March 21, 2007

続 エジプト料理『ネフェルティティ』@目黒 〜嗚呼、懐かしのエジプト料理〜

ネフェルティティ
最寄駅:目黒
料理:アラブ料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):5,000円〜10,000円
用途:夕食


つづき

スープ今日のスープは「ショルバト・アッツ」
レンズ豆のスープ。エジプトの国民食だ。
如何にも「豆挽いて作った感」溢れる
ボサボサな舌触りがとってもステキ・・・
な、はずだが・・・

これは、おっそろしく中途半端な代物だった。
そりゃあね、コレが美味しく食べられるようになったらエジプト帰化は完成、という程に
(注:ウソです。そんな定義はありません)
典型的エジプシャンなスープ。
日本人の口には合いにくかろうが、でも、こんなもんならメニューに出さないほうが
いいんじゃないの、と、かつてあれほど嫌ったものたちが、妙に憤慨して語り合う図。
エジプトの生活とは矛盾に満ちたものなのだよ。
以上。

バミアバミア(オクラ)とビーフのトマト煮込み。
ガーリック、タマネギなどもたっぷり入れて、
煮込んでからオーブン焼きにする。
シンプルだが旨い。
て、いうか、不味く作りにくい料理だな。
まあ、無難にいただけます。

テーブル魚のトマト煮込みも頼んだ。
こういう「煮込みオーブン焼き」を「タジン」という。
国やエリアによって「タジン」も色々だが
エジプトでは「皿ごとオーブン焼き」になる。
旨い! 当然だ。
魚は日本のほうが美味いに決まっている。

その他、一般的なエジプト料理を挙げると

茄子をトマトとニンニクで煮込んだもの
ラム肉をトマトとニンニクで煮込んだもの
ジャガイモをトマトとニンニクで煮込んだもの
チキンをトマトとニンニクで煮込んだもの
インゲンをトマトとニンニクで煮込んだもの

と、コピペでかなりが捌ける中に無限の可能性がある、ということがわかる(?)。
これはかなり極端ないいようだけれど、基本は「トマトとニンニク」なのだ。

コフタ挽肉の串焼き。
羊肉のツクネ、というところか。
これはなかなか美味かった。
中東では羊をよく食べるので、
羊の美味い食べ方はさすがよく知っている。
いわゆる「ケバブ」の一種。

トルコでは「キョフテ」という。
シシカバブ、という名前はよく出てくるが、要するに「シシ=串」「ケバブ=焼肉」だ。
スタイルは色々。
レバノンやトルコには負けるが、エジプトの羊料理はなかなか美味いのだ。

菓子1懐かしの「だだ甘アラブ菓子」
いや、甘くない上品なものも
作ろうと思えば作れることを
一度「レバノン料理の会」をやったときに
思い知ったが・・・
これは、よくある「だだ甘系」であった。

「コナファ」という。
セモリナ粉を溶いて、細い細いパスタ状にしたもの(コナファ)を、型に入れて作る。
それだけならいいのだが、思いっきりシロップ(要は濃い砂糖汁)をかけ回したものに
さらに出来上がってから、シロップ重ねがけ・・・という代物が「エジプト現地の標準」と
思えばよろしい。
噛んだ瞬間、コメカミから脳天に抜ける痛みにも似た甘さが、たまに中毒者を生む
中東的危険物のひとつだ。
慣れてくると不思議に、ものによっては美味しく思えるようになる。

でも・・・コイツは不評だった・・・。
皿にドロリと流れこぼれるシロップが、だだ甘感を盛り上げてくれる・・・。

菓子2だだ甘、第二弾!
・・・と、思いきや、こちらはなかなかイケた。

素材はパイ生地(フィロ、という)で、
「バクラヴァ」という菓子の一種。
先のと同じく、普通のケーキ程の大きさ。

これにシロップをかけまわし・・・という製作手法に大きな差はないのだが、中に入った
ピスタシオや胡桃などが香ばしくて、これはなかなか美味い。
コナファは捨て置いて、皆で貪り食う。

オムアリオム・アリ。「アリの母さん」という意味。
エジプトの名物で、これは他国では見たことがない。
パン・プディングの一種で、
レーズンやナッツを入れて、
パンをミルクで煮込んでオーブン焼き。
シナモンなど香って、これは素朴だが美味い。

本当はもっと濃厚な味なのだが、まあいいとしよう。

エジプト料理には悲喜こもごもの思い出があって、どうもつい口が悪くなりがちなのだが
実際のところ料理の内容は決して悪くはなかったとおもう。
雰囲気良いし、店のスタッフも親切で優しいし、悪くない店だ。

ただ「元五つ星ホテルのシェフが腕を振るう・・・」というから、どこかと思えば
むかし住んでた家の近所にあった、特に料理がどうした、ということのないホテル
なのではあった。
ここには当時、日本人駐在員が山ほど住んでいたから、そういう意味では懐かしい。

でもまあ、そこいらの「なんちゃってアラブ料理店」の「なんちゃって現地人シェフ」
と比べれば、少なくとも基本はしっかりしている印象。

エジプト料理体験には、よろしいかも。
水金はベリーダンスもあり、です。

あと、たまに話題になる「古代エジプトのビール」もあり。
興味ある方はこちら参照。


ランキングバナー人気blogランキングへ
もうしばらくするとモロヘイヤの季節だなあ・・・。


 レンズ豆。

ファラオのレシピ―古代エジプトの料理ブック

古代エジプトというよりは、現代エジプト風メニュー多数。
遺跡の壁画も併せて出てくるので、結構楽しい本です。
遺跡ファンはどうぞ。

arima0831 at 15:40│Comments(14)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote アラブ料理&トルコ料理 | 目黒

トラックバックURL

この記事へのコメント

14. Posted by アリーマ   April 17, 2007 00:39
曙町育ちサマ

ヒヤッとした?
わざとじゃないんですか・・・?

あれ、南区の三十路の騎士にはナニもしていませんよー。コメント欄を荒らすくらいで・・・。

アルアイン・・・ああ、悲しいことにランチはやっていません。
やっていたらもっとしげしげと通っているのです。
そして、できれば人数が三人くらいはいたほうがよいのです。一品の料理が多いので。
金土はベリーダンスの日で、セットメニューになってしまうので、なかなか行けません。
あああぁぁぁ・・・久しぶりに行きたくなってきたなあ。
13. Posted by 曙町育ち   April 16, 2007 18:46
魔の字のままで「投稿する」を押してしまってからヒヤッとした当方の顔がやっぱりアリーマ女王様の鏡に映ってしまったか。

慌てて訂正しても無理だったんですね。
これでやられたんだな、南区の30になったばかりの騎士も。

そうタジンとクスクスはモロッコ大使館の方から。ナスの料理などはシリアアラブの大使夫人から。さすがプロの目はごまかせませんな。その他アラブの料理は数回各国の大使館関係の方から学びました。

アル・アインは生まれ育ったところのすぐ近くで歩いて数分です。今度行ってみようかな。日曜のランチあるんですかね。

12. Posted by アリーマ   April 15, 2007 22:18
曙町育ち様

>お名前を打ち間違え失礼しました。
→わざとでしょう。わざとですね・・・。

お料理、お好きなんですねえ。
さすがの喰い意地・・・じゃなくって、向学心と知的好奇心!

でも、内容からするとエジプト料理だけではなくて、各地域に渡っているようですね。
タジンの定義は、国によって色々なので、ワタシも「これがタジンだ!」と言い切れる確たる自信はないのですが。

アラブ料理なら、是非とも伊勢佐木長者町の『アル・アイン』へ!ワタシも久しくいってないのですが、あそこにかなう店はそうありません。アル・アインの会、もうちょっと落ち着いたらまたやりたいなあ。
http://honyarara.livedoor.biz/archives/50534491.html こんなのを去年やったんですよ。
11. Posted by 曙町育ち   April 15, 2007 21:19
お名前を打ち間違え失礼しました。
アリーマ様。
10. Posted by 曙町育ち   April 15, 2007 21:15
むか〜しアラブ料理のお教室に出たことがありまして。
インターナショナル料理好きの奥さん方がたくさんいらしてたとこにポツンと参加したこと数回あるんですよ。
油で揚げたナスに羊のひき肉炒めと松の実詰めてヨーグルトかけたもの、揚げたバミセーリといっしょに炊き込んだご飯、やたら細かく刻んで苦労したトマト、パセリ、ミントの葉やきゅうりの混ぜ酸っぱサラダ。
また他の日にはトロリと煮込んだシチューのようなもの、タジンですか?クスクスにかけて食べました。
80年代初頭のことです。各国大使婦人が先生でした。
アリー魔さまに今2007年に本当の料理名を教わりました。ありがとうございます。
9. Posted by アリーマ   April 05, 2007 20:13
曙町育ちサマ

うわ、エジプト料理ファンがいた・・・!
サクッと噛んだ至福時、ですか・・・ワタシ、最初はこめかみが痺れて脳天まで痛むほど甘くて死にそーになったもんですが・・・そうですか・・・。

>ボールに薄切り肉やなすやピーマンや松の実をおいて米を詰めて逆さにした料理

ファッタ、ですね。これはワタシも懐かしい。
こちらのお店に事前リクエストすれば、作ってくれるかも。
「ローズ色の飲み物」は、カルカデといって、ハイビスカスティーです。血圧を下げるので夏は特に美味しいですよね。うちは夏自宅で飲んでますが。

そうですか・・・そんなに好きだったんですか・・・。
8. Posted by 曙町育ち   April 05, 2007 19:59
つづき。
名前は忘れたけれどボールに薄切り肉やなすやピーマンや松の実をおいて米を詰めて逆さにした料理がまた食べたい。
湾曲したナイフで滑らないようにいっしょに細かく刻んだムロヘイアーで作ったうさぎ入りのどろりスープ。苦労したけどこれだけでご馳走。
そしてこの世の物とは思えぬほど旨いナスのペーストのどろりとしたもの。なぜか白っぽいのにあれはどんぶり一杯食えます。へんな半月パンみたいなもんに挟んでる暇なんかありませんぞ。
自分のエジプト系アメリカ人の友が当時作ってくれたものを思い出させます。
あと夏の暑い日に立ち寄ったとき出してくれたローズ色の赤い甘酸っぱい飲み物。今年こそまた食べたいです。幸せな座間の日々でした。


7. Posted by 曙町育ち   April 05, 2007 19:59
あ〜それにしても酷ですよ。
あなたの甘〜いナッツが潜んでいるバクラバアの美しい絵を見るたびに涙しますな。自分がサクっとかんだ至福時を想像して。
思い出すのですエジプト料理を。ファラーフィル、割ったら緑の豆ペーストにびっくりした初心の頃を。
6. Posted by アリーマ   March 26, 2007 14:55
蓮さん

喜ぶべきです
5. Posted by 蓮   March 26, 2007 12:50
喜ぶべきか、喜ばざるべきか。。。
4. Posted by アリーマ   March 22, 2007 23:12
蓮さん

おめでとう。
たったの一週間足らずで貴女のエジプト帰化は完成です。
あとはエジプトにいって住むだけですね・・・インシャアッラー。
3. Posted by 蓮   March 22, 2007 16:05
おっ!いったんですね!
ところで私。。。レンズ豆のスープ好きかも。。。
2. Posted by アリーマ   March 22, 2007 11:32
アパ経さま

あー、ごめん。「アナタの知らない若い世代」だったんで・・・。
鳩は一応、店のHPのメニューにはのってるが、この日はなかった模様。要事前予約、だろか。どこから鳩を仕入れるのだろう?
エジプトより旨かったりしてね(笑)。
菓子に関しては、カタイエフはともかくエシュタがない、と別のレバノン料理のシェフに言われたことがあります。カハクとゴラーシュは不明(ゴラーシュって何?)。アラブ菓子はああ見えてかなり手間暇かかるらしいから、個人予約に対応できるかどうかはなんとも言えましぇんな。
あと、ここのシェフのいたホテル「サフィール・ザマレク」ですから・・・ご参考までに。
1. Posted by アパート経営者   March 21, 2007 23:17
あ〜、ずるい〜、アパ経も行きたかったじょ〜。
とはいえ参考になりました。鳩はないのか?鳩はっ!
なお、おいらはエジに里帰りするたびに脳天直撃激甘
(とはいえ現地では上品&高級な)マンダリンで
カタイエフ ビ エシュタやらゴラーシュやらカハク
etcをキロ単位で買って帰りますが、ここに頼めば
作ってくれるかな?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔