January 10, 2007

赤酒、雑煮、そして温泉 〜熊本日記 其の四〜

無事年が明けて、お雑煮をいただく。
ここ熊本では、お屠蘇ではなく「赤酒」というものを、年明けとともに皆でいただく。


これです(楽天でも売っていた)。
赤い色の日本酒。文字通り。

実はワタシ、告白してしまうと、この「赤酒」がいまひとつ得意でない。
一杯(文字通り「杯」で)は飲み下すのだけれど、それ以上飲めない。
でも、周りをみても、皆同じ状態で粛々と「一杯」で、次をすすめられることはない。

残りはどうするのか、いつもちょっと不思議ではある。
味は味醂のようなので、料理用に使ってよいものかいつも悩むけれど、縁起物なので、
手をつけかねている。
残った赤酒はどこに行くのだろう?

今年のお雑煮は義姉が作ってくれた。
昨夜の酒宴で残った刺身が豪快に入った味噌仕立て。
ご近所で搗いてもらったというお餅が旨い。

お雑煮といえば、正月三が日毎日違うものを食べるものだ、と思い込んでいた。
我が実家では、初日は鰤の澄まし汁仕立て、二日目は鶏出汁、三日目は白味噌で、
これに何の疑問も持っていなかったのだけれど、どうもかなり変わった習慣らしい。
「雑」煮というくらいだから、中身はなんでもありなのだろうし、土地により家庭により
色々だ、とくらいまでは認識していたけれど、子供のころの擦り込み→思い込み
というのは不思議なもので、この形に今年まで特に疑問を持たずにきた。

鰤と鶏は福岡出身の母らしい具材だと思うけれど、しかしナゼ白味噌が・・・?
ちなみに、母方の祖母は対馬だ。
先日実家にいったついでに聞いてみたら、首を傾げて「・・・なんとなく・・・」と。
なんとなく・・・なんとなく寸胴をドカスカ並べていたのか、母よ?!
まあ、三日楽しく美味しく違うお雑煮というのは、楽しかったからいいけれどもさ。

オットに聞いたら「象を煮るのだよ」とか言い出したので無視したこともあるな・・・。

その後、義姉たちが帰っていった。
「嫁」始動なのである。
単にゴロゴロしている、と思ったアナタ、実はきちんと交代後へのエネルギーを
蓄えていただけなのだよ(・・・なんちゃって・・・)。

始動にあたり、エンジンを温めるために・・・温泉に向かう。
本当は元旦に家で湯を立てたり、ましてや湯銭を遣うなど、あまりヨロシクないようだが、
サササと出かけてしまうのである。

ここは知人に勧められたところ。

門松かくれ里の湯』という。
人吉のループ橋入り口辺りから、ぐいぐいと山奥へ。
まさかこんなに遠いと思わなかったので、ちょっと驚く。
しかし、こうなると地元用というよりは観光向けだね・・・
と案じつつ、うねうねくねくねと山道を辿るのだった。


ここもアルカリ単純泉だが、肌当たりは強め。
広いお風呂は湯気がこもって、あたりの様子が見えにくい。
薄暗く湯気がこもった湯殿は風情があるが「掃除の手抜きをしてもばれにくいんじゃ・・・」
などと風情のないことをつい考えてしまうのだった。
まったく余計なお世話だが、風呂上りに顔を合わせたとたん、オットが同じことをいう。
やれやれ。

山道というのは不思議で、往きは随分長く感じるのに、帰りはなぜかすぐに抜けてしまう。
車の前を黒い動物が駆け抜けるので、なにかと思ったら狸だった。
・・・化かされているのかなあ、正月早々・・・。


ランキングバナー人気blogランキングへ
毎日温泉通いで、酒浸りテレビ漬け。ああ、お正月だなあ・・・(?)。




最近愛用の入浴剤。クリームもよいのです。
乾燥肌にお悩みの方、男女問わずドウゾ。






arima0831 at 22:39│Comments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 熊本 | 温泉/スパなど

トラックバックURL

この記事へのコメント

8. Posted by アリーマ   January 12, 2007 21:06
k.kさま

>ドイツワインの良さが解って頂けて嬉しいです。私の周りには皆無なので。。。

昔中途半端に流行って「オンナコドモ向け」というレッテル張られてしまいましたからね・・・ワインのプロでも全く評価しない人がいるくらいですが、ワタシはあれは「別種の酒」と思えばいいんじゃ、と思っています。好みの問題でしょう。実際、いいものは生産量が少なくてほとんど現地消費のようですし、ワインの元々の値段がドイツは高いんですよね。
ワールドポーターズの一階に専門店があって、昔はよくそこで買ってました。ドイツの赤、確かに面白いし、ワタシも大好きですが、日本で飲むとどうも高くて・・・。
7. Posted by k.k   January 12, 2007 07:49
「いろいろ」ですか・・・ううむ・・・古きよき2級酒時代の名残でしょうか。私もしかしたらハマッてしまうかもです(補足まだ30代です)

さすがアリーマ様ドイツワインの良さが解って頂けて嬉しいです。私の周りには皆無なので。。。
ドイツワインが高値傾向は確かですね。日本での認知度があまりに低いのでしょうか。購入も店飲みも専門店でないと、なかなか厳しいですもんね。
安価に越した事がないのは私も同じくです。中途半端なフランス、イタリアよりもチリやらカリフォルニアの方が吹っ切れていて好きだったりします。

ドイツの赤・・・しばし飲んでおりません(涙)
6. Posted by アリーマ   January 11, 2007 22:49
astarothさま

>入浴したあと、地鶏のタタキや地鶏焼を食べながら生ビールをぐびぐび飲んで至福の時をすごした記憶があります。

ううむ、やっぱりそれが良さそうな雰囲気でしたねえ・・・でも、オットに飲酒運転をさせるわけにいかず、帰りの時間もあって(ヨメだし)、諦めたのでした。
しくしく。
5. Posted by astaroth   January 11, 2007 22:38
かくれ里の湯は4〜5年前に行ったことがあります。
温泉はほとんど人がいなくて貸しきり状態でした。
入浴したあと、地鶏のタタキや地鶏焼を食べながら生ビールをぐびぐび飲んで至福の時をすごした記憶があります。
4. Posted by アリーマ   January 11, 2007 20:12
>蓮さん

赤酒は一升瓶ではあまり売っていません。
720ml入りのものが主流のようです。
家でもとりあえず口を湿したあとは、ビールか焼酎に流れていきます。
お屠蘇があまりおいしくないようなもので、あくまで「縁起物」なのかなあ、と思っているんですが。

鶏出汁のお雑煮、やっぱり美味しいですよね。
鰤の入ったのも捨てがたいですが・・・と、いうわけで、自宅ではつい二日は違うお雑煮になってしまうのでした。普段はついアラばっかりな鰤も、お正月だけは身をフンパツします。
3. Posted by アリーマ    January 11, 2007 20:04
>k.kさま
赤酒は、本来はもっと違う味だったのでは?と、想像しております。夢のない話なので本文には書きませんでしたが、こっそりラベルを検分すると結構「いろいろ」入っておりまして、飲み過ぎたら即厳しい頭痛つきの二日酔い必至。元々はどんなものなのか、と、熊本に行くたび違う物を探してみるのですが、見つかりません。
しかし、ワインはドイツですか。面白いですね。
ワタシもドイツのワインは好きですが、最近他の国のワインが馬鹿に安い一方で、いいドイツワインは相変わらずの高値傾向。つい「安き」に流れてしまいます・・・。
コムサは強いてトルコ語読みすると「ジョメチャ」になりますが・・・慌ててオットの口をふさいだので、年頃の姪たちに聞かれなかったのが不幸中の幸いでした・・・。
2. Posted by 蓮   January 11, 2007 13:19
赤酒って初めて聞きました!
ちょっと飲んでみたいなぁ。。。
でもあんまり美味しくないのなら、1升ビンなんかで買ってしまうと後々困りそうですね。

3日間違ったお雑煮うらやましい!
家は鶏ですが、もうこのお雑煮が大好きで、みんなが飽きてもずっと3食同じものを食べ続けます。^^;
1. Posted by k.k   January 11, 2007 12:37
こんにちは。赤酒やばそうですね〜
私は日本酒大好きなのですが、色がついてるのは若干苦手な傾向にありまして。最近流行の熟成酒はたまに旨いのもありますけど。
酒は辛口、ワインはドイツ、ビールはハイネケンの生って感じです。そうですアリーマ様同様(失礼)のん兵衛であります。

前回の日記コムサはウケました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔