February 09, 2008

マカオをぶらぶら 其の一 〜遅めで軽めのランチは単にノスタルジー?〜

昼過ぎには着いていたはずだがそのタイミングのフェリーは満席ばかり。
結局ホテル着が三時ごろになってしまった。
正月のマカオは香港人で混んでいるらしい。
賢く色々食べていた(?)ので、ひもじさに泣くことはなかったが、ここで夜までオアズケも悲しい。
しかしここで馬鹿喰いすると、今回のメーーーンエベントッ!である
「マカオ料理のディナー」が台無しになる。
遅めで軽めのランチだな。うんうん。

ホテルで聞いたら「すぐ近所の普通のマカオ飯屋は今やってるけど。でも、僕らがなんとなく行ってなんか食べるまるっきりローカルな店よ」と、結構いいツボを素早く突いてくるフロントのアニキ。

Imperador外のどかで静かなマカオの街並み。
香港と違って軒が低い。
「都会の喧騒」が好きな人には
こんな退屈な街もないだろうが
ワタシには心和む空気だ。

Imperador看板
これがそのレストラン。
泊まったホテルの裏手くらいにある。



ビール1ビール2





MACAUというローカルなビール。
軽くて飲みやすい。馴染んだ味だ、という感じもする。

近づいてよくよく見ると、KIRINと技術提携して造ったものらしい。
さすがはポルトガル旧植民地で、ポルトガルワインも色々。
ワタシだけ白のハーフボトルをもらう。
ランチでお酒を飲むなんて、なんだかとても新鮮だわ、と思う。
いや、たまにはそう思えるようになるのもいいもんですよ。

Imperadorテーブルメニューは中洋折衷。
テーブルセットは洋風。
ぺこぺこの安っぽいアルミ製フォークなどが
微妙にいい味を出している(?)
タバスコとマギーのシーズニングソース・・・

マギーのソースは、濃縮マギーブイヨンを醤油味風にしたような代物。
なんとなく醤油っぽくはあるので、海外で醤油が手に入らないときには、強い信念と意志を持って「これは醤油だ」と自分に言い聞かせて代用したこともある。
ナツカシス。

でも、ヨーロッパでこの組み合わせがテーブルに乗ってる食堂レストランの類がうまかったためしがないので、複雑な郷愁とともに軽い嫌な予感。

パンが当たり前に出てくるが、これが・・・ぱさぱさでマズイ・・・。

スープポルトガル風野菜スープ、なるもの。
見た目なんの変哲もないが
口にすれば微妙に中華テイストな
マギーブイヨン味なのだった。
微妙にノスタルジックな味だっ!

カレーカレーとライス




「マカオ風マトンカレー」がくる。
このカレーもかなり郷愁を誘う。
カイロで一番安い中華料理屋で、こんな感じのカレーを昔よく食べた。
薄い糊っぽいカレー風味のルーがマトンに絡んで、ラー油みたいなもんがテキトーに辛味を増している。ほとんどスパイシーさがないこれが、懐かしいカイロで喰ったカレーの味だっ!!

と、言い張ってみたが、「これ、不味いよ」というオットの一言で勝負はついてしまった。でも、懐かしいこた懐かしいぞ、ほんと。

オムレツナゼここでそんなもんを頼むのか?
という妻の疑問を毅然と無視して
オットがオーダー敢行したオムレツ。
横浜の洋食屋あたりで出てきたら
案外嬉しいかもしれない。

でも、あくまでも普通のオムレツ。

オットはと目をやると、アカラサマにがっかりしている。
「ケーキみたいな芋がたくさん入ったやつじゃない」

それは、スペインだ。残念、お国違いざんす!

焼イワシこれは一尾300円くらいの焼きイワシ。
ポルトガルで食べれば
日本への郷愁に目が潤む焼きイワシ。
しかもカイロ発でポルトガルに行った時は
狂喜乱舞して二人で山ほど食べたね・・・

しかし、日本発のマカオ滞在では、ノスタルジーの香り以外なにも有難みがないことに驚く。まあ、焼いたイワシはどこで喰ってもウマイです。
安いしね。

ヌードルスープオットが突然コールをかけた
「高菜と豚肉の汁麺」
麺はこの辺のデフォ系だが
スープがマギーブイヨンぽい・・・
中東南欧であれば感動して喰ったはずだっ!

が、ここはマカオなのであった。

それにしても、珍しくオットが元気よく食べたいものを連呼するのはナゼかしら・・・とよく考えたら「メニューが英語オンリー」だったかららしい。
広東語の端に英語が付け足しか、広東語のみのメニューだと、漢字の幻惑効果で面倒くさくなってワタシに丸投げするようだ。
それに気がついたのは、この後フェリー乗り場で必死に「広東語表示」を読み解こうと思案投げ首なオットを見たときだった。

「下の英語を読めばいいじゃないの」と言ってみたら、頭の上で電球がぱっと光る、昔の漫画の登場人物のようになっていた。
まったくもう。

尚、彼の名誉のために申し上げておくと、このヒトの英語はほぼ完璧。
それがどうして、こういう状況でこのように大きなアホのコドモのようになってしまうのか、まったくもって不思議でならない
人間て謎だ。

夜に期待をかけることにして、もうこの辺でやめておいた。
しかし、結果的にかなり食べてしまったことに気付いても後の祭りだっ!

まあ、なんとなく懐かしかったから、よろしいんじゃないですか・・・
ということにする。
感想を聞かれると辛いので、親切にこの店を教えてくれたフロントのアニキの視線はしばらく避けることにした。

Imperador外 夜ヨーロッパの香り漂う
のどかな昼間の街角は
ひとたび日が暮れると
エゲツナイほど電飾満艦飾
ギンギラギンに変貌する。

このギャップ、福富町どころじゃないのでちょっと驚いた。
一番上の写真と比べてみてください。

さて、夕刻まで少し間がある。
ワタシは一人、街を散策することにした。


ランキングバナー人気blogランキングへ
このときは、本当にディナーが楽しみでした・・・(嘆)



ポルトガル名物ヴィニョ・ヴェルデ。軽くて飲みやすいです。
マカオでは・・・飲みそこなった・・・(泪)


マカオで道草

けっこうソソラレル本だな。

arima0831 at 01:35│Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 香港・マカオ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by アリーマ   February 09, 2008 17:57
酔華さん

このルックスには、そういえばあんまり疑問を持たなかったのですが・・・そういわれてみれば不思議かも。

イワシ自体はおいしかったのです。
カレーについてきたご飯と食べました(笑)
1. Posted by 酔華   February 09, 2008 05:42
イワシ焼きの下にレタスが敷かれ、しかも横にはキュウリとレモンが添えられているなんて…
お皿も丸くて白い洋風。
和風のイワシ焼きを見慣れた眼からすると、なんだかヘンな感じですね。
でも、太っていて美味しそう。ご飯と一緒に食べたい。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔