November 07, 2007

『隋園別館』はウマイ 〜タッグ戦、乃至は合コン??〜

隨園別館
最寄駅:新宿三丁目 / 新宿御苑前
料理:北京料理 / 中華料理一般
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:夕食


生モツ喰い一時間一本勝負、ゴングが鳴って次のリングへ向かう。
ゴングとは正確に言うと、いぬわんクンから飛来したメール着信音であった。

「もう着いた。先にヤットルでぇ〜」

この日の第一戦会場もとい『赤ちょうちん』が8時以降満席でさえなければ、ここに挑戦するタッグを呼びつけて勝負を挑みたいところだが、二人分すら場所がないからしょうがないのだった。

次のリングは『隋園別館』である。
アパ経ともども、極上生モツなどで炸裂発火するアドレナリンに、生ビールマッコリ焼酎お湯わりなどのアルコールをどぼどぼ注いで、心はこれよりないほど高揚している。
秋の終わりの夜風が心地よい。
要は酔っ払いである。
あ〜あ。

「生モツの次は、すっぽんスープ・・・」と、決戦への誓いを新たにする。
ここの湯類が大好きで、久しくご無沙汰しているのだが、とりわけすっぽんス−プが大好物なのだ。
今宵こそは!

到着すると、いぬわんとお友達のカトAさんが、既に蒸し鶏を突付いていた。
挨拶もそこそこに箸を伸ばす。


蒸し鶏ここの蒸し鶏は初めてだが
こんなにうまいのなら
もっと早く食べればよかった。
鶏自体もうまいが、
クコの実などの中華系香草が効いた
ソースが紹興酒を誘う。


豚と河粉河粉はビーフンのお祖父さんの
細い褌のようなもの・・・
というか、キシメン状のビーフンだ。
たぶんどこかで食べているとは思うが、
「うにゃおうん」とお口が歓ぶ。

春雨のチュルチュルした食感にモチモチした歯応えを加えた感じ。
これだけでも楽しいが、薄甘くて香の良い胡麻だれに溶き辛子が入って、胡瓜に細切り豚の炒め物と和えてある。
繊細ではないが、素朴にうまいものがキッチリうまく皿に載っている。
思い出しただけで、新宿ライナーに飛び乗りたくなる旨さだ。
こういう注文は一人ではしないので、注文したワン大人をちょっと尊敬する。

このように、酔っ払いを一瞬なりとも正気にする一品なのだった。


羊串水餃子





おなじみの羊串。
ここの羊は上品で臭みがないのに、噛めば旨みがしっかり溢れる。
横浜『延明』のちょっとジャンクな羊串も大好きだが、またこれは別物で嬉しい。

この店にくれば食べずに帰れない水餃子も!
ムッチリしっかりした皮が、ブリブリの肉団子を包んだ異形の水餃子。
昔ここで食べたものは、覚えている限りまるで違う姿形のもので、最初に見たときはちょっと驚いたが、これはこれでクセになる。
昔の姿をちょっと懐かしむところはあるのだが、ああいうものは他所になくもない。
滅多にないから、ちょっと寂しい気もするけれど。
日によって多少当たり外れがあるらしいが、今日のは大当たり。
はふはふがふがふ喰らいつくのだった

ところで、この店は巷で聞くところによると「サービス悪い」のだそうだ。
この意見が不思議でたまらない。
面子を変え、特に特別顔を覚えられるほど通うわけでもなく、たまに行くだけだ。
何か気の効いたものを山ほど注文するわけでも大枚をはたくわけでもないのに、何か頼むとたいそう親切に対応してくれるのである。

この晩はオーナーの張さんが、テーブルまできてくれた。
この夜に限ったことではないが、この張さんは結構各テーブルによく顔を出してくれるのだ。
そこで頼んだ「田舎風の野菜スープ」は、なんとも素朴だが滋味深いいい味を出していた。
賄い風といえばそうなのだが、雑駁な感じがしない。
胃の腑にしみる。
一口目は物足りないようだが、ついオカワリしてしまう。
胃も心も温まって、嬉しかった。
うますぎて、写真なし・・・。


豚バラサンドもう一品、いぬわんクンオーダーの
豚バラサンド。
今まで何度も来ているのに
ナニを食っていたんだワタシ?!
中華パン(?)に挟んだ
豚バラが蕩ける。
高菜のショッパスッパさが、蕩ける「月旨」のいいアクセント。


次回は絶対に、ここ一点責めでまた来よう、と決意を新たにするのだった。

ところで、こういう♂2+♀2の会合を、世間では「合コン」と呼んだりするらしい。
それにしまいまで思いも及ばないから、ワタシの生活には艶がないんだね、とあとで思った。

合コン、というアト出しジャンケンはワン大人の発想だが。
こちら参照。スープの画像もあり。

スープといえば、やっぱりすっぽんスープは惜しかった。
次回にぜひとも!


ランキングバナー人気blogランキングへ
ここで終わらず、まだ続くのだ・・・。


アントニオ猪木 21世紀ヴァージョン 炎のファイター~INOKI BOM-BA-YE~

遠くイノイキボンバイエが聞こえる夜だった。

arima0831 at 00:35│Comments(12)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 中華料理 | 新宿

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 新宿、隋園別館がやっぱりウマい!  [ 犬悔い ]   November 07, 2007 01:43
スきやきに続くのは・・・ スい餃子! スい餃子、といえば隋園別館! まずは、鶏手羽のしょうゆ煮。 上に転がっているのはクコの実で、しょうゆ煮といいながら実に複雑な香辛料が香る鶏手羽のタレにバツグンのアクセン ??

この記事へのコメント

12. Posted by アリーマ   November 08, 2007 21:03
カトAさま

をを、さすがの学究的アプローチ(?)ですわ、カトAさま。
どうもその節は・・・若いころの話って、何の話でしたっけ?(酔っ払いは記憶をなくしていたようである)
さて、ウィキペディアですが・・・

>同世代の若者どうしで、カジュアルな雰囲気のなかに行われるのが一般的

厳密には「若者」なんですね。
同世代・・・いぬわん先生とアパ経は妖怪ですので、年齢不詳ですが。若者の集まりに・・・見えませんね、アレは・・・(悔)。

>主として男女の出会いを求めるために行われるコンパ

やっぱり喰いもんが先の場合、合コンにならないようです。
いや、まあ、そりゃあならないでしょうねえ・・・(諦)
また是非よろしくどうぞ。
11. Posted by カトA   November 08, 2007 14:48
その節わ!
アリーマ様のうら若き頃のお話が窺えて光栄でした。
ちなみに、Wikipediaによると「合コン」とは同世代の若者どうしで…とのことです。
同世代ではあったが・・・・。
10. Posted by アリーマ   November 08, 2007 05:21
ヒロヤンくん

本館情報、ありがとう。本館のほうは、別館ほどの活気ないまま、20年ばかり前に四谷三丁目と四谷の真ん中辺で営業していたのは覚えてる。別館と同じようなうまい餃子が食べられたけれど、値段がちょっと高めだったかな、という記憶がある。まだ営業していたんですね。びっくり。
ゴメンゴメン、で、その本館が元々西口にあったんですね。
失礼しました。
ひょっとしたらこの店で、懐かしい昔のスタイルの水餃子が食べられるかも・・・と思いついたので、そのうち行ってきます。あと、グルメサイトのいわゆる「クチコミ評価」というやつは、参考にはするけど信頼するものではないかなあ、と。書いてる人にもよるけれどね。
9. Posted by ヒロヤン   November 08, 2007 00:03
隋園「本館」に言及している人が、唯一いた↓
ここのコメント欄の"きなこ"氏。

http://mucun.mo-blog.jp/home/2005/05/050304__3328.html#comment-1263722

いわゆる"本館なき別館の謎"wをリサーチしたサイト↓
http://blog.livedoor.jp/taiji141/archives/2005-12.html

これによると本館と別館はイデオロギー闘争(単なる兄弟喧嘩)の末、本館は四谷3丁目に「隋園菜館」として、別館と同じメニューというか、当時(本館)のまま営業しているとのこと。

よって別館のオヤジは、本館の事を聞かれるのを嫌い、「北京にある」「画数が良いから(別館にした)」と答えるそうなw

ところで肝心の味の評価はマチマチ。「別館が先代が亡くなって味もがた落ちになった」「全般的に別館の方がおいしいが、水餃子だけは菜館の方がおいしい」↓
http://gourmet.yahoo.co.jp/restaurant/klist.html?ld=0000719420&gd=0002640474
8. Posted by アリーマ   November 07, 2007 18:02
ヒロヤンくん

補足です。
隋園別館が新宿西口に存在したことは、知る限り昔も今もない。
ソレは勘違いだよ。
昔の店は御苑と四谷三丁目の間くらいにあった、蹴ったら崩壊しそうなバラック一軒屋だ。
ビルじゃない。

一応訂正まで。
7. Posted by アリーマ   November 07, 2007 17:58
>アパ経さま
あ・・・悪魔の喉笛が口をあける?!
こわいよう。

せめてナイアガラくらいに・・・でないと誰も遊んでくれなくなるよう(泣)。

>いぬわんクン
悪魔の喉笛VS異形の胃袋。
いいカードだな。ワタシはレフェリーになって、適宜おいしくいただいていますんで・・・。
6. Posted by アリーマ   November 07, 2007 17:54
ヒロヤンくん

おお、お久しぶり。昔よく行ったねえ。場所、アレから移転したが。で、最近たまたま料理がアタリなのか、厨房のタイミングがアタリなのか、旨いことが多いよ。去年一度ランチの水餃子がダメだったことがあったけど。
合菜戴帽(http://www.zuienbekkan.co.jp/top.html)は昔からここの名物料理で何度も食べたけど、ワタシも特にものすごくうまいと思ったことはないなあ。最近はどうなんだろうね。
過去数回の印象では、厨房がミスったことはあるけれど「味が落ちた」とは思わない。むしろ逆。昔は「安くてまあまあ」だったが、今は「結構旨いものが普通の値段で食べられる」という印象。「世界遺産」が「昔うまかったが今は・・・」という意味なら、ワタシは素朴に「そうかなあ?」とオモイマス。最後、何時行ってなに食べたの?
5. Posted by いぬわん   November 07, 2007 13:26
アパ経どの、その節わ!
イグアス・・・
聞いただけでオソロシイ!
4. Posted by アパート経営者   November 07, 2007 13:21
次は秘技”イグアス”をご披露するざんすっ!
隋園別館一本勝負で。
3. Posted by ヒロヤン   November 07, 2007 10:54
髄園と言えば、新宿西口会館(今のパレット会館?)にあったころ、よく女の子を連れて行っていたなあ。

水餃子を啜りながら「今夜はキミの水餃子も啜りたい」なんてエロオヤジ(まだオヤジではなかったが)ぶりを発揮しながら。

今は亡きコウイチロウに連れられて、初めて別館に言ったとき、お勧めの"何とか合帽(もやしと卵等クレープ状包み)"を食べたが「なんだかな〜」という感想だった。それから宴会でも行ったが"今いち感"を拭い去れなかった。

要するにあまりに有名になると、味が落ちてくるのか、味対評判(期待)が厳しくなるのか、というよりも水餃子というものを食べたのがそこが初めてだったので、その感動が陳腐化したのか。
ともあれ、ワシにとっては"味の世界遺産な店"(一度は行くべし店)これでも褒めてるw
でもコストパフォーマンスはあいかわずいいらしい。
2. Posted by アリーマ   November 07, 2007 01:59
いぬ大人

アレ、煮てあったのか。
600円・・・あの量で600円・・・そりゃあ外せないわぁぁ!
一口食べて、酔いが一瞬醒めたもんねえ。
あそこはやっぱり、単独一店でガッツリいきたいなあ。
1. Posted by いぬ大人   November 07, 2007 01:42
ウマかったなー
ちなみに鶏は「蒸し」ではなく「煮」なんだ。たしかに蒸しっぽくあっさり上がってるがしょうゆとハッカクベースで、さらに妖しい香辛料たっぷりの煮汁で煮てあるみたい。コレは外せないよな。しかも600えん(´д`)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔