January 07, 2007

人吉の焼き餃子 〜熊本日記 其の二〜

到着翌日、早速出かけた。
どこに?
温泉に。
この辺りは出湯の里なのだ。
実家のある山の麓辺りにも、ふんわり湯気が上がっているところがあるので、掘ったら湧いてきそうだけれど、そう簡単なものではないらしい・・・夢だけれどなあ、自宅で温泉・・・。

いつも同じところばかりだけど、今回は行ったことのない所を覗いてみよう、と出かける。

『紅取山泉 和楽の里』へ。

調べたところでは、なんだかいろいろ派手な施設が書いてあるけれど、ロビーに暖房も
入っていないところをみると、えらく暇そう・・・。
人吉魚市場直営だとか。

露天風呂が外にあるらしいが、お湯が抜かれていた。
まあ、ワタシはお湯に浸かれればいいんだけれどもね。
ええ、十分ですともさ。
だって、巨大なお風呂を独り占めだもの。
つい伸び伸びと平泳ぎ。
へへへ。

源泉かけ流しの単純アルカリ泉、だそうな。
泉質云々にはさっぱり疎いので「単純アルカリ泉」などと言われると、どうもシンプルすぎて
ご利益(?)薄いような気がするが、お湯はとろりんとして肌に柔らかい。
いいお湯だなあ、と、湯船のふちにアゴをのせて体を伸ばしてまったり。
極楽極楽。
温泉には、いいお湯だけあれば十分なのだ。
それが空いているのだから、文句ないです、はい。

お風呂を上がって、街中へ。

思いつきの店
最寄駅:人吉
料理:餃子
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


人吉地元で人気の店らしい。
店の雰囲気は、今はなき『どんたく』旧店舗といい勝負だ。
言ってみれば、レトロってヤツでしょうか?

年末の帰省時のせいだか、持ち帰り用の注文が立て込んでいるらしい。
お爺さんとお婆さんが、無言だが真剣に餃子製作中。
あまりの気迫にこちらも無言になる。

「あ〜、ちょっと待ってね」と言われて、デコラ張りのテーブルでぼんやり待つこと暫し、
ようやく注文を聞いてくれる。

「何人前?」

ここは、焼き餃子一本勝負のお店なんである。
一人前210円。
五人前で大皿一杯に盛られる格好になるので、五人前を注文するのが普通らしい。
こういうの、結構好きそうな人がいるなあ・・・と、あのヒトこのヒトのことを思い出す。 

焼き餃子どかんと大皿が出る。
このルックスは、なかなかいいですね。
これが五人前。
お持帰り用は、ががっと新聞紙で巻いて輪ゴムかけて渡している。


見るからにすごい量なので、半分持って帰ろうかと言ってたのに、全部食べてしまった。
お土産分が消えたが、追加五人前などとは到底いえない切迫感が漂っていたので、
素直に(?)手ぶらで帰ることにする。

量と手間と値段を考えると良心的な店だ。
昔はこの辺りで看護師をしていた義姉に後で聞いたら、当時よく出前で食べたものね、と
とても懐かしそうだった。
お土産分を食べてしまったことは言わずに、喰いすぎを反省する。
 
持ち帰りの予約が多くて、店内で食べる人はむしろ少ないらしい。
できれば事前に電話で予約しておくのがよさそうだ。
いや、ここの読者で本当に行く人は、まずほとんどいなさそうだけれど
(あ、こちらが地元の某A氏は、きっとご存知ですね)。
 
餃子自体は、特にひねったところのない、よく言えば素朴、悪く言えばアタリマエな
焼き餃子。
 
帰るとそろそろ酒宴開始。
義姉にお任せで、実はお気楽この上ない「嫁」なのだった。

ははは。

(つづく)

ランキングバナー人気blogランキングへ
ワタシが「嫁」と聞いてぎょっとした皆さん、実態はこんなものです・・・。


るるぶ決定版!温泉&宿九州 (’07)

こんな本もあったのか・・・(ナゼ出発前に見つからなかったのであろう)。





arima0831 at 14:45│Comments(12)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 熊本 | 中華料理

この記事へのコメント

12. Posted by アリーマ   January 09, 2007 20:26
いぬわんクン

どこの弁当がスキか、それをまず上げてみたほうが早いのではないか、と・・・。

11. Posted by いぬわん   January 09, 2007 19:31
ついでに横浜駅のアレも(´器用犬`)
駅弁ってやっぱダメなんカー(><!
10. Posted by アリーマ   January 09, 2007 13:23
いぬわんクン

>オレ、駅弁って基本的にウマいと思うねん〜

ふうん、そうなんだ・・・
横川の『峠の釜飯』は、高校時代合宿行く途中でよく食べたっけなあ。あのころは結構好きだったけど、最近はどうなんだろう・・・?
9. Posted by いぬわん   January 09, 2007 11:01
オレ、駅弁って基本的にウマいと思うねん〜
だからここのは際立った(´д`)。
あと、有名ドコロでは横川の峠の釜飯。コレも喰えん(><
8. Posted by アリーマ   January 09, 2007 01:33
k.kさま

おお、いらっしゃいませ。
ほんまサンのところでは、よくお見かけして(?)降りましたが。

そうなんですか、焼き餃子にも系列があるんですねー。
こちらは創業昭和34年で、かなり古い店ですから、昔こういう形の餃子が流行ったのかもしれないですね。

松原商店街に確かめに行こうか、と思ってたんですが残念です。

また是非遊びに来てくださいまし。
7. Posted by k.k   January 09, 2007 01:22
はじめまして
いつも楽しくROMっていたのですが・・・
あまりに楽しそうなので、たま〜に参加させて下さい。

この餃子はやはりホワイト餃子系かもしれませんね。
形も値段もソックリですよ〜。
系列でも違う名前の店舗もあるようですし。
残念ながら松原の店は無くなってしまったようで・・・
結構好きで昔は良く購入していまして、非常に寂しいのです。やはりサッパリ味でしたね。
しかも立ち退き等ではなくって、「もう儲かったからいいんだ」だそうなので恐れいりますが。
6. Posted by アリーマ   January 08, 2007 20:29
>いぬわんクン
うん。ちょっといい感じでしょ。
このルックスを拝むためだけでも、行く価値ありかも。近くに行ったら、の話だが。

人吉駅前の駅弁、実は結構ファンがいるらしいんだけれどもねえ・・・ワタシも食べたが、まあ「駅弁」だったな。特に激マズな記憶もないけど「駅弁だしな」と思って食べたのは覚えてる。

>astarothさま
おお、なんと「都会っ子」だったんですね!
新温泉は入り口の雰囲気がすごくいい感じで、行ってみたかったんですよ。次回は是非、と思っております。
あの辺は「地元専用」のお風呂がいいですねー。
5. Posted by アリーマ   January 08, 2007 20:21
>ひとりメシさま
ホワイト餃子、というのは知らないんだけど、見かけの割りにさっぱりした味で、二人でサクサク大皿食べちゃいました。
ご近所で人気です。

>シュール・リーさま
そう、人吉は球磨川に面した城下町なので、人魚というよりは河童が生息して・・・いません。
人魚市場直営温泉・・・お風呂で泳いでたりして。

ワタシは腰が痛いです。南区の某氏の「食い物の恨み」を、あまり刺激するのは危険なようです。
4. Posted by astaroth   January 08, 2007 11:57
あはは、思いつきの店にも行かれましたか。
私の実家はあの店のすぐそばです。
よく持ち帰りしたました。
確か野菜しか入っていなくてさっぱりしていくらでも食べられると思います。
この近くに新温泉という、地元民しか行かない非常に鄙びた温泉があります。
またの機会に行ってみてください。
3. Posted by いぬわん   January 08, 2007 09:45
ウマソ、というより芸術だなこりゃ
5人前で1050とゆーのもすばらしい
ぜひ喰ってみたい
ちなみに3,4年前人吉駅で1時間ほど列車待ちをしたとき駅弁を食ったがびっくりするほどマヅかった嗚呼
2. Posted by シュール・リー   January 07, 2007 21:04
人吉魚市場直営。

何度読見返しても
『人魚市場直営(にんぎょいちばちょくえい)』
としか読解出来ず、
すごーっ!すっごーーっ!
熊本って人魚がいるんだーーっ!
と真剣に思っていました。

咳が止まりません。げほ。げほごほごほげほ。げ。
アタマといい、咳といい、
これらは南区の某氏の呪いなのでしょうか。。。

うう、ぱりぱり餃子食べたいぃ。
1. Posted by ひとりメシ   January 07, 2007 19:19
餃子、おいしそうですね。
肉汁がじわってでできそうです。
5人前とはいえ、ぺろっと食べてしまいそうです。

それにしてもこの餃子、松原商店街にあったホワイト餃子に似てませんか?
もこっとした感じが特に。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔