August 24, 2006

アフリカにある、食材のお話

先日、日ノ出町の『延明』で蚕のさなぎの串焼きを食べた話を書いた。
正直に告白すると、是非また食べたいとはマッタク思わないが、食べながらカイロにいた時の昔話を思い出してしまった。

これは中東でなくて、アフリカの話。
もうひとつやっている『中東ぶらぶら回想記』のほうに上げたので、勇気ある方はご参照を。

http://arima.livedoor.biz/archives/50582285.html

上記は、作家で翻訳家の田中真知氏の経験談の聞き書きだ。
カイロにいたころ、ちょっと御縁があったのだ。

中東やアフリカ方面に関心のある方には、なかなか面白い旅行記、体験記などをかかれているので、是非御一読を。

アフリカ旅物語 中南部編


ある夜、ピラミッドで



ランキングバナー人気blogランキングへ
平和にして飽食の国、日本。
思えばありがたいところにすんでいるものだ。


横浜中華街スーパーカタログ(06ー07)
この手の本にしては割合お役立ちな一冊。
虫が食える店などは載ってませんが・・・ぐったりイメージが頭にしみついた方は、こちらでも読んで食欲を取り戻してくださいまし。



arima0831 at 05:55│Comments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 食品・食材 | 日記

トラックバックURL

この記事へのコメント

5. Posted by アリーマ   August 29, 2006 06:09
蓮さん

じゃあ「ゆでたら赤くなる虫」ならいいのかい・・・(ふっふふふ)?

ううむ、ワタシはどっちかにしろ、といわれたら、昆虫系のほうがまだ・・・(あくまで海老っぽいやつ)。

芋虫とかは、やっぱりパスしたい。
ネタ元の田中真知さんが、さらに「アフリカ虫喰い話」をコメントで補足してくれたので、虫話が増えてます。よろしければ、も一度コメント見てください・・・けっこう凄いの。
4. Posted by 蓮   August 28, 2006 13:48
うぅん。。。
それを言われると痛いですが、エビさんとか蟹さんは生だと青かったり、茹でるとあかかったりしますが、昆虫系は色がねぇ〜。。。
あと小さい体に足がいっぱいついてるんで、サカサカ音を立てながらすばやく動くのがなんとも気持ち悪い。。。
やっぱりダメですぅ〜。。。
3. Posted by アリーマ   August 24, 2006 18:18
>socitonさま

そうでした?
そぉかな。まあ、自分で食べてないですからねー。
食べたくないけど。

>蓮さん

でも、それをいったら「エビ」とか「沢蟹」とかの食感て、虫さんたちに似ているのかも・・・とか思っちまいましたが・・・。
そうだ! イナゴは昔食べたことがあって(佃煮)「なんか小エビっぽい」と思ったのを覚えてます。

ああ、イケナイ・・・もっと食欲をそそることを書かねば・・・。
2. Posted by 蓮   August 24, 2006 17:58
ちょっと考えてみましたが、足のついた節足系の虫さんよりは、芋ちゃんとか蚕ちゃんのほうが抵抗がないかもしれません。。。。。
お猿さんの燻製って、ビーフジャーキーみたいな猿肉の燻製を想像していましたが、読み進んでいったら丸ごとなんですね。なんかすごい!
1. Posted by sociton   August 24, 2006 14:35
あまりグロくないですよ〜。
蚕のぶにゅ〜というほうがずっと臨場感あってやだなあ・・・

うーキモキモ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔