February 03, 2007

吉田町『焼き鳥 安兵衛』 普通に和める焼き鳥屋

焼き鳥 安兵衛
最寄駅:日ノ出町 / 桜木町 / 関内 / 伊勢佐木長者町 / 馬車道
料理:居酒屋 / 焼き鳥 / 串焼き
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:デート


吉田町というのはなんだか不思議なところだ。
もともと横浜の人間でないワタシにすると、なんだか野毛の延長のような気分なのだが、
エリア的には独立している。
伊勢佐木町ともつながっているようでいて、空気感がどこか違う(混じっているけど)。
実は「横浜のモンマルトルを目指す!」という理念(?)もあったりするそうだ。

HPもあって(こちらをどうぞ)、こうしてこの区画だけ改めて眺めていると、確かにモンマルトルかどうかは別として独特の空気はあるかなあと思う。
ちなみに、ワタシの食生活になくてはならぬコテイベーカリーも、先代は吉田町で修行をされたとやら(こちら参照)。

と、しみじみした様子だが、この日はなんのこたない、焼き鳥食べに行ったのである。
焼き鳥は好きだけれど、何故かそうしょっちゅうは出かけないので、この『安兵衛』に寄るのも年数回程度。
野毛辺りは、焼き鳥事情はかなり充実しているので、よい店が山ほどあるのだが、
たまに出かけるとなると慣れたところに足が向く。
この店だと串に刺した肉ばかり食べ続けなくても、他の肴も色々あるので長居しやすい。
煮込みも旨い。
今日つき合わせたオットは、一人で抱え込んでオカワリしていた。
おいおい。
ついでに三丁めの冷奴を頼もうとするので、豆腐サラダにさせた。
こらこら。

もちろん焼き鳥だって旨い。
もっと旨いところが・・・と言われれば、まあそうかもしれないなあと思うけれど、
ここのトマト巻きなどを、プシュ、アチチなどとやっていると和むのだ。
季節外れだろうが構うものか。
トマトに鶏が巻いてあって、噛むと汁が飛び出す。

なにより、ここのカウンターが好きだ。
単に肌があう、ということなのだろうけれど、妙に落ち着く。
家族経営で、つかず離れずのんびりした接客も気ぜわしくない。
けれど、決して空いているわけではなくて、いつも結構混んでいる。
活気はあるけれど、ぎゃあぎゃあうるさいリーマンの3〜4名などは不思議といないのだ。

それにしても、スーツのオトコが三名以上寄り集まると、どうして独特のフシギな
テンションになるのかね、と思う。
なにしろ声がでかくて話が丸聞こえだし、その話がこれまた判で押したようにオンナジ
「XX君がドウシタ」「OO部長がナンダ」「いやいやキミは素晴らしいな」的な、
オバサンのご近所井戸端会議の社会人版だ。
あくまで三人以上のときに限る。二人だとお静か。老若問わず。
これをワタシは勝手に「サンリーの法則」と呼んでいるけど、別に何の足しにも
なりません、ハイ。

お勘定をして出るとき、ご主人に「強いんですね」と言われた。
「ん?」と思ったら、ビール数本のあと焼酎のボトルが空いていた。
夫婦二人で、特にテンションの高い会話をするわけでもないのに、いつの間にか
腰を落ち着けてしっかり飲んでいたらしい。

この軒の低い一角も再開発の魔の手が迫っていて、どうもそう遠くない将来に移転か、
という話だ。
たまにしか行かないくせに、こういう話を聞くとたいそう寂しい。


ランキングバナー人気blogランキングへ
冬の焼き鳥はやっぱりいいなあ。






arima0831 at 10:04│Comments(11)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 焼き鳥・串焼き | 桜木町・野毛

トラックバックURL

この記事へのコメント

11. Posted by アリーマ   February 04, 2007 18:55
16Gさま

トマト巻きって、実は好きな人が多かったんですね。知らなかった。

>吉田町のあの一角はホントに独特ですよね〜。
再開発でなくなってしまったら寂しすぎますね。

『安兵衛』の区画は、どうも時間の問題と聞いています。吉田町でもなんだか独特の雰囲気のあるところだけに、なくなると思うと寂しいです。
10. Posted by 16G   February 04, 2007 17:17
店名が同じ「安兵衛」という焼鳥屋が川崎にもあります。
そちらのトマト巻もかなり美味です。
吉田町のあの一角はホントに独特ですよね〜。
再開発でなくなってしまったら寂しすぎますね。
9. Posted by アリーマ   February 04, 2007 09:49
>アパ経営さま
ううう、ローブリュー・・・行こう行こう!
ご近所焼き鳥か。いいなあ・・・って、ちょっと、コラ、これから行く〜?!
ずるすぎ。

>ヌシさま
抜け駆けなんてダメです!
なんでトマト巻きからそこに飛ぶんだ〜!
8. Posted by 小径のヌシ(^−^)   February 04, 2007 06:58
トマト巻き 美味しいですよね♪
熱さに格闘しつつ味わうのが何とも (笑)
アリーマさま〜そろそろ抜け駆けしてもいいですかぁ?…武蔵
7. Posted by アパ経   February 04, 2007 01:09
焼き鳥好き〜!でもとりあえず順番としてはろーぶりゅ−の焼き豚ですか?おとう不在の時にいきましょ♪
んで、次はうちから徒歩10分の田原町のmy隠し球
「萬鳥」へご案内したいかと。すんごい焼き鳥&ジビエ
(山鳩etc...)&ワインの数々です。
書いてたら行きたくなった...今日行ってきます!
6. Posted by アリーマ   February 03, 2007 21:32
乙さん

出没、といっても、年に数回ですが。
行きはじめてからは、もう7〜8年になるけれど、変わらない雰囲気で和みます。
常連の方は多いみたいですね。
5. Posted by 乙さん   February 03, 2007 21:27
おぉ、ここにも出没でござりまするかぁ。上司がよく通っておりまするなぁ。小生も2年ほど行ってませぬなぁ。。。味は健在のようでするなぁ。
4. Posted by アリーマ   February 03, 2007 12:04
seikoMTDさま

こうしてみると、小さなエリアなのに充実していますよね。
野毛もそうですが、この界隈が好きなのは「軒が低い」と、ここに尽きます。

ところで「トマト巻き」って、意外にファンが多かったんですね。知らなかった。

閉店の話、まあいつでもどこかである話なのだろうけれど、このところなんだか多い気がします。
寂しいものですよね。
3. Posted by seikoMTD   February 03, 2007 11:40
安兵衛の辺りも再開発の話なんですか。淋しいですね。

吉田町には、高級和食から、渋いバーから、鶏肉屋さんから、コンビニまで、本当にお世話になっています。

トマト巻といえば、同じく吉田町の伊勢佐木寄りにあった「鴻のす」の巻き焼、大好きだったのですが、昨年末で閉店してしまっていました。
2. Posted by アリーマ   February 03, 2007 11:03
k.kさま

「庄兵衛」は、ワタシもオットも好きなのですが、確かに長居しにくいのと、箸安めになるような肴が薄いのがちょっと辛いですね。美味しいんですけれどね。
ここのトマト巻きは美味しいですよー。

>やはり、お「強い」んですね。

・・・イエ、ほとんどはオットが飲みまして・・・(ははは)。
1. Posted by k.k   February 03, 2007 10:42
こんなお店もあるんですね。機会があれば行ってみたいです。
「庄近衛」も悪くないんですが、何だか長居しにくくって・・・。
サイドメニュー充実しているって大事ですよね。ナンボ鶏肉っても飽きますわ。

トマト巻き旨いですよね〜。(私の行く店はベーコンで巻いてありますが)最初「こんな物が・・・」と半ば眉唾で食べましたが侮れない旨さで毎度頼んでます(笑)

やはり、お「強い」んですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔