August 05, 2006

『大珍樓 別館』再び・・・! 冬瓜の季節です!!

大珍樓
最寄駅:石川町 / 日本大通り / 元町・中華街
料理:広東料理 / 飲茶・点心
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:夕食


考えてみたら、今日から週末。
意外と知られておりませんが、ここのお店は週末だけは「午後から通し」で営業してます。
皆様、ご参考までに。

さてそれで・・・

某ハマのジャニーさん(?)の命で、にわか結成された中年ユニット『中華街アミーゴ』の相方と、

「あ〜冬瓜の季節・・・」
「大珍いって、くわなくっちゃあ!」

と、いうやり取りがあった晩、ワタシは裏切りにあった。
勝手にいって喰ってきくさったのである。
許せんな。

「例のやつら」に追われなくなったとたん、身内の裏切り・・・。
裏社会の掟を破る不届きな行動の罰として、アリゾナの砂漠のど真ん中に飛ばして毎日「今日は鰻重」「今日はオムライス」「今日は天ざる」などというメールを日々書き送ってやっている今日この頃である(単なるいぢわる)。

ワタクシゴトはともかく、衝動的にお友達と大珍楼再訪。
今回は二名だが、とにかく「冬瓜」をいち早く食べねば気がすまない。

壁メニューは一新されており、冬瓜もいろいろ。

中でも目を引く「冬瓜と鶏のスープ」には「夏バテ、糖尿病予防、肝機能強化云々」と、
「きょうのあなたのために」と言わんばかりの「注」まで書いてある・・・が、

ここは心を鬼にして「冬瓜と叉焼とアヒル卵の旨煮」に決めた。
だって、例湯も頼みたかったんだもん。

軽く肩ならしには「空芯菜の腐乳炒め」。
「ふにゃぁん」
「いやぁん」
と、二人身をくねらせる。

たまりません。
ここの炒めもんは、ドウシテ何故いつもこんなに美味しいの?
当たり前のような顔をして出てくるんだけれども・・・。

腐乳の臭みが空芯菜と炒めた結果「旨み」に化けてる。

まだまだ、これからよぉ〜、と出てきました冬瓜の旨煮。
ああ、旨煮・・・うまく煮るから旨煮。当たり前だ。
でもこれは、ウマーウマーウマー煮。

なにしろ、ごっそり入ってる叉焼がただものでない。
脂身多目の叉焼から染み出すパワーを、優しく冬瓜がすべて受け止めて包み込んで、そんでもってアヒルの卵がアクセントになって、その辺のとこをこっそり「干ししいたけ」がじんわり滋味に・・・タマリマセンワ。

お待ちかね、お楽しみの例湯も、今夜は鶏と冬瓜に大麦が山ほど。
熱いうちはサッパリと五臓六腑にしみてゆき、ぬるくなったらなったで別の味わいがうまれ、冷えてしまうと何故かトロリンと軽いとろみが。

「コラーゲンだわ〜」
「コラーゲンですね〜」

と、二人最後の一滴まで、鍋をひっくり返して啜りこむのだった。

当然、香菜は無料サービス。
お料理の残った汁に、香菜を混ぜくって食べるのです。

さて、大珍ではもう決して忘れてはいけないメニューとなった「酢系」。
本日は「家鴨五杯酢」。

ううむ、前回の鴨のほうが肉自体は美味しかったかも・・・と内心思いつつ、下のほうに転がってた茶色い塊をつつくと…なんとジャガイモ。
この芋が、五杯酢タレを全身吸い込んで、煮崩れもせずにしかしホックリ・・・。

「芋ってえらいですね」
「うん、芋って、えらい!」

尚、二人とも一品目の空芯菜からトランス状態に突入して、顔はエヘラエヘラ白痴状態。

お口直しに順序は違うが、冷菜の「砂肝香菜和え」と「しめじの香菜炒め」。

砂肝はひんやりとして気持ちよい。
ものすごく丁寧な下処理をした上に、ちょうどよく茹でて、しかも本当にちょうどよい食感になる厚さに切りそろえてある。
こういうのが「普通です」という顔で出てくる。
しかも山盛り・・・1千円くらいだったか?

炒めもののうまさはいうまでもない。

さてここで、こういうときだけ神が下りたように正気になる、大珍奉行イヌワン様の声が聞こえる・・・
「ごはん類を喰わずに大珍を去るなど許されんっ!」

オトモダチはさすが28歳。
可愛いお顔にひそやかな決意をにじませて「食べられますっ!」といっている。
で、干し魚のチャーハン・・・ああ、何故まだ入っていってしまうの・・・??

ちなみに彼女は、元人類学専攻でモロッコが専門、と判明。
(喰うのに夢中で、互いの身の上はあまり突っ込んでなかったのでした)
お話も大変美味しい。

かくして夜はあっという間に更けて行ったのでありました。

尚、ご参考までに、その日の料金は一人5千円程度、でした・・・二人で1万ちょっと。
でも、やっぱりここは4人はほしい・・・せめて三人いればあと2品は・・・と、思う。


ランキングバナー人気blogランキングへ
例湯の出汁にしてあげるから、いぬわんクンは早く帰っていらっしゃいね。
でも、できるのは「犬も喰わないいぬわん例湯」か・・・?
しかも『犬喰い』ブログは閉鎖・・・シャレになりませんね・・・。


☆青島皮蛋5ヶ入チンタオピータン

台湾松花ピ―タン12個セット
考えて見たら、ここのお店では、ピータンとかチャーシュ−みたいな「普通のもの」を軽くスルーしていたけど・・・次回は基本に立ち返ろうか?!
(写真は楽天のお取り寄せです、単なる・・・)



arima0831 at 00:20│Comments(11)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 中華料理 | 横浜中華街

トラックバックURL

この記事へのコメント

11. Posted by アリーマ   August 06, 2006 19:48
まみももサン

明日にでも衝動的に走っていってしまいそうなワタシ・・・。

壁メニューの冬瓜すら、毎日変わっていく!
行くべし、行くべし、行くべし!!
10. Posted by まみもも   August 06, 2006 19:39
あぁ行きたかった・・
冬瓜のあるうちにまた行きましょう☆
9. Posted by アリーマ   August 06, 2006 15:13
うきふねサマ

イ・ヌワン先生様のご帰国を待って、打ち合わせのうえ「消化器系人類友の会決起集会(仮名)」をここでやろうか、と言ってはおります。

理由は「事前オーダー打ち合わせのうえでの『特別宴会メニュー』はいかなものであるか?」をチェックするためです(要は自分らが喰いたいだけですね)。

イ先生様は、目下アメリカ某所の砂漠のど真ん中で、アメリカンフード責めが楽しすぎて発狂状態です。帰国して正気に戻したところで企画したいと思っています(カワイソウだから毎日ナニを食べたかメールで親切に知らせてあげています)。

ただ、この店の場合、レバノン料理のように特殊でもないし、天龍菜館のように事前の人数集めと打ち合わせが必要なわけでもないですから、ふらっと何人かで普通にいって好きなもの頼んで大丈夫ですよ。是非いってみてください。

8. Posted by うきふね   August 06, 2006 12:36
あ〜〜
行きたいっ!!
今度行く時は誘って欲しい!
7. Posted by アリーマ   August 06, 2006 01:52
ああっ!
マテ貝の各種お料理も、涎・・・じゃなくて涙をのんで諦めたのでありました・・・!

4人以上なら、魚の清蒸も・・・ああああああああ〜。


6. Posted by アリーマ   August 05, 2006 23:31
皆々様・・・

熱いレスポンスに、軽くビビッておりますが・・・でもしかし、どうしてあの店はヒトの理性を飛ばすのでしょう。

ワタシは面子さえそろえばいつでも出撃準備OKですので・・・。

次は、鶏と冬瓜のスープ、うかつに食べ忘れた豚バラ南乳揚げ、そしてシンプルにチャーシューにピータン・・・と、まだまだ食べそこねが山のように・・・。

私も頭の中で、常時「大珍」の二文字が点滅してます、まだ。
5. Posted by オーゴンカープ   August 05, 2006 18:38
暑い時冬瓜食べたいですね!
腐乳大好きです!
皆苦手な人が多いが私はむしろおかわりしたいくらい!
ニガウリも食べたい!
また中華しようかな!
4. Posted by sociton   August 05, 2006 10:45
だだだだだだイチン〜〜〜


さて汗をかきに行こう。。。
3. Posted by 小径のヌシ(^-^)   August 05, 2006 08:26
おはようございます(^−^)
いいなぁーいいなぁー
冬瓜と叉焼とアヒル卵の旨煮にコラーゲンたっぷりの例湯
(家鴨五杯酢はこの前頂きました。確かにおジャガ
こりゃ土曜日に出勤している場合じゃないですね(笑)
先日、会社で大珍樓別館さんの話をしたところ
今日うちの社のコたちが大珍樓別館さんへ行くとのこと
しっかりと教えておきます〜
2. Posted by イ・小チン   August 05, 2006 06:33
うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああん〜〜

はやく帰りたいよおおおおおおおおおおおおお〜
頭の中が大チンでいっぱいです(爆)
1. Posted by ひとりメシ   August 05, 2006 06:09
おはようございます。
空芯菜の腐乳炒め、聞いただけでよだれがたれそうです。干し魚のチャーハンもきっとおいしいんでしょうね。
今日は午後から通し営業の大珍。
頭の中が大珍でいっぱいです(笑)

冬瓜が食べられるうちに!!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔