May 05, 2007

『おいしいもの、届けます!』猪口ゆみ 〜ライブドアの『本が好き!』プロジェクト〜


おいしいもの、届けます!
Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/グルメ・食生活


ライブドアからの頂きもの。

ちなみに、このプロジェクトは、ブログをやっていて、もらった本の書評を載せるのであれば、誰でも参加できるとやら。
よろしければ、皆さんもいかが?

さて、本書を読むまで『セコムの食』という食品通販があることすら知らなかったが、
かなりしっかりしたところらしい。
価格も高額ながら、諸々の厳しいガイドラインを設けて、厳しく取り扱う食品を選定
している姿勢はよくわかる。

日本でも「オーガニック」というマーケットが、着実に地盤を固めているようだ。
欧米では、高級なスーパーマーケットの一角に専門のコーナーが設けられているそうな。
そういえば、知人がそんな食料品店をやろうか、とブツブツ言っているのを聞いた
こともある。

とりあえず、お金で「食の安全」が買える時代になった、ということだ。
金次第だの格差がどうしたの、とうるさいことをいう人もいるだろうけど、世の中に
選択肢がひとつ増えたことは歓迎すべきことだろう、と思う。

この本は、セコムの通販のバイヤーとして、全く異業種から飛び込んできた女性の
奮戦奮闘記、という体裁になっている。
猪口さんが名は体を現すがごとく、猪突猛進状態で日本全国どこにでも飛んでいく姿は、
実に生き生きしていて楽しい。

だから、誰かが真剣にがんばっている話を読みたい人にはオススメだ。

しかしね・・・と、ワタクシ的なちょっと拗ねた感想を述べると、この「体を犠牲にしても
仕事のためにまっしぐら!」というスタイルを、ここまで衒いなく前面に押し出されると
若干ぐったりしてしまうのである。
別に意地悪でもなんでもなく、お願いだから体を壊さないでくださいね・・・と、祈るような
気分になる。

文章は上手くてサクサクと肩凝らずに読める。
各地の食品カタログとしても面白いところがあるし、一つ一つのエピソードはなかなか
楽しいものなのだけれど、いまひとつまとまり悪い感じだ。
決して素材は悪くないのだから、編集次第でもっと面白くなったような気がする。

真剣に頑張っている誰かの話を読みたい人や、食のバイヤーの裏話に興味のある人には
面白く読める本だと思う。

ただ、熱烈礼賛、前向き奮闘努力一本槍で、ちょいと単調になってしまったかなあ、と
ワタシは感じる。

しかしセコムって、結構多角的な事業展開してるんですね。
知らなかったな。
まあ、いまどき驚くほどの話でもないのか。

ふうん。

ランキングバナー人気blogランキングへ
食品事業展開路線上に、レストラン経営が現れたらどうなるのかな・・・?





我が家としては、このレベルです・・・(便利だし)。




送料無料キャンペーン、延長中です。ここの場合、100円の古本もあるんだが・・・。

arima0831 at 16:31│Comments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 本の紹介 

トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by アリーマ   July 30, 2007 21:29
kassyさん

そうですね。多少のことなら・・・。
3. Posted by kassy   July 30, 2007 19:47
食の関心は高まってますから、健康のためなら少々割高でもいいですね。
2. Posted by アリーマ   May 05, 2007 19:05
トリノさん

ううむ。
この本読んだだけでも、社内事情は色々ありそうな感じですね。

母島に到着したのは・・・ええと、トリノさんではなくて猪口さん、ですね。

お取り寄せ、モノはよさそうだけれど、ワタシの経済感覚だと「ご贈答用」だなあ(できればもらうほうで・・・)。
1. Posted by トリノ   May 05, 2007 18:54
ここンとこ、メルマガも面白いですよ。
http://blog.mag2.com/m/log/0000011054/
今、30時間かけて母島に到着したトコです。
私的には、放浪記的な部分が面白いです。
トレイサビィティー氏のブログと同じノリかなぁ。

ちなみに、ネット防衛部隊としてセコムで働いている友人には「セコムのお取り寄せ」は評判悪いです。
身内には「買ってくれ、買ってくれ」とシツコイそうで。。。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔