November 18, 2006

武蔵小杉『むさし野』鰻よウナギ〜♪(やっと会えたね)

むさし野
最寄駅:武蔵小杉
料理:うなぎ
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食


渋谷に出かけて、用件がすんだらちょうど昼時。
「ついでだから久しぶりに『すずらん』・・・」とも思ったが、食欲ベクトルが微妙にずれている。

そういえば、東横線の途中、武蔵小杉のあたりにうまい鰻屋があるらしいんだっけ・・・
と思ったら、一気に「うなぎモード」に突入。
電話をしたら、何とかぎりぎり間にあいそう。

まったく世の中便利になったもので、気になるお店は携帯に片っ端から飛ばしてあるのだ、実をいうと。
どんな衝動衝撃がいつ何時何処で襲ってきても、即時応戦体制が整っているのだ。
日本政府は見習え!
備えあれば憂いなしなのだ(・・・でも、計画性が、とひっそり呟く声は聞こえないふり)。
フン!

と、うなぎモード突入でアドレナリンが空腹を刺激しまくり、思考回路が妙に高揚する足取りに任せていたら、当然(?)道に迷いまくる。

むさし野1お店のオバサマに泣き縋りながら、ようやく辿り着いたお店は、
なんとも良い佇まい
この写真ではわかるまいが(間違った開き直り)。

元は古い相撲部屋だった家屋を改造したとやらで、
店先に並んだ幟も看板も、おいでオイデをしているようだ。


なにも知らずに店先を通りかかっても、絶対にふらふら入ってしまうなあ、これは。

高級感というよりは、しっくり落ち着く庶民的ないい空気が漂っている。
ふぅぅぅ〜ん、へぇぇぇ・・・と珍しく入り口でぼんやりしていたら、引き戸がガララと開いて「あ、着いたねえ。はいはい、いらっしゃいませ」と、電話のオバサマが迎え入れてくれた。

店内も入り口以上に面白い。
こういうのは、一歩間違うと安っぽいレトロ趣味になってしまうのだが、この店の場合は
ご主人が元力士だとかで、レトロ趣味などという浅はかなものではなく、文化財の保存に
真剣に腐心しているらしい。

肝焼きと甲焼き(各300円)に、うな丼を頼む。
串二本を見た瞬間、ビールだビール!と体細胞の一部が騒ぎだしたので、一本頼んだら
キリンラガーの大瓶が出てきた。
「ビール大瓶のお店はいいお店」だ。
そう決まっているのだ。

甲は柔らかく口でほどけて「頭」というイメージはなし。
肝焼きもプリッとした歯触りに旨みが詰まってる。
炭火の焦げと薄い苦味に甘味を抑えたタレ。
ビールがなくっちゃねえ、こういうときは。

そしてうな丼登場。

嗚呼、痛恨の失敗!
なにがって・・・もっと大きいのを頼めばよかった、と・・・!!
カリッと焼けているのに、ふんわり柔らかくて脂の旨みがのった、ルックスのいい
「うな丼」を食べて激しく後悔する。
タレは辛めで、びったりワタシの好み。
うな丼だと、半尾だけ・・・あああっ、もっと食べたいぃぃぃぃ〜。

まるで「どうせ脂っぽいオヤジばっかり」とテキトーなスーツにいいかげんなメイクで仕事に行ったら、意外や知的で爽やかで話のわかるイケ面担当者が現れた時のような後悔、
とでもいおうか・・・(あくまで妄想ですけどね)。

むさし野 うな丼丼といっても、お相撲の行司軍配の形をした陶器の入れ物だ。
このうな丼、ランチだと200円引きで1300円(!)。
冷奴、白菜の漬物(小皿に一山)に、プリッとした肝がきちんと
入った肝吸いつき。
ちょっとしょっぱかったけど、まあいいや。
ちゃんとした肝が入ってるから。

肝吸いに肝が入っているのは当たり前だ、と言われるかもしれないが、某有名店
ファラオのなれの果てみたいな肝のミイラを何度か食べさせられて以来、軽いトラウマに
なっているのだ(嘆)。

しかも、一見小さげなこの器、半端でなくギュウギュウにご飯が詰まっている。
ああ、鰻があと半尾ほしい・・・。
何故か煮付けた牛蒡も一緒に入っている。

うな丼も楽しいけれど、やっぱりここならば大きいのを頼んでみたい。
オヤジサンに「いやー、大きいのにすればよかった。美味しかったです」と言ったら、
「次の楽しみにね」と。

「ご飯、結構入ってますねえ」
「うん。ランチだと結構みんなお腹を空かせてくるからねえ」

むさし野2是非また来て大きいのを食べよう、と帰りがけ振り向いて店先の幟に誓うのだった。

その姿は・・・単なる不審者だろうな・・・。




ランキングバナー人気blogランキングへ
某氏に突っ込まれる前に・・・「そんな遠くまで行けない」とか言ってた「武蔵中原」は、
実はここからあとほんの一足伸ばしたところなのに、この日初めて気付きました・・・
これなら、行けるかもカニコロッケ・・・。

追伸:
あれれ、と思ったら、なんと10万アクセスが近づいてきています。
皆様、ありがとうございます。
キリ番に当った方、お知らせ下さい(なにか出るってものでもないんですけれど・・・)。

東京いい店うまい店〈2007‐2008年版〉

最新版が出ました。

鰻の瞬き

ちょっとしみじみ。


arima0831 at 11:09│Comments(16)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote うなぎ | その他神奈川県

トラックバックURL

この記事へのコメント

16. Posted by アリーマ   March 27, 2007 17:39
実際に美味いですよ♪
15. Posted by 履歴書の志望動機   March 27, 2007 16:45
店構えからして旨そうな鰻屋ですね。
14. Posted by アリーマ   November 29, 2006 01:09
蓮さん

ありがとうございます。
周囲に指摘されて、初めてオノレがどれほどヘドロ状の「うなぎ怨念」つーか「ウナギどこおんねん」つーのか、まあ妙なく浮き出してたのに気付きまして・・・ははははは。

やっぱり荻窪某店を超えることはないのですが、十二分に満足できます。お店もちょっと雰囲気が良くて、楽しかったです。

13. Posted by 蓮   November 24, 2006 13:55
おめでとうございます!
やっとやっと、美味しいうなぎ見つけたのですね!
12. Posted by アリーマ   November 23, 2006 17:16
>とも2サマ

ありがとうございます。
そうかー、なにで祝うか考えて降りませんでした・・・。

>でも、アリーマさんの好みは揚げ物よりも焼き物というかオーブン系なのかな?

実はそうなんです。揚げ物はいつでも食指が動くとは限らず。焼き物も好きですが、やっぱりオーブン系です。ご明察でございます。

あまりな急ピッチには、本人たまげました。

>これからも下々に愛の慈悲と共に涎でも振りまいてやってくださいませ。

慈悲も涎も振りまいた覚えは・・・ううむ・・・。
11. Posted by とも2   November 23, 2006 01:43
10万ヒットおめでとうございます!
カニコロでお祝いですか〜?
でも、アリーマさんの好みは揚げ物よりも焼き物というかオーブン系なのかな?
結構狙っていたのですが、かなりな急ピッチだったのと仕事にかまけてすっかり置いてけぼりでした…。
これからも下々に愛の慈悲と共に涎でも振りまいてやってくださいませ。
10. Posted by アリーマ   November 20, 2006 11:40
ヌシさま

2〜3人で行くのがよさそうですね・・・え、エビクリームコロッケも?!
9. Posted by 小径のヌシ(^−^)   November 20, 2006 08:04
>しかしカニコロのお店、トンカツなど実にうまそうなものがメインにあるから、
一人は寂しそうだなあ。
ふふふ。そうですよぉ〜
カニコロ、とんかつのほかにもね
美味しいお刺身(元々お寿司屋さんだったらしいです(未確認情報))やら
エビクリームコロッケやらモツ煮やら
あーたらこーたらイロイロあるんです
8. Posted by アリーマ   November 19, 2006 19:31
>ヌシさま

意外と近かったんですね、武蔵中原。
田中屋さんも、是非近いうちに・・・。

>つぎの症状は鰻かしら…でもお値段が…あぁやばい

ラパンでフルコース食ってる人が、なにをおっしゃいますやら・・・(嫉妬)。

しかしカニコロのお店、トンカツなど実にうまそうなものがメインにあるから、一人は寂しそうだなあ。
7. Posted by 小径のヌシ(^−^)   November 19, 2006 15:47
おぉ〜っ
ついに即身仏ぢゃない鰻ちゃんと出逢えたのですね(^−^)
つぎの症状は鰻かしら…でもお値段が…あぁやばい

>某氏に突っ込まれる前に・・・
そんなことで突っ込みませんよぉ
ぜひ一度、寄り径のうえお試しください♪
どうせ突っ込むなら…カニコロをクリックすると
田中屋さんの長茄子田楽になる…(笑)
6. Posted by アリーマ   November 19, 2006 10:25
>いぬわんクン

そーなの、やっと見つけたよ。
でも、やっぱり荻窪の『安斎』が遥かに上だが・・・でも、値段は良心的だし店の雰囲気はいいから気に入っちまいました。
5. Posted by いぬわん   November 19, 2006 10:06
こりゃまたうまそうじゃねえかわんわんわんわん
4. Posted by アリーマ   November 18, 2006 16:35
乙さん

あの〜、ちょっとおとなしくなっていた欲求を、揺さぶり起こしてくださったのは、乙さん、他ならぬ貴方ですから・・・ありがとうございます(?)。

実は「渋谷の例の店」かこちらか迷ったのですが、本能の命ずるままにこちらに来たのでした。

肴も色々あるので、ここで一献、というのはよさそうです。
3. Posted by アリーマ   November 18, 2006 16:17
>シュール・リーさま
いわゆる(?)「佐藤浩市系」でした。良かったです。ああ、嬉しい。
確かに某所勤労時代、どこかに出かけて紹介された人が「ヲヲ!」というタイプだと、やけに販売内容が好意的になったりした前科は実はあります・・・反対に「J社のXXさん! いいなー、すんごくかっこいいのぉ〜」という同僚女子の前振りに、朝のグルーミングに15分余計に時間をかけて出かけたら、何の変哲もないアホーな若いオトコで、作り笑顔の向こう側であからさまに落胆していたこともあります。
「だから彼女はいつまでたってもヨメにいけんのだ・・・」とブチリながら事務所に戻ったけど・・・言えませんでした。
現実がどうなるわけじゃないけど、夢はみたい。
せめてウナギくらい「佐藤浩市」、ですよね・・・(違うか?)。
ちなみに荻窪某所には「渡辺謙うなぎ」がいます。
久しく会って、もとい食べていません。
2. Posted by 乙さん   November 18, 2006 15:42
うな〜マ様、ついにうな丼ですな!
またもや「うな達」が恋しくなってきてしまいました。
1. Posted by シュール・リー   November 18, 2006 15:32
「失敗」だの「後悔」だのの文字に心臓が上がったり下がったりしながら拝読。美味しくてよかった。

それにしても、某有名店の「ファラオのなれの果てみたいな肝のミイラ」には爆笑しました。あまりにもその通りだったもので。

ウナギの旬はこれからの季節らしいですものね。お互いこれからもAACS症状研鑽(悪化)に励みませう。

 ところで今日某所に赴きまさに脂っぽいオヤジ…でもないけれど、ごく普通の支配人から会長を紹介されてその会長なる御仁のあまりのかっこよさ(とにかくもう私好みでしてい)にびっくりして、シチュエーションを一瞬忘れそうになりました。妄想じゃなくて現実そういう場面ってけっこうしどろもどろしちゃって困るものですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔