July 25, 2007

荻窪『安斎』へイヌ連れ鰻遠征 

皆さん、こんにちはぁぁぁぁ〜!

すいません、ちょっとサボりました。
ちょっとサボる快感が、ん〜もぉすっかりクセになっちゃってぇ。

と、いうか、昨今の仕事がやたらに頚と肩を酷使するので、自宅でのパソコン作業を
大幅に控えているのだ。
自宅のパソコンを開けるのは、二日に一回、二時間を限度!というラインを引いたら
すっかりサボり癖が・・・ご心配くださった方もいらしたようで、恐縮至極。

そんなわけで、滋養強壮のため荻窪遠征を決行したのだ。
一ヶ月ばかり前だけど。

当然目指すはここ・・・

安斎
最寄駅:荻窪
料理:うなぎ
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:夕食


・・・というのは、まあ二次的なもので、戸籍謄本が必要になったのである。

「そうか、ついに亭主に愛想をつかされたのか」と思った、そこのキミ
「なるほどそれでブログの更新が・・・」とか妙に納得しているアナタ、

ちがいます!!

それは、まだ大丈夫みたい。
たぶん、まだ、いまのところ。

しかし、本籍地って不思議なもので、ナンダカンダと動かずいるのである。

実は母が一ヶ月ほど前に逝去。
相続関係の書類が必要になった次第。
「ああ、近所で済むから便利だぜ」と、堂々と地元N区役所に出かけたところ・・・

「あの・・・アナタの本籍はここに無いですが・・・」

そんなはずはなぁぁぁいっ!!”

と、叫ぶも空しい。
ああ、そうだっけ。
結婚した当時は海外在住(カイロとイスタンブル)だったから、とりあえずワタシの
実家に住所を定めて、婚姻届を出したのだったよ、今は昔・・・。

で、ワタシが帰国。
一年後オット帰国。
「猫が楽しく飼えそうだ」と、いうだけの理由で現住所が決まったころ、確かに
「んぁぁぁぁ! 今は間に合わないけど、この話が一段落したら、必ず手続きをっ!」
と思っていたが、阿呆な人間は喉元過ぎれば熱さ忘れる次第で、再び「戸籍謄本」という
言葉が出てくるまで、実に七年の間、完璧に忘れ果てていたわけである。
本籍は、相変わらず荻窪。
変えなくっちゃね。
変えよう。
変えるのだ、いつかは。

で、おかげさまで(?)、荻窪遠征が強いられてしまった(嬉)。
ふっふふ。
当然そうなれば、鰻とセットで行くに決まっているのだ。
一人ではツマランな・・・と、無闇に忙しそうなイヌを引きずっていくことにする。

「絶対絶品鰻」の一言に、バンジョー掻き鳴らし、商談蹴散らして荻窪くんだりまで
実に簡単についてくるイヌ一匹。
ああ、喰い意地ッテ、コワイ。

この店との付き合いは古い。
で、ワタシの脳内では「旨い鰻=安斎」という基準点が20年以上前から出来ている。
ああ、どれほど夢見たことか。
涙涙涎涎。

安斎「お品書き」だ。
松も竹も梅も花もない。
ビールはエビス。酒は八海山。
白焼きその他も食べたければ、事前に口頭で頼む。
なんつーかホント「鰻馬鹿一代」な店である。

でも、最近は息子が青山の某店で修行中だそうだ。
馬鹿一代で終わらぬようす。
なによりなにより。

「おお、また脂が乗って立派になったねえ」という大将、明らかに賛嘆の色だけれど
「よく脂ののった肥えた鰻」を見るような、優しい眼差し
・・・あんまり、嬉しくないんですけど・・・。

お通し生ハムにみえるが・・・
モチロン、生ハムだ。
鰻屋の突き出しだが、生ハムだ。
ダカラドウシタ。
この下には、大変旨い
御新香が隠れているのだよ。


鰻屋のお新香は旨いもの。
焼きあがるまでは、お新香つついてほたりほたり・・・という夢を、このところ
あちこちで蹴散らされてきた。
だから、まずはエビスビールでしみじみとお新香だい。
へっへへ。

と、こうしていると、香港人のカップルが現れた。
このカップルは何故か日本語がまるで出来ないのに、このコウルセイことで有名な店に
どうにかこうにか予約を取って現れたのである。
どうも広東語のガイドブックにも、そういう話がキッチリ書いてあるらしくて、
予約の時間に20分ほど遅れた二人は、意味不明のニホンゴを手当たり次第乱発して
平身低頭半錯乱状態。
道に迷ったそうだ。そりゃあそうだろう。
東京住まいの日本人にだって、わかりにくいもん、ここ。

そのガイドブックをみせてもらっても、なんだかよくわからなかったが、どうも相当
厳しいことが書いてあったらしい。
いわゆる「絶対要予約、絶対時間厳守、店主無愛想」というヤツだな。
日本語でもそう言われているし(笑)。

それにしても、よりによってこの店を紹介するとは、素晴らしい情報収集力っていうか、
罪作りっていうか・・・。

「お飲み物は?」の一言がわからず、震度3程度の揺れ走る、カップル男子の背中に言う。

「ナニを飲みたいか、って聞かれてるよ? ビール?酒?お茶だけ?」

彼の背中が瞬間「震度4」になるが、恐る恐る後ろを向くと、真っ赤な口が耳まで裂けた
キャーーー

じゃ、なくて、ニコヤカにワタシがいる次第。
実は大将に「日本語できないお客さんが来るから助けてあげて」と、事前に頼まれて
いたのだ。
だからちょっと早めに来ていたのだ。
別にイヌを出し抜くためではなくて。

「う、え、英語が話せるんですかぁぁぁ・・・?!」
「うん、ちょっとね」
「あああぁぁぁぁ、助かったぁぁぁぁ」

その気持ち、骨身にしみてわかるので、こういうところで役に立つなら嬉しいことだ。

肝焼き肝焼き!
いぬわん登場前のおしのぎ・・・
と頼んだら出た。
炭の香味とともに蕩ける。
くちゅうぷちゅうプイプイ。
へへっ、ざまあみやがれ!


幸せ気分でいると、引き戸を前脚で勢いよく開けて、四つ足バウンドしながらイヌ登場。
いつもながら同じ現れ方なのである。
尻尾をブンブン振り回しながら、肝焼きを見つけてバウバウと吼える。
ほいほい、まあビールを飲みな。

一息ついて、さて白焼き・・・と、八海山を啜っていると丼が。
何故か、どうしてか、丼が。

嗚呼あああぁぁぁ・・・・・!
白焼き、予約忘れ。
馬鹿バカばか。
一生の不覚である。
イヌとともに泣き崩れる。
しくしく、ごめんよう。


う・な・ぎ!しかし!
嗚呼、やっぱりここの丼は蓋を開けるのが楽しい。
親しみやすいがナントモ男前な「お姿」に
思わず合掌する。
白焼きの幻影は脳裏にちらつくが
救われる思いだ。


外はカリッと香ばしく、中はふっくら。
「月旨」な味わいだが、くどさがまるで無い。
どうも昔に比べて、焼き上がりが少しさっぱり口になった気はするが、ワタシにとっての
「鰻」って、やっぱりこれだ。


吸い物肝吸いにも、ちゃんと肝が。
アタリマエだが、ファラオのなれの果てみたいな
悲しい姿の肝をポッチャリ放り込んだような
極悪非道な肝吸いに数度怒ったことを
ついつい思ってしまう。
炭で軽くあぶった肝が香ばしい。

この間、香港からの客人がビールを注ぎに来てくれて、ついでに「明後日また来たい」
と言う。
子供のときに両親と日本に来たとき、生まれて初めて鰻を食べて、こんなに旨いものが
この世にあるのかと感動したそうだ。
でも、香港の日本食屋で食べられるものは、全然違うんだよね・・・というわけで、
こんなところまで現れたらしい。

横浜にだって無いもんが、香港にあってたまるものかね、と内心思うが、でもまあ、
やはり自分の好きな店を遠来の客人が喜ぶ姿は嬉しいもので、肝焼き白焼き付き
週末予約を、内心の悔しさを堪えて手伝う。
まるでヒマな田舎のお節介ヲヤジのような心境である。

白焼き・・・ああ、白焼き・・・!
この店は、鰻丼も旨いが、なんといってもほんのりピンクの肝を乗っけた白焼きが
なんといっても堪らん絶品なのだよう・・・ううう。

だから、近いうちに絶対にまた行ってやるのだ。

帰り道、そういえば母は「蛇みたいに長い生き物」が大の苦手で、如何になだめすかせど
気味悪がって絶対に鰻を口にしなかったなあ・・・と、ふと思い出したのだった。
ああ、おかーさん、アナタの娘は結局アナタをダシにしてアナタの大嫌いな鰻を
昔のホームタウンで食べてきましたぜ、と。

ついでに母の本籍は、結婚当時居を構えた「中野」に置きっ放しだったことも判明。
やれやれ。
本籍地なんて、そんなものなのかなあ。


ランキングバナー人気blogランキングへ
ああ、それにつけても、白焼きが・・・!


 鰻も出演するらしい(?)

落語にみる江戸の食文化

やっぱり鰻は江戸前!

arima0831 at 00:23│Comments(36)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック うなぎ | 中央線沿線

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 荻窪、うなぎの名店、安斎とそして・・・  [ 犬悔い ]   August 02, 2007 13:11
メニューはコレだけ。 そして・・・ だいたい、うなぎの蒲焼という料理はただ、うなぎの蒲焼とゆうだけでウマすぎて、ドレがウマくてドレがマズいのかよくわからない。 しかし、バリっとした表面ととろっとろの耨1> <h??

この記事へのコメント

36. Posted by アリーマ   July 29, 2007 10:29
にっきサン

やっぱり、気力体力の源は「美味しいもの」ですよね。今回つくづく痛感しました。
ワタシは「し〜ら〜やぁぁ〜きぃぃぃ〜〜」という遠い木霊に、この数日始終揺すられております。
しくしく。
35. Posted by にっき   July 29, 2007 07:10
お母様亡くされて大変だったことと思います。いろいろ手続きもあるし、やはり肉親を亡くすというのは、応えますよね。
そういうときに「美味しいもの」は確実に力になりますね。
特に「鰻」は・・・。
くぅぅ〜!今ものすごく空腹なのでこの記事が私にはボディブローのように効いてます。鳴るお腹を押さえつつアリーマ様の復活を喜んでおります。
34. Posted by アリーマ   July 28, 2007 15:18
横浜ブログさま

いらっしゃいませ。
やっぱり安斎!ですよね!!
昔々はここが「自宅から一番近い鰻屋」だったおかげで、イマサラ苦労しています。
なんだかエラク有名店になってしまって、ちょっとびっくり、なんですが。
鰻の美味しいお店って、そのくらい希少価値なのでしょうか。
33. Posted by 横浜ブログ   July 28, 2007 15:10
お母さまのご逝去を心よりお悔やみ申し上げます。

復活後の記事が、安斎でしたので、思わず書き込んでしまいました!
安斎本当においしいですよねー。
今は遠出が出来ないので行けませんが、本当にうなぎと言うとここがおいしくておいしくて……横浜にもこういうお店が無いかと思うのですが、なかなか見つからないですね……。

32. Posted by アリーマ   July 28, 2007 13:30
>ヌシさん
そう、忘れていたけど、丑の日間近です。
隠しネタは素直に出してくださいね。
横浜近郊に、まだどこか隠れて無いもんですか?!
川崎近辺でもいいですし・・・。

>蓮さん
食あたり説・・・結構よく言われてるんです、実は。ううむ。胃腸が弱そうに見えるんでしょうね。
そうにちがいないわ。

>アパ経営くん
をを、ゴクロー。
じゃあ、今のうちに更新しちゃおっと。10年後のことは10年後に考えればいいし・・・(結局同じ本籍かもしれん)。
31. Posted by アリーマ   July 28, 2007 13:24
>トリノさん
酒さえ飲まなきゃ、バイクならひとっ走りですぜ。
酒、飲めませんがね。しかし、馬も「軽車両」なんですねー。へー、そうなんだ。

>socitonさま
宮川も竹葉亭も、たぶん鰻重とかだけ食べてれば安斎と似たり寄ったりの値段で、酒飲みながらアレコレ頼むと「おきゃねもち的値段」になるんじゃ・・・おきゃねもちぢゃ無いが、でもやっぱりたまには食べたいなあ。
丸静、今度銀座方面に出る用でもあれば行ってみようかな。

>Ryumanさん
丑の日・・・確かにそうでした。正直、忘れてました。そう思うと余計に食べ損ねた白焼きが口惜しいです。しくしく。
30. Posted by アリーマ   July 28, 2007 13:16
>NONさま
南区の彼のところで鬱憤晴らし・・・それをやると、結局自分の頚と肩に跳ね返ってくるのですよ。
楽しいですけどね・・・他人のブログを荒らすのって(ヲイ!)。

>ひとりメシさま
そう、白焼き〜(涙)
悔しくて泣けます。
うな丼はアレに匹敵する店もヒョットシテあるだろうが、白焼きにかけてはまずそうはなかろうと思ってるのですよ。きー。悔いそこね。がるる。

>とも2さま
そうそう。食事療法遂行中につき、川崎情報をまたよろしくお願いしますねっ(迫)

>エンジーさま
「湿気に参って国外逃亡でもしたのか」
したいです。毎年この時期に「何もかも放り出して海外逃亡」という衝動に駆られますが、夏休みは地味に伊豆に出かけたりしているのです、この何年か。
29. Posted by アパート経営者   July 27, 2007 13:04
あれ?私のデータではあと2〜3年あるかと思ったが。
本籍変更の場合は更新でも抄本が必要です。
もし取り直すなら

,泙宰楡劼鮓十蚕蠅飽椶喉新戸籍抄本をget→
 パスポート申請

という方法と

旧本籍のままパスポートを更新
 
これならあと10年はそのパスポート使用可ですが、
もし本籍をその後移したら、10年後の更新は,
手順が必要っすよ。

なんでこここで旅行代理店やってんだ?あたし。
28. Posted by 蓮   July 27, 2007 12:13
美味しそう
夏はやっぱり鰻ですよねっ!!!
ってかめっちゃ心配しましたよ。
食いすぎで腹でも壊してるんじゃないかと!
27. Posted by 小径のヌシ(^−^)   July 27, 2007 08:02
遅くなりましたが
お母さまのご逝去謹んでお悔やみ申し上げます

鰻…もぅ丑の日も間近ですもんね〜
26. Posted by Ryuman   July 26, 2007 21:48
私は関節痛からほぼ脱出して好きなものを喰らっておりますが、アリーマさんもお体をお大事に下さいませ。
しかし丑の日を前にうなぎネタとは流石ですねぇ。
25. Posted by sociton   July 26, 2007 14:22
築地(市場でないとこ)に丸静といううなぎやがあります。
いったことはありませんが、絶品のようです。

また、宮川本店とか竹葉亭とかありますけどねぇ・・・
おきゃねもち用ですね。。。
24. Posted by トリノ   July 26, 2007 04:19
だめだ。
見つからない。。。
ウナギのポータルサイトとか探してるのですが、
見つからないです。

いや、見つからないのではないのですが、業者向けのページっぽいです。
http://www.unagi.jp/

リンク先を辿ろうにも時間切れ。
http://www.unagidaisuki.com/
また来週〜


>> 牛の角突き
隠岐ですか?
隠岐名物、角突きは見れませんでしたが、
隠岐の岩牡蠣は非常に美味しかったです。

馬で飲酒も捕まるハズです。
自動車学校で習った記憶が。
馬≒軽車両≒自転車等車両一般

つかバイクなんですってば。
23. Posted by エンジー   July 26, 2007 01:23
5 湿気に参って国外逃亡でもしたのかと思いましたよー、いろいろ大変なようですがどうぞ御自愛下さいってのはちょっと違うかな?
22. Posted by とも2   July 26, 2007 01:14
ご母堂様のご逝去謹んでお悔やみ申し上げます。
すべては時の過ぎゆくままにです…。
それはさておけないのですが、ブログの復活は嬉しゅうございます。
肩の痛みなんぞはねぇ、心の痛みもだけどねぇ、食事(食餌)療法にてお治しくださいませ!
21. Posted by ひとりメシ   July 25, 2007 23:49
お母さまのご逝去を心よりお悔やみ申し上げます。

復活第一弾がうなぎですかあ。
夏はやっぱりうなぎですね。
今度は白焼き〜
20. Posted by NON   July 25, 2007 23:28
お母さまのご逝去を心よりお悔やみ申し上げます。

アリーマさん。お元気そうでなによりです。
お首と肩の痛みから来るウップンは、南区の彼のところで思いっきり炸裂させてくださいませね。

祝・復活!
お待ち申し上げておりました〜〜^^
19. Posted by アリーマ   July 25, 2007 22:35
ramurinさん

をを、お久しぶりです。
読んでくださってたのですね。ありがとうございます。
へばっているのは湿気と、もうこれは職業病に近い肩こり頚痛のためで・・・早く梅雨が明けないかしらん。
18. Posted by アリーマ   July 25, 2007 22:29
>ほ、ほんまサン・・・
何故、ドウシテ「牛の角突き」??
ワタシの仕事って・・・なんだっけ?

>socitonさま
広範な調査の結果、横浜にいる限りだめみたいです。せめて都心部に「安斎級」を探してるのですけどねー。築地にないですかー?

>Sur Lieさま
ううむ。上品な渡哲也鰻、だろうか?
昔よりちょっと脂っ気が抜けた感じがまたステキで・・・(何の話じゃ?)。

>千葉の日帰り温泉さま
なんかすごいサイトですね。茨城側にはどこか無いもんでしょうか?

>k.kさま
・・・ううう、白焼き食べそこねたのが、悔しくて・・・(涙)
17. Posted by ramurin   July 25, 2007 22:25
アリーマさん、大変な日々を過ごしていたんですね。アップが無かったので、心配してました。体調崩して、寝込んでいるんだろうか?どうしたんだろう?。。。e.t.c.
母上様の安らかなお眠りをお祈り申し上げます。

オイシぃーモノ食べて、いつものアリーマさんに(勝手なイメージ持ってますがぁ。。。)完全復活を待ってます。
16. Posted by アリーマ   July 25, 2007 22:20
>トリノさん
馬に乗っていけば、渋滞関係なし、飲酒OKなので(そうなのか?!)、荻窪はアクセスよろしいかと。
やっぱり食べ慣れたものって嬉しいです・・・。

>乙さん
遠征企画があれば乗りますよん。

>泥酔院さま
をを、遠征組がここにも!
美味しいですよねー。

>seikoMTDさま
ふふ、美味しいんです、ここ。
やっと行けました。でも、白焼きが・・・。

>kanさん
やっぱりそんなものなのかも。
え?パスポート??

>アパ経さま
パ、パスポート・・・更新に戸籍抄本必要だっけ?!
あわてて調べたら、もうしばらくで切れるところ。
うう、危ない危ない・・・で、戸籍抄本、いるんだっけ?

15. Posted by k.k   July 25, 2007 20:50
久々の更新お疲れ様です〜。長文の中に魂の叫びが溢れ出してる感じっすねえ。
お元気そうで何よりでございます。
しかし・・・旨そうだなあ(超涎)
14. Posted by 千葉の日帰り温泉   July 25, 2007 17:22
おいしい情報を有難うございます。うなぎは大好物。小さい頃はうなぎ嫌いでしたが、浜松へ旅行にいって食べたのをきっかけに大好物に。荻窪は近いので行ってみます!
13. Posted by Sur Lie   July 25, 2007 13:03
まずはご母堂様のご逝去謹んでお悔やみ申し上げます。
色々と、大変だったことでしょう。

美味しい鰻、よかったですねぇ!私は断然うな重派ですがこのうな丼はよさそうです。文句無し、佐藤浩市です。いや渡辺謙でしたか。どちらでもアリーマさんのお好きな方で。

お身体大切にね。疲れは後からやってきます。
12. Posted by sociton   July 25, 2007 13:01
ああ、うまいウナギが食べたいヨオ
11. Posted by ほんま   July 25, 2007 13:00
首と肩の痛みかぁ・・・
新しいお仕事大変ですね。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Oasis/2062/
くれぐれも相手の角に気をつけて!
10. Posted by アパート経営者   July 25, 2007 12:37
祝!復活。

では白焼リベンジのときに連れてっておくれ。

なお、本籍移すならパスポート切り替えるときに
戸籍抄本要るからね。
もし残存1年残ってなくても今ならIC旅券移行期間の為、切り替えしてくれまっせ。

9. Posted by kan   July 25, 2007 09:50
すいません…
8. Posted by kan   July 25, 2007 09:49
夢に出てくるほどの鰻、食べてみたいですね〜

僕の戸籍謄本、岩手県にあります。
親の生家の住所のままです。
関東で生まれ育ったのに。
パスポートを取るときにたいへん面倒でした。

そーゆーもんなのでしょうか、どちらさまも。
7. Posted by kan   July 25, 2007 09:48
夢に出てくるほどの鰻、食べてみたいですね〜

僕の戸籍謄本、岩手県にあります。
親の生家の住所のままです。
関東で生まれ育ったのに。
パスポートを取るときにたいへん面倒でした。

そーゆーもんなのでしょうか、どちらさまも。
6. Posted by seikoMTD   July 25, 2007 08:23
ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

ところで、復活の第一弾。
ようやく行けたんですね、「安斎」。
行ってみたいです。
5. Posted by 泥酔院   July 25, 2007 07:54
うぉぉぉおお!
復活が「安斎」とは!!!
1回だけですが伺いました。鰻丼さいこ〜ですよね!
4. Posted by 乙さん   July 25, 2007 06:56
 アリーマ殿、復活、おめでとうござりまする。また、このたびは、ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげまする。
 これがあの鰻の名店なのでするなぁ。。。行きたかったぁぁ。。。
3. Posted by トリノ   July 25, 2007 02:48
復活おめでとうございます。
しかし、白焼き。
夢にまで出てくるとは。。。
スゴイものですね。
ギナウ。
思い入れというか、思い出のあるお店のようですね〜。
私も、ついぞ満足できるギナウって食ってないなぁ。
愛馬でも駆って探し行っててみるかなぁ。
むぅん。
2. Posted by アリーマ   July 25, 2007 01:13
白焼きうなぎイヌくん

は、早いな・・・。
うん、是非イコウ。
なまじ喰っちまったもんだから、夢に出てくるんだ、白焼き・・・。

確かに長いなー。
前後に分けよう、と思ってたら、間違えてアップしちまったのだよ。

まあ、久しぶりなんで。
ははは。
1. Posted by 白ヤキ   July 25, 2007 00:55
おおおおおおおおおおおおおおおお
復活おめでろおおおおおおおお〜
どえりゃ〜長いやん〜
それにつけても白ヤキぃ〜
白ヤキんときはバンジョー掻き鳴らしていくでぇ〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔