December 06, 2007

中華街『海員閣』で牛バラ麺&シュウマイ 

海員閣
最寄駅:石川町 / 日本大通り / 元町・中華街
料理:広東料理 / 上海料理 / 中華料理一般
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食


この店、何しろいつ横を通っても行列ゾロゾロなのだ。
接客に微妙な悪評もよく聞く。
どっちにしろ並ぶのがイヤだからまるで寄り付かなかった。
でも、南区の某氏の絶賛コメントを読むと、あっという間に味覚はソッチのほうに向かっていくのだった。

ある薄ら寒い小雨混じりの日、中華街にいた。
週日の夜で、人出は少ない。
ひょっとすると・・・と足を向けたら、案の定空席ありだった。
中華街の混雑店も、タイミング次第で案外スルリと入れることがあるもんだ。

牛バラ麺牛か豚かしばし悩んで牛にした。
八角の効いた餡がとろんとして
ホックリ煮込まれた牛バラもうまい。
麺がこの日はちょっとブヨンとしていて
汁ももうちょっと薄味なほうが好みだが、
でも確かに美味しい。
牛の場合ちょっと繊維が残るかんじがするから、次は豚を食べてみよう。
庶民的な味わい、というんだろうか。
コレは確かにたまに食べたくなるかもしれない。

シューマイついでにシューマイも。
そう、コレはシューマイです。
皮が何のためにあるのか、とか
形が・・・などと考えてはいけない。
まあこのルックスにはちょっと驚いた・・・

が、味はいいんだよ〜。
美味しい。ほんとに。
この日はビールが飲めなくて、とても恨めしい気分になったくらい。
肉ニクした味と食感が老舗の味だなあ。

神経質な店なら「お客に出せない失敗作」と賄い用にでもなるんだろうが。
良くも悪しくもそういう店なのだろう。

他で注文の出たビールを嫉ましさもあらわに見ていたら、スーパードライでないほうのアサヒ大瓶だった。
「ビール大瓶の店はいいお店」と、心の中で呟いてみた。

接客は、特に温かいホスピタリティーを感じるようなことこそなかったけれど、特に腹が立つようなこともない。

ただ、落ち着いて食事をしたいのならば他所に行ったほうがよさそうだ。
相席は当然なのはまだ仕方ないとしても、テーブルが狭いので麺を啜りに頭を前に出すタイミングが相席相手と同時だったりすると、なんとなく顔を寄せ合うような感じになってしまう。
もう少し、スペースが欲しい。

もう一つ不運なことに、赤ん坊連れの若い夫婦と同席になっちまったのである。
ワタシは本来子連れが苦手なのだが、この夫婦ときたら赤ん坊の食いかじったものを置いた皿はアタリマエのようにこっち側に押し出してくるわ、赤ん坊のネッチャネッチャ食いを拭ったタオルはワタシの真横の椅子に放り出すわ、もう「子連れは何でもやり放題主義」を堂々と狭い相席テーブルでやってのけてくれて、ワタシの食欲は相当に萎えた。

「子連れは外食に来るな」とは言わない。
しかし、こういう子連れ特有の傍若無人はホントに勘弁して欲しいと思う。
子供なんだからしょうがないだの、赤ん坊は手がかかるんですだのという正論らしきものがまかり通るこの世の中に、いつもむっときているワタシのような人間もいるのを忘れないで欲しいぞ。

ところで、あれこれと客の振る舞いにはウルサイと評判のこの店のオバサマ方はどうしていたかというと・・・なんと、赤ちゃんの姿に相好を崩して温かくすべてを受け容れていたんである。
子供には優しい店らしい。
ううむ。不思議なものだな。

ここの場合、1〜2名で麺飯をサササとかっ込む食堂と思えば、値段もそう高くないしよろしいんじゃないですか、と思ったのだった。
並んでいなければ。

またきます。
今度は豚バラ麺ね。

中国超級市場冷凍水餃子





帰り道この店で、冷凍水餃子を買った。
この韮餃子、昔は「業務用」と大書してものすごい大袋だったのだが、最近ご家庭用を意識したのか小ぶりになって使いやすい。
夜食に一人分だけゆでて食べられるのも嬉しい。
下手な中華料理屋の「自称手作り」よりかなりウマイ、と思う。

なんだかんだと中華街通いはまだ当分続く。
まずは鍼灸で背中を剣山にされるのだけど、さあこのあとでナニ食べて帰ろうかなあ・・・と、ひたすらひたすら考えていれば、何とか凌げるものだ。

治療院、中華街にあってよかったと思う。


ランキングバナー人気blogランキングへ
中華街にあるからそこに通っているんだろうって・・・いや、ははは。





年末どうしようか考え中。

横浜中華街スーパーカタログ 2008―横浜観光プロモーションフォーラム設定ガイド (ぴあMOOK) (ぴあMOOK)

一冊あれば便利。

arima0831 at 21:55│Comments(13)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 中華料理 | 横浜中華街

トラックバックURL

この記事へのコメント

13. Posted by アリーマ   December 10, 2007 13:20
フロ梅さま

まあ、子連れは家にいろ!とまで酷な言い方をするつもりはないのですよ。
ただ、腹が立つのは「子連れなんだからしょうがないでしょっ!多少の迷惑は我慢しなさいよっ!!」という開き直った態度です。
ふざけんな、とオモイマスです。
ワタシが子供の頃は、どこかで食事をしてちょっとでも騒ぐと、どんなにおいしいものを食べていても即時お食事中止、外で父の鉄拳炸裂・・・だったので、よけいそう思うかものしれません。あのやり方が100%正しいかどうかはわかりませんが、親の気持ちや態度次第で子供の振る舞いはまったく違うものだと思うので、ちょっと考えてくれろ、と思うのであります。
12. Posted by フロ梅   December 09, 2007 23:15
ここ数年子供が大きくなって外食に戻れた我が家。
小さいお子ちゃ魔連れ…ホント魔だと思います。

今日も回転寿司。
咳しまくりのお子ちゃまだらけ。
ウェイティングスペースにはバギーだらけ。

インフルが流行っているというのに人混みにお子ちゃまいっぱい。
ありえねぇ〜!

アリーマさんのお気持ちわかります。
11. Posted by アリーマ   December 08, 2007 19:59
momoさん

はじめまして。
ホントにねえ・・・店の入り口に「子供入るべからず」と大書して欲しい。
確かに温泉なんかも休み時期に荒れる場所ですねえ。
10. Posted by momo   December 08, 2007 18:08
hi!arima,i agree 100% your opinion about the stupid parents!!! すんませんmomoって言います。初めまして。共感したよ。傍若無人な勘違い親共は痛いよね。レストランだけじゃなくspa等の施設でちょくちょくお目にかかる不快な場面。カーーー、ペッッ、とガンシャ浴びせたくなります
9. Posted by アリーマ   December 07, 2007 22:48
ひとりメシさま

そうそう。
雨の日寒い日風吹く日は中華街の行列店へ行ってみよー!

ところで、何故かみんな「開店前に並ぶ」けど、どうも思うに「閉店間際に飛び込む」ほうが、すっきり座れる率が高そうな気がします。
次善の策を考えながら、一応前を通ってみる・・・というパターンだろうか?
8. Posted by アリーマ   December 07, 2007 22:42
酔華さん

二度目の接客は「まったく普通」でした(豚を食べました。牛より好みでした)。なんだか言葉のキツイおばさんが一人いるみたいですね。
しかし、一階を見る限りでは結局は「食堂」ですね。
単なる麺飯屋扱いされたくない、という気持ちもあるのでしょうが、それならばオシボリとまでは言わずともせめて紙ナプキンくらいはテーブルに置いて欲しいし、小さな6人卓に2人連れを三組押し込むような乱暴な配席も、いくら「お相席でよろしいですか」の(たぶん以前はなかったであろう)丁重な一言があったにしても・・・と、色々突っ込みどころはあり。中華街バブル時代の名残なのでしょうかねえ。
なかなか味のあるお店なので、ちょっと残念な感じです。あれじゃあ観光客が並ぶばっかりで、心ある地元のお客さんは古くからの常連さん以外は離れてしまいそうです。
7. Posted by アリーマ   December 07, 2007 22:18
ほんまサン

ううむ。それなりにおいしいとは思うんだけど、ちょっとワタシのストライクゾーンからは外れている、というところかなあ。豚のほうが好きだったけど(喰った)、ワタシにはちょっと味が濃いかも。
シュウマイはね、おいしいんですよ。食べてみて。庶民派にチョイ味が濃い目だけど、ものがシュウマイなので、これはビールの肴的にアリかと。値段も480円で安いしね。
でも、ほんまサン情報がなかったら入らなかったと思うし、それなりの味のあるお店だからありがたかったです。ホント。
6. Posted by アリーマ   December 07, 2007 22:10
>いぬわんクン
豚バラも喰いました。
案外平日の夜7時半(閉店前)くらいは空いてるみたい。まったくなー。ガキはともかく、親が許せねー。今後は勇気を持って、ガキ連れ近辺に座らされそうになったら店を出ようと思う。
イヤなものはイヤなんだもんね。

>しろくまこさま
コメントありがとうございます。確かに家庭的な味わいのお店ですね。ただ、麺飯以外は案外いい値段かも。あのシュウマイを「崩れとる」と思うか、「形はともかくおいしい」と思うか、「アート♪」と思うか・・・というところで、お店の評価は分かれそうですが、愛される理由はよくわかりますよ。
ちなみに子連れは、明らかにガイドブック見てきた観光客でした。中華街が観光地である以上、しょうがないんでしょうね、こういうバカップルは。
5. Posted by ひとりメシ   December 07, 2007 20:47
豚バラ、いいですね。
雨の日は中華街ですね(笑)
4. Posted by 中華街ランチ探偵団「酔華」   December 07, 2007 20:38
ここの接客態度は、ずいぶん変わったと思います。以前だったら、「もう2度と来るかっ!!」って言って席をけってくる人多かったと思います。それが、今じゃあ結構いい感じになっています。

かつての「徳記」も同じく、客を客とも思わないところがありました。
「今日、食べるものを最初に、全部言いなさい」なんて言われてました。途中で追加注文しようものなら怒られたものです。最近はどうなったでしょうかねぇ。たぶん変わったんでしょうね。

それはそうと、私は牛バラより豚バラの方が好きです。次回はぜひ豚を!
3. Posted by ほんま   December 07, 2007 19:24
え〜、いまいち評価かぁ〜
下品好きか上品好きかの差なのかな??
しかし、シュウマイはヤバ過ぎるルックス。
皮の意味は全く無いってのも頷けます。
2. Posted by しろくまこ   December 07, 2007 12:05
はじめまして。コメントも残さずに度々お邪魔しておりました。
海員閣行かれたんですね。私は小さな頃から中華街といえば、ここというくらい通ってます。
確かに、ここの1階は相席あたりまえで、ゆっくり食事
というイメージではないですよね。そんなところに赤ん坊連れてくるなんて、非常識な話です。
どうしてもここで食べたいなら、予約して2階で食べればいいのに!って思っちゃうんですよね。
接客も古いおばちゃんが辞めてから、だいぶ変わったと
思います。

あのニクニクシイシュウマイ、よその店だったら考えられない形ですが、あれがあの店のスタイルなんですよね。たまに無性に食べたくなります。
良かったら、今度他のお料理にもチャレンジしてくださいませ。エビの殻煮、うずらのたたきなんかも美味しいですよ。ふかひれのスープも優しい味で、洗練されたどこのスープよりもここが一番!って思ってます。


1. Posted by いぬわん   December 07, 2007 10:33
さっそくカー嗚呼〜
ええなあ〜〜
牛バラ、豚バラ、ガキバラ・・・・
嗚呼!
喰ってもアレだけはマズいだろうな!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔