January 07, 2008

香港ほにゃらら記 其の一 〜酒の謎〜

2008年が明けた。
新しい年だ。

ねずみ猫らへのクリスマス・プレゼントに
せっかく買ってやった「ねずみのおもちゃ」は
見向きもされずに縁起物に化けた。
あとで干支だったことに気付いたのだ。
いいのかそれで?!

さて2000年以降ずっと、お正月はオットの郷里の熊本は人吉で過ごしていたのだけれど、今年は久しぶりに海外に出ることにして、香港マカオに向かったのは昨年ご報告したとおり・・・。

出発が31日の朝で、香港に着いてバタバタしているうちに年明け。
正月ムードも消えた昨夜遅くに戻ってきたので、どうも新しい年を迎えたという気がしない。
今日買出しに行って、夜は鰤と鶏と野菜のたくさん入ったお雑煮を食べて、ここでようやくお正月の残り香くらいはかろうじてつかまえた次第。

でも伊達巻も錦玉子もなし、というのは、ちょっと寂しい。
御節にこだわりはないんだけど、伊達巻と錦玉子だけは好きなのよ。
こういう季節感だけは立派だぞ、ニッポン!
売ってるはずはあるまいと思っていたが、やっぱりありませんでしたとさ。
ちぇ。

到着日は大晦日。
香港のカウントダウンも、相当派手やかではあるらしい。
今回泊まったホテルは『タイムズスクエア』なる場所の近辺で、これはまあ言ってみりゃあ、みなとみらいのクイーンズが横浜西口に引っ越してきたような代物なんだけど、ここにワンサカ人が出てきて花火が上がったりする、らしい。
テレビで見てました。
そうそう、紅白歌合戦も見た。
なにやってんだまったく。

しかーし・・・!
旅行先で写真撮ると、整理が大変だっ!!
なんと150枚以上撮ってた。
目が四角くなってるんじゃなかろうか。
しかも、ほとんど食べたものばっかり・・・。
あとはどうでもいいような周辺風景。
これ、どうするつもりよ・・・と、自分に聞いてみる。

うにゃ。

と、いうわけで、ぼちぼち整理して適宜ご報告します。

とりあえず「!」だったポイント其の一・・・

あまり酒を飲まずにお茶ばっかり飲んでいた(!)

どうも周囲のテーブルの、特に家族連れや身内の気楽な食事の風景を見ていると、ナニカがどうも変なのだ。よくよく見ると、ナゼかテーブルに酒がほとんど見当たらない。お気楽なところしか行ってないので、高級店だとどうだかサッパリわからないが、お茶ばっかり飲んでいる。

別に真似するわけでもないが、ワタシもオットのビールをちょいと舐めたらあとはお茶だった。
「なんだかお酒よりもお茶のほうが美味しいなあ」とオットにいったら
「酒を飲むと腹がふくれて、よけいに食べられなくなるからだろう」
・・・うみゃ、そこじゃないと思うんですけど・・・。

どうも香港のクイモノは、あんまり酒を呼ばないみたい。
ワタシだけだろか?

ううむ、と悩んで(悩むほどのことか?)、泊まったホテルにいた日本人スタッフのMさんにオソルオソル尋ねたところ

「飲まなくもないけれど、酒を飲む席と食事の席は別に考える人が多いです。同僚や知り合いに日本人はみんなそろってアル中なのか、とかよく聞かれますよ」

というお答えだったから、そう大きく外れてはいないらしい。

飲み屋やバーは別にあって、そういうところはまたそれなりに繁盛しているようだったけど、今回はあんまり行きませんでしたとさ。

と、いうわけで、ほとんど酒も飲まずにお茶ばっかり飲んでいた。
ワタシとしては天変地異といってよろしい。
いや、部屋でゴロゴロしながらビールくらい飲みましたがね。

ええと、こういうことを言うと「ウソツキ!」という大合唱が沸き起こりそうな気がして言うのが怖いんだけど、正直に告白すると『大珍楼別館』なんかで食事をしていても、実はそれほど強烈に酒心をそそられて飲んでたわけではなくて、なんとなく流れでガバガバ飲んでただけ、という気がする。
あんまり酒を飲むと料理が不味くなるような気すらしたけど、周りが飲んでいるとついついつられて・・・ああっ、石を投げないで・・・イタタ!

サンミゲルとかなんとか言いながら
外で買って部屋で飲んでたサンミゲル。
現地名は「生力啤酒」。
イキルチカラ!
素敵な名前だなあ。

中国語の漢字変換能力って、時に納得行かないが時にスバラシイ。

名前もいいが一番安くて、1缶100円位。
滞在中はお世話になりました。
そこか、感謝のポイントは?!

てなぐあいに、気が向いたらテレテレご報告します。
いや、もっと激しいサプライズも起きるんですよ・・・香港オソルべし。

どうも締まらないスタートですが、皆様本年も引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。


ランキングバナー人気blogランキングへ
ちなみに、キッチリと太りました。嗚呼。



結局買い損なった、中国茶用マグカップ(嘆)

カラー新書 中国茶図鑑 (文春新書)

イマサラこんな本を買うのだった。遅すぎ!


冒頭写真のねずみのおもちゃ。一匹10円。

arima0831 at 00:41│Comments(21)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 香港・マカオ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

21. Posted by アリーマ   January 08, 2008 02:24
Gingerサン

どもども。帰ってきました。
ねずみ・・・一匹確かに余っているけど、ナンデわかったのかしら?

とっておきます。
でも、ちーさいんですよ。
すごいチビねずみ。
20. Posted by アリーマ   January 08, 2008 02:15
>いぬわんクン
ウマイ料理にウマイ酒がイキルチカラなワタシ。
ワリカン勝負でタッグを組めば、ワタシがソロで臨む以上に凄まじい破壊力を誇るオット。
この二人が「酒より茶」にイッテしまったのが謎なんだよー。
本当に一度、大珍で「サケ抜きで茶」をやってみい。実は一度だけ、行きがかりで最初のビール1〜2杯以降は「茶」だったことがあるんだよね、実は。
香港のウマイ料理(料理にもよるんだろうけど)、和食が日本酒を呼ぶように酒を呼ばない気がする。
不思議だ。なぜなんだろう。

>とも2さん
本土は確かにスゴイらしいですねー。特に北のほうとか。あと「今年は飲まない」と宣言したわけぢゃありませんからーーー!
19. Posted by アリーマ   January 08, 2008 02:04
>しゅうるりサン
記事中言葉が足りなかったかもしれませんが、あくまで「一般に香港の人たちは食事時にあまりお酒を飲まないで、酒の場は分けるらしい」という印象だった、と以上です。きっと場所や顔ぶれによって色々あるのでしょうね。イスラームの国じゃないんだから、飲む人は飲むと思いますです。

>にっきさん
七草粥・・・遅ればせながら明日の朝食です。
ううむ。これは「飲まない」だろな。はははは。
ワインと和食の相性って、けっこう難しいんじゃないかと思います。ていうか、どう考えても日本酒を呼ぶんですよねー。茶碗蒸しか・・・アレは確かに〆の汁物感覚かも。桜餅とシャンパンですか。確かに甘さを極限に控えて塩を利かせたらよいかも・・・作って送ってくらはい。こればっかりだなあ、この頃。
18. Posted by アリーマ   January 08, 2008 01:47
ほんまサン

おお、たぷたぷサマ御光臨じゃあ。
ありがたやありがたや。本年もなにとぞ我が駄ブログのアクセス数をば守りたまえ・・・(冗談ですってば)

居酒屋で宴会。酒のついでにメシって、ワタシも大嫌いなパターンですねえ。一食分のカネとエネルギーを無駄に消費した上、どーでもいいカロリーだけ喰って身につく・・・アレは本当に空しい。

>ちょっと良いお店では酒を頼まない奴は人非人扱いなのもムカつくの!

ん?いや、そういう方はむしろ歓迎光臨的なのでわ?
ワリカンならば。
ワリカン=勝ち負けがかかるんで、勝ちに行こうとするのが人間の本能です。故にワタシだって、つい飲んでしまうのです。
今年は是非「お食事会」でもご一緒致しませうね(ワリカンだが)。
17. Posted by Ginger   January 08, 2008 01:18
お帰りなさ〜い
兄さんもアリーマちんも居なかったから、エッジの利いたコメント無くて寂しかったわん♪
いろいろあるけど、いつか会える時ねずみさん一個ちょうだいね♪
16. Posted by とも2   January 07, 2008 22:53
そうだそうだ!

ウマい料理にはウマい酒だいっ!
中国本土で(一部の地域の一部の人々)はフルコースの料理でガンガン酒を飲みます!

でも、酒を飲まなくても美味しくご飯を食べようとするならそれはそれで許す(← えらそう)

しかし、この分だと「酒を飲まない」の次は「甘いモノ好き」のアリーマさんでも登場するのかな?
15. Posted by いぬわん   January 07, 2008 21:46
ウソツキ!

ウマい料理にはウマい酒だろ!

ほんまちんゆうとおり、居酒屋にはいかんなあ。
結局、居酒屋はマズい料理にマズい酒になっちゃう(´д`)
14. Posted by にっき   January 07, 2008 21:31
>酒を飲むと美味しくない料理

やっぱ、七草粥でしょう・・・って当たり前ですねぇ。あはあは。
ビールは食前酒で、それにあれはお酒ともいえないのではずすとして、酢豚とかマーボー豆腐とかチゲ鍋とかは、別にお酒いらない料理だなぁ。茶碗蒸しのような繊細な味のものもお酒は邪魔だし・・。でもお酒を飲むと不味くなるものって、ある種の魚(思い出せないんだけど)とか、とたんに生臭く感じちゃうものがあってそれは単に私個人の感覚なのかもしれないけど確かにあるのよ。ワインとカズノコも合わなかったなぁ。(お酒が合わないのではなく。あわせるお酒が間違っていたってだけか)

美味しい組み合わせでは「道明寺粉で作った桜餅」とシャンパン、もしくはロゼワインです。今年のお花見には是非お試しくださいませ。
13. Posted by しゅうるり   January 07, 2008 18:30
おかえりなさい、そして金が信念、もとい、謹賀新年。今年もよろしくお願いいたしますー。
サンミゲル、懐かしいですー!私が沙田に住んでいたのって天安門事件直後という歴史的昔なのでもうすっかり変わっちゃったでしょうね、香港。
でもみんなビールの1〜2本は飲んでいたような。ランタオ島に香港人の友人家族と遊びに行った時なんてすっごかったですよ。あ、でもうち二組のご主人は英国人だったなぁ。で、その二人が浴びるほど飲んでいたっけ。。。懐かしい(?)思い出です。
12. Posted by ほんま   January 07, 2008 16:34
おかえりなさい&今年もよろしく!
新年会のシーズンですが、食事会ってパターンは皆無ですもんね〜
どこぞの居酒屋でまっずい料理にかけるん千円で、美味しい夕食をいただくことも出来るのにィ!と毎回思っています。
あと、ちょっと良いお店では酒を頼まない奴は人非人扱いなのもムカつくの!せめてサントリーウーロン茶でなく、鳳凰単叢くらい出してくれい!
11. Posted by アリーマ   January 07, 2008 14:47
にっきさん

伊達巻が作れる・・・いいなあ。
一本作って送ってください。ああ、しかしそうすると、いきなりまた『恵方巻きの惨劇』が繰り返されるのかしら・・・。
キッチン山田で「特製伊達巻&錦玉子」なんかを売り出したらいかがでしょうか?
伊達巻は自宅で作るのはかなり面倒そうだし。実は母が何度かやっていたけど「手間隙とできばえを考えた結果」市販品に戻ったことがあるので、こりゃワタシには無理・・・とハナから諦めています。
でも、市販品てやっぱりあんまり旨くないんですよね・・・来年は「正月スイーツ」の一環で売り出してください。買うから。一本予約ね。錦玉子もよろしく。
そうそう、酒を飲むと美味しくない料理って、例えばどんなものでしょう?
10. Posted by アリーマ   January 07, 2008 14:37
タコさん

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
生モツ&羊がキーワードです(?)

>確かに酒の場所とメシの場所が違えば
酒量は減るかもしれないなあ

うんにゃ、中東ではよくあるパターンだけど(レストランに酒を置いてない)、その場合「意地でも酒を出すレストランを探す」という行動に出ます。ワタシはそうです。タコさんもきっとそうだと思います。
今回驚いたのは、凛としたココロなど欠片もナシで素直に酒でなくお茶を飲んでた、というところ。酒を呼ばないウマイ飯を喰えば、酒量は減るのです。
100円のイキルチカラも、せいぜい2〜3缶程度になります。欲望中枢が満たされてるからかしら?
9. Posted by にっき   January 07, 2008 13:33
お帰りなさいまし。
実は・・・伊達巻、作れるようになってしまった。
あははは・・・はぁ。

お酒に合う料理とお酒なんか飲まない方がおいしい料理って確かにありますね。

150枚の写真、とても楽しみにしています。
8. Posted by タコ   January 07, 2008 12:47
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

そっか、確かに酒の場所とメシの場所が違えば
酒量は減るかもしれないなあ…と
凛とした心(使い方間違ってますが)で読み続けました。

が、サンミゲル100円&生力�泣酒(そそる名前)で、
また別の欲望が。ああああああああ。
150枚の飯写真楽しみです!
7. Posted by アリーマ   January 07, 2008 12:33
>ヌシさん
いたーい!
だからぁ、みんなが飲むからついつられて飲むんだってば・・・あ、もう飲ませないとか言わないでくださいねーー。
でも「お茶のほうが合うかも」と思ってたのは本当なんですよ。信じて・・・。
一度仲間内で大珍に食事に行ったとき、一人がアホみたいに度を越して飲んだくれるので「飲みたきゃ場所変えて他所で飲もう」と軽く怒ったこともあり・・・だって大珍、紹興酒が高いんだもん(そこかよ?)。今年もよろしく!

>ひとりメシさま
台湾もそうなんですか。ふーーーむ。
>でもお酒飲んだようなハイテンションなんですよねえ。
お茶にナニカ入ってるのかも・・・どうもカフェインは強いらしいし。
6. Posted by アリーマ   January 07, 2008 12:27
>酔華さん
こちらこそ、今年も引き続きよろしくお願いします。酔華さんの所へ遊びに行くようになったおかげさまで、あちこち今まで行かなかった知らなかった店も色々知りました。実は鍼灸のお医者さんもこの過程で見つかりまして、大変感謝しております。

>先日、天龍菜館で宴会をやったけど、1名を除いて誰も酒を呑まなかった。ただ食べて、お茶を飲む。

その一名って・・・やっぱり酔華さんなんですか?

でも実際、お茶が一番合う料理だなあ、と実感して帰ってきました。同じ広東でも香港以外じゃどうなのでしょうね?
香港スタイルというのかどうかわからないけれど、香港人が食事中あまり酒を飲む習慣がないのは事実のようです。昔からそうだったのでしょうか?
5. Posted by アリーマ   January 07, 2008 12:18
>ぺりおさん
タイムズスクエア地下にスーパーマーケットがあると聞いて出かけたところ、品揃えが見事に「成城石井」で、現地臭はゼロ。どこでも多少は「現地の食」のイメージが見えるはずなのに、日本にある高級インターナショナル系スーパーそのまんまでした。しかも日本食系の品揃えがすごい。
日本の食べ物って、香港じゃハヤリもんなんでしょうか?

なるほど、やっぱり「食事はお茶」な国なんですねえ。どうしてそうなったのか、興味津々・・・。

そうそう。麺やチャーハンやデザート系なんか、いっしょくたに出てきちゃいますね。高級店に行けば違うのでしょうが。

楽しみにしたいただけると嬉しいです。
ぼちぼちまとめますので読んでやってください。
4. Posted by ひとりメシ   January 07, 2008 10:30
お帰りなさいませ。
あけましておめでとうございま〜す。

そういえば台湾でご飯を食べる人を見てると皆さんあまりお酒飲んでないですね。
でもお酒飲んだようなハイテンションなんですよねえ。
食レポート楽しみにしてます。
3. Posted by 小径のヌシ(^−^)   January 07, 2008 08:02
おかえりなさい♪
本年も“お手柔らかに”よろしくお願いいたします m(。−_−。)m

>あんまり酒を飲むと料理が不味くなるような…
ふむふむ。。。ぢゃあご要望にお答えして
えいっ(−−)/======●(>_<)
2. Posted by 酔華   January 07, 2008 06:36
お帰りなさい。そして、あけましておめでとう。
先日、天龍菜館で宴会をやったけど、1名を除いて誰も酒を呑まなかった。ただ食べて、お茶を飲む。
あれって、やっぱり香港スタイルだったんだぁ。
レポート待ってますよ。
1. Posted by ぺりお   January 07, 2008 01:03
アリーマさん お帰りなさいまし。

タイムズスクエアは、オッサレな感じとエネルギッシュな香港のパワーを感じられるところですね。

香港のレストランで、お酒飲まない人 多いですね。
食べながら飲むって習慣あまり無いようです。

だから、つまみとビールと麺や飯を同時に注文すると、日本のようにまず、つまみが出て、こちらの飲むペースを見ながら、食事が出てくるなんて事無くて、いきなり麺や炒飯なんかが出てくる、、(笑)

まあ、中華街でもそんなことありますが、、、

食のレポート楽しみに待ってま〜す!


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔