February 23, 2008

関内洋食『ポニー』 〜ナポリタン・ハンバーグで故人を偲ぶ〜

歯医者に最近通っている。
もんのすごぉく苦手な場所なので、30分も口を開けた後には全身グッタリふら〜ふら〜と、怪しげに揺れる目の虚ろな人と化して出てくる。
三歳のころ、怖くて泣いたら黒い鬼のよーな顔のヲヤジ歯医者に怒鳴られて、よけい泣いたら「出てけ!」となって母がかんかんに怒ったことがあるのだけれど、情けないことにそのときのトラウマが解消できてないらしいのである。

ちょいと気分治しに、ふら〜ふら〜ゆら〜とKIKUYAへ向かう。
ちょうど3時半ごろだから、少しは空いているはず・・・と・・・

「今日はソース終了のため閉店」ということなのだった。
最近テレビに出たおかげで、相当混んでいるらしい。
まあ、お店の人気が出るのは良いことだ。

実は最近亡くなった知人とここでたまに遅いランチなどしたこともあって、故人を偲ぶよすがに・・・などと湿っぽいことも考えていたのだが、まあよかろ。

ゆらゆらが治まってきたし、その人に連れて行ってもらった店に足を向けることにした。悲しみを越えて、なんちゃって空腹も限界だぞ。
急ぎ足で馬車道へ・・・

ポニー
最寄駅:桜木町 / 関内 / 馬車道
料理:西洋料理一般 / 洋食 / オムライス
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食


知人とはこのところ交遊が途絶えていたのだが、以前はよく一緒に遅いランチに出かけたものだった。
ポニーもそんなきっかけで教えてもらった店だ。

ナポハンいわゆる「ナポハン」こと
ナポリタン・ハンバーグ。
知人はナポリタンが好きだった。
正直ワタシは「ケチャップ味」が
どうもいまひとつ・・・なのだが
知人が食べているのを一口もらって
ついでにもう一口勝手に食べた。
結構うまかった。

ここのハンバーグは久しぶり。
絶品ハンバーグ!!というものでもないが、なんとなく安心する味だ。
ソースがいい味を出していて、これだけご飯にかけて食べたくなる。
しかし、結構な量のナポリタンがついているのでライス追加は暴挙。
まあ、また次回だな。

ナポリタンはしっかりとケチャップ味。
あのとき知人が食べていたナポリタンは、どうも違う味だったような気がするのだが、まあたぶん気のせいだろう。

わるいけどさあ、ワタシはやっぱりナポリタンてダメみたいだなあ・・・と、多少湿った気分でぼやいてみる。
まったく故人を偲びに来てまだ文句を言うかね・・・と、我ながらちょっと呆れたが、たぶん前に座っていたらこんな会話になったのだろうなあという気もするな。


ランキングバナー人気blogランキングへ
心から冥福を祈りつつ。



ナポリタン (小学館文庫)

手軽に文庫で出てます。

arima0831 at 10:21│Comments(12)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 西洋料理 | 関内

トラックバックURL

この記事へのコメント

12. Posted by アリーマ   February 26, 2008 01:35
いぬわんクン

そうなんだねえ。
この店もここのところご無沙汰していたんだよねえ。

結構好きなタイプの店だと思うよ。
そういえば今年はここのカキフを食べてなかったなあ・・・。
11. Posted by いぬわん   February 26, 2008 00:14
ハンバーグナポリでもバーグナポリでもないやん〜 ナポハンかー嗚呼、おれに合掌(´д`)
10. Posted by いぬわん   February 25, 2008 23:58
そうか。よくポニーのカキフを書いてたなあ。一年以上前の話だなあ。付け合わせナポの話題もよく覚えているよ。おれはポニーを食ったことがない。こんどバーグナポリを食ってみる。合掌
9. Posted by アリーマ   February 25, 2008 00:37
とも2さん

そうですね。
とりあえず、故人を偲ぶのにそのくらいしか出来ないのでもあり、しばらくはたまにそんな形でしみじみするのが良いのだろう、と思ったりもします。
8. Posted by とも2   February 24, 2008 20:09
「ここは前に○○さんと来たなぁ…」と思うと少し悲しくなりますが、故人を思い出すきっかけになるので、それもまたよいかと思います。

歴史に名を残すでもない我々は、故人についてはなるべく多くの懐かし話をしたいし、我々も(故人になったら)されたいものです。
7. Posted by アリーマ   February 24, 2008 14:52
>ほんまさん
そうですねえ。残された側は、向こうしばらく何かにつけてしみじみしちゃうのでしょうが。
まあ、思い出すのも辛くてどこかに行けなくなっちゃうようなこともあるので、まだ救われるケースかなあとも思うのですけどね。でもやっぱり寂しいもので・・・。
お言葉、心にしみます。ありがとうございます。

>socitonさん
ウィークデーでも、別の日の三時ごろに大行列!
ちょっとびっくりでした。まあ、しばらくすれば落ち着くだろうけど、今後きっとメディア露出が増えそうな気はします。

ちなみに、放映日は知らなかったけど(マスターから聞いてはいたが)「出たな」と思ったのは13日と14日にドッカーーンとアクセス数が上がったゆえです。すごいな全国放送。
6. Posted by アリーマ   February 24, 2008 14:42
>にっきさん
ウチの亡父は年に何度か夢の中に現れて、一人でウマイモンを喰って帰っていきます。献立指南してくれるオトーサン・・・いいなあ・・・。

>トリノさん
最近理解したが、若いカワイイ技工士はへたくそばっかりです。呼吸困難になりそう。あとご自身の性向とか若い女性云々とかのナマグサ話はNGよ。ここの読者は女性も多いので。
そもそも、歯医者ではどうせ悲惨な顔つきになるから、ドクターにも助手にもビジュアルは一切求めません、ワタシ。
しか〜しKIKUYA、全国ネットのゴールデンの威力って凄まじいですね。来週いっぱいくらい、無理かしら?

>Gingerさん
歯医者好きがここにも・・・ううう、わかんない、そういう趣味。
5. Posted by sociton   February 24, 2008 11:38
KIKUYAはぶっとびましたが、なんと15時でも長蛇の列がありやめました。
まいったまいった。。。
4. Posted by ほんま   February 24, 2008 00:58
たとえ、亡くなった後でも、
様々な人々の思い出の中に生き続け、
時には彼らの人生のワンシーンに招かれることもあるのですから、ご本人は決して寂しくないと思いますよ。
3. Posted by Ginger   February 23, 2008 23:52
>知人はナポリタンが好きだった。
 正直ワタシ・・・・・

自分のブログかと思っちったいヽ( ´ー`)ノ

ワタシも実は歯医者好き
歯垢取りでブッチャーみたいに大流血でスッキリが病みつきなの
2. Posted by トリノ   February 23, 2008 22:33
歯医者、お嫌いですか。
私はケッコー好きです。
特に私自身の性向がMということもあり。
また、通っている歯医者さんが若い女性の助手を多用しているということもあり。
ギャルーに口の中をいじりまわされるのはタマリマセン。

・・・

いやいや。
KIKUYA CAFE、友人から「テレビでやってたお店に行ってみたいんだけど」と話題になりました。
繁盛するのは良いんですけど、テレビって瞬間ベクトルでもあるから。。。
こゆのって、難しいですね。
1. Posted by にっき   February 23, 2008 21:34
亡くなった方とのよすがを偲ぶのが、洋食屋さんというのは、なんだかしみじみしますね。そういえば祖父が亡くなったあと、母が祖父の行きつけの洋食屋さん(祖父のために小ぶりなオムレツとかを特別に作ってくれていたらしい)に行ったとか言ってたなぁ。食べること=生きていることだから、食の思い出は生き生きとしていた頃の故人を思い出す良い思い出なのだと思います。
ちなみに昨日は亡き父が夢に出てきて「今夜の僕の夕食は鍋だ」と言って買い物籠の中身を見せてくれました。大根が入っておりました。「そうか、お父さんのとこは大根で鍋かぁ」と、昨今は亡き父にまで献立指南をされております。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔