December 03, 2007

福建牡蠣三昧@石川町『味香園』 〜そして不思議な筍絲=スェンスウの香り〜

味香園
最寄駅:関内 / 石川町
料理:四川料理
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):3,000円〜5,000円
用途:昼食


『福満園』で心ときめいた『福建風牡蠣のお好み焼き』。
「お好み焼き」という和訳は、ちょっと罪作りかもしれない。
どちらかといえば韓国の「チヂミ」に近い。
それはさておき調べるほどに、この季節の福建牡蠣はなんとも旨そうだ。

と、こうしているうちに、中華街の反対側にあるこの店の存在を知った。
福満園の姉妹店らしい。
ちょうど週末で混みあう中華街に出かけるよりは、落ち着いて安上がりに食事ができそうな気がする。

オットにはすでに、現役時代の野村監督よろしく「牡蠣のお好み焼き」「カキオコ」「福建の牡蠣」「牡蠣かきカキ」「牡蠣料理」と、囁き戦術できれいに洗脳してある。

店の構えは、ちょっと間口広めの街中華だ。
中華街の賑わいはどこへやら、こちら側は人影もまばら。

漬物まずは漬物。ビールのアテだ。
結構いい盛り具合で300円。
メニューを見ると
「ランチセット650円」とある。
しかも5種類ばかりある。

この日のセットには「蒸し鶏の胡麻和え」なんていうものもあった。
もっと近ければランチ利用したいところだ。

牡蠣の香味揚げ牡蠣の香味揚げ。
てんぷらもあったがこっちにしてみる。
小ぶりの牡蠣がスナック風に
からっと揚げてある。
ちょっと塩が強めだがビールに合う。


空芯菜炒め焼き小龍包





どかんと一山、空芯菜炒め!
「鉄分が強いから、置いとくと黒っぽくなります」とお姐さんが一言。
この店、福満園と違って日本語が通じてきちんと接客してもらえるのだ。
よく知らない料理を食べに行っているので、こういう人がいてくれると食事が楽しくなるね、とオットと二人ニコニコする。
この空芯菜は、炒め加減も味付けもぴったりいい感じ。
後に向けて期待が膨らむ。

ええと、左にあるのは・・・焼き小龍包。
いや、まあ、焼いてありますんで。
これってどこで食べても「ミニ肉まん」ですね。
そう思えばよろしい。
普通の小龍包を頼まなかっただけ、学習能力に向上が見られる
・・・と思いたい。

牡蠣お好み焼き問題の(?)カキオコ。
先に書いたとおり「お好み焼き」という
日本語ネーミングには問題があると思う。
原語で「海蠣煎餅」といわれれば
はあ、なるほどと正しいイメージになる。

写真の通り、いわゆる中華の煎餅(ここのは玉子が主体)に牡蠣を潰してペースト状にしたものをたっぷり乗せて焼く。
潰してしまうので牡蠣の食感はないが、そのぶん旨みがたっぷり。
焼き小龍包用にもらった黒酢をつけて食べたら、また別の旨さが広がる。
邪道だろうが構うものか。

福建風焼きそばお姐さんオススメの福建風煮込み焼きそば。
ちょっとクリーム風のソースが入っている。
このうっすらクリーム系が
牡蠣やら貝やら海老やら魚やらに
しっかり入り込んで麺に絡む。

いわゆる中華の焼きそばと違うけれど、病み付きになりそうな味だ。
オットも「これ、ウマイよ、ウマイ!」とわふわふ喰っている。
この人がこうなるのは、余程気に入ったときだけなのだ。
どうもツボに入ったらしい。
ウマイのも確かだが、こういう「魚介味濃厚の乳脂系だが味わい軽め」という組み合わせは、我が家の味的にストライク、なんだろうか。
指先くらいのちっちゃい牡蠣が山ほど入っている。
こうしてみると福建牡蠣って本当に小さい。

白身魚と高菜のスープ白身魚と高菜のスープ。
この店のスープ系がウマイのはよくわかったが
上品な白身魚の出汁が出た上に
中国高菜のスッパショッパさが旨みをます。
ステキだあ。


「うま〜♪」と喜びにアドレナリン全開の男女が熱く視線を絡ませる。
ここで出る言葉は一つだ「まだ、喰える!」

さつまいも団子またスープかい?!という気もするが
団子が面白そうだから頼んでしまった。
「蒸地瓜丸」というさつまいもの団子のスープ。
運ばれてくると、なんだか不思議な匂いが漂う。
「この匂いナニ?」と夫がクンクンする。

一瞬何か腐ったもののような匂いにも感じるが、これが明らかにスープから漂い出ているのである。

構わずスープをすすると、先のスープとはまたまるで違う味わいが広がっていた。
あの上品な淡白さもよかったが、この複雑で不思議な旨みは一体なんだろう?

お姐さんがふとやってきて「大丈夫ですか?」と聞いた。
この匂い、どうにもダメな人がいるから、ちょっと心配だったそうな。
この独特の発酵臭の正体は笋糸(又は筍絲=スェンスウ)という調味料。
タケノコを発酵させたものだそうだ。
タケノコをどうすればこうなるのか、謎は果てしないけれどもとりあえず食べるほうに専念することにした。

団子にはサツマイモの甘味はなくて、モッチリした歯応えだけが残る。
子供の握りこぶしくらいの大きな団子がゴロゴロと5つ。

団子の中身団子を開くとこれまた楽しい。
モッチリした団子の中には
福建牡蠣やら福建海苔やら
海の幸の香り一杯なのだ。
これはクセになりそうだなあ。

福建海苔は「髮菜」という藻のような海草で、これも独特の香りと食感だ。

ここまでは「福建料理って美味しいけれど淡白な中華ね」と思っていたが、この一品でイメージが一気に変わった。
この日一番は最後のこの一品。
ぱちぱちぱち、と無意味に拍手してみる。

しかし・・・この団子はけっこうしっかりお腹にたまる感じ。
皮がムッチリみっちりと密なのだ。
「チャーハン・・・?」などというツブヤキは、あっさりと宙に消えた。
うう、オナカイッパイじゃあ。

仙草ゼリーお姐さんがニコヤカに
「サービスです」と出してくれた仙草のゼリー。
こういうデザートは本当に嬉しい。
おかげさまで胃が少し軽くなった。
ふう。漢方の不思議。


二人で紹興酒も一本飲んで、幸せ気分で帰宅→爆睡の午後だった。
この店、構えは普通の街中華だから、単に安い定食や麺飯ものだけ、なんていう普段使いも気楽にできそうでいい感じ。
午後通し営業なので使いやすいのもいいところ。

もうちょっと我が家に近いと言うことないのになあ・・・。


ランキングバナー人気blogランキングへ
あ〜、喰った喰った♪



仙草蜜。台湾の缶ジュースです。なんかおいしそうだな・・・。


オイスターブック (平凡社ライブラリー (227))

読めば必ず牡蠣が食べたくなる一冊。
静かな冬の夜に読みたい牡蠣にまつわるエッセイ集です。

arima0831 at 14:12│Comments(39)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 中華料理 | その他横浜

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 石川町の「味香園」で福建焼きビーフン  [ 中華街ランチ探偵団「酔華」 ]   December 04, 2007 07:33
今日は夕食も食べずに10時まで仕事でした。うちに帰ってから夜食でも作るか、なんて考えていたのですが

この記事へのコメント

39. Posted by アリーマ   September 12, 2008 10:16
追記:
結局相性の問題だったのだと思います?
ご紹介いただいたのに、申し訳ありませんでした。

で、このオハナシはちょっと長く引っ張りすぎちゃった感アリなので、この場ではクローズにします。
もし更なるコメントがあれば、個々にご連絡下さい。
38. Posted by アリーマ   September 12, 2008 10:11
トリノさん

確かに地図を見たら、うちの夫婦にはかなり無理なポイントが出ておりました。

スバラシイ値段のスバラシイお酒・・・一見のよくわかってない酔っ払いに気前よく(?)飲ませちゃうのは、ちょっとヤボかなあ・・・と正直思います。
寿司屋に出かけてネタや料理でローゼキしたならあきらめもつくんですが。

いいお酒が置いてあるのは、それはそれで素晴らしいことなんだけれど、オマカセするとそういうのが出てしまう店って、その場はお客が喜んで帰ったとしても、結局被害妄想的ではあるけど「ぼられてる」感が出てしまうんですよね。

実は同じような経験をしたことがありまして、いい店なのに行かなくなっちゃったことがあります。
37. Posted by トリノ   September 11, 2008 23:50
nana_seaさん
貴方は私ですか(笑)?

上大岡の『鮨道楽』は私も好きです。
生意気を言うと。
ネタとコスパは二重丸、握りはフツーなお店かと。
土日は、午後休みなしで営業していたハズなんで、そゆ時にチラシ寿司とかいただくと幸せになれるかと。
ちなみに、私が今まで『鮨道楽』を書かなかったのは、駅から、かなり距離があるんですよ。
バスなら、鎌倉街道使って楽に行けるかもしれませんが。

一扇は素晴らしいお酒が、素晴らしい値段で地雷のように多々ありますから。。。
私も先だって、一杯で二千円な『外ヶ濱』に突撃してしまいました(一杯だけ)。
36. Posted by アリーマ   September 11, 2008 20:56
nana_seaさん

かなりいいお酒がいいお値段でありそうですよね。
たぶんアレは酒かなあ、とは思ってますが。
最初は値段の出てるのしか頼んでなかったんですけど、つい・・・。

上大岡かあ。
もし行く機会あれば探してみます。
35. Posted by nana_sea   September 11, 2008 16:38
アリーマ様

さては一杯○千円の『仁○エ門』とか
グイグイ逝かれたのでわ〜(爆)
(よく考えたら私が行ったときは『オゴラレ』で、
しかも後半の記憶があやふやだったりして;)

脱線ついでにもひとつ、こちらはいかがでしょう?

http://r.tabelog.com/kanagawa/rstdtl/14001698/

ほとんど出前でいただくため酒代はわかりませんが、
お寿司自体は相当安ウマだと思いますよ♪
34. Posted by アリーマ   September 11, 2008 08:50
トリノさん

ううむ。
本当はちゃんとご説明するべきでしたね。

美味しいは美味しいんですよ。
料理も街のお寿司屋さんとしては出色の出来。
ただ、相当いい値段の日本酒を結構置いていて、そこのへんにうっかり手を出してしまい・・・かなりローゼキしちゃった感もあるし、初めての店でついついリラックスして長居して量も食べたので、ある程度仕方がないんですが。
だから、お店の問題ではなくて我らの使い方に問題があったのだと思います。
でもご紹介ありがとうございました。

ところで、ホルモン求めてお引越しですかあ・・・いいなー。
33. Posted by トリノ   September 11, 2008 03:32
みぃたぁぞぉ〜。

いやいや。
横レス失礼します。
最近、話題に良くあがる「愛がなくとも〜」にも書いてありましたが。
「自分が美味しいと思ってるものを他人も美味しいと言ってくれると嬉しい」
逆に。
美味しいと思ってもらえないと悲しい。
泣けます。

いやいや。
私の場合、一扇は、思い入れがあるんで。
俯瞰した見方は出来てないかもしれません。

でも、確かに、2〜3年前に比べると、2割位、値上がった感はあります。


他のお寿司屋さんは知らないのですが。
私の宿題テキストの中に、
「かわしま寿司」西区浅間台77 045-314-2835
ってのが書いてありましたが。。。
行ったことありません。。。
お役にたてず、申し訳ございません。

あぁ、そうだ。
私も引越します。
ホルモンが美味そうな県央へ。
32. Posted by アリーマ   September 10, 2008 20:34
nana_seaさん

ギリギリセーフですか。
それはよかった。

『一扇』はあちこちでお勧めいただいて、実は一度行っていたり・・・本当のところを告白すると、どうも場所柄にしてはコスパが今ひとつな印象で・・・。
注文の仕方が悪かったのかしらん?
寿司屋は難しいです。
31. Posted by nana_sea   September 10, 2008 19:54
>え、あの辺りって・・・と思うのは単なる偏見?

そう思われるのは当然ですね〜
近所とはいっても住まいは新横通り沿いで、不動産屋さん曰く『ギリギリセーフゾーン』らしいです(苦笑)
そんな土地柄ゆえの家賃のオトク感と、中華街or関内・石川町の盛り場いずれも徒歩圏という魅力に惹かれまして・・・
どうでもよい話を長々失礼いたしました(-人-;)


どうでもよいついで?に、別の方が某所でお勧めされていた阪東橋のお寿司屋さん『一扇』
私もアリーマ様ならきっと気に入られると思います〜
味・コスパ・雰囲気いずれもステキかと。
親方のキャラもなかなか笑えるし・・・(  ̄ー ̄)
30. Posted by アリーマ   September 10, 2008 13:57
nana_seaさん

え、あの辺りって・・・と思うのは単なる偏見?
カキオコかあ。
そろそろそんな季節ですねー。
心の師って・・・そんなヨーダかなんかみたいに・・・。

尻尾の生えたニンゲンモドキが鼻息荒くがっつきまくってたら、たぶんワタシです。
声をかけ・・・微妙?
29. Posted by nana_sea   September 10, 2008 13:15
牡蠣便りの待ち遠しい季節になってきましたね♪
実は近々、某たぷたぷ様のお膝元から当「味香園」の近所(危?!)に引っ越すことになったので
今シーズンは少なくとも3回はカキオコ攻めに行く予定です!!
心の師・アリーマ様にお会いできることを楽しみに...
28. Posted by アリーマ   February 05, 2008 02:24
トリノさん

はぁ、なるほど。
そういうストーリーでしたか。

以前一度食べた「水煮豚肉」は上々の出来でした。
しかし、そういう事情ならばやはりメインはあくまで「福建」なのですね。

ああ、考えるほどに「フッケンタベタイ」熱が高まってくる・・・くぅぅ。

まずとりあえず至急に「あの焼きそば」と「太平燕」が食べたい・・・(泪)
27. Posted by トリノ   February 05, 2008 01:11
えとですねぇ。
旧福満を開いた家族が、福建の出身だそうです。
で、一家のお兄ちゃんが、今、味香園のオーナー。
妹さんが、中華街、福満園のオーナー。
中華街、新館は良くわかりません。
私の記憶が確かなら、お父さんも、旧福満で鍋振ってましたが。。。
お兄さんの味が秀逸だったのは、未だに記憶しています。

そして、中華街に移る際、四川の方となんか縁が出来たのでしょうね。
それからこっち、福満&味香に四川の料理人さんが出入りするようになります。

今回は、当日予約の上、「福建中心で」というオーダーが上手く通ってなかったようで、色々なんが出てきたようですが、事前連絡があれば、色々やってもらえるようです。
(やってもらうように、考え中)

四川に関しては、どうなんでしょ?
中華街:福満の方のマーボは私的にはイマイチでした。
でも。同じ調理場で作っていればインスパイアされない訳がないですし。。。
26. Posted by アリーマ   February 04, 2008 23:59
トリノさん

おお、詳細レポート!
ありがとうございました。
いやあ、相変らず美味しそうだなあ・・・。
アサリの酒粕は次回の宿題になってたんですが、やっぱり美味しいんですね・・・(涎)
カキオコは出来不出来の差があるみたいです。初回より二回目のほうが、牡蠣が多めでふっくらしていました。初回だって美味しかったんですが。
芋団子に海苔湯・・・ああ、考えただけでタマリマセン。

ここの料理人は本来四川だが、福建でも修行をしたと聞きました。それでも二番手の福建でこれだけのものが出るなら、四川ならどんだけー?と思ってしまいます。
それにつけても、あの焼きそばをまた食べたい・・・。
25. Posted by トリノ   February 04, 2008 23:19
アサリと酒粕の炒めと、
福建海苔のスープの間に、
焼きソバが入っていたの忘れました。
アリーマ様が食べたんと同じ奴です。
これも美味い。

つか、四川料理人がいるのに、味を滋味方向にふるのは難しいことだと思う。
価格面でも、ケッコー頑張っていると思います。

冬の間にもう一回、行きたい。。。
24. Posted by トリノ   February 04, 2008 23:12
アサリ酒粕
美味い。
10年前の福満より美味くなってる。
化調っぽさを感じない訳ではないのだが、旨味がどこから来るのか気になって仕方ない。
御亭主殿に聞くと「塩と酒粕」とのこと。
マジか!?
お勧めの一品。

海苔湯
滋味。
つか、旧福満園で湯で外した記憶が無い。
(正確に書くとマテ貝のスープが、汁は美味かったが、貝からは味が何もなかった記憶)
(つか中華の湯ってそもそも汁を楽しむもんな気がしますが、ホントはどうなんだろ?)

杏仁
どっかで買って来た奴だと思う。
評価対象外。


食後、御亭主と旧福満の話題で盛り上がる。
20分近く話し込んでしまう(スミマセン)。
楽しい一時。
人数集めて再訪するべ。
23. Posted by トリノ   February 04, 2008 23:09
芋団子!
ウマー!!
ウマママママ!!!
牡蠣ウマ!
テンション上がってきた!!

東坡肉。
これも美味い。
ちゃんと皮付き。
アッサリしている。
ご飯が欲しくならない味。

空芯菜。
これも美味い。
ちゃんとした量で出てくる。

カキオコ。
美味いっす。
福満新店より、こっちのが好みかな?
福満新店はホロ苦さもある大人味。
こちらは旨味を中心に押し出してくる感じ。
22. Posted by トリノ   February 04, 2008 23:08
冷菜。
モミジはイマイチ好みではない。
私がトロトロのドロドロに煮付けられたモミジが好き。
途中からメンドくなって小骨ごとバリバリ食べた。
タン、牛肉は普通に美味いが、これがこのお店の味とは断定できませんし(イジワル)。

海老。
好きな調理方法ではないから、評価対象外とします。
つか、ここいらで大分、テンション落ちてます。
「あぁやっぱり福満園の思い出は、私が勝手に美しくしていただけなのかしらん」
「こりゃ途中で逃げようかしらん」

ホタテ。
美味しいです。
普通に美味。
・・・?
火加減にケッコー腕前を感じる??
21. Posted by トリノ   February 04, 2008 23:08
当日予約です。
電話に出たお姉さんに「福建料理中心で5000円で」とお願いする。
お姉さん「牡蠣のお好み焼きとか食べるか?」
「食う食う」携帯ごと首をガクガク振る。
「芋団子とか食べるか?」
「食う食う」携帯ごと首をガクガク振る。
鄙びた温泉旅館のロビーでヘッドバッティングする私。

で。
この日は忘年会なのか、福建を故郷に持つ若い衆の集まりと鉢合わせ。
それ以外も、そこそこの客入り。
とりあえずビールを頼み、食事を待つ。
が、どーもお姉さんと伝達が上手く行ってなかったらしく、なにやらモタモタする。
むうん。

ともかくお任せで出てきたものを順番に。

冷菜3種(鶏モミジ、豚タン、牛肉)
海老の煮たん(海老10cm程、千切りの生姜と共に)
ホタテの香味揚げ
芋団子(中は牡蠣)
東坡肉
空心菜の炒め
牡蠣お好み焼き
アサリと酒粕の炒め
福建海苔のスープ
杏仁豆腐
20. Posted by アリーマ   February 04, 2008 20:34
トリノさん

詳細、首を長くしてお待ち申し上げております。
なにか新しいおいしいものは・・・?
19. Posted by トリノ   February 04, 2008 19:06
即レス頂いていたようで、返信遅くなりまして、すみません。

芋団子の中身は牡蠣系でした。

中華街の福万園とは、オーナー様が血縁関係とのこと。

詳細情報は後送とさせて下さい。

以上よろしくお願いします。
18. Posted by アリーマ   February 03, 2008 02:53
トリノさん

おお、お気に召して何よりです。
なにを召し上がられたのでしょーか?

芋団子、中身はなんでした?

ああ、福建煮込み焼きそばがむやみに食べたくなってきた・・・。
17. Posted by トリノ   February 03, 2008 02:47
行って来ました!
当日予約だったのでアレでしたが、ゴッツ美味かったです。
しかも安い!
詳細な報告は別途記載します。

とりあえず一言。
芋団子最高!
16. Posted by アリーマ   December 11, 2007 14:55
みさおさん

色々コメントいただいているようで、ありがとうございます。
お気に召したら何より、なんですが。
15. Posted by みさお   December 11, 2007 06:55
いってきました。かかせていただきました。
14. Posted by アリーマ   December 10, 2007 13:26
トリノさん

たぶんですね、その「旧福満園」が「現味香園」じゃないかと思うのですよ。
スープ類、本当にうまいですよねー。
ひょっとして、事前予約をして色々お願いしておくと、かなり色々やってもらえるようですよ。
是非結果を知らせてくださいねー。
13. Posted by トリノ   December 09, 2007 21:17
情報ありがとうございます。
今年、一番行ってみたいお店になりました。
「福満園」が石川町駅近にあった旧店舗時代から大好きなお店でした。
今でも中華街の福満が贔屓目になるのは、そのセイです。

旧店舗の頃。
お店のオカンが小さな牡蠣をコンビニ袋一杯、仕入れてきて何やら仕込みをしていた事とか。
「4000円でお任せ」言うたら食い盛りのデブ男4人が撃沈されたこととか。
スープ類が美味くて感動したこととか。
私が食道楽にハマる契機になったのが旧福満でした。。。

味香園、行ってきます。
12. Posted by アリーマ   December 05, 2007 21:38
Ryumanさん

確かに中華なのですが、確かに麺をパスタに変えてもいける感じです。
イタリアンのクリーム系ほど重くなくて、おいしかったですよ〜。
11. Posted by Ryuman   December 04, 2007 23:30
おおっ!!
その麺はウマソ〜。
なんかパスタっぽいようにも見えますが?
10. Posted by アリーマ   December 04, 2007 22:57
かなり食べ損ねたものもあり、まだ通いたい感じです。
モツ系もいろいろありそうですし。
嗚呼、食欲の冬。
9. Posted by とも2   December 04, 2007 17:58
ほほう、ここが噂の松影町界隈の店ですか!
福建料理はあまり食べたことがないのですが、心惹かれるなぁ〜!!
8. Posted by アリーマ   December 04, 2007 15:22
フロ梅さま

ワタシも実はこの地域に入るのは初めてでした。
お店は一見普通の街中華です。
特にきれいなお店でもありませんから、エリアや雰囲気が気になる方は「福満園」が無難かも。
7. Posted by フロ梅   December 04, 2007 14:44
HN縮めました。
こっちの方が私に向いてます(笑)
今後ともよろしくお願いいたします。

石川町駅を挟んで中華街と反対側にあるのですか?
そちらは子供の頃から行ってはいけないと言われていたので(笑)、
未だに行ったことがなくこんな美味しそうなお店知りませんでした。




6. Posted by アリーマ   December 04, 2007 10:44
酔華さま

基本的にメニューは福満園本館と大きく変わらないようです。牡蠣のお好み焼きもうまいですが、やっぱり「牡蠣喰った!」気分になるには、プラス何か他の牡蠣料理を頼むと楽しみ倍増かと。

この日は諦めたけれど「牡蠣のスープ」なんてものもありました。

福建焼きビーフンも、なんだかとってもおいしそうです・・・。
5. Posted by 中華街ランチ探偵団「酔華」   December 04, 2007 06:53
ずいぶん食べたんですね。牡蠣のお好み焼き、前から食べてみようと思っていて、まだ食べていないのですが、美味しそうだなあ。
4. Posted by アリーマ   December 03, 2007 22:26
>ひとりメシさま
ふふふ。この焼きそばと空芯菜がどうにもおいしいのですよ。サツマイモ団子もおいしいのですよ。
もう少し家に近ければ・・・ねえ・・・(笑)

>いぬわんクン
あーたは「福建はさんざん喰いまくったん〜」とヨユウかましとったろーが。でも、ほんとに旨かったよ。ちゃんと事前にいろいろ頼むともっとウマクなるらしい。

>kanさん
調べたけれどよくわからないんです。今度行ったらみせてもらうことにします。
タンザニアのタケノコ酒・・・コンゴの活大ウジ虫量り売りよりは試す気になりますが・・・「あのスープの匂い」にお酒なのかしら?
3. Posted by kan   December 03, 2007 20:58
タケノコを醗酵させたもの…どんな感じだろう。
タンザニアには自然発酵のタケノコ酒があるそうですね。
2. Posted by イ   December 03, 2007 18:45
コレは本格的なフッケンだなー
いいなー
1. Posted by ひとりメシ   December 03, 2007 16:54
この焼きそばと空心菜がどうにもおいしそうで。
サツマイモ団子もおいしそうです。
私も、もう少し家から近ければ(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔