September 29, 2007

『犯人に告ぐ』 雫井 脩介 


犯人に告ぐ 上 (1) (双葉文庫 し 29-1)
Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/ミステリ・サスペンス


久しぶりにライブドア「本が好き!」からのいただきもの。

面白い!
文章のテンポよく、出てくるキャラクターは味があって、ストーリーは加速度的に
ブンブン進むので、一気に読めてしまう。

まあ、勢いよく進む分、若干「?」なアラは出ても来るが、特に気にならない。
筋立てはそれなりに緻密だが、頭をひねるほどややこしくない、というのもよいところ。
漫画や映画のようにわかりやすいキャラクター構成だけれども、これが安っぽくならないのは作者の力量。

じっくり鑑賞しつつ感動する類の本ではなく、読み飽きせず、途中ダレずに
イッキ読みできる。
秋の夜長のエンタテイメントとしては「買い」だ。
文庫上下刊で1300円くらいなら、満足しておつりが来る。
ただ、個人的価値観で行くと、単行本ならば買わない。

ちょっと主人公がかっこよすぎだが・・・でもこの主人公でシリーズ化されたら次回作も
ついつい買ってしまうだろうな。
文庫ならば。

ちなみに、作者名は「しずくいしゅんすけ」と読むそうだ。
調べるまで読めませんでした。うにゃ。


ランキングバナー人気blogランキングへ
今夜は震えて眠れ!


犯人に告ぐ 下 (3) (双葉文庫 し 29-2)


クローズド・ノート


arima0831 at 20:27│Comments(3)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 本の紹介 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. クローズド・ノート  [ ポケモンルビーサファイア ]   September 30, 2007 11:05
【映画ナビ】「クローズド・ノート」ZAKZAK【こんな話】大学生の香恵(沢尻エリカ)は、引っ越したばかりのアパートで、一冊の日記を見つけた。それを書いたのは、前の住人の伊吹(竹内結子)。いけないと思いつつ、日記を読み進めると、そこには小学校の新任教師であった伊....

この記事へのコメント

3. Posted by アリーマ   September 30, 2007 16:15
>min-minさん
文庫上下の価格なら十分納得です。夜長のお供にいいかも。「劇場型捜査」がテーマだけに、仕立ても「劇場型」というか、ビジュアル化しやすそうな話だな・・・と思ってよくよく見たら、近いうち映画化だそうです。緻密な名作ハードボイルドと比べたらカワイソウですが、個人的には余計なことを考えずにスカッと読めるのでよかったですよ。

>socitonさん
文庫のミステリーなら、投資対効果はいいセンだと思いますよ。
『虚貌』、実はブックオフで発注済。そーか、面白いんだ。楽しみにしてましょう。
ハードカバーは、場所をとるし持ち歩くのがしんどいし、当然のことながら「高い」ので、この類の本には滅多と投資しないですねえ・・・ブックオフで値下がりを待つか、文庫化を待ちます。
2. Posted by sociton   September 30, 2007 01:08
ワシはハードカバーで買って、とっくに読んだバイ。
これはまあまあかなと言ってみよう。
雫井は「虚貌」のほうがインパクトがあったと思います。
1. Posted by min-min   September 29, 2007 23:33
本日、この文庫本を手にしてよほど買おうかどうか迷ったのであります。
このところ「警察小説」を立て続けに読んでしまったせいか、ちょっと敬遠してしまいました。
でもそんなに面白いならやっぱ読んでみようかしらん。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔