May 02, 2007

ラゾーナ川崎『Ristorante RUBY Sopraffino』でランチ 〜「オシャレなイタリアン」にげんなりする〜

Ristorante RUBY Sopraffino
最寄駅:川崎
料理:イタリア料理 / バー・カフェバー / ダイニングバー
採点:★☆☆☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食


世間では、こういうレストランが「素敵」なのだろう。
私は単なるひねくれ者に違いない・・・という感慨をひとつ最初に記しておく。念のため。
ファンの方がもしいたら、この先読まないでください。
  
1300円でパスタかリゾットのランチセットは、たとえ川崎の最新鋭おしゃれスポット
「ラゾーナ川崎」とは言え(?)ちょっと高い気もしたが、まあ一度くらいいいか、
と行くことにした。
女子6名が突然に集える場所、というと、まあ限りもある。
いかに見かけがオシャレでも、高いから空いているのだ。

で、なぜ気が進まないかというと、こういう場所にある「オシャレなイタリアン」が
美味かった例はないからなのではある。
大きな期待は一切しなかったが、その「決死の覚悟」すら思い切り裏切るのは、
ご立派の一言・・・(嘆)。

一面ガラス張りの店内は、昼時には日焼けが心配になるほどの陽射しが燦燦と。
しかし、ピアノの周りをぐるりと階段状に取りまく座席配置はどう考えても夜向けで、
しかも「ピアノバー」の類であって食事をするにはどうも落ち着かない感じ。
ましてやランチには、ちょっと無理がある。
喫茶店においても違和感のないような、妙に安っぽいテーブルも狭く、
なんだか落ち着かない。

ウェイターは、マネージャー風から皿運びまで、半一流ホテル風&半ホストクラブ風。
どういう客層を狙っているのか、わかりやすすぎて楽しいな。
しかし、昼日中にこういう、慇懃さと馴れ馴れしさと中途半端な明るさを混ぜ合わせた
接客って、なんだかおさまり悪い。
ワタシだけかなあ、そう思うのは?

不思議なのは、日当たりよく明るい、明らかな「上席」が空いているのに案内されず、
ピアノバー方面の席があくまで待たされたことだったが、これはマネージャーが
「こいつらは1300円ランチ」と踏んだかららしい、と後で想像する。

それはまあよい。
それならばさっくりと、安いランチの説明を効率よくしてくれればいいんだ、が・・・

ウェイターがやってきて、聞いてもいない「3500円のランチコース」の説明を始め
次に「2500円」にくる。
「ワインなどアルコール類のお飲み物も一杯無料で・・・」と、延々としゃべるのに
うんざりして「午後も仕事があるのでお酒は飲みません」と言うと、安いほうの説明を
してくれた。

そういう「お時間ゆったり系」は、空気読んでやってほしいなあ。
ワイン飲みながら優雅にランチしに来たかどうかなんて、見ればわかるだろ!

1300円のランチはパスタかリゾットが選べる。各一種だ。日替わりだそうだ。
リゾットにしようかと思ったが「XO醤風味の豚肉のリゾット」
ナニが悲しうて、イタリアンで中華風リゾット?
他にも選択肢があるならともかく。
XO醤などを使った「実験的な試み」は、イタリアンのランチを食べに来ている以上、
他に選択肢が色々ある中でやってもらいたいと強く思う。
ましてや同じフロアには、タイ、韓国、中華と、アジア系のレストランが軒を連ねて
いるのだ。

トホホ・・・と、パスタにする。
鮭とホウレンソウのペペロンチーノ。

なんかの肉の香草焼きがメインだと1800円。
スープ、サラダ、デザート、飲み物がセットなのは1300円のセットと同じ。
パスタかリゾットが付くなんてことはない。
ここは川崎だぞ。青山とか六本木とかじゃなくて。
みなとみらいですらなくて。
いい度胸してるな・・・と、妙に感心する。
 
パンがバスケットに入って出てくる。
テーブルクロスを敷いているわけでもないのに取り皿はなし。
しょうがないのでサラダの皿の隅に置く。止むを得ない。

スープとサラダパスタがメインに相当するので
ミネストローネスープがプリモとしてサラダとともに・・・
カップ入りで、当然スプーンなどは出ない。
期待するほうが、きっと間違っているに違いない。
街場の洋食屋じゃあるまいし、
なんて思うワタシがいけないんである。 

「リストランテ」と名乗るなら、その言葉の意味をよーく考えてみたらどうか、なんて
大きなお世話ですね。はい。

パスタオシャレな盛り付けのパスタ。
白い皿の縁に、無意味にパラパラ振ったパセリがステキ。
鮭とホウレンソウの「ペペロンチーノ」だそうだ。
一見少なそうだが結構量があって、
具とのバランスを考えると
下手なラーメン食べるより、はるかにメタボリック。

で、茹ですぎたパスタのバサバサした口当たりのことは強いて考えず
「見た目よりも結構量があるねえ」というポイントに絞って午後への鋭気を
養うことにする。

デザートデザートは、ココナッツミルクのプリン。
どうもここの料理人はアジア系の食材がよほど好きらしい。
同フロアにアジア系レストランが比較的安価に軒を連ねる中
敢えてイタリアンを食べにくる客が
何を求めてこの店にたどり着くのか・・・
などという思考はゼロのようす。

私は割合美味しくいただいたが、同席者の半数は「ココナッツが苦手」とせっかくの
デザートを残してしまった。
せめて、二種類あって、どちらか選べるなら救いがあったがね。

でも
「コパトーンを冷やし固めたような匂いがする!」
「うざいサーファー系の匂い・・・」
というコメントには笑った。
絶滅種だが、ムカシいたな。わはは。

それにしたって、パンナコッタかティラミスでもつけておけば、誰でも喜ぶのになあ。
どう見たって女性客がターゲットなんだから、せめてデザートくらい選べるようにしたら
誰も不満はなかろうに。
何故にどうして「ココナッツミルクのプリン」なのだろうなあ。
 
で、ここまで来るともうないものねだりだが、イタリア料理のランチで1300円なら、
せめてコーヒーにエスプレッソの選択肢があっても罰は当たるまいよ・・・と内心思いながら
普通のブレンドコーヒーを啜った。
 
この界隈はイタリアン過疎地らしいので、これでも十分やっていけるのだろう。
 
夜、バーだと思ってくるにはいいかもしれない。
立食のある程度人数のいるカクテルなどにも使えそうだ。
結婚式の二次会なんかに向いている。
このうるさいほど燦燦と陽光一杯の店内は、デイタイムのパーティーにはよさそうだ。
立食ならば、食べ物のクオリティーもそれほどうるさく言われまい。

色々と用途はありそうな店だが、ここに再びイタリアンを食べに行く気はしない。
残念ながら。

尚、この店からちょっと横移動すると「出雲神社」の社がなぜか設けられているので、
デートコースにはそれなりによいかもしれない。
しかし何故ここに突然「出雲神社」が・・・などとは考えぬが花というものであろう。

やれやれ。


ランキングバナー人気blogランキングへ
たまにはこういうこともあるさ(嘆)


 ディチェコのスパゲッティーニ、500g175円。


バンビ~ノ! 1 (1)

テレビ放映中!

arima0831 at 00:00│Comments(22)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 西洋料理 | 川崎

トラックバックURL

この記事へのコメント

22. Posted by アリーマ   May 19, 2007 12:25
アマリアさま

いえいえ、通りすがりでも(笑)貴重なコメントをありがとうございます。
あのオシャレなエリアにちょっと不思議な感じですが、なるほどちゃんとした謂れがあるものなのですね。
結構カップルが前で寄り添っているのも見かけますから、ご利益は出ているようですよ(・・・それを見ているヒマジンもいる・・・)。
21. Posted by アマリア   May 18, 2007 12:07
通りすがりにすみません。
出雲大社についてですが、元々東芝時代に
正式に分社されたものです。
なので、ラゾーナ側も無下に出来ず、
苦肉の策としてあんなハズレに
残したのではないでしょうか。
20. Posted by アリーマ   May 05, 2007 12:44
>にっきさま
女体祭りじゃなかったんですね・・・いや、さすが川崎は奥が深い、と思っていたんですが。
前半だけ読んだ南区某氏が8月末、川崎に向かう姿が見えておりましたが・・・現れたりしてね。

>トリノさん
おお、松の樹、いかれましたか。
フットワーク軽いですねー、皆さん。
土鍋マーボは前回たべそこねました。
次回は是非・・・!です。
もうちょっと職場に近いと嬉しいんですけどね。
19. Posted by トリノ   May 04, 2007 23:09
川崎大師の近所になります。
年に一度(今年は4/2)、○×△なお祭りがあります。
リンク参照。

・・・スレ汚しだけでもアレなんで。
口直しに川崎食べ物ネタ。

「松の樹」行ってまいりました。

・坦々麺:私は汁無しが好き。相方は汁有りが好き
(恐らく、汁無しの方が油が強いからだと思います)。ハマル味ですね。

・土鍋マーボ:微妙に塩っ気がキツイ気もしますが、これは好みの範囲。美味です。かなり辛い部類かと思いますが、豆腐の味も感じられる繊細なマーボです。
18. Posted by にっき   May 04, 2007 19:22
>アリーマ様
女体神社の例祭であって決して女体祭りじゃないですぅ。
よこしまな心を持ったブログ読者が、大挙して押し寄せるとおもしろいけど、単なる子供神輿と山車が出て、昔はお神楽とかもちゃんとやってたけど境内に幼稚園(これが女体幼稚園?)が出来て場所が狭くなってからはそれもなく、ひっそりとしたものです。
毎年初詣はここに行ってたなぁ。

17. Posted by アリーマ   May 04, 2007 13:09
>にっきサン
お母様のタタリ効果を期待します・・・しかし「女体祭り」ですか・・・見に行ってみよう。
しっかし、川崎じゃなくてもフザケた内容ですよ。
みなとみらい辺りでも、かなり「怒」だと思う。
「どうせあの辺、ろくなイタリアンないから、この程度でも結構人が来るんじゃないのー?」なんつー企画担当の声が聞こえてきます。あら、幻聴かしら?
16. Posted by アリーマ   May 04, 2007 13:03
>いぬわんクン
「マズイというより、ふざけている」・・・全くその通り!バブル生き残りの、クラブ経営の、元不動産屋がやりそうな店だよ。立地戦略の上手さは、さすが不動産屋、ということなのだろな。いかんせん、このセンスは21世紀のもんじゃないが。90年代くらいなら、げんなりするほど流行ったろうがなあ・・・本当にね、ウマイマズイの問題以前の店だ。

>トリノさん
そういう古の息吹が感じられるほど、街を探検してないのですが、いつか見つかることを信じてがんばってみます。どうもまだ「ありそうな空気」が感じられないんですが・・・。女体神社幼稚園・・・あるんだろうか?調べてみよう。
いぬわんクンはヨコシマな気持ちを持たないように。
15. Posted by アリーマ   May 04, 2007 12:54
>kanさん
一度行くことになろうと思ってたけど、やっぱり行くことになりました。まあ、一度で十分ですが。
ティーヌンが混んでいるのはGW中だからなんじゃ? ほにゃらら効果なんて、ありゃしませんから・・・。あそこ、好きですけれどね。実はリピートしてます。質量味ともに良心的で気に入っております。出雲神社の沿革、参考になりました。ありがとうございます。

>反町で働く子さん
ここまで突っ込みどころ満載だと、かえって楽しかったりします。後で資本関係などを調べて「あ〜、やっぱり」となるのも、まあお勉強です。辛口なのは、資本をバックにお客をなめてるからです。あんまり人気なんで、ついつい書いちゃいました。
こういうふざけた店は、はやいところ淘汰されてほしいと思います。
14. Posted by アリーマ   May 04, 2007 12:35
>k.kさま
ラゾーナ、ここ意外にもハズレが実は潜んでるけど、ダメな店は大体ダメそうな空気が漂ってます。
全部行ったわけじゃないけど、横浜界隈や六本木ヒルズみたいな商業施設よりはかなりまともです。
わざわざ行くほどか・・・というとそうでもないけど、近隣にいると便利です。

川崎はランチ事情はよろしいようで・・・どこでもあるようにハズレはありますが・・・。

>シュール・リーさん
おお、お元気になられましたか。そうなんです、書かなかったけど、裏にはふざけたヒモ付き。不動産関係→クラブ経営→イタリヤーンとゆう、あああぁぁぁ的な展開。確かにバブルな飲み屋的な下品さがぷんぷんで、笑えます。まあ、ちょっと物見遊山、でしたねえ。
13. Posted by アリーマ   May 04, 2007 12:22
>socitonさま
ワタシも普通はそう思って避けるんですが、ラゾーナだけは意外にまともな店が入っていて、たまに結構あたりがあります。レストラン関係に限らず、食品関係、書籍(なんか関係者の方がいらっしゃいそうですね・・・)、ショップなど結構充実していて、みなとみらいあたりと一緒にしたらカワイソウです。

・・・でも、ここは大ハズレだった。しかも、見るからにハズレだった。ううう。

>田仲健次郎。さま
と、いうわけで、ラゾーナは実は意外にまともです。大体見ていると、ふざけた値段付けしてる店はふざけた内容、ですね。意外な当たりが潜んでいるので、完全にスルーはもったいないです。
12. Posted by いぬわん   May 04, 2007 11:49
ああ、女体神社・・・
禿げしく惹かれるな・・・
11. Posted by トリノ   May 04, 2007 00:36
女体神社でググッて見たら。

・「女真族」→「女身」→「女体神社」となった、いうトンデモ?を発見。

・同社付帯の「女体幼稚園」があるらしい。

幼稚園の女体には興味はありませんが。
歴史的には横浜より、鶴見/川崎の方が、興味深いなぁ。
10. Posted by にっき   May 03, 2007 21:20
大丈夫、きっとそういう気取った店は淘汰されていくから。
「地元民をなめるんじゃぁない!」という、うちの母のタタリがそのうちに・・。

出雲大社のことは初めてしりましたが、それとは別にラゾーナの裏手に「女体神社」という神社がありますよ。それがあのあたりの氏神様です。その昔、多摩川が氾濫したりすると生き柱として若い女性を沈めて神の怒りを解こうとした、ということがあったようで、その生き柱となった女性を供養する、というのがもともとの縁起だったようです。8月の終わりにはしょぼいけどお祭りもありますよ。
9. Posted by トリノ   May 03, 2007 02:43
出雲大社のラゾーナ分社の縁起はわかりませんが。
六郷近辺というのは、江戸末期〜昭和初期、観光地だったようです。
川崎大師、穴守稲荷、鶴見の持総寺。
http://www.photo-make.co.jp/hm_2/oota.html
↑(私も全部読みきれていない。。。)

京急梅屋敷の菅公もそうです(リンク参照)。
みんな東京からの近場狙いの観光客が来るトコだったみたい。
大正時代の羽田は「飛行機みながら海水浴」が最高にナウだったそうです。

そうした、古の茶屋や料亭の息吹を残す名店がここ一帯にあるハズなんですが。。。
私には見つけられねっす(涙)。
羽田や川崎辺りは先の大戦でヒドイ事になったからでしょうか。。。
8. Posted by いぬわん   May 02, 2007 15:40
があああああああああ
十番のルビーならオレも(´д`)
マズいとゆうよりフザけてるよなー
ちなみに品川アトレのルビーにも(´д`)
マズいとゆうよりフザけてます
もちろん両方2度といってマセンが、こーゆー店ギライなオレが2店も入ったってことは立地戦略だけはウマいんやなあ〜 3、4人で夜、打ち合わせせなあかんとき決まって目の前に空いてる店が現れる、って感じ(><
ちなみに、川崎のんもオープン当初一回入りかけた(>アホ<
7. Posted by シュール・リー@またまた今気づいた   May 02, 2007 11:58
店名に『RUBY』という文字があったのでちょいとtraceしてみたらやはり…。麻布十番等にある『RUBY Cafe』系列でしたか。つい先日本牧の『RUBY Cafe』は閉店したようです。おしゃれな雰囲気、埃っぽいバス通り(さらにバス停のまん前。ばーさまとかよくバス待ちで並んでいる)に面してのオープンカフェ席、でかい皿にほんのぽっちりの盛りつけのオードブル、気持ち分からんでもないがグラス半分でこの値段かいっ!?のワイン。一度行きまして二度と行くもんかと思いまして、で、つぶれちゃいました。アタシのせいじゃないんですけどねー。
6. Posted by 反町で働く子   May 02, 2007 11:05
う〜ん辛口のコメント。
でも勉強になります!
食に興味のある私としても
入った店がツッコミどころ満載では
ブログにも書きなぐりたくなりますよね・・・

次のお店は
大当たりであることをお祈りしてます♪
5. Posted by kan   May 02, 2007 10:43
ははは、行ってみましたか〜(^ ^)。
僕もラゾーナのオープン当初に行きましたよ。

そのときはピアノと弦楽器の生演奏がありました。
ついでに演奏してるのがよく見える、左上段の席でした。
そして当初はいま1300円のランチが1000円でした。
「演奏代込みのパスタランチなら、こんなもんかな〜」
そのときはそう思いました。
それ以来行ってません。

このお店、六本木にもあるんですよね。


出雲神社、気づきましたか。
もともとラゾーナの建設前に小さな社があったんですよ。
なので、ああいうカタチで残すことにしたのでしょうね。

ところで、昨日ティーヌンが妙に混んでましたが、
もしかして「ほにゃらら効果」なんでしょうか?
4. Posted by シュール・リー@回復傾向   May 02, 2007 10:03
へへへへへ、ありありと目に浮かぶすかっぴきイタリヤーーンレポートですね。「XO醤風味の豚肉リゾット」はどなたかお連れの方はチャレンジしたのでしょうか。足りない読解力が食あたりでますます低下していてさっきまで「バツマル醤油味の豚肉リゾット」と読んでましてどこの醤油ですかなんですかソレはっ!??とアタマをひねっておりました。
今日はひと仕事片付けてから、諸々の災厄を落とすために悪友と連れ立って南区の教祖も横浜随一!と太鼓腹、もとい、太鼓判を押すフレンチでランチしてきまさぁ。
3. Posted by k.k   May 02, 2007 06:36
こんな大ハズレも引いてましたか、う〜ん。
ランチとしては値段でもう失格な上に味まで・・・。
やっぱり駅周辺は難しいですね。
懲りずに(?)頑張って探検して下さい。
2. Posted by 田仲健次郎。   May 02, 2007 05:54
初めまして。
いつも楽しく読ませて頂いています。
ラゾーナ川崎には未だ行ったコトがないのですが…。
こういう記事を拝見すると『やはり…』と思ってしまいます(^_^;)
同じような大規模商業施設が横浜や東京にも出来ている様ですが、どうしても足が向きません。
きっと私がもう施設側がターゲットとする顧客層から外れているからなのでしょうけれども…。
1. Posted by sociton   May 02, 2007 03:00
げーヨセヨセ
ラゾーナなんて寄せ集めの店ばかり(かどうかしらんけど・・・)
ワシなんて近所のベイクオさえ食べたことナイスなヒッキーザンスからねぇ・・・
やっぱ、野毛ザンス

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔