まあ、おやつの時間、ということなのだろう。
 
入り口には1500円くらいのセットメニューから三段飛び料金の「コース」が張り出されてあって、一番安いセットが一番オトクである、という印象を受ける。
 
が、中に入ってメニューをよく検分すれば、こっそりと単品小龍包は800円ちょい。
ちなみにセットの内容は、大根の漬物(小皿)に麺かスープ(お茶碗一杯)に「中国茶」…(デザートもついていたかもしれない)。
 
プラス700円のバリューがあるかどうかは、食べた人の判断次第なのであろう。
でも、中国茶は誰にでも満遍なく公平にサーブされます。
それを「セット」の内容に明記するのは、ちょっと???な感じ。
 
味・・・ヌルイことがある、と聞いていたが、ワタシの時はプシュ、アチチだった、幸いに(尚、ワタシは最近は、もしヌルイ場合は返してやりなおしてもらうことにしています。小龍包の場合明らかに調理ミスなので)。
 
でも、餡の肉臭さ、その他諸々の「味わい」は、私の好みではかなりクドめで、正直三つ以上食べるのが辛かった。
 
好みの問題?
うん、そうに違いない。

__________________________

確かに、この件に関しては、ちょっとしつこすぎ、くどすぎ、怒りすぎだと我ながら思う。

でも、微力ながらも大きな声で言いたいのは、飲食という「ホスピタリティー・ビジネス」にいながら、金勘定ばっかりでホスピタリティーがまるで感じられないビジネスが、最近幅をきかせすぎなんじゃあないのか?!というところだ。

でももうこの話はやめます。
この類の店に近寄らなければいいだけのことだ。

で、いきなり話が変わる。
最近思うこと。

食べ物の味というのは、個人の好みの問題だとおもう。
だから、ワタシの好きだと思うものを他の人がけなしても、そうかなあ、そうかもしれないなあ、ふうん、そうですか…と思って終わる。

まあ、言いたきゃはっきりいえよ!と、むっとくるようなコメントや、なにか言いたいことがあるならば、せめて書いた記事を(舌っ足らずで申し訳ないけれど)よく読んでから書きこんでくださいよ…トホホ、と思うこともあるのは事実だけれど。

でも、こういうブログを公開している以上「世の中には色々な人がいるのだ」という社会勉強のつもりで拝見させていただいている次第。
批判を書いたらいけない、なんてことはない。

ワタシはごくフツウのものがごくフツウにおいしければ、それで幸せな小食胃弱意志薄弱な小市民なんで、
「オマエ、間違ってるよ」と思ったら、その旨ストレートに言っていただいて、
納得がいけば「そうですよねえ」と感心するし、そこに敢えて反論があれば反論するだけ。
シンプルです。

で、いきなり話が戻るけれど・・・

ワタシが一番許せず腹が立つのは、食べているお客を馬鹿にしたり、ナメてかかっていたり、完全になにかを勘違いしているのがミエミエなところで食事をする羽目に落ちたときだ。
そういうところは慎重に避けるようにしているけれど、たまにはまって「怒」となることはある。

下手は下手なりに一生懸命地元の人のためにやっているようなところは、よろしいんじゃないですか、と思う。
それが町の風景に溶け込んでいれば、結構和んでいい気分になることもある。

まあだから、食べものって面白いし楽しいんだなあ、と、皆様のおかげでつくづく考える今日この頃なのであります。

ランキングバナー人気blogランキングへ
暑くて論理が破綻してますね。
ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。
ははは(笑ってごまかすか!)


アート・オブ・フラ(日本語版)

清涼感満載な本!

arima0831 at 16:53│Comments(21)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

この記事へのコメント

21. Posted by アリーマ   August 04, 2006 05:08
>シオザワさま

どうせろくでもないエージェントが間にはいっているに違いない、とにらんでいます。

でも、横浜高島屋については、二回も似たようなNGがでて「高島屋はもうやめておこう」という気分になっています。
20. Posted by シオザワ   August 03, 2006 23:04
ぬ。そうかもしれませんな。
もともと例の店は「ぬぅぅ世界一ィィィ!」トカの物ではないし、オサレでもない。
普通に美味しいタイプなんすよ。
一皿二百円しない位でしたしねぇ。(たしか?)文句言えないすよ。
ただ、庶民的でフツー使いなタイプなのに台北には珍しく、そうとう待つ店なんでそこには違和感がちとありやすが。
どのみち高島屋とはコンセプトが違う気はしますやな。
高島屋風なんですかな?
19. Posted by アリーマ   August 02, 2006 16:43
>シオザワさま

不思議なお店ですよね。
界隈の一般住民の、5人のうち4人が「モス・バーガーの隣にそんな店はない!」と言い張るのですよ・・・。なんか、みんな無意識のうちに「みなかったことにする」入り口です。あんな目立つのに・・・。

正直言って、ワタシもずっと興味深深ながら、入るのにかなりの時の経過を要しました。

「例の店」は、台北はウマイとやはり知人がゆってました。色々意見はあるようですが。

ここはどこが間に入ったかは分からないけれど、高島屋との提携でやっているようす。
高島屋のレストラン系は、要注意、と思う今日この頃です。
18. Posted by B.G.シオザワ   July 31, 2006 16:23
アリーマサン。
いつも楽しみにしておりやす。

「パブローヤル」行って参りやした。
渋いですな。
シビれやした。
マスターにシビれやした。
お店のキラリと光る個性というのは時として「美味しい。不味い」と同じかそれ以上に価値がある物なのだとあらためて感じやした。
高島屋の例の店ですがボクも個人的に「ごもっとも。」
ですが、台北の本店はイカしてやす。
もう、ほぼ別物。味も値段も。
17. Posted by アリーマ   July 31, 2006 00:17
イ先生様

そう、ふっと総合評価ランキング見たら、出てたの堂々と・・・(タメイキ)。
もう消えてるけどね。

あと、一点訂正です。
スミマセン「ほんまもん」というのは、箸袋に書いてあるだけに、この超豪華弁当を製造した「寿司屋の名前」でした。

おそるべし、ほんまパワー・・・(港?農場じゃなくて??)

16. Posted by イ・ヌワン   July 30, 2006 23:46
>「黄色例湯」のLDランキング、ワタシが記事UPした翌週くらい、なんか知らんがコメントもよう入らんのに、評価ランキングのトップ5

まぢかああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

信じられん、っちゅうかそんあもんなんかああああああああああああ嗚呼〜

>さすがはほんまサン、こんなところまでイヌワンおちょくりに・・・

ぐわああああああああああああああああああああああああああんん
やっぱりアレはほんまたんがワシのブログのヒット数を見かねて、ワザワザ喰わせていただいたマヅい鮨だったんですかああ嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼アアア
ほんまたん、おそるべし(´佐野港直送`)

15. Posted by アリーマ   July 30, 2006 18:45
イ先生様

別に十個並んでないよ。そう怯えなくても・・・。

まあ、個人的に「誹謗中傷」というのは卑怯なことなので、したくもされたくもないが、本人にそのつもりがなくても相手が違う捉え方をすることはあるのでしょうね。「正当な批判」との境目は、かなり難しいと思う。

ところでいつぞやの「黄色例湯」のLDランキング、ワタシが記事UPした翌週くらい、なんか知らんがコメントもよう入らんのに、評価ランキングのトップ5に入ってたりしたよ。
ここの記事、読んで見たら?(´笑`)(´幸甚`)

あ「ほんまもん」というのは、イ先生様が空港で召し上がられた「効果で美味なお弁当」についていた箸袋に書いてあった名前です。さすがはほんまサン、こんなところまでイヌワンおちょくりに・・・とは思いませんでした(何故ワタシが他人のブログ内容の解説をしなければいけないのだろう?)
14. Posted by イ・ヌワン   July 30, 2006 14:40
本文が長すぎます、って投稿拒否され、徐々に短くしていったああ もしかしたら10こくらい同じようなコメントがアップされてるかもー ごめんなちゃい、ごめんなちゃい 姐さん、消してくでー
13. Posted by イ・ヌワン   July 30, 2006 14:36
ごくろー!!!!やっと理解できたあ

>エスニカンさん、ほんまさん
なるほどーそうですよねえ
「逆提灯」っっちゅうのもたしかにありえる。
でも、ワタクシもアタリ、旨かったぜっってのが理想。わざわざマズいもん喰おうと思って「南翔」や「ほんまもん」にいったわけじゃない。南翔についてはワタクシ、期待していったんだわ〜でも、残念なことに、結果が×だったわけです。
で、素直に×って書きました。
アリーマ姐さんのも、適切な記事だとワタクシは思う。誹謗中傷じゃなくて客観的に味について書いてる。だから、ソーシャルな場でもOKであってほしいな、ってワタクシ個人的には思います。でも、じゃあ、ワタクシがLDグルメになんか書くか、というと書きません。やっぱりヤバそうな店、書きたいことを書けなさそうなメディアには近づかんとこっと〜(´д`)

12. Posted by アリーマ   July 30, 2006 04:26
ほんまサン

いや、ヘコんでないよ〜。
プロデュースしてる会社まで槍玉に上げたのは、確信犯だし。

うん、おっしゃる通り、大変馬鹿な行きかただと自分でも思ってた。
ただ、あの会社の「企業理念」とやらを読んだとき、プチッとなにかが切れたのは事実。
なまじ「サービスする側」にいたから、よけいカンに触った、なんていうとちょっとかっこよすぎるかもしれないけど。

ま、社会派ブログじゃないんだし、そういう意見はやはりレストラン自体の批判に絡めずに、単独の意見としてあげるべきだったな、とは今思います。
レストランの批評と絡めたら確かにただの悪口だわね。そういう意味では、反省してる(ちょびっと)。

と、いうわけで、ほんまサンの記事をマメに追いつつ、町中で常にハナをヒクヒクさせていこうと思いますです。

御意見、ありがとうね。
感謝、多謝。
11. Posted by ほんま   July 30, 2006 02:36
また、ちょっとヘコんだ感じ〜??

正直、この記事はめっちゃエンジン回ってるなぁとは思ってました。

処置に違和感もあるかとは思いますが(苦情入ったんじゃん?)、口コミとはいえ、自サイトでなくソーシャルな場に出す以上、抑えるべき部分もあると思います。
評価は星数でつけられるわけだし。

お食事ってのは微妙なもんで、個人的な味覚の好悪というより、気分や心もちが大事ですよ。はじめから嫌だなぁと思って入るお店じゃ、何が出ても旨いはずがないもんね。

これは私自身にもままあることですが、名前だけのナマイキ店をどうやってこき下ろそうかと食べに行くのって、実にバカらしいっすよ。

それならハナから近寄らないほうがよっぽどまし。

やっぱ、アリーマさんがワクワクしながら選んだお店で、アタリ!旨かったぜ!っていうレポートを読みたいなぁと思います。
10. Posted by アリーマ   July 30, 2006 00:37
seikoMTDさん

フラ・・・確かに「中東アラブ系」のはずのワタシが、どっぷり北太平洋沖に漬けられていた時期は、数年前にありました。ハワイイって、ワタシの歯は悪いぃ・・・とか何とかいっているうちに、いつの間にか自宅がハワイとフラの本だらけになっていたのです。
で、ついでに「そうだ、踊りもやってこい!」と、某出版社の経費で10回レッスンにも出ました。
私のワードローブにありえないような、ブワッと広がった派手なプリントスカートがまだ残っています(気前よく買ってもらったのでした)。

で、悲しいかな、この踊りは文化としては立派だがワタシ向けではない、という悲しい結論に達しました。

例えば「あなたの愛の光のシャワーに包まれて、抱きしめられていたいのダァリン」というような内容を「全身表現」する・・・ワタシにはっ、無理でしたっ。
だから、要するに結論を言うと、私は出演しておりませんでした。あしからず。
9. Posted by seikoMTD   July 29, 2006 23:52
突然ですが、本日昼下がり、伊勢佐木モールで商店街イベントのフラダンスショーをやってました。
出演してませんでしたか?(´フラ`)
8. Posted by アリーマ   July 29, 2006 23:31
エスニカンさま

あ「横浜高島屋のあの店」も、似たり寄ったりでしたよ。中華街でもそうなんですが、小龍包で有名な店は、混んでいると蒸し時間なんかがいい加減になってダメになりがちな気がします。水餃子も小龍包も、なかなか美味しいところに辿り着けません〜。

でも、この辺の「有名チェーン系」の味付けは、明らかに「作りモノ」です。「あ〜ちょっと薄いんじゃない?もうちょっとガツンと行かないとさぁ、並んでまで食べたって気分になれないでしょー」みたいな「悪徳企画会議の図」が脳裏をよぎってムカムカくるのです。チェーン店や事業化が悪いのではなく、こういう「モウカリマーケティング」だけで世間を騒がせる輩には、本当にうんざり。
何とか淘汰されていってほしいものです。

トロピカルフルーツ、好きなんですが、つい高いのでスイカやりんごに走る私はただのセコイヤツです・・・。
7. Posted by エスニカン   July 29, 2006 22:48
アリーマさん

最近はショーロンポー店が強気〜ですね。台湾フリーク(※実は〜)の私も同じような怒りはもってます。新宿眦膕阿里△療垢眛韻犬茲Δ粉兇犬任靴拭

最近台湾モノでおすすめは「アップルマンゴー」。日本産ですと2000円超しますが、台湾産ですと半分で味も個人的には↑だと思っています。

(※どうもこのような逃げの書き方がクセになってますね)

6. Posted by アリーマ   July 29, 2006 22:28
etsuroサマ

一言、ありがとうございます(笑)。

飲食店でクレームをつける、というのは、実は大変難しいことです。
現場でなにか言うとしたら、明らかに調理がおかしいとき(現場に失敗はツキモノですから)、サービスが失礼極まりないとき(これは相当にひどいケースのみ、店のマネジメントなどに書面などで「アドバイス」します)、あとは「ここをこうすれば・・・」というコメントでしょうか?
ワタシのコメントは辛口だ、とよく言われるけれど、本人は能天気に「そーかなー?」と思ってるのです・・・別にブログで鬱憤はらしてるつもりはないのですよ・・・イヤ、ちょろっと出ちゃうこともありますけど。

ははは。
5. Posted by アリーマ   July 29, 2006 22:17
エスニカンさま
コメント、ありがとうございます。
あの「返却」は、実をいうと「想定内」ではあったのです。かなり抑えたんですけれどね(笑)。実は初めての「返却」でもないのですが、この店だけはどうにも許しがたくて書き直した次第です。
でも、お励まし頂きましてありがとうございます。

確かに逆のケースもありますよね。ワタシのこのブログが「なんだかできちゃった」きっかけは、ワタシが大好きなレストランに、とんでもない筋違いな批判が出ていたからです。

しかし、エスニカンさんの人格や食生活を否定する度胸のあるようなヒト、ネットの世界にもいるんですねえ。ある意味、感心します。スタンスについては、ワタシもエスニカンさんに賛成です。ただ、許せないことがあれば、はっきりと「前向きに」批判しよう、とも思っています。これがただのグチじゃ、つまらないですけれど。ともあれ、今後もよろしくお願いします。
4. Posted by etsuro   July 29, 2006 20:43
3 ゴクロー!
いや、やっぱり言いたい事は言った方が健康には良いですよね。
私は超小心者なので、そういう店には二度と行かない事で鬱憤を晴らしております。
3. Posted by エスニカン   July 29, 2006 20:06
アリーマさん

〉返却コメント〜
お気持ちは充分にわかります。

ただ、「ライブドアグルメ」と「個人ブログ」は別モノですので、「個人ブログ」ではぶちまけてください。

〉webはちょうちん記事の塊
否定はしませんが、読み手も充分にわかって読んでいるリピーターが多いわけでして、サクラ満開コメントや特定店への誹謗中傷は長くは続きません。

今回のアリーマさんコメントと逆のケースで、いい店なのに、イヤガラセコメントと低評価が重なることもあります。

私はアジア系エスニック専門ですが、人格やその食生活を否定されることもしばしば〜。

一喜一憂せずにマイペースで続けること〜。見ているヒトはいるものです。おいしい店、みんなに出かけて欲しい店〜を中心にとらえれば楽しくなってくる〜私はそんなスタンスです。
2. Posted by アリーマ   July 29, 2006 18:54
イ先生様

いや、そうじゃなくって、これの前に書いたやつでグシャグシャけなしたら、ライブドアグルメから「これは載せられません」てきたの。
もちろん、ブログのTBはイキて残ってるけど。

で、こちらの大変ソフトなバージョンが「合格」になるかどうかを見守っておりますのですよ。

わざわざ書きなおす私も、実にアホでゴクローだなあとは思ったけど、あの店だけはやっぱりなんか言ってやりたいから、このクソ暑いのに書きなおしましたとさ。

ゴクロー、といってほしー。
1. Posted by イ・ヌワン   July 29, 2006 18:34
た、たしかにワケわからんがな(´破綻`)
けっきょく、ここに載ってるショートバージョンをLDのお店紹介かどっかに投稿したら、それが却下になったってこと?

そんなもんなのかあ〜
結局WEBだって提灯記事の塊になっちゃうのかあ嗚呼〜
個人ブログでじゃんじゃんいぢめよっと(´S`)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔