September 10, 2007

馬車道『福源楼』のとりねぎそば 〜無理に行けとお勧めはしない、が・・・〜

福源楼
最寄駅:桜木町 / 関内 / 馬車道
料理:中華料理一般
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:夕食


何度か前を通ったことはあった。

福源楼うむむ、と一瞬考えさせる店構え。
これでも立派に営業中。
この空気は、小当たり又は大ハズレだ。
中を覗くと、たいていご近所関係風の
ヲジサンヲバサンがぽつぽつとお食事中。
アンタもヲバサンだろうって・・・

いやまあ、ワタシの視点からもそう見える年齢層、ってことです。
まだそれは「おじいさんおばあさん」では、ないと思う!
ちがいます。

ある日、この辺に用があって、そのとき一緒にいた知人に「この辺でさくっと晩御飯
食べられるところって、どこかないでしょうか?」と聞いたら、ここをお勧めいただく。
ふうん、と店に入って「とりねぎそば」を頼んだ。
700円なり。

店に入ると、コップの水とスポーツ新聞が、これまた古ぼけたテーブルに置かれる。
まあ、スポーツ新聞など普段は読まないけど、せっかくのお気持ちなので
朝青龍の悪口なんかを熟読する。


とりねぎそば地味なルックスだが良い匂いがする。
スープを啜れば、素直でサッパリした味。
そこいらの「自己主張哲学系ラーメンスープ」とは
品性(?)が違う感じだ。
麺は細麺で、いやみなく普通に和む食感。
そして、なんとなく鶏を噛んだら・・・

ジュワァ、と鶏の旨みが口に溢れた。
ちゃんとした中華の蒸し鶏が、無造作にほいほい乗っかっているのだ。

ギョーザ普段は頼まない焼き餃子も食べてみる。
なんの変哲も無いようだけど、
ぱりっと焼けた薄皮に薄味の餡。
これはビールにあうなあ。
うまいよう。


いわゆる「街中華」だけれど、こういう真面目な街中華ってありそうで案外ないと思う。

あとで調べてみたら、イヌ、マーキング済みであった。
この方も出没するという。

尚、デート向きじゃないです。
ここでデートできたら、愛は本物どころか夫婦倦怠期です。


ランキングバナー人気blogランキングへ
馬車道シリーズ、じゃなくって、たまたま続いただけで・・・。












arima0831 at 23:48│Comments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 中華料理 | 関内

トラックバックURL

この記事へのコメント

5. Posted by アリーマ   September 11, 2007 23:16
k.kさん

ギリで行ける、とか悲しんでいられるうちが花です。
そのうち「そういう店」でないと、なんとなく避けてしまうようになります。
4. Posted by k.k   September 11, 2007 21:16
中年以上ですか・・・。
ギリで私も行けますね♪



(悲)
3. Posted by アリーマ   September 11, 2007 19:54
>いぬわんクン
あんまり期待してなかったからねー。
こういう「和中華」もいいもんだなあ。
もっと家の近くにあればいいのに、とは思う。
桜木町駅付近が余りに寂しいなあ。

>socitonさま
倦怠期の夫婦は、デートというよりは惰性でやってきて飯を食うのですよ。
中年以上・・・確かに若者は見かけないなあ・・・。
2. Posted by sociton   September 11, 2007 09:50
わっはっは、いいよね倦怠期デート
そこまでいかんもんね(昔あったか)

ここ安らぎ系ですね。
中年以上限定?(うそ)
1. Posted by いぬわん   September 11, 2007 00:09
たしかに小当たりまたは大ハズレやわな・・・
ということは数学者なら絶対入らんリスクの高い店。でも案外、中当たり!ってウレシイよなあ〜
ヨコハマ、ええなあ〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔