October 20, 2006

ヤメロといわれても『華隆餐館』 焼き餃子は・・・

華隆餐館
最寄駅:日ノ出町 / 関内 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋
料理:四川料理 / 担々麺
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食


「辛いものは控えて」と、言われ続けている。
たいしたことはないけど、アトピー気味なんで。
酒も駄目ですけどね。
ははははは。

だから、この店で坦々刀削麺なんて、もってのほか。
でも、ここの刀削麺は中毒性がある。こまりものだよ。

しかも、ここでもこっちでも、当然こちらでも、しまいにはこんな人までも、これでもかばかりに、ワタシの食欲を揺さぶって、過敏で脆弱な胃腸をいじめやうとする・・・わ〜ん。

ここは開店当時「いつまで持つか・・・」と危ぶんだ向きもあったようだが、日本人の趣向をきっぱり無視した、清々しいまでの「現地味」が逆に支持されたようで、常にいつでも中国系のお客さんに混じって日本人が・・・という、フシギな店になっている。
「恐怖の壁メニュー」は、見事に「辣」で「川味(四川味)」なものばかり。
辛くないのは「空芯菜炒め」くらい。

一度、興味本位で「毛血旺」にタックルかけたら、すごく美味いけど二口くらいでギヴ。
なにしろ、キャッチが「川味一絶」だ。
「一絶」っていうか「気絶」じゃないのー?、と突っ込みたくなるくらい素晴らしいぞ。

以来「壁への挑戦」は、胃腸の屈強な人員が同席するときに限ろうとココロに決めて、いつもみてるだけ・・・つまんないの。

それにしてもここの刀削麺、単に辛いだけではなくて、不思議な独特の甘味や酸味や各種のスパイスが混じりあったスープに、ピロピロもっちりの刀削麺がいい組み合わせで、ついつい足が向いてしまう。
ランチならば、夜は850円の刀削麺が、650円で小ライスに辛い漬物付き。
この漬物がまた違う味わいでオイシ。
ご飯に合うんです。

麺の量も多いから、ライスなど・・・と思うけど、スープとライスも合うもんだから、つい気がつくとライスも食べてしまってるし。
ワタシみたいな、胃の小さなオンナの体質までをも変える。
怖い店だわ。

前回行ったとき、中国系のお客さんが焼き餃子にドボドボ黒酢をかけてたのを横目でみて、
「餃子も食べたいよー」と思っていたので、この日は焼き餃子追加。380円。
安いじゃないか。

出てきた餃子は、かなり大振り。
焼き目もきれいで美味そうだ・・・けど、食べてみて「んにゃ?」と思う。
大きくて安くてルックスもいいんだけど、特に手をかけたものではないなあ。
好みの問題だろうけど、どうして水餃子を出してないのかわかった気がする。
このお店、餃子には情熱ない様子。
あ、そうですか。

ちょうど昼時も終わりごろ、賄いを見たら、みごと紅蓮の炎が燃え立つようなマッカッカな汁に、目にしみるほど青い香菜がてんこ盛り。
そうそう、このお店は、頼むと香菜をたくさん入れてくれるけど、黙っていると香菜抜き。
帰り際に気がついて「しまった」と、思ったが遅かった。

次からは「たーーーくさん、いれてください!」と、お姉さんにお願いしよう・・・。


ランキングバナー人気blogランキングへ
頼んだら、ホイッと一掴みは入れてくれたんですけどね。


dancyu (ダンチュウ) 2006年 10月号 [雑誌]





中国語できたら、こういう時もっと面白い話が聞けるのだろうなあ、といつも思います・・・。

arima0831 at 00:00│Comments(15)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 中華料理 | 日ノ出町・伊勢佐木町

トラックバックURL

この記事へのコメント

15. Posted by アリーマ   November 29, 2006 01:11
Ryumanさん

お気遣い、恐縮です・・・ライブドアって、本当にTBのご機嫌が「謎」ですよね。
ひどいときは、ライブドア以外のブログに飛ばしたTBだけが全部生きていたりするのです。
なぜかしら?
14. Posted by Ryuman   November 27, 2006 00:22
アリーマさんこんばんわ。
TBをしているんですがどうもうまく反映されないみたいです。。。
色々試してみますね。
13. Posted by アリーマ   October 27, 2006 00:24
乙さん

確かに、あそこの麻婆豆腐は、一度食べてみたいですねえ。ワタシには「普通」で十分だと思いますが・・・。

しかし「刀」の誘惑、本当に定期的にきます。
クセになりますよねー。
12. Posted by 乙さん   October 26, 2006 11:05
アリーマ様、昨晩も「刀」に行ってしまいました。壁メニューに再び挑戦ということで、川味人気と謳われている「陳麻婆豆腐」に初挑戦でした。ライスももちろん注文。特に辛さを指定しなかったのですが、そうしたら厨房のあの若い職人が「辛さはどうするのか(恐らくこう言っているのであろう)」と中国語でウェイトレスに尋ねました。そのウェイトレスは小生に「辛さいかがする?」と訊いたので、小生は「普通に」と答えました。万が一、辛過ぎたら落ち着いて食べられないので、とりあえず普通ということでお願いしました。結果、ハイ、無事に完食でした。ただ、ラー油の量がものすごく、あれにはビビりました。今度は中辛か大辛の間ぐらいを目指そうかと思います!
11. Posted by アリーマ   October 24, 2006 19:09
蓮さん

やる気だね・・・本気なんだね・・・。
10. Posted by 蓮   October 24, 2006 15:03
なるほど。。。ますます興味深々。。。
9. Posted by アリーマ   October 23, 2006 20:56
蓮さん

でも、ここの「壁」は本当に「壁」なのだよ・・・。
そうですよね、経験者の皆さん・・・。
8. Posted by 蓮   October 23, 2006 12:28
でしょ。^^
良く食べるっていう意味でも。。。^^;
7. Posted by アリーマ   October 20, 2006 20:52
>蓮サン
ふふふ。強力な助っ人だな。

>siu+サマ
「壁への挑戦」はやっぱり一人二人では無理でしょう。四人くらいいて、うち二人が「激辛OK体質」であるのが理想的です。
でも「単独登頂」に成功した方もいらっしゃいます(ワタシは挑戦だけして途中で遭難しました・・・)。

行くたびに「アレはなんだろう??」と、好奇心がそそられます。是非企画いたしませう!
6. Posted by siu+   October 20, 2006 20:06
>黙っていると香菜抜き
そうだったんですか。次回から頼みたいと思います。

「壁への挑戦」は、私も機会があったら是非したいと思ってるんですが・・。
挑戦するときがあったら、是非私にも声をかけてください。(胃腸は屈強ではないので戦力にはなりません。)
5. Posted by 蓮   October 20, 2006 16:23
胃腸は強く、辛いもの大好きでごじゃりまする。^^
4. Posted by アリーマ   October 20, 2006 10:33
>クラムボンさま
辛いもの好きなら、ここはこたえられません。
ワタシも「控えおれ」といわれてなんだら、もっとしげしげ行ってると思います。オススメします。

>ヌシさま
ワタシも上記の理由で「普通」とか「控えめ」にしてもらっています。それでも美味しいですよん。

>yendouさま
TB飛ばしたんですが、例によってうまく飛ばず・・・スミマセン、突然失礼しました。
辛いだけの店は結構あるけれど、ここはフシギにくせになるナニカが入ってますよね〜。
3. Posted by yendou   October 20, 2006 08:30
5 アリーマさん、おはようございます(^^)
朝早く自分のBlogのアクセスログを見ると異常にアクセス数があり、もしや2ちゃんで晒されたかと一瞬不安になりました(爆)
アリーマさんのBlogから皆さんお越しのようで、ご紹介いただきありがとうございました。
華隆餐館、餃子はいまひとつですかぁ〜、、、
まぁ、あの手のお店はそうかもしれませんねぇ〜。
しかし、アリーマさんの記事を読んでいると僕も、もう一度足を運んでしまいそうです(笑)
やっぱり癖になる味ですよね、あの手の店は(^^ゞ
2. Posted by 小径のヌシ(^−^)   October 20, 2006 07:45
あらら〜
>ここでもこっちでも、当然こちらでも、しまいにはこんな人までも…
やはりヌシもそろそろ行かなければなりませぬなぁ
残念ながら辛さ控えめメニューでしょうが(^−^;
1. Posted by クラムボン   October 20, 2006 01:59
おおおお!うまい刀削麺があるのですね!
さっそく行かなければ!!
辛いものすき〜♪
くちびるひりひりにしながら食べてしまいますね♪

それにパクチーてんこもり♪だなんて!!
私もちゃんと頼まないとな(*^^*)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔