November 18, 2007

謎の『新旺飯荘』で二次会 〜坦々刀削麺がウマイ!〜

ひとりメシ嬢と二人、軽くタパスをいただいて、二軒目に・・・といいながら、結局相当量飲み喰いして『エル・ニョスキ』をあとにする。

実は、このお店のたこ焼きが食べたかったんである。
行きがけにワタシなど、場所まで確認してあった。
しかし、気分よく酔っ払った足取りで出かけたら、既に閉店・・・泪。

たこ焼きがダメならば・・・「刀でしょうか!」とひとりメシ嬢。
立ち直りが早い。
そうそう、そうだねえ、と一応は華隆餐館に向かったのだが・・・

新旺飯荘
最寄駅:黄金町 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋
料理:北京料理 / 中華料理一般 / 四川料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夜食


この店が目の前に現れた。
実は以前は『新旺刀削麺』という店名だったのだが、何故か看板の名前が変わっている。
敢えて変えねばならぬほどの違いなのか・・・?、と不思議に思いつつ店の前の立て看板を見れば『新旺刀削麺』と、旧来どおりの名前が・・・どうでもいいのかね。
まあいいや。
なんだか夏ごろはほとんど人がいなくて、どうも先行き危ぶまれるようなイメージだったので、とりあえず嬉しい。

中に入ると、厨房にいたオカアサンの代わりにヲジサンが一人。
どうも人が変わったみたいだ。


青梗菜炒め500円で青梗菜炒めがある。
青菜の炒め物は、脊髄反射注文的一品。
即オーダーしたらすぐ出て来た。
500円なら実に嬉しい。
このほか500円小皿がいろいろある。


水餃子水餃子も脊髄反射注文的一品。
前回は若干皮がしっかりしすぎて
餡も韮が勝った「家庭風」だったけれど
これはかなりマトモな水餃子。
噛めば肉汁溢れる。
これならば、たまに水餃子に飢えたら走ってくるかも・・・と思う。
前よりウマイ。


坦々刀削麺ここのスープはあっさり系。
華隆餐館のようにガツンとくる味ではないが
坦々の汁は胡麻が効いていて
これはこれで好きだ。
ほどほどに辛い。
ワタシは本来「激辛系」があまり得意ではないのでちょうどいい(本当だ)。
麺もモッチリしていて、スープによくからむ。
なにより「香菜くださいな♪」と頼んだら、ほいさ、と気前よくのっけてくれたのが大変嬉しい。

ひとりメシ嬢のほうも、併せてご参照あれ。

実はこの店、最近ランチも始めたらしい。
11:30から3時までで600円の定食あり。
実際に営業しているところを見たことがない、という意見もあるが、どなたちょっと行ってみて下さいな。

欲を言えば、もうちょっと我が家に近いともっと嬉しいのにな。
どうせなら日の出町の駅辺りにでも引っ越してこないかしらん。


ランキングバナー人気blogランキングへ
ひとりメシ嬢、ありがとう。楽しかったよん♪



中華包丁。これで斬りつけられたら結構怖いかも。出刃とどっちが・・・?


ウー・ウェンの北京小麦粉料理

自作派はこちらをどうぞ。

arima0831 at 08:08│Comments(12)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 中華料理 | 日ノ出町・伊勢佐木町

トラックバックURL

この記事へのコメント

12. Posted by アリーマ   January 24, 2008 01:22
乙さん

えええええ?!
そんなぁ〜(泪)
近所で美味しい水餃子の食べられる貴重スポットがぁぁぁ!

かなりショックかも・・・。
11. Posted by 乙さん   January 24, 2008 00:25
ここは残念ながら先月で終わってしまいましたなぁ。。。ちょうど閉店の前日にマスターとお話しましたら、東京に移るとのコト。。。明日(もう今日か)は都内で仕事なので早速行ってみようと思っておりまするが、ご一緒にいかがでするか?
10. Posted by アリーマ   November 21, 2007 18:40
フローレンス梅さま

自家製水餃子ですか。
家族家内工業の図、美しいですねー。
9. Posted by フローレンス梅   November 21, 2007 15:43
ひとりメシさまのところで青菜の炒め物を拝見し、
よだれたらしてました。

そろそろご挨拶に伺わなくては…と思うほど読み逃げしてしまってますので^^

水餃子、最近子供達がはまってって、また明日作る羽目になりそうです。
8. Posted by アリーマ   November 19, 2007 19:36
ひとりメシさま

そう、貴女にはついている。
そうだった。4次元ポケット胃袋。

ワタシはあの後、地面に沈みました・・・。
あれだけ喰って胃に優しいも優しくないもなかろー、と思う。
単なる自爆テロだす。
7. Posted by ひとりメシ   November 19, 2007 19:19
4次元ポケット胃袋ですぅ。>にっきさん

さすがに食べ過ぎました。
ここのお店は辛さ控えめなので、多少胃にもやさしいかと思ったのですが、やっぱり重くなりました。
おいしかったので自業自得ですが(笑)
6. Posted by アリーマ   November 19, 2007 13:21
玉泉寺さま

そうそう。
確かに日本語通じないですね。
「坦々麺に牛肉」は、かなり高度かも・・・。
「香菜ちょーだい」はなんとか通じました(笑)

華隆餐館はもちろん好きなのですが、こちらのほうが普通に食べやすいメニューがそろっているので、辛いものを食べられるタイミングが実は限られるワタシとしては、こちらのほうが使い勝手が良いかも、と思ったり・・・。
5. Posted by 玉泉寺   November 19, 2007 09:19
今朝、通勤途中に見ました、名前変わっていたのを。
先月くらいかな、ランチを食べに行きました。ランチといっても、刀削麺をいただいたのですが、美味しかったです。たしかに華隆餐館と比べるとパンチには欠けますが、イケルと思います。
ただ、華隆餐館以上に日本語が通じず、「坦々麺に牛肉入れて」と頼んだら坦々麺と牛肉刀削麺の両方出てきました。説明したら牛肉だけ乗せ変えてくれましたけど。
4. Posted by アリーマ   November 18, 2007 21:40
にっきさん

いや・・・この直後胃にずっしりきました。
やはり泣く子とトシには勝てません。

四次元ポケット・・・カロリー分も含めてどこかにおくれるそんなポケット、是非欲しいと思う・・・。
3. Posted by にっき   November 18, 2007 21:32
やはり・・・そうでしたか。
4次元ポケットが胃袋についているとしか思えん。

>刀削麺はちょっと残しました

って、どんだけ残したのか怪しいなぁ・・・。
2. Posted by アリーマ   November 18, 2007 21:00
にっきさん

・・・だから、二次会ですってば・・・。
あと、辛さと量に強いのは、ひとりメシ嬢のほうです。ワタシじゃないです。

あ、一応捕捉しますが、刀削麺はちょっと残しました。食べきれなくってぇ・・・。
1. Posted by にっき   November 18, 2007 15:35
ごめんなさい、確認です。
これはまた別の日の話ですよねぇ?
そうですよね?

まさかスペイン料理食べたあとに
ここで又食べたわけではないんですよね?

アリーマさんだけならともかくひとりメシさんまでもがそんなこと・・・ないですよね?信じられん。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔