June 02, 2008

長野『白骨温泉』へ 其の一 〜こんな時代もあったねと・・・15周年謝恩月間シリーズ〜

突如として、長野は白骨温泉へ向かった。

白いお湯に白骨死体が浮いてるイメージが、なんだか体によさそうな気がしたからだ。
ちょっとカルシウムな幻想ですね。いいんだ別に。
長野なら車でも近いよね、というイメージもある。
でも、近くありませんでした、嗚呼。

草津のときとおなじパターンで、もらいもんの某J社旅行券利用。
草津の話がまだ終わってないのだが、まあ、とりあえず、前振りだけしたんで改めて。

草津の後だから、伊豆か箱根だな・・・と無意味に手配をかけたらどこも一杯。
長野ならば横浜から近かろう、とまず宿を決めた。
海の近い宿から空きのあるところを選んでいった結果だ。
こういうギフト券の場合、頼むからパンフレットに日本地図をのせてオクレ、と思う。

さて、前回「草津なら群馬で近い」というイメージでいたら、なぜかやけに遠かった。
そして今回の長野は松本辺りも、どうも「すぐ近く」には程遠い位置にあった。
どうしてこういうことになるのか??

よくよく改めて考えたところ、考えるまでもないことではあるが、ワタシの心理的距離は
「東京都杉並区荻窪起点」で設定されているかららしい、という衝撃の事実が
判明した。
ショーゲキでもないが、こういう自分の体内時計的なものって長い年月気付かずにいると
案外オドロキだったりしませんか・・・?

ナンデそうなるのだろうか??
よくよく考えてみると、車の免許をダレカレが取得し始めて(ワタシ本人を除き)
あっちこっち出かけたがる10代末〜20代前半の時期、実家があった荻窪起点で
過ごしたかららしい。
初めてわかったぞ。
そうか、そういうことだったんだな・・・。

手配をきびきびと進めてしまってから、こういう基本的なロジの不備に気付いても
こりゃあもう後の祭り。
でもまあ草津よりゃあ近いんじゃないの・・・という感覚自体が、荻窪起点にしても
間違っているぞっ!

こういう「オクサンがダメなヒト」な場合、一般家庭の場合は「ご主人」がなんとかして
くれるものではなかろうか、と思う。
どんな意味でもなにをもって考えようとゴシュジンサマ的ポジションにない、例えばいぬわんなんかだって、ワタシが行く場所を決めればテキトーに連れて行ってくれたりするのだ。
男性である意義とは?!と、自分の女性としてのありようは置いといて、強く考える。

繰り返し語っているのでしつこいくらいだろうが、ワタシの方向音痴並びにメカ音痴は
誰もが呆れるダメダメ具合を、人種国籍問わずグローバルに誇るものである。
自慢じゃあなくって、国際的に指弾され続けた事実なのである。

そう、以前も愚痴ったかもしれないが、ワタシが若かりしころ(♪)
結婚してキッチリ伴侶が決まることに対して、相手の男性に抱いていた夢と希望は

「結婚さえすれば道と機械はどうにかしてもらえる」(理由:相手は男の人だから)

という、実にかわいらしいものだった。

しかし、結婚という現実により、嫌も応もなく「我こそは世界ワースト2」という
自覚を求められる羽目に堕ちる。

激しい慙愧の念とともに

「ワタシより道も機械もダメなヤツがこの広い世界に存在する。しかも男で!!」

という現実と向き合ったのが約15年前。

まあ、でも無事に15年もっている。
たぶんワタシがオットより、一部機械と方向感覚全体においてちょびっとマシだから・・・
なのかも知れない。
目くそと鼻くそなら、目くそがマシなのでございます・・・(そうなのか?)

そうそう、5月は「15周年謝恩月間」なのである。
誰が誰に対する恩を謝するものかは深く突っ込まないことにしておいて、
そういう時期だったのだ。

さて、荻窪起点心理的距離感の話に戻る。

横浜から長野は松本辺りの白骨温泉まで、どうやって行こうか無駄に考えた挙句、
選んだルートは「高井戸経由」だった。
最低限とはいえ、土地勘があるからだ。
ないよりマシだって、あったほうが良いに決まっているだろう?

第三京浜から高井戸に出て、左に曲がればこっちのもんだ。
そのはずなのに、延々と一般道が続く。
しかも渋滞している。
うががのが、といってるうちに、なんとか調布から中央高速に乗れた。

「中島みゆきの『中央高速』って歌が、あったよな」とオット。
「・・・?・・・」
「中央高速で調布を過ぎたら飛行場、みたいなヤツ」

ああ、あれか、と暗い気持ちで一応イントロを出したら正解だった。

「中央フリーウェイ〜♪
   調布基地を追い越し・・・♪」


その後、談合坂SAにいたるまで、ユーミンが20年前の独身女子の背景にどのように存在したかを懇々と説いて聞かせたワタシ。

ワタシの妹も中学や高校の同級生たちも、この歌をカレとのドライブデートの原風景に
していたものだったのだよ!

しかしどうも理解できないようなので、賛同を得るため三人の友人にこの話を振ったら
即レスは・・・いぬわんだけだった・・・。

そう、あとで考えたら、残る女子二名は北海道出身北海道・東北在住者だ。

それでちょっと思ったのだけれど、このテーマソングのイメージ、
ひょっとして20年前前後の西東京在住者限定なんだろうか?
感覚的に超ローカルな歌だったのか??

横浜の皆さん的には、どんなもんなんざんしょうか・・・?
神奈川横浜圏の場合、やっぱりユーミンよりサザンだったりするわけなんですか?

ともあれ、楽しい一泊二日は始まったばかり・・・。


(だらだらつづく、たぶん)


補足:
ワタシの場合、結局カラオケ選曲は中島みゆき系になります・・・(いいじゃんか!)



ランキングバナー人気blogランキングへぽちっと、よろしく!
右に見える競馬場 左はビール工場・・・中島みゆき的には、刑務所もつくか。



カーナビがほしいよう(泣)

Reminiscence

あの頃の歌、いろいろ。みゆきとユーミン、抱き合わせです。

arima0831 at 03:01│Comments(10)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 長野 | 温泉/スパなど

トラックバックURL

この記事へのコメント

10. Posted by アリーマ   June 03, 2008 09:14
>Gingerさん
オトメなアナタはきっと喰い付いてくると思っていました。
ワタシの場合、脳味噌は短調らしいのですが、周囲に長調な女子が結構棲息していたのですよ。

>いぬわんくん
いつもお世話になっております。ははは。

>ちなみに20年前ちごて30年前やろー
誤差のうちだ、誤差。
9. Posted by アリーマ   June 03, 2008 09:10
>トリノさん
杉山清貴・・・え、トリノさんて意外に(?)お若かったり・・・?

湘南・・・確かに「湘南てどこ?」といわれたらワタシにも良くわからない。どなたか定義を教えて!

あと、オットは英語は問題なくしゃべれますが、それが旅行中役に立つかどうかは別問題なのであります。でも、我が家の場合は右脳に全エネルギーが傾いてるのだけはわかりました。
どーにかならないもんかしら?

まあ、脳内が右に凝り固まった夫婦(思想的でなく生理的に)って、それなりに面白かったりもしますが・・・でも無難にまとまって欲しいことのほうが多いかしら?
帰りの大渋滞で、どうでもいいようなことばっかり延々と5時間しゃべり続けられるのはありがたいですが。
8. Posted by いぬわん   June 03, 2008 08:32
いぬわんなんかでもって(´Д`) いぬわんなんかでもでした ちなみに20年前ちごて30年前やろー
7. Posted by Ginger   June 03, 2008 01:31
中央フリーウェイ=ユーミンって叫んで良いブログはコチラですか・・(^^;)

どこであろうと”ドルフィン”って名前のお店見るとソーダ水で、ルージュはマジックじゃなくて伝言で、キャンティワイン見てもミスリムで、盛岡の文字見るたびにロシア語みたいって思って、アジア往く度ラッサッサー。
昨日のランチは思い出せないけど、ユーミンは私の長調な脳みそに未だ刻まれておりますです
(短調な脳みそにはみゆきと言いたいのに、まさしが邪魔をする・・・(・・;)





6. Posted by トリノ   June 03, 2008 00:34
横浜市民的には、おっしゃる通り『サザン』ですね。
性別もありますが。
後は年代的に『杉山清貴』で。
ルート・ワン、スリー、フォー的なノリ。
20年位昔、鎌倉辺りで。
『湘南てドッチですか?』と聞かれて。
困ったあげく、江ノ島を教えてあげた記憶が。


旦那様。
語学に堪能でしたよね?
海外旅行では頼りになるのでは?
って間に合ってますよね(笑)。
昔、読んだ本に『語学&対人業務(右脳系)と機械&空間認識能力(左脳系)のスキルは両立し辛い』と書いてありました。
ホントかどーか知らないですが。

同じスキルを持つ相方が良いか、
違うスキルを持つ相方が良いか。
微妙ですね(笑)

ウチは相方が常識的な知識担当。
私が知らんでもイイ知識担当です。
これまたビミョー(笑)。
5. Posted by アリーマ   June 02, 2008 18:58
はにゃ。さん

いらっしゃいませ。
貴重な横浜地元証言(?)をありがとうございます。
そうか、やっぱりそうなんだ!
ユーミンが八王子だとは知りませんでしたが。

西東京のローカル性をいまさら確認したからどうなるもんでもないのですが、なんだかちょっと感慨があります。
4. Posted by アリーマ   June 02, 2008 18:55
>16Gさん
そうそう。
「フリーウェイじゃない!」という抗議が道路公団だかから出た話を聞いたことがあります。有料道路ですもんね。

>タコさん
西東京地区の場合、いわゆる「一般女子」にユーミン好きは多いです。おかまぢゃなくて。
中野杉並世田谷より西、みたいな感じだろうか?
ワタシの同級生女子の定番憧れは「ユーミンな青春」だと思います。ちょっと下だが、妹もそうでした。

>でも同時代でも、あたしは無理。

タコさんには無理なはずです(キッパリ)。
だってワタシも無理だもん(だからなんだ)。
3. Posted by はにゃ。   June 02, 2008 17:29
いつもとても楽しみに拝読しております。(この間「だんだん」行きました!)

横浜ローカルですので、ここはコメントさせて頂かにゃ、と初コメントさせてくださいませ。

ユーミンのその歌、ドライブのお供としてはもちろんよく聞いてましたけど、「自分とこの歌」って感じは西東京の方なんでしょうねー。ユーミン八王子出身ですもんね。

横浜市民的には確かにドライブは湘南に行ってましたし、サザンかもしれませんねぇ・・・♪♪

オフコースも自分とこのミュージシャンって思ってた感があります。(あれがあなたの好きな場所。港の見下ろせる〜〜♪・・とか)

ユーミンは「海の見える午後」が横浜市民的に「自分とこの歌」でした!

あー、なつかしや。
2. Posted by タコ   June 02, 2008 10:12
あたしの周囲はちょい年上のユーミン信者が多く、新宿二丁目のユーミンナイトにも行くので、オカマちゃんかそれに近い感覚をもつ人々がユーミン好きな気がしてます。

たくさん集まった小太りのオカマちゃんたちがユーミンの曲に合わせてうれしそうに口ずさむサマは、ハッピーオーラに包まれており、ユーミンな青春がちぃと羨ましかったりします。でも同時代でも、あたしは無理。
1. Posted by 16G   June 02, 2008 08:55
中央道はフリーウェイじゃないわい!
なんて言いながらビール工場や競馬場を後目に甲信越へドライブしてました、若造の頃。
そして若造だった時代は、中央道も勝沼あたりまで、関越道は前橋までしかなかったので、今の時代は草津も白骨もとても近く感じます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔