September 18, 2006

福富町『ソウル麻浦屋』 韓式激戦区でソルロンタン

ソウル麻浦屋
最寄駅:日ノ出町 / 関内 / 伊勢佐木長者町 / 馬車道
料理:韓国家庭料理 / 韓国料理 / 冷麺
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食


「雪濃湯」と書いて、ソルロンタンと読む。
文字通り、雪のように白い、滋味深いスープ。
大好きなのだが、あまりお目にかからない。
あっても高い。

ところで話変わるが最近、AACSという奇病が蔓延しているのに皆様はお気づきだろうか?
某過食系先進国某所では、AACS研究機関も発足しつつある。

これは"Abnormal Appetite Chain Syndrome"の略。
和訳すると「異常食欲連鎖症候群」となる。

例えば、この人のブログ記事を見たりして、闇雲に同じ店に走って行って、同じものをむさぼり喰らわずにいられない、という、異常食欲者が数名寄り集まると連鎖的に集団発生する傾向のある症状だ。

ちなみに、この研究機関の創立者であるアリー・マァヤマグーチ氏によると、感染源は往々にして南区横浜橋付近、時によってはイヌを介した感染もありうる、ということである。媒介するのは主に「ブログ」だが、ブログで感染したモノからのクチコミ、というケースも散見される。
一種の病理学的社会現象として注目される可能性を孕んでいる。

現状では「特定の飲食店が儲かる」「特定の飲食店に、飢えた目つきでデジカメを握り締めた、ブロガーらしき人間が散見されるようになる」「そういったブロガーを通じて連鎖型に特定の飲食店の食物に中毒するものもある」「ヒトのいった店ばっかり行かないで、新規情報をあげろ!」と感染源が文句を言い出す・・・と、いった程度で、まあ実害はない。
そのため、日本政府は事態を重く見ず「勝手に好きなだけ食わせておけ」といいすてて無視されている、ということだ。

まあ、肝機能や尿酸値、血糖値などに問題のある向きは、お気をつけて・・・。

と、いうわけで(?)、ソルロンタンをいただいた。
感染源(?)は南区の某氏
 
特にこの数年、韓流ブームの追い風もあるのか、エスニック化が急速に進む伊勢佐木町界隈。
その中でもとりわけ密集度高いエスニック爆心地(?)、福富町あたりの裏小路にある小さな店だ。

ここのソルロンタンは、ひたすら薄味だがじんわり胃の腑に沁みて、しみじみと美味い。
韓国料理は「赤くて辛い」というイメージがあるが、赤くて辛いベースの旨みを凝縮させるとこうなるのだろうか。
 
この界隈では「韓式」にキムチくらい当たり前に無料で出てくるのだが、ここの場合、カクテキと白菜キムチがドカンドカンと二鉢まず出てきて、続いて小皿に少しずつ盛った、アミの和え物、韓国風卵豆腐、ナムル数種、お芋の煮つけ、ジャコの炒め物などなどが8皿。
 
韓式には当然、とはいっても、おかずが美味しくてご飯も進む。
 
実際、美味しいのも道理で、かの赤坂の一流店「一龍」の料理人が独立してやっているのだそうで(入り口に大書してある)。
 
これで1500円。
午後三時半からやっているから、遅めのランチにも使えそう。

ガッツリ喰えて栄養バランス抜群。
たまりませんわ、もう。


ランキングバナー人気blogランキングへ
あ〜、感染カンセン〜〜。


【送料無料】日本じゃ飲めない“本生”マッコリ 720ml 3本セット氷温貯蔵でフレッシュ&フルー...
マッコリにニッコリ。
三本セット。

日本の食材でつくるチャングム・レシピ―韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」


arima0831 at 22:27│Comments(12)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 横浜コリアンストリート | 韓国料理

トラックバックURL

この記事へのコメント

12. Posted by アリーマ   September 19, 2006 18:36
>蓮さん
赤坂の『一龍』は、昔二回くらい行った(元ソウル駐在だった知人に連れて行ってもらった)だけですが、美味しいですよ。
調べたら、ランチがかなりお得そうなので、また行ってみよ、と思ってるのです。

>イ先生様
アナタ、「祖国の料理」を、想いっきり馬鹿にしてたことありませんでした?

中華とちがって、野菜が山ほど食えるから、ワタシは「食事」としては和食や中華よりもバランス的に完成されたもんはあると思ってますが・・・祖母が対馬だから、彼の国の血が多少流れているのかもしれないなあ・・・だって、ソウルの街歩いてても、全然違和感ないし。でも、アトピー気味なので、お医者さんに「辛いものの食べすぎ注意」なワタシ・・・アトPはカナP・・・。
11. Posted by イ・ヌワン   September 19, 2006 14:08
うむ。玉には祖国料理も散歩してみたいもんやのお〜
10. Posted by 蓮   September 19, 2006 13:30
たまたま家が遠いので、行きたくてもなかなか行けませんが、そっち方面に住んでいたら間違いなく感染してますね!
ソルロンタン食べてみたいなぁ。^^
9. Posted by アリーマ   September 19, 2006 12:37
>クッキー又は・・・サマ

いらっしゃいませ。
下っ腹のたたみ方を是非研究項目に加えるべし、とアリー教授がおっしゃってました。是非御教示ください。

ワタシも秋になって、カナリヤヴァイ状態です・・・。

尚、AACSで「物忘れ」などの症例は報告されておりませんが、個人の精神生活状況と密接に関係する病症ではありますので、そういうことも起こりうるかと思います。

>イ先生様
あなたは患者ではなく、立派な感染源とみなされています。
尚、この「爆心地」は「あの羊串」のちょっと先に広がっています。お散歩の続きにはよろしいコースであろうか、と思われます。
8. Posted by アリーマ   September 19, 2006 12:29
>ヌシさま
予備軍て言うか、感染源じゃないんですか?
そうですか、大珍楼ですか・・・いいなー。
そろそろ壁メニューも変わるころ。チェックをよろしくお願いします。

>seikoMTDさま
実は某旧ソ連領内より秘密亡命してきた、クイージ・ハリノスキー教授は、亡命させたエージェントからも忘れ去られていましたが、こつこつと症例を研究していた模様です。名前からしてどうもイスラーム系のアリー教授とは、国境宗教文化を超えて、仲良くしている様子です。
研究所は仮に西区某所に置いてありますが、獣系某氏の転居先決定次第そちらに移転予定です。
7. Posted by イ・ヌワン   September 19, 2006 09:11
オレのコレは未知の感染症やったんカー嗚呼〜
この記事読んだら韓国喰いたいなてきたあ(´д`)
散歩、散歩っ!!
6. Posted by クッキー又は。。。   September 19, 2006 08:20
URL間違ってました。ゴメンナサイ。これもAACSの症状でしょうか…。
5. Posted by クッキー又は。。。   September 19, 2006 08:17
アリー教授、私も最近妙な徘徊をするようになりました。一日3食をモットーとして生きてきたのですが早ランチ・遅ランチなどという暴挙に出ることも…。たるんだ下っ腹の畳み方テクは既に師範級となりました。AACSなんでしょうか?治療薬はあるのでしょうか?ししし心配です。
4. Posted by seikoMTD   September 19, 2006 07:49
5 アリー教授の研究領域にとても興味あります。
研究機関の発足しつつある某所とは、獣系某氏の転居候補先ですね。
幻のクイージハリノスキー氏にも宜しく。
3. Posted by 小径のヌシ(^−^)   September 19, 2006 07:48
ふ…ふふふ…あはは(*^▽^*)
AACS予備軍(あくまでも予備軍と言い張る)のヌシは今宵
大珍楼さんへの突撃を計画中であります( ̄▽ ̄)ヾ
なに食べようかなぁ〜♪
2. Posted by アリーマ   September 19, 2006 03:40
「某」さま

イ先生様は、ナニをどうしても韓国料理がお嫌いだそうです。
大丈夫ですよ。
ヒトの姿のときは、ナイスで知的な二枚目ですから・・・(嘘)。

ブデチゲは以下御参照。
http://www.ajinomoto.co.jp/cookdo/korea/m01/03.htm

ソルロンタンは、胃にいいんじゃないかなあ、と。
韓国のお酒は強いものが多いし、飲み方もハンパなく荒いから、ソルロンタンのようなものが好まれるのではないでしょうか(つまみに山ほどキムチではある)。

韓国料理、ワタシは好きです。
かつて三日間ソウルで喰いまくった後、自宅の体重計の数値がまるで出発前と同じ。
カプサイシン効果を信じましたです。
1. Posted by 某氏   September 19, 2006 01:51
小皿が地味に美味しかったですよね。
3次感染しないよう、飼いイヌ氏はよく消毒しておいてくださいね。

全然、関係ないんですがブデチゲってどうですか?
他においしそうなものたくさんあるのに、かの国の方々はなんであれを頼むのだろうか??

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔