July 30, 2006

憧れの『ショー・ラパン』でランチ!

ビストロ ショー・ラパン
最寄駅:黄金町 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋
料理:フランス料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


土曜日。
むやみに蒸し暑いが、こんなことで負けていてはイカン、と勝負、じゃなくて散歩にでる。
散歩のついでにランチもね、ということで、ついでに寄った。
あくまで「ついで」だけれども、寄った。
 
覗いたら小さなお店が満員御礼。
最近あっちこちで話題になっているからだろう。

何故かメニューの看板はひっくり返っていて「?」と思ったけれど、ふらりんと入っていったら、即座に誰かが席をタイミングよく立ってくれて座れた。

いや、ここまでこの天気の中、30分ばかりも歩いてきて「入れませんでした」なんて・・・という不安を全身にみなぎらせてはいたけど、別に何もしてません。
 
噂に聞こえたランチ。
その日はポークピカタ。
トマトソースのさっぱり複雑な味と、薄く叩いてスパイスを馴染ませたというポークは、確かに並の洋食屋とは一段違う。

付けあわせの野菜にもうひとひねりほしい気もしたけど、同じく付けあわせのリングイネとトマトソースが実にうまく絡むので、まあいいや、と忘れることにする。
ちょうどこの季節、旬なトマトの酸味と甘味が効いたステキなトマトソース。
リングイネと混ぜ、残りはライスで拭いとるように食べる。

サラダにデザートにコーヒーをつけて950円でこれがいただければ、文句はない。

それにしても、どうみても土曜日に二時間で三回転はしている。
シェフは、プラスチックのカチューシャで前髪を抑えて、額を拭っているのだった。
大変そうだなあ・・・と思いながらも、わりとキュートな光景ではある。
 
元ホテル・オークラの鈴木シェフは気さくな楽しい人だ。

たまたまワタシが最後のお客となったようで、次の人は「スミマセン!」と断られていたので、聞いてみたら「御飯がもうなかった」との由。

「土曜日は最近、人数が見えないんですよ」とのことだった。

店名の"Chaud Lapin"は、文字通り訳すと「熱くなったウサギ」ということだけど、俗語ではかなりキワドイ言葉で、まあ相当平易に言えば「女好き」とでも言うんだろうか。

イヤ、ウサギってああ見えて・・・なんですよ・・・。
さすがフランス人、こういうことはよくみているね。

なんでも、パリで修行した店の某有名シェフが来日した時に、ふざけて「スズキはオンナのあとばっかり追っかけ回して、料理の修行なんぞしておらなかったぞ。
ヤツはショー・ラパンだ」といってからかったのが元だそうで。

もちろん、これはフランス人一流の「エスプリ」というものだが、そんなわけで開店時に『ショー・ラパン』という店を出したよ、とパリに知らせたら、馬鹿受けしたそうな。フランスでこういう名前のビストロは、成立しないでしょう、たぶん・・・業種が違えば、っていうことになりそう。
 
なんであれ、これは、ディナーに期待が膨らむお店だなあ、と喉がなる。
ふっふふ、折りしも来月はお誕生日。

「事前に予約していただいて、お好きなものを言って下されば、お好みに合わせますから」
との由。
 
ただし、とても小さなお店なので、絶対要予約。
あと、ランチの「売り切れ仕舞い」はありえますので、ご注意を。
 
こんなに可愛らしい素敵なお店の斜め前では「いちばん」がエネルギッシュに営業中。
なんとなく道をわたって覗いて見たら、作業服のオジサンたちが、ビール大瓶で元気よく暑気払いをしていた。

一区画まわれば、コジマ電機が「安さ日本一」を競っており、筋向いでは真昼間からピンクのネオンがまさに「ショー・ラパン」を誘って輝きわたる。

やれやれ、と進むと『ラーメン二郎』はたったの三人待ち。
筋向いの『華隆飯店』は、まだ650円で坦々刀削麺セット営業中・・・。

ぐらぐらぐら、と軽い揺れを押しとどめつつ、やっとの思いで伊勢佐木長者町の交差点を曲がったのだった。


ランキングバナー人気blogランキングへ
で、オデオン前では「ギリシャコーナー」のトルコ人のニイサンと目をあわさぬよう下をみていた・・・「スブラキ・サンド・・・」というかすかな呟きは、呟きのまま終わった。



しろいうさぎとくろいうさぎ

可愛い絵本でございます。所謂「ショー・ラパン」は出てまいりません。お子様に・・・。

chef'n(シェフィン) ペパー(こしょう)ボール (黒うさぎ) 大片手で使える便利な胡椒挽き


arima0831 at 17:45│Comments(16)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 西洋料理 | 日ノ出町・伊勢佐木町

トラックバックURL

この記事へのコメント

16. Posted by アリーマ   August 05, 2006 02:09
>まみももサン
あの辺おいしいものがたくさんあるのよねー。
ウラヤマシ。慶興の冷やし中華が食べたいよー。

>ヌシさま
ワタシだってまだ行ったことないんですっ!!
きーー。
でも、いぬわん氏は都民のくせに出かけてデートしくさっとります。マコトの罪人は、カレです。

http://inu1.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_28f1.html

こちらは、以前元町のほうにあって、以降以降と思ってるうち閉店してがっかりしていたらば、馬車道に復活したんでした。行ってみたいよう。
15. Posted by 小径のヌシ(^-^)   August 03, 2006 07:43
“ラタトゥユ”さんって馬車道にあるフレンチのお店ですか?
前はたびたび通るのですがまだ入ったことないんですよ…
ん〜また行かなくちゃいけないお店が一つ増えた
アリーマさまは罪なお方です(笑)
14. Posted by まみもも   August 02, 2006 18:10
クッパを食べに横浜橋商店街まで行く元気がなかったので、
慶興から伊勢佐木モールに出たところを右に行った焼肉屋さんで食べました。
隣はほんまさんのブログに書いてあった「北京楼」(?)です。
ここの中華屋さんもたまに行きます(笑)
13. Posted by アリーマ   August 02, 2006 16:30
>ヌシさま
ディナー・・・目下憧れですが、『ラタトゥユ』か『ショー・ラパン』かで揺れております。
こういうときだけ、年に二回お誕生日が来ればいいのにっ、と思います(1個くらい年が増えても許す)。

>まみももサン
クッパもいいよねえ・・・どこでクッパ?

>さりどんサマ
いえいえ、構いませんのです。
いぬわんはどうせ「熱狗」ですので、アメリカでホットドッグでも食わしておきませう。

でも、こじんまりしたいいお店ですよね。

>seikoMTDさま
あそこって、頼めば辛さは調節してくれるんじゃ・・・?
覗くといつも結構人が入っているので「がんばってね」と呟くワタシです。

うう・・・坦々刀削麺が級に食べたくなってきた・・・。
12. Posted by seikoMTD   August 01, 2006 23:34
深夜の「華隆餐館」坦々刀削麺は、辛くて辛くて完食できませんでした。ハァ~。間違いなく(イイ意味で)進化してます。
11. Posted by さりどん   August 01, 2006 21:25
アロ〜ハ。
こちらにこの記事が載っていたとはツユ知らず・・
いぬわん様ブログ上で、アリーマ姐様の
「ショー・ラパンでディナー」の一言に反応して
そのまま書き込んでしまいました。
スミマセンでした!いぬわん様にクソっ、と言われ超悲しかった。(´クソ`)(´屑`)
気を取り直して・・・
ショーラパンさんは小ぢんまりした家庭的なお店で落ち着けます。あの“町の洋食屋さん”が
ディナーはどのようになるのか・・体験してみたいです。アリーマ姐様におかれましては
素敵なお誕生日を!!(笑)


10. Posted by まみもも   July 31, 2006 10:45
土曜日、一瞬私もここに行こうか悩んだのですよ〜
しかし、『「プチ二日酔い」に洋食は無理!!』と
脳が判断しましたので、クッパとなりました(笑)
付け合せは結構そんな感じです。。
あと、ポーク料理が多い気がします。。
「白身魚のポワレ」とか食べてみたいな〜
魚が食べたきゃ「和食いちばん」で煮魚でも食え!って?
9. Posted by 小径のヌシ(^-^)   July 31, 2006 05:14
おはようございます(^▽^)
おぉ〜ショー・ラパンさんへ行かれたのですね
ヌシも27日に行ってきました
アリーマさまと同じ週なのでポークピカタでしたよ

ディナーはフリーと予約しての2回行きましたが
やっぱりご予約をお奨めしますね
出していただけるお料理の内容が結構違う(笑)
8. Posted by アリーマ   July 30, 2006 23:55
>いぬわんサマ

不純じゃないよねえ。
単に『ラタトゥユ』で、デートしてたってだけだもんねえ(´ケッ`)

>ほんまサン

あ、そうそう・・・「茶系のソース」も美味しそうだけど、このトマトソースもなんともサッパリ爽やかかつ旨みたっぷりで、蒸し暑い季節には結構なものでしたよん。

でも、もうご近所の人だけで一杯だから・・・都内の人がわざわざって、ねえ、ほんまサン。

ただ、ここってランチの付けあわせは毎日同じなのかなあ・・・(そこだけちょっと残念な感じ)?
7. Posted by いぬわん   July 30, 2006 23:40
某氏=不純、、、
まさか。。
ワシのことのハズはないよな。。。。。
ワシ、名前は純、と申しますが嗚呼〜
6. Posted by アリーマ   July 30, 2006 23:26
socitonさん

数値が下がってから、心おきなくどうぞ・・・。
5. Posted by sociton   July 30, 2006 23:23
おいしそーですね〜。
ちょっと潜伏してから行ってみよう。。。
4. Posted by アリーマ   July 30, 2006 21:56
ほんまサン

本当は「今日は終わり」ムードだったけど、優しく微笑んでいたら座らせていただけたのよ。
ワタシのジ・ン・ト・ク(ふふっ)。

>気を抜くといずれカウンターまでも食いちぎられそう・・・

カウンターより、骨付き子羊の肉を食いちぎりたいっ!(わたしゃ怪獣ですか・・・?)

>もっとも某氏のように不純な目的を秘めたお食事ではなかったのですが。

要するに、デートじゃなかった、っていうことね。

ワタシの場合「メシを喰う!」という「極純」な目的を前面に押し出したお食事でかまいませんから。

3. Posted by ほんま   July 30, 2006 21:40
シェフ痛恨の失態!
あと一人早く断っていれば!
気を抜くといずれカウンターまでも食いちぎられそう・・・

そっかー、ピカタかぁ。
茶系ソースものを食べていただきたかったぜ!

あと・・・すんません。
「ラタゥイユ」は移転前に行ってたり。
もっとも某氏のように不純な目的を秘めたお食事ではなかったのですが。
2. Posted by アリーマ   July 30, 2006 19:55
ウサギの皮をかぶったイヌワンさま@(´痴呆熱狗`)

でもあなたは、ほんまサンもワタシも未体験の『ラタトゥユ』で、誰かと逢引していたと、声高らかにブログに書いておったろうが!!
(ほんまサンはもう行ったのかしら・・・まさかカノジョと→深い意味のない発言です。誹謗中傷など、とんでもないです)。

ワタシなんて、まだ行ってないんだよう!

ここのあたりの土地柄、あなたの行くべき場所は他にあると思います。中華街のアケミよりはよかろうと思われます。

まあ、ワタシやほんまサンの場合、ここは「近所」
だから、わざわざ都内からおいでにならなくっても、と思いますけど(´意地悪`)

どうしても行きたければ、ワタシ8月31日がお誕生日ですから・・・(´要求`)

1. Posted by ショー・ラパン   July 30, 2006 18:38
がくがくがく、がくがくがくがく
ほんまたんの記事読んでぜったいココ喰いたいおもてたああ嗚呼〜(´女`)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔