February 14, 2007

『華隆餐館』の火鍋で燃え上がる!〜バレンタイン直前宴会(真っ昼間から)〜

華隆餐館
最寄駅:日ノ出町 / 関内 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋
料理:四川料理 / 担々麺
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:昼食


バレンタインも近いので、熱く燃えるハートをあらぬところに暴発させるべく(?)、
相互リンクしているブログ管理人らが、雁首揃えて火鍋を食った。
不参加メンバーはそれぞれに心から残念そうな様子だったが、それはただ単に
「面子が揃わないと喰えないものを喰い逃したから」と、それだけのことなのである。
参加メンバーが嬉しそうなのは「火鍋が喰えるから」と、これまた身も蓋もない理由ながら
単なる「宴会通知メール」がワケのわからない奇声や擬音、挙句にはギャル言葉などで
意味不明に炎上していく。
皆さん、人生って、喰い意地だけでいいんでしょうか?

まあ、赤くて辛いものが火の上でグツグツしている風景を思い描いただけで、
確かに不可思議な興奮状態に陥りますけどさ。

今回の参加者は、いぬわんクン、ひとりメシのメダカ嬢、ヌシさん、そして乙さんに不肖ワタクシの計五名(あ、そこの人、とりあえず「まともなブログのまともな記事」に走らないで下さい。関連記事は最後にまとめます・・・)。

しかし華隆餐館の「火鍋卓」って、四名卓が奥に並んで二つだけど、どうするのか・・・
と思ったら、五人目は「テーブルの隙間にはまり込め」と。
やるな、華隆餐館・・・アッパレだ。

常日頃栄養価過多の故に細身を保っている、妖怪いぬわんを有無を言わさず嵌め込む。
妖怪は変幻自在だ。
しかも喰ったものをすかさずブラックホールに送り込める体質。

とにかく、こういう場で「誰が一番細いか」という議論は不毛なのだ。そうなのだ。

火鍋ランチョンミートなど、適宜具の入った鍋が据えられる。
中国では「鴛鴦鍋(おしどり鍋)」というそうだ。
どっちが♂でどっちが♀か考えるのはやめておくにしても、
なかなか素敵な名前である。
当然、赤いほうが辛い。
表面にびっしり辣油。「一部」顔を覗かせている唐辛子。

直線ではなく曲線で仕切られていて、おめでたい「太極」の形になっているのだが、
このめでたさが軽くクセモノであることに後ほど気付く。

リスト一緒にこんなリストを渡される(向きが変だがまあいいや)。
実は火鍋は初めてだったので、予習がてら前夜調べたら、
具は「羊肉、牛肉、豚肉、狗肉、ランチョンミート、
センマイ、モツ、ホルモン、血豆腐、魚団子、餃子、
魚介類、野菜に豆腐にとにかくなんでも・・・」
ということだった。
要するに、闇鍋だな。

火鍋1煮えてくると、辣油の底に沈んでいた白湯が
ぶくっ、ぶくっと浮き上がってくる。
固唾を飲んで(または単に腹を減らして)見守る五名、
意味もなく「をををを」と、どよめく。
煮えたぎる頃には、各種具材がやってきた。

値段体系は300円(野菜、豆腐類など)、700円(肉類)の二種類だが、
ナニがなんだったかは忘却の彼方。
ちなみに、量も気分らしい。
例えば、肉はどれも5〜6片だが、いきなり牡蠣がドカスカ一山来たりする。
ホウレンソウなど「一把分ですか?」という量。
センマイは見るからにピチピチしたのが一山・・・単価計算をしろよ、単価計算を!

この辺のウルトラなアバウトさが、本当にステキだぞ・・・!!

たれタレ三種。
油に大量のニンニク生姜に香菜を効かせた「香油醤」、
胡麻だれの「芝麻醤」、
そして、まだ足りぬかと言わんばかりに
思いっきりマッカッカな「麻辣醤」。
芝麻醤がそのまんま市販品なのはお愛嬌としても、
香油醤と麻辣醤はひとひねりしてあって大変ウマイ。

麻辣湯で茹でた具を麻辣醤につけると、何故かもっとウマクなる。
どぉしてぇ〜、と言いつつ、みんな「豚の血豆腐(写真奥)」の奪い合いに
全力傾注しているのだった。
毛血旺などにも入っている豚の血を固めたものだが、
この闇鍋風な真っ赤にたぎりたつ汁に、びっくりするほど良くあう。
奪い合うのも大人気ないので、我に返った誰かが追加オーダーを入れた。

鴨舌鴨舌も別オーダー。
麻辣味と五香味のどちらか選べる。
舌休めなので後者をいつも頼むが、
炒め加減がカリッとしていて、残すところなし。
それでいて舌先の部分はモッチリ。

ああ、旨いウマイ・・・!と、ひたすらビールが進む。

火鍋2と・・・辛くないはずの白湯側が、何故か赤く染まっている。
そう、煮えたぎる隣の麻辣湯がメデタキ太極の境を超えて
白側に流れ込んでいるのである。
境目のふち、よくよく見ると微妙に歪んでいる。
しかし、すでに頭まで麻辣が回りきった我々は、
ひゃあひゃあと喜ぶばかりなのであった。
具もドカスカと手当たり次第に放り込んでしまう。

世にも恐ろしいことに、ふと気がつくと頼んだ覚えのない「春雨」が!
そして、よってたかって喰い尽くしたはずのホウレンソウが鍋の表面に大量出現・・・。

実は隣のテーブルでも、いぬわんクンの通せんぼにめげず、火鍋を囲んでいたのである。
中国系のお客さんだったが、いつの間にか帰っており、確か大量の残り・・・
いや、よく覚えてないな。

火鍋3飽食の後。
スープは一度、大量に注ぎ足してもらったので
結構大量に残って勿体無いことしきり
本当は汁もなんとか持って帰りたかったのだけれど、
泣く泣くあきらめた。

あのスープ、一晩置くとまた旨いんだけれどもなあ・・・。

チャーハン麺も入れられるらしいが、いぬわんクンとメダカ嬢は
ここの「刀削麺」を未食とのことで、
坦々刀削麺と、ついでに四川チャーハンを〆にオーダー。




はぁ、喰った喰った・・・と、麻辣トランス状態で店をよろばい出る。
お勘定は一人3800円ほど。

全員全身から瘴気のように麻辣な空気をたちのぼらせ、おそらく思い切りニンニク臭く、
そして約一名を除き酒臭くもあるのだった。
明るく歩行者行きかう伊勢佐木モールで、微妙に人が避けているような感じは・・・
きっと気のせいだったのだと思う。

当日の様子はより美しい画像とともに以下にも紹介されているので、心安らかに(?)
こちらもご参照あれ。

【ついにはなぢ】華隆餐館で過ごす休日が辛い【ついにはなぢ】

華隆餐館の火鍋
華隆餐館の四川チャーハン

火鍋の怪(会)

尚、後でわかったことだが、鼻血を吹いたもの二名、胃痛を起こしたもの一名発生。
食べてる間は「意外にそう辛くないじゃん」などと甘く見ていたが、
実は相当なカプサイシン摂取量だったらしい。
食べに行かれる方は、どうぞお気をつけて。


ランキングバナー人気blogランキングへ
そして二次会へ・・・


 ご自宅でもできます。やろうと思えば。

 お手軽にどうぞ・・・ってか・・・?


arima0831 at 22:49│Comments(40)TrackBack(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 中華料理 | 日ノ出町・伊勢佐木町

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

2. 火鍋の怪(会)  [ 濱のおいしい小径 ]   February 15, 2007 21:12
5 12時18分 … ヌシは開店間もない(?)華龍餐館さんへと 12時22分 … Profileの愛猫生き写しのアリーマさまがご入店 ※ この時点で鍋がテーブルの上にスタンバイ (*・_・*) 12時27分 … いぬわんさま、ひとりメシさまがご同伴 12時29分 … 華龍餐館の“ドン”乙さ...
連休のまん中、とてもよい天気。朝からこんなところでステキな休日をまるまる台無しにしよう! こんなん(鴨舌の揚げ物)前菜にして 大人しい鍋が。 やがて地獄湯のようにぐつぐつと こんなん(豚??y

この記事へのコメント

40. Posted by アリーマ   March 08, 2007 09:45
トリノさま

コメントをありがとうございます。

宴会、盛り上がりましたか。
いやいや、それはなによりでした。
カプサイシン効果というのか、あの赤い鍋には無闇に人をハイにさせる「なにか」があるような気がします。
39. Posted by トリノ   March 08, 2007 01:05
はじめまして。
コチラの記事を読ませていただきまして、
大層、楽しそうな宴会風景に憧れを感じました。
友人の退社、という呑みネタを見つけ、
先日、華隆餐館さんに行きまして、
火鍋って参りました。
カプサイシン過剰摂取により、
全員アヒャアヒャ言いながらハイ↑での宴会となり、
実に楽しめました。

ありがとうございます。
38. Posted by アリーマ   March 07, 2007 22:34
記事拝見しました。
人のを見てると食べたくなるんですよね・・・妙な中毒性があるのです、あの刀削麺。
お役に立てれば幸いです。
37. Posted by とっき   March 06, 2007 23:55
遂に食べてきました。担々刀削麺、期待を裏切らず美味しかったです。次回は四川チャーハンですね。

いろいろと質問にも快くレスいただいて、ありがとうございました。
36. Posted by アリーマ   March 04, 2007 23:24
シンタさま

ショー・ラパンのハンバーグ、美味しかったですね!

華隆餐館、店内混乱状態、ですか・・・。
今夜行こうかと思ってたんですが、方向がずれてしまいまして。

武蔵は夜にカニコロやとんかつの定食もありますよ。ソコソコの値段ですが。でも、カニコロの夢を見る人には嬉しいお店です。ここは週末お休みですので、ご注意を。ランチは普通の「とんかつ屋さん」で、大行列という噂を聞きました。
35. Posted by シンタ   March 04, 2007 23:14
「浜幸」でのコメントを見て昨日はショーラパンのハンバーグ、今日は前回のリベンジで刀削麺を食べてきました。どちらも満席状態でしたが、華隆餐館には茶髪のイケメンさんは居ませんでした。給仕をしてくれていた女性もいなくて、日本語が殆ど分からない男性一人だけ。店内はかなり混乱状態でした。4,5回行ってるのですが、まだ茶髪の方を見たこと無いんですよねえ。辛さの調節を聞かれたこともないし。でも、どちらも、美味しかったです。(ハンバーグは以前の食べたときの方が、ジューシーだったような気もしましたが。)次は、何とか平日に武蔵を目指します。
34. Posted by アリーマ   February 27, 2007 23:29
とっきーサマ

ここの鴨舌は、特に旨いです。
ワタシは普段、箸休めに「五香味」を頼みますが、辛い「麻辣味」も選べます。

ビールが進みます。是非オタメシ下さい。
33. Posted by とっきー   February 27, 2007 23:13
鴨舌ですか、生まれて初めて食べる肉類ですな、もちろん鴨肉は食べたことありますが。なかなか魅力的ですな。
32. Posted by アリーマ   February 27, 2007 17:15
とっきーサマ

チャーハンだったら、ついでに麻婆豆腐とか鴨舌とかのおかずをつけるのもよろしいかと。

ううう。そういえば、お休みは明日まで。
でも、本当に予告どおり初日からやるのか不安・・・。
31. Posted by とっきー   February 27, 2007 08:15
うーん、やっぱり単品にします。早速のレスありがとうございます。これからも美味しい日記楽しみにしています。
30. Posted by アリーマ   February 27, 2007 00:23
とっきーサマ

いらっしゃいませ。
華隆餐館の刀削麺は、単品で結構なボリュームです。普通のラーメンいっぱいよりも、かなり重量感ありかと。週日のみのランチだとご飯と漬物がつきますが、ワタシの場合ご飯も食べるとちょっと苦しいです(ご飯にあうから、ついもらっちゃうんですが)。
チャーハンだともっと量は多くなりますから、両方一人で完食できるなら相当食べる人でしょうねえ。不可能ではないでしょうが・・・。
男性だと、どうなんでしょう?
29. Posted by とっきー   February 27, 2007 00:01
こんばんわ!いつも楽しみにROMしてました。お初にコメントします。
今回の宴のメンバーさんのブログもおおかた巡回しておりまして、先日はキクヤカフェに行ってきまして、ファンになってしまいました。
さて、少し質問があります。華隆餐館もずいぶんと前から行きたくてウズウズしてるんですが、特に担々麺と四川チャーハンが食べたくて仕方がありません。そこで近々挑戦(大げさf(^_^;)する予定ですが、担々麺と四川チャーハンって量は多めですか、できれば一度に食べたいと思ってるんですが、どんなもんでしょうか。教えて下さい。またきまーす。
28. Posted by アリーマ   February 19, 2007 16:36
蓮さん

やりましょう!
もうすでにコリもせずに「また喰いてー」と言ってる人もいるし。
27. Posted by 蓮   February 19, 2007 15:44
今度一緒にやりましょう!
26. Posted by アリーマ   February 18, 2007 01:39
シンタさま

あら、二軒続けて、ですか。
それは残念でした。
それにしても、二週間以上のお休み・・・火鍋はそのちょうど直前だったんですね・・・休む気配など微塵もなかったのですが。

情報不足で恐縮です・・・。
25. Posted by シンタ   February 17, 2007 18:59
今日、武蔵溝の口へ行ったので、中原の「武蔵」で昼食をと思い訪ねたのですが、土日は休業なのですね。しかたなく、この記事を思い出し、刀削麺を食べに華隆餐館へ。もう2時過ぎになっていたのですが、二郎の行列を横目に店の前に立つと「準備中」。しかも張り紙があり、「13日から27日(28日?)まで、臨時休業」とのことでした。この記事を読んで火鍋や刀削麺食べたくなられた方、3月まで我慢が必要なようです。
24. Posted by アリーマ   February 17, 2007 02:04
蓮さん

・・・カッコいい、かも・・・
23. Posted by 蓮   February 17, 2007 01:53
お店の前で皆で仁王立ちしつつ腰に手をあてて、牛乳一気飲みしてから入店というのはいかがでしょう?
儀式として。。。^^;
22. Posted by アリーマ   February 16, 2007 18:57
空腹時は避けたほうがよいか、と・・・。
ここはなにかで軽く下地作ってから行くほうが、胃がラクかも。
美味しいけどねー。
21. Posted by 蓮   February 16, 2007 18:41
うにゃぁ〜!!!!!
見てたらムショウに食べたくなっちゃった。
今日はまだお昼も食べてないのぉ。。。(TT
20. Posted by アリーマ   February 16, 2007 00:55
Ryumanさん

「鍋の中に刀削麺」は、どうもアリらしいんです。
この日は別に取ったのですが・・・でも、ちょこっと麺も入れてもらえばよかったかなぁ・・・なんて、いじましく思い返したりしているのです。

面子揃えて、是非お試し下さい。
あの刀削麺が好きな方ならば、絶対にはまります。
ただ、食べ過ぎ注意ですが・・・。
19. Posted by Ryuman   February 16, 2007 00:43
良いですねー火鍋。。。
しかし、白湯スープがまっ黄色ですね!
その鍋の中に刀削麺入れちゃダメですかねぇ。
18. Posted by アリーマ   February 16, 2007 00:34
ヌシさん

あ〜、もうライブドアってよくあるんですよねー。
わざわざスミマセン。

しかし、コテイ・ベーカリーで出くわしたとき、なんの違和感も無かったですねー。

実はワタシ「最近結構お菓子食べてるじゃん、こうしてみると」なんて思ってたんですが、ヌシさんの話を聞いて「ワタシにお菓子は語れない。絶対無理」と、思ってしまいました。

糖尿病に、お気をつけて・・・。
17. Posted by アリーマ   February 16, 2007 00:31
>シュール・リーさま
・・・そして、近所の鍋会はひたすら赤い、と。

でも、あのフレンチは羨ましい。
ワタシもたまにはあのように「大人なディナー」がしたいです・・・。

>じゅんぺーサマ
いらっしゃいませ。
固い決意、おめでとうございます。
その決意がかなりの確立で中毒に変わります。
何故か習慣性が強い味なのです。ワタシなんか、つい何日か前に食べたばっかりのくせに、もうまた伊勢佐木長者町方面に走る衝動を抑えているのです。
刀削麺、是非どうぞ。
16. Posted by 小径のヌシ(^−^)   February 15, 2007 21:19
先ほどは どぉもでした (〃⌒ー⌒〃)
すいませんTBが2つ行ってしまいましたので
1個は消去してくださいませ〜
15. Posted by じゅんぺー   February 15, 2007 17:30
こんにちは、いつも楽しく拝見しています、しかしうまそーだなー、近いうちに絶対行くぞと固く決意してしまいました。
14. Posted by シュール・リー   February 15, 2007 11:20
アリーマさま
たとえ高級フレンチを食べようとも、
『隣の芝生』はあくまであくまで青いのです。
きちんと刈り込まれ、その間に間に今回は赤唐辛子が見え隠れ…。ひい〜。

人はパンのみに生くるにあらず。そうです、火鍋だって刀削麺だって必要なんです。羊肉だってビールだって…。
13. Posted by アリーマ   February 15, 2007 01:23
イ・ヌワン先生様

でたな、妖怪鼻血ブー!
いや、妖怪でも女王でも噴いてしまう火鍋・・・おそるべし。

でもさー、噴こうがどうしようがカマワンわん状態でしたねー。
あれは本当に旨い。
12. Posted by アリーマ   February 15, 2007 01:15
りくらむサマ

おお、お久しぶりです。
新装開店おめでとうございます!

リンク、変更しておきます。
ベイスターズのほうもどうぞよろしく。
11. Posted by イ・ヌワン   February 15, 2007 01:13
この記事、スゲー!
参加者ながら爆笑しちゃいますわんわん(><
マリファニーヴァレンタイン♪
10. Posted by りくらむ   February 15, 2007 00:51
火鍋・・・辛いもの好きなので、一度は食べてみたいのですが、かなり辛いようですね(^_^;
でも美味しそうです。

このたび、弊ブログをFC2からココログに移動させることになりました。
大変お手数をおかけいたしますが、リンクの変更をお願いいたします。
内容は従来と変わらずです。
ベイも頑張って取り上げますので、これからもよろしくお願いいたしますm(__)m
9. Posted by アリーマ   February 15, 2007 00:47
シュール・リーさま

いーじゃないですかー!
都内でダーリンと極旨高級フレンチ堪能したクセに〜!

なのにストレス性の病とは・・・ああ、人生喰い意地だけでいいんでしょうかっ!

ともあれ、どうぞお大事に。
8. Posted by アリーマ   February 15, 2007 00:38
>k.kさま
なんだか後で調べたら、ウマイウマイと啜っていた「あの赤い汁」は「飲まないもの」だったそうで・・・。
あの金盥のような鍋の汁、いつの間にか半分以上消えて注ぎ足してもらったんですが、あれで深く考えないうちにかなりの唐辛子類を摂取してたようです。

翌日、痛いというほどではないですが、結構にぶいボディーブローが効いた状態になりました。
チャーハンも美味しかったですよ!

でもやっぱり、あの650円ランチは素晴らしいです。
あれで一応、火鍋を小宇宙化しています。

>socitonさま
チャーハン、うまかったです。あの弟の鍋振り技術、かなりのものです。
刀削麺・・・あ〜また食べたくなってきた・・・。
7. Posted by シュール・リー   February 15, 2007 00:30
さめざめさめざめさめざめ鮫ザメ。(涙)
はい、『面子が揃わないと喰えないものを喰い逃したため』号泣しているのでございますっ。

火鍋にありつけなかったことが相当なストレスになったらしく、後日(って昨日)、数年ぶりに極度のストレス等が原因の某病を発症いたしまして目下ステロイド投薬中です!!

ステロイドの副作用の一つに『現実からかけ離れた幸福感』てのがあるのですがここを読んで不幸のどん底です…。
6. Posted by sociton   February 14, 2007 23:45
いいなあ・・・じゅるじゅる

炒飯おいしかったでしょ(^^♪
といっても私が作ったのではないですねー。

今度は刀削麺かなー。。。
5. Posted by k.k   February 14, 2007 23:29
いつもながら旨そうで楽しそうな宴ですねえ。

中国に住んでいた事がある知人に、火鍋食べてから帰宅して早々に「腹を下した・・・」と聞いた事があったので、さぞ恐ろしい食い物かと認識していたんですが、鼻血2名とは・・・近いモノがあるのでしょうか?でも旨そう・・・私まだ未体験。死ぬまでに一度は!

あのお店ならば、チャーハンも旨いんでしょうねぇ。
ランチしか行く機会がないので、私としては「刀」とサービスのライスとキムチの魅力に逆らうのは並大抵では無いですねえ(笑)
今度、飲みの〆に無理矢理寄って食べてみようかなぁ。
人数揃わないと厳しい店に、「阿吽の呼吸」で集う仲間がいるのって心強いですね。

4. Posted by アリーマ   February 14, 2007 23:22
ヌシさん

そうか、セーブして食べればよかったのか。
でも、結構食べてたと思う・・・辛味って慣れるんですよ。それもほんの数ヶ月で。

でもあの鍋は、クセになります。

3. Posted by 小径のヌシ(^−^)   February 14, 2007 23:08
あれれ…
直後も翌日も何ともなかったヌシは
まぁ〜ほとんど“白湯”をメインに食べてましたからね (笑)
今回はありがとうございましたあ。
2. Posted by アリーマ   February 14, 2007 23:01
ひとりメシさま

おお、早速!
いや、本当に美味しかったですよ。
こちらこそありがとうございました。

しかし・・・激辛女王の貴女が・・・そりゃあワタシだって、翌日胃にもきますよねえ・・・。
1. Posted by ひとりメシ   February 14, 2007 22:54
火鍋、おいしかったですねえ。
でもあの後・・噴きました(苦笑)
それにしても癖になる麻薬のようなお味でした。
今回はありがとうございましたあ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔