October 01, 2006

野毛『萬福』 調査結果報告

萬福
最寄駅:日ノ出町 / 桜木町
料理:台湾料理 / 中華料理一般 / ラーメン一般
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


昨今各所に蔓延している、AACS(異常食欲連鎖症候群=Abnormal Appetite Chain Syndorome)秘密研究所の主席研究員であり、同病症の主要感染源とも目されているイ・ヌワン先生様の指令で、上記の店の調査に走った。
先生様は「EEP(Eiraku-En Phenomenon)=栄楽園現象」という、正体不明の状況を想定されたのである。

入り口は、昔懐かしいうらぶれた風情のラーメン屋、である。
中に入ると、やはり同じイメージ。
日中なので、余計に哀愁が漂う気がする。

さて、隠れ名店として一部の暑苦しいほどの支持(?)をえている店がある。
中華街は蘇州小路の『栄楽園』という。
店構えだけ見ると「なんでこんなところでこんな店が営業していけるのか??」と思うが、中に入って丼モノ(チャーシュー丼、豚バラ丼、鶏丼)を食べると「ややややや・・・!」と皆オドロく。

イ先生様は「犬と都民お断り」という見えない看板をモノともせず、数回オデカケである。
ハマのスター喰らいヤー氏も高評価。

そして、ここを主軸とした師弟関係店が存在する?!というタレコミをもとに、ワタクシは「至急調査」を命じられたのであった。

そこがこの『萬福』。

価格設定は、ほぼ『栄楽園』と変わらない。
ラーメンは400円だ。

情報筋によると「ここのサンマー麺は『栄楽園』と酷似している」ということで、真偽の程を確かめに送り込まれたワタシである。

しかし・・・店の前で佇むうち、恐るべき事実に思い当たった。
ワタシは「サンマー麺」なるものを、横浜在住7年半にして、一度たりとも口にしていなかったのだ!!!

この「サンマー」とは即ち「生馬」と書く。
魚の秋刀魚とは無関係で、餡かけのモヤシが山ほど乗っているラーメンだ。
このモヤシが「生(サン)」つまりシャキシャキと新鮮にして火が通り過ぎておらず、それを「馬(マー)」つまり乗っける、というところから来ている、という説が有力だ。本来は、どこかの中華料理屋の賄い飯だったのだとやら。

そういうウンチクだけ「ヘー」などと聞き流して、実は食べてなかった。
盲点なのであった。
だから当然、栄楽園のサンマー麺も食べていない。
食べるのはいつも丼だけだ。
つまり『栄楽園』で麺類を食べていない。

つまり、アタマっから調査にもなんにもなっていないじゃないの、ということに、ガタピシと若干不安定なテーブルに席をとってから気がついた。

でも、だから出てくるわけにも行かないし、丁度お腹も空いていたので、まあいいか、とサンマー麺を頼む。

モヤシはあんまりシャキシャキしていないようだ。
ホコリくずのような肉が、ポロポロと少量見受けられる。
餡は薄めで、麺は太めまっすぐ。

スープは・・・一口め、確かに『栄楽園』で丼についてくるスープに似た、醤油味のスープだが、食べ進むに連れてアゴがだるくなってくる。
口の中がウンニャリとしてきて、脳中枢のどこかが「もうやだ」と言いはじめる。

こういう店構えの店では、完全に想定内ど真ん中の、バッキリ化調が効いた味。

そういうわけで、スープは半分残して店を出た。
510円という値段は、評価に値する、とは思う。

とにかく安い。
午後通しでやっている。
古くうら寂しげな店舗は、それなりにノスタルジックと言えないことはない。

と、以上は評価できるが・・・ここと『栄楽園』の関係は、ないんじゃないか、と思う。

あるのかなあ?
わかりましぇん。


ランキングバナー人気blogランキングへ
尚、『栄楽園』は、近隣に仕事や住居がある人には非常に嬉しい店だけれど、わざわざ遠方から中華街に足を運んだ人向けではないかと・・・美味しいけれど、ここでなくても。





ここでは謎は完結した。もうDVDか・・・早いなあ。


arima0831 at 12:27│Comments(8)TrackBack(3)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ラーメン | 日ノ出町・伊勢佐木町

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

3. 萬福  [ sociton Blog ]   March 24, 2007 12:36
萬福 野毛(宮川町) サンマーメン 510円 ジャズの前のクイック麺。 なんちゃって、またラーメンでっせ(~o~) 昨日はDolphyなので、一番近いとこで食べた。 ここは、seikoMTDさんをはじめ、いろいろな方が「安い」「ノルスタジック」「体によさげ」とのことで...
2. ラーメン82 野毛「萬福」  [ 住まいは海の近く ]   October 01, 2006 14:39
山下町での研修も終わり、夕暮れとなった。 途中、中華街の「永楽製麺所」で、はるさ
1. 横浜中華街、栄楽園ふたたび  [ 犬悔い ]   October 01, 2006 14:25
ある朝喰ってめっちゃ気に入ってしまった栄楽園。 今度は夜、まったりと喰ってみた。

この記事へのコメント

8. Posted by アリーマ   October 02, 2006 17:05
いや、でも、昔懐かし系の味という意味ではわかる気もするよ。まあ、こういうことでもなければ気がつかないような地味なお店でもありますし。

いいんじゃないの?

しかし、素直だねえ・・・(不気味)。
7. Posted by イ・ヌワン   October 02, 2006 14:33
ううう 萬福をよく知らずに仮説を立てたワシがアホだった、なぁ〜 すんまへん
6. Posted by アリーマ   October 01, 2006 20:33
>ヌシさま
ワタシも知りませんでした。
横浜市内はわかりますが、神奈川県下は一帯にあるものなんでしょうか?

>ほんまサン
栄楽園師弟店舗説は・・・イ・ヌワン先生のお考えですので、ワタクシにはわかりかねます。

今度ラーメンも食べてみます。
400円だし。
5. Posted by ほんま   October 01, 2006 19:30
化調ダブルパンチのサンマーじゃなくて、
普通のラーメンにすれば良かったのに・・・
あれこそ町場のノスタルジック味よ。
ただ、栄楽園とは・・・逆になんでまた??
4. Posted by 小径のヌシ(^-^)   October 01, 2006 18:13
『多摩川を渡るとサンマー麺と呼ばない』
ということを小耳に挟んだことがあります
実際、都内から通勤しているコは知らなかったし…
3. Posted by アリーマ   October 01, 2006 15:40
>イ先生様

巻揚げはなし。ネギはラーメンなどによく使ってるみたいだが、チャーシューは不明でした。
うにゃ。

>seikoMTD様

TBありがとうございます。
シンプルでした。ひたすらモヤシです。最初はまあよかったのですが、ワタシは化調のきついものがイマイチ苦手で、スープは半分もいけませんでした・・・。塩辛いだけなら喉が乾くだけなんですが、口の中に妙な味が残るんです。でも、安いです。
2. Posted by seikoMTD   October 01, 2006 14:49
行かれましたか。「萬福」のサンマーメンは極めてシンプルだったのでは。TBしました。
1. Posted by イ・ヌワン   October 01, 2006 13:48
ご苦労さんまーっ!
EEPに該当する店はあの栄楽園のすばらしい「シューマイ」と「巻揚げ」、そしてチャーシュー+ネギがウリのハズだと思う。そのようなメニューは存在したか?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔