April 25, 2007

川崎『松の樹』でステキな四川料理 〜イヌ曳きまわしの刑〜

松の樹
最寄駅:京急川崎 / 川崎
料理:四川料理
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:夕食


嘘つきイヌが悪さばかりするので、罰としてミッションを与えた。
「大阪から出汁の効いた旨いうどん屋を一軒オミヤゲに持って来い」というものだ。
ヤツのコードネームは「アフガン11(わんわん)」。

しかし「りょうかい」という返事を寄越したくせに「一軒家だから無理」とかいう!
ミッション失敗である。
仕方がないから、川崎曳き回しの刑に処すことにした。

かくのごとく無理やりな動機付けをして、突入した評判の四川料理『松の樹』である。

とりあえず地図をメールで送りつけておいたら、スタスタと迷いなく歩きだす。
「お〜い、地図見なくていいのか〜〜?」と、微妙に不安な声をニャアニャア上げながら
後をついていくと、いつの間にか店に到着。
さすがはケンチク犬だ。
地図が読めて鼻が利く。

店内は清潔だが、ちょっと殺風景なくらいシンプルだ。
でも、迎える店主の笑顔が優しい。
どういうわけか、お店の人がいい顔をしている店は「当たり」が多い。
期待が高まる。

写真入りメニューの前菜小皿で、すでに興奮状態に達して「アレもコレもソレも・・・!」
と端からすべて注文しようとするワタシを制するアフガン11。
協議の結果・・・

ほたてさっと火を通したホタテに
軽く麻辣ソースがかけてある。
ホタテの甘味がいい感じだ。
なんだかもうちょっとソースに旨みがあってもな・・・
などと一応は思うが
なかなかウマイ!

蚕豆店の内装外観からすると
不思議なほどの上品な盛り付け。
でも、いじくりまわした「オシャレ盛り」でなく
シンプルで食欲をそそるプレゼン。
一皿600円前後なので量は少なめだが
色々食べられていい。

雪菜と和えた蚕豆は、ほっくリと初夏の味。
さらりと雪菜の塩気が入って、シンプルだが旨いのだ。
「なんかちょっともう一味・・・」とは思うが、ビールをゴボゴボ流し込みながら美味しく
いただく。

砂肝香菜をあしらったシンプルな砂肝の冷菜。
これまた、さっぱりとくどくない旨さ。
下処理がとても丁寧だ。

「うまいワンワン」
「うにゃおうん」

・・・と、ご機嫌なワシらである。

青菜炒め青菜もサッパリ味かと思ったら、
思わぬコクがある。
湯がよいみたいだ。それに一捻りした味付け。
意外だが、コレもまたいけるぞ!
歯ごたえもよし。
うっふふふ。


水煮牛肉本日のメインは、二人厳しい協議の結果
「この一品」にかけた。水煮牛肉だ。
卓に乗った瞬間から、素晴らしくいい香りがする。
肉は、くにゅっとした食感がなまめかしいほど。
「いぬわん先生」の御解説によると、
肉の下処理が丁寧で繊維をきれいに切ってあるとやら。


『華隆餐館』のワイルドな感じもいいが、これはこれで別世界の上品さがステキだ。
小皿と違って、量もしっかりある。

しゃきしゃきとしたオネエサンが「ご飯にかけて食べてねー。食欲もりもりよお」と
さらりと薦めてくれる。

そう、このお店、実にサービスの感じがいいのだ。
フレンドリーで明るいが、丁寧で粗雑さがない。
でも、着かず離れず。
こういう店は、ありそうでない。

汁なしタンタン仕上げは「汁なし坦々麺」
松の実が入って、さまざまな香辛料がブレンドされて、
辛さと旨みと麺の食感が渾然一体・・・うぁるるるるる・・・

黒酢がよくあう。
香りもいい。


結局のところ、ちょいと二人には多い量だったが、ここならばオーダーを考えれば少人数
でもそれほどストレスをためずに食事が出来る。
安価で少量盛りの小皿が色々あって、その辺とメインを組み合わせると丁度いい感じ。

最初に「ちょっと物足りない」くらいに思った小皿の味付けが、実はあとの料理を
考えると、丁度いい塩梅だったことに食べ終わってから気づく。
だから、妙な言い方だが「口が飽きてこない」のだ。

「おいしかったです!」とオノオノ尻尾をピンと立て、乃至は振りちぎりながら
ヨロコビを伝えると、ご店主の満面の笑みが返ってきた。

評判の名店は、噂以上のものだった。
久々のヒットだ。
川崎近辺をうろうろ出来る間に、是非ともリピートしてメニューに絨毯爆撃をかけたい
と思う。

尚、アフガン11翌日も四川料理だったらしいが、これならばタイプが違うので
二日続いてもOKだなあ、と思ったのではあった・・・。


ランキングバナー人気blogランキングへ
翌日の『華隆餐館』の宴は、あくまで涙を拭いてやむなく欠席、だったのだ。
イヌはいいかげんなことばっかりゆわないよぉに!





月末まで買い取り額UPキャンペーン中!




こちらは一冊でも送料無料キャンペーン中!

arima0831 at 01:45│Comments(17)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 中華料理 | 川崎

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 川崎、四川料理松の樹  [ 犬悔い ]   April 26, 2007 16:16
華隆餐館の前夜の話。 よー四川が喰いたいなーとアリーマ。 お、おまえ、あした、逃げるゆうたやんーわんわん。 今夜「に」四川「は」喰いたいなーとアリーマがワケわからんことを。日本語に翻訳してくれ! ・・・結局ワ〃 @

この記事へのコメント

17. Posted by アリーマ   April 28, 2007 11:54
>K@保土ヶ谷サマ
どこも美味しいものが色々ありそうですけれどね。
『安斎』ですが、とりあえず直前電話でもかけてみてはいかがでしょう?
夜は無理でも、昼なら・・・ということがあるかもしれません。昔はそういう敷居の高さはなかったのですけれどね・・・。

>シュール・リーさん
お兄様も悪くはないのですけど、弟のほうが顔も味も(ヲイ)・・・笑顔がカワイーんで、アジア系のホストクラブでも経営することになったら、スカウトに行こうと思います。あ、出前はお受けしてませんので、是非川崎にお出かけを・・・。

>Yendouさん
川崎開拓、遅々として進みません。でも、エスニック系はなかなか充実している模様です。お店の人の顔は、実は重要なポイントだと思っています。
16. Posted by yendou   April 27, 2007 17:17
5 お店の人が良い顔してるとハズレが少ないって同感ですね(^^)
まぁ裏の無い良い顔ってそれ自体調味料になっている可能性ありますが(^^)
さりげなく自信あるのでにじみ出てるんでしょうね。
川崎開拓凄いですね〜!
素敵(^^)v
15. Posted by シュール・リー   April 27, 2007 10:27
そうですかそうですか、お兄様と弟では全然違うと…。ワタシまたお兄様しかケイケンしていないから弟さんとも是非。(じゅるっ)

砂肝の上の香菜、ビューチホーですね。
ああ、川崎は遠い。
出前しるぶぷれ。
14. Posted by K@保土ヶ谷   April 27, 2007 05:23
>アリーマさま
よく行くのは、三鷹・立川・八王子です。

昨日の話しでは、今日は京王堀之内・西八王子・代々木公園(代々木八幡)に行くことになりそうです。

『安齋』さん、行ってみたいお店のひとつですが、当日の予定変更が多い仕事なので「要予約」の壁が厚いです(泣)。
今日はどうなることやら…(-_-)
13. Posted by アリーマ   April 27, 2007 01:01
>ヌシさん
いやいや、まだまだランチ程度で・・・でも、この中華はいいです。ランチ行ってみようかなあ。

>K@保土ヶ谷さま
新橋ですか。
色々お店があっていいですねえ。
多摩というと、どのあたりでしょう?
荻窪ならば鰻の『安斎』に是非!
要予約ですが。
行きたいイキタイと、もう一年たちます・・・(涙)
12. Posted by アリーマ   April 27, 2007 00:41
コメントがぶっちぎれてしまいました。スミマセン。

>ひとりメシさま
この店、絶対貴女好みだと思う。
好きなタイプだ、きっと。

>kanさま
ディープなんでしょうか・・・?
でも、ここの料理は上品ですよー。

>トリノさま
断食?
どうして??

>アフガン11
戦後復興が無理でも、ニホンゴ復興してくり!
・・・そういう意味か・・・そうだねえ、弟いないと本当に味が違うね、華隆餐館・・・お兄ちゃんでも悪くはないんだけど、同じようにはならないんだわなあ。

11. Posted by K@保土ヶ谷   April 26, 2007 08:19
>アリーマさま

軽いのはフットワークではなくて、小生の頭と財布です。(爆)
自宅は保土ヶ谷ですが、会社は新橋(おやぢっ!)。

社内にいることはまれで、東京・神奈川・千葉・埼玉をふらふらしています。
昨日はたまたまでした。

欲しいのは、多摩・埼玉・千葉の食に関する、貴女やほんまさんのようなHPやブログです。
都心や神奈川に比べて、最近の上記地域での昼食がつまらないのです。

最後になりましたが、修正ありがとうございました。
10. Posted by 小径のヌシ(^−^)   April 26, 2007 07:51
5
着々とカワサキに染み込んでいってますねぇ ( ̄ー ̄)ニヤリッ
9. Posted by いぬわん   April 26, 2007 02:50
お、おいー
キミの弟でわなくて、華隆餐館の弟の話やんー(><
8. Posted by アリーマ   April 26, 2007 01:51
>socitonさま
そうですねー。
ちょっと考えてみます。

>K@保土ヶ谷さま
わっ!なんと軽いフットワーク!
お気に召したのでしたら幸いでした。
その他お料理も、横浜から遠征する価値あり、と思います。

>蓮さん
ここの水煮牛肉、ふんとぉに旨いんだよー。

>いぬわん@アフガン11
意味がよくわからんのだが・・・
ワタシには、弟がおるぞ。秘密ではないし。

>
7. Posted by トリノ   April 26, 2007 01:30
・・・あぁぁぁ「松の樹」。
うらやましいです。
私も行きたいです。
食べたいです。
美味しそうです。
断食中の私にはとても眩しい写真です。
6. Posted by kan   April 26, 2007 00:28
ああ、やはり。

ディープな方面に、ディープな方面にと…
5. Posted by ひとりメシ   April 25, 2007 19:54
なんだか美味しそうなものいただいていらっしゃいますね。
オフ会の折にはお誘いください。
汁なし坦々おいしそうですねえ。
4. Posted by いぬわん   April 25, 2007 16:11
わかってるよぉ〜
怒らないでおくれよぉ〜
弟いないって、知ってたんだよねぇ(´ウソウソ`)
3. Posted by 蓮   April 25, 2007 13:04
すごいっ!!!
何もかも美味しそうだし、水煮牛肉は大好物っ!!!
今度つれてってぇ〜!!!
絶対つれてってぇ〜!!!
2. Posted by K@保土ヶ谷   April 25, 2007 12:18
ご無沙汰してます。

本日の昼食、こちらで汁なし坦坦麺をいただいてきました。

ランチメニューではないので割高感があるものの、久しぶりにうまい坦坦麺が食べられました。

ありがとうございました。
1. Posted by sociton   April 25, 2007 07:35
おお、これはうまそーですねー(^^♪
ここでオフ会しましょうーよ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔