November 23, 2007

中華街『福満園』で福建風五目きしめん 〜心惹かれる福建風牡蠣のお好み焼き〜

福満園
最寄駅:石川町 / 日本大通り
料理:四川料理 / 上海料理 / 中華料理一般
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食


最近にわかに中華街出現率が上がっている。
実は鍼の先生を見つけたのだ。

子供の頃から注射が怖くて、死んでも鍼治療など受けることはないっ!と信じていたのだけれど、頚肩のあまりの不調に音を上げた次第。
帰りに中華街をふらふらできるのも嬉しい。ふふ。

行きがけに『福満園本店』の前を通った。
辛いものを食べ過ぎないように、と言われているし、この薄ら寒い時期に四川料理にはそう食指が動かないが、入り口でメニューをひっくり返していたらなんだか福建の麺類がうまそうだ・・・

福満園 五目きしめんで、なんとなく頼んだ「福建風五目きしめん」
海老にホタテにイカに各種野菜いろいろ
具はいっぱい入ってるが
海鮮のプリプリ感はなし。
でも、スープはうまいのだ。

きしめんアップきしめんは確かに米粉でできた幅広の麺だが
ぶちぶちボロボロと小刻みに切れており
まさに原語で言う「面」になっておった。
こうなると全面的にダメそうだが
・・・許せるくらいスープが好みのタイプ♪

中華街辺りのちゃんとした中華の店でも、麺類の汁はやけに塩辛いことがよくある。
麺類だけのお客に合わせているんだろうか?
元々ナメクジ体質なので、これは結構悲しいものがある。
でも、ここのスープは薄味で、すっきりサッパリして海鮮に合う。
このスープだったら、他の汁物を食べてみたい気になるなあ。

小龍包スペアリブ豆鼓蒸し





麺だけじゃ、ちょっと寂しい・・・と注文した二品。

まず小龍包・・・なぜここで小龍包?!
ええと、好きだからなんとなく。

皮が緩くて気前よく(?)破れまくってくれたが、中のスープと餡が旨い。
スープが旨いだけに皮が破れたのが悔しいが、ここは下に白菜を敷いているので、白菜ごと食べた。
だからよいことにする。
よいのか、それで?

まあ、500円だしなあ。
ダメとわかっていて頼んだのだしなあ。
小龍包だと思わなければ、汁と餡が旨いから許せます。
皮が破れなくても、中身が不味かったら許せないが。

もう一品はスペアリブ豆鼓蒸し。
これがいつまでたっても来なくて、てっきり忘れてるんだろうなあ、と思って帰る体制になっていたら現れた。
「もういらない」と言いそうになったが、日本語おぼつかない女性が「オモチカエリデキマス・・・?」と必死の面持ちで言う。
まあいいや、ビールもちょっと残っているし・・・と二切ればかり食べたが、えらく辛くて脂がきつい。
飲茶系だが味付けは四川風なのだ。
そうなのか?!

こういう店で飲茶系のものを、つい衝動に負けて頼んだのがイケナイ。
だって、なんとなく食べたかったんだもんね。

素直にお持ち帰りにしてもらった。
500円だし。
中華街の路面売りでオカズを買っても500円はする。
800円なら怒ったかも入れないが、そもそもそれなら単品注文しない。
我ながらこの辺のみみっちさが泣ける。
やれやれ。

メニューには「牡蠣のお好み焼き」などという強烈にソソルものもあったけれど、一人で注文できるものでもない。
諦めるのにエネルギーを要したので、あとはあんまり深く考えないで注文してしまったが、実は福建料理に絞り込んで頼んだら結構いけるかも、という期待感がのこった。

だから、また行こうと思っているのだ。

尚、持ち帰ったスペアリブは、酒ドボドボと黒酢少々に八角を追加して、大根の薄切りをドドドと放り込んで煮なおしたら旨かった。
旨かったのでちょっとだけ食べてみて、あとは翌日まで置いて味がなじむのを楽しみにしていたのだが・・・翌日、すべてが姿を消していたのだった・・・嗚呼!

犯人は、ワタシより遅く帰宅し、ワタシより早く起きて出かけた人物である。
人物と言うからには人類だ。

犯人はあくまでも無意味にしらばっくれていたが。
猫のせいにしていたが。
いくらなんでも、猫はこういう辛いものは喰えなかろう。
ましてや、証拠隠滅を狙って鍋を洗うようなことは不可能であろう。
開けた戸も閉めない連中なのだ。

頼むオットよ、いつもいつも言っているが、ちょっとくらいワタシの分も残しておいてオクレ・・・(泣)

罰として、福建風牡蠣のお好み焼きを食べに行く予定なのだよ。
ふん。


ランキングバナー人気blogランキングへ
敵は家中にあり。油断も隙もありゃあしないぞ!



太平燕・・・元は福建料理だったのか、知らなかったぞ。福満園にもある。


客家円楼 (旅行人ウルトラガイド)

こういう本にも需要があるんですねえ。おもしろそうだが。

arima0831 at 22:37│Comments(16)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 中華料理 | 横浜中華街

トラックバックURL

この記事へのコメント

16. Posted by アリーマ   November 26, 2007 13:10
>にっきさん
よかった、スイーツのトッピングにされるのか心配でした。

>ヌシさん
そこ、なぜ笑うっ?!
15. Posted by 小径のヌシ(^−^)   November 26, 2007 08:07
… 生け捕り (* ̄m ̄)プッ 
14. Posted by にっき   November 26, 2007 07:04
>そもそもなんのために生け捕りに・・・?

う〜ん。キャッチ・アンド・リリース?
13. Posted by アリーマ   November 26, 2007 01:17
>にっきさん
ううむ。確かに引っかかるかも。
でも、そもそもなんのために生け捕りに・・・?

>いぬわんクン
なぜか冬に起きる現象なのよ。
でも、そういえば最近メニューでよく目が行くなあ・・・。
12. Posted by いぬわん   November 25, 2007 23:49
しかし、なにか、最近、以前にも増して、トリツカレタように喰ってるな・・・・
11. Posted by にっき   November 25, 2007 20:33
アリーマさんを生け捕りにするのはけっこう簡単そうですね。
道に点々と、小龍包を仕掛けておけば「これは皮がいまひとつ!」「こっちはスープのみ合格!」「で、これはどうかな?」とやっているうちにワナにかかりそうです。
 でも生け捕りにしたあとどうするか・・・そこがものすごーく問題ですね。
10. Posted by アリーマ   November 25, 2007 15:19
トリノさん

実は福建メインの四川看板の店で、飲茶系がうまいはずないのに、わかっているのに・・・衝動って、こわいですう。
ちなみにモミジ蒸しは、この店の数軒先の怪しいビルで300円です。

ちなみに菜はなくなっちゃいましたねえ・・・(嘆)

容疑者はもちろん同行します。
罰として、山ほどいろんなものを食べまくって勘定を払わせるのです。
実はもう行ってきました。
別の店ですが、大変美味しかったです♪
9. Posted by トリノ   November 25, 2007 15:11
って本店て、加賀町署の前のほうですよね?
このお店で飲茶系はちょっと。。。
特に鶏足は。。。
ってのは私も一緒。
菜の鶏足がCP最高だったんですが。。。

でも牡蠣オコは絶品でした♪
超マイウー。
牡蠣オコは福建の他、岡山でも食ってたハズです。
今年は自宅で自作してみましたが、自作でもナカナカいけました。
福満さんは、貝類のスープとか(マテ貝だっけ?)も美味しかった記憶。

でも容疑者様、可哀想ですから牡蠣オコ、一緒に連れてってあげてくださいまし。
他人事とは思えなくて。。。
8. Posted by アリーマ   November 24, 2007 23:55
>玉泉寺さま
イエ、三人兄弟の末っ子です。どうも「あるものはあるときにあるだけ喰う」という刷り込みが幼児期に為されたようです。とほほ。

>フローレンス梅さま
ウチはお弁当など作りませんが、あると思っていたものが忽然と消えるのは結構ショックです。

>ひとりメシさま
ウチも結局「喰われたくないものは隠しておけ」と、結局開き直ってました・・・嗚呼、スペアリブ。
大根、美味しそうな飴色だったのに(泣)
7. Posted by ひとりメシ   November 24, 2007 20:41
それにしてもスペアリブ(笑)
うちには猫がいないので、開き直るしかないようです(苦笑)
6. Posted by フローレンス梅   November 24, 2007 19:51
うちも、鍋に料理をしておくとドブねずみが入るんですよ〜。
昭和35年生れのの自称ハムスターなんですけど、私に言わせりゃドブねずみ。

美味しいものの嗅覚にはとっても敏感〜!
朝起きたら…なんてしょっちゅうです。

お弁当のおかずが〜〜!!
5. Posted by 玉泉寺   November 24, 2007 17:22
もしかして犯人様は一人っ子でいらっしゃるのでしょうか?かくいう私も一人っ子でして、食べ物を誰かのために残しておくという機能がDNAに組み込まれて無いものでもしかしてと思いまして。
4. Posted by アリーマ   November 24, 2007 11:35
>Yendouさま
・・・そうなんですか・・・?
ワタシだったら、鍋は洗わないで堂々と開き直ると思う!

>シュール・リーさま
まあ、他のものも食べますから。
別の店に行く予定ですし。
ご親切にわざわざどうも。

>ヌシさん
お茶目と笑えんのは、喰いたかったものを喰われてない場合に限ると思う!
どーしましょうねー。
どうします?
3. Posted by 小径のヌシ(^−^)   November 24, 2007 08:13
あはは。。。 (≧∇≦)ノ彡
相変わらずお茶目な犯人さまですね〜♪
ところで“例のモノ”どーいたしませう?
2. Posted by シュール・リー   November 24, 2007 07:52
奥様、牡蠣のお好み焼きについて
ご注進申し上げます。
私がそれを食らったのは、
新館…でしたっけ?開港道のお店ですが
別なモン頼んだほうが良かったなー 
というのが正直な感想です。
私はアツアツのものが好きなのですが、
薄くてすぐさめちゃいますしね、
ちょっと苦しいかなあ、アレ。

まあ、あまり期待しないで赴かれるのが
よろしいかと。
とかって、先に夢を壊すようなことを
言っちゃいけなかったらゴメンナサイ。
ホント、ごめんなさい。
1. Posted by Yendou   November 24, 2007 01:29
多分、僕も鍋は洗うと思います(笑)

そして僕も我が家の二匹の猫のせいにすると思います(苦笑)

男ってそんなもんっす(爆)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔