June 29, 2008

『大珍楼ぼうぼうこう』再び! 〜第二次攻撃 イヌ合同作戦の巻〜

前回のオハナシでナニカを不思議に思った人がいたら、あなたはとても正しい。
そう、いるべき存在が欠けている。
絶対に尻尾を振って攻撃隊に加わっていそうなヤツ・・・
嗚呼、そもそも尻尾があるヤツって・・・

いぬわんクンは、お仕事多忙のため涙の直前キャンセルだったのである。

楽しい会食の様子などを親切にお知らせしたところ、何故か急遽召集命令下る。
「本日夕刻0730ダイチンロウボウボウ!」と吼えるような電信文が
宙より飛来したのだった。

折りしもヒデー風邪引きのため薬膳スープを全身で求めていたワタシ。
素直に召集に応じて店に行けば、梅雨の蒸し暑さがたちこめる夜闇に一階の間口が
ぼんやりと光を放つ。
その向こうで「よおよお♪」と尻尾を振るいぬわん。
一瞬日本でないアジアのどこかで、怪しい現地のビジネスマンと秘密の打ち合わせに
向かうような気分になった。

ハツ炒め















「先になあ、注文しといたでえ」という「ハツの炒め」がすかさず出てきた。
ああ、この柔らかいのに不思議な弾力のある、この食感は一体なんだ?!
ハツってこういうもんでしたっけぇ〜?と、咽び泣く。
そこにフクロダケ、胡瓜、赤ピーマンなどの野菜が入って、食感がさらに面白くなる。
この店のものはずいぶん喰いまくったような気がするのだけれど、まだまだ知らない世界があるのだよ。

モツのロースイ煮















「もひとつ頼んどいたでえ」との言葉ともに現れた「豚モツのロースイ煮」。
ロースイとは「鹵水」と書くそうで、中国醤油に八角だの大蒜だの生姜だのなんだのを
入れて煮詰めたタレだ。
この独特の匂い、そういえば香港の街角や飯屋に確かに漂っている。

「そういえばココではまだ喰ってなかったよなあ」といぬわん。
噛めばじんわりといい旨味が染み出す。
そうだよ。この店はモツがウマイのだ。
臭みを抜いて旨味を生かして、さらに+αの味わいを加えて・・・

日本式や韓国式とはまた違う世界だ。
ううう、シアワセまるかぶりつきじゃ、とモツを噛み締める。ぐしぐしぐし。
ビールがうまい。

いぬわんクンと飯を喰うと、予想外のウマイモンが喰えるから楽しい。

ウコッケイのスープボウチャイ飯







「薬膳スーーーープ!」と啼いたら「おお、ええよ♪」とのことで
「烏骨鶏の漢方薬膳スープ」。
ちょうど二人分くらいの小さめの鍋に入って600円とお値段も優しいが、
それよりなによりスープの滋味が体に優しい。
ジンジン沁みますぜえダンナぁぁ・・・と、呻きつつ啜る。
こういうものが充実すると、ここのひとり御飯も悪くないよねえ、などとふと思う。

そして〆は、これだけは先日と同じ鹹魚(ハムユイ)入りのボウチャイ飯。
今回は別館にいた小姐がコンロをもってきて仕上げをやってくれた。

ここの場合、忙しいときは混ぜたくり仕上げ済みのものが出てくるのだが、
たまに気が向くとこんな風に、下ごしらえの済んだボウチャイを持ってきて火にかけて、
最後にジュジュジュジュと醤油タレを入れて混ぜる・・・などという楽しいところを
見せてもらえる。

ボウチャイ飯














ボウチャイファン再び!!
出来上がりまで大事に残しておいた、烏骨鶏のスープとともに〆にした。

蒸し暑い夜だが、外からちょうどよい夜風が吹いてくる。
この一階店舗、最初聞いたときはどうかと思ったのだが、こうして実際にまったりと
メシなど喰っていると、ちょっと「日本でないどこか」の情緒があってなかなかステキだ。
何しろ間口が広いので、一人でもふらりと気軽に入って座れる開放感がある。
これは以前の店舗になかったもので、個人的にちょっと嬉しい。
別に前は入りにくかったというわけでもないのだが、思いついてふと入って粥など啜る
なんていうことはちょっとやりにくかったのだ。

落ち着かなくていやならば二階に行けばよいし、出てくるものは同じだから
どちらに行くかはお好みで、ということだろな。


ランキングバナー人気blogランキングへ ぼうぼうワンクリ〜ック!
掘れば掘るだけうまいもんがある。大珍メニュー、おそるべし・・・。



スイート・スイーツ・香港 香港スイーツ店ガイドとシンプルおいしいレシピ

先月出た本。香港現地の甜品店ガイドブックとしても情報量豊かだけど、スイーツの
あれこれ、材料にレシピまでがっちり網羅。
中華スイーツに関心アリなら「買い!」の本です。オススメします。

arima0831 at 13:13│Comments(7)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 中華料理(2008.6~2010.12) | 横浜中華街

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

3月末、とうりすがりちんのこの悲しいタレコミからすべては始まった! しかし、タレコミを元に、この情報をアップしたら、まずはヨーコミち...

この記事へのコメント

7. Posted by アリーマ   July 01, 2008 10:27
るる♪さん

なかなかいい本ですよね♪
一見「いかにもな女子向けスイーツの本」なんですが、中身が詰まってます。
これでもか〜、と香港イキタイ気分を盛り上げてくれますねえ。

ボウチャイ飯なんかはトッピングを変えれば「普通の釜飯」だし、他にも普通で美味しいものは色々あるから、誰かオトモダチを騙して連れ込んでみるのも・・・点心類も色々ありますよ。
「女性お一人様」も、今の店舗ならば十分アリだと思います。是非どうぞ!
6. Posted by るる♪   June 30, 2008 22:14
この本、買いましたよ〜フッフッフ

大珍、まだ行けてません。
マニアックな食事ができるメンバーが周りにいなくて・・・
3回も行かれててうらやましいです。

>何しろ間口が広いので、一人でもふらりと気軽に入って座れる開放感がある

だといいんだけど。下見だけでもしてこようかな・・・。
5. Posted by アリーマ   June 29, 2008 20:22
>ひとりメシさん
こんどは大丈夫、だと思う(笑)
しかし、油断せず通わなくちゃいけませんね。
次回は揚げモツも食べてみたかったりして。

>よっさむさん
自分が思っていた以上にしつこい風邪で、微妙に調子がおかしくなって以来もう三週間近く。
どうにか復調してはいるけど、どうもスッキリ抜けてくれません。
今流行っている風邪は結構長引くそうで。

ご心配をおかけしましてスミマセン。
4. Posted by よっさむ   June 29, 2008 19:51
むーん。。。。
たびたい。

横浜再襲撃計画ねりねり中でし☆

滋味スープでひでー風邪はよくなりましたか?

毎日あり?更新がない。。
としくしくしてました。

よかった〜
3. Posted by ひとりメシ   June 29, 2008 19:09
鹵水あったんですね!
次回は食べなくちゃ〜
次行くまでお店続けていてほしいです。
2. Posted by アリーマ   June 29, 2008 14:18
いぬわんクン

うまかったねえ。
ああいうオープンスペース、なかなか中華街には似合うもんだと思いました。
これからの季節、ビール飲みながらああいう店先で蒸されつつ涼む(?)って、なかなかよろしいかも。

待望の再開なので、なんとかがんばって続けて欲しいです。
1. Posted by いぬわん   June 29, 2008 14:01
ウマかったなー
あの平日の夜の人のおらん中華街のオープンスペースとゆうロケーションがホンマ、アジアのどっかみたいでウマさも倍増!ダイチン夫人のトークもとてもよかった!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔