August 06, 2008

謎の店『上海厨房 友悠』@福富町 〜さっぱりワンタンスープがうまい♪〜

つちころりさんから情報をいただいた店。

友悠なかなか面白そうなので
何度か店の前は通ったものの・・・
中の見えない店構え。
しかもメニュー内容など何も外からはわからない。
なんか「お客を呼び込もう」という
ポジティブな空気が感じられん・・・。
しかも真隣は「特殊浴場」ときた。


前をウロウロしてたら、浴場入り口のアニキが不審者を咎める目つきになる。
まあ、確かに不審だろうけれどもさ。

でもつちころりさんの話では「ワンタンがけっこううまい」と。
蒸し暑い夕暮れ時、なんだか気分は「つるっとワンタンスープ」だ。
一人、突入する。

店内は意外や明るくコギレイ。
お客は行き場の無い寂しげなスーツのヲヤジ数名以外は中華系だ。

中華系は、どっかり座って何か食べてたと思ったら皿を出し下げしたりする。
こういう店にはよくあることだが、従業員と客の境目が不明である。

一部中華系女子らはヲヤジらの前に普通に座り込んで、皿の中身を分け合っている様子。
ウォーター色は感じられないけど、不思議な光景だ。
ヲヤジのクダ巻き系うだうだトークと中華系ねーさんらのコワレた日本語が独特の空気感を醸し出しではいるが、気にしなければ人畜無害なもの。
劇団ひとりを中華風に味付けたようなオニイサンが、親切丁寧に接客してくれる。

漏れ聞こえてきたところによると、今年は誰も彼も北京へ行ってしまうので、上海行きは意外に安いぞ♪とのことだ。
ううむ、行ってみたいなあ・・・なんて思いながらぼんやりする。

豚耳と葱の和えものまずはビールと豚耳。
葱で和えてきっちり辛くしてある。
化調が若干強い気もするが
ビールのアテにはなかなかよろしいようで♪
一見強烈に辛そうだけど
食べると案外そうでもない・・・
と思うのはワタシだけか?

最近ワタシ、どうも辛いものに耐性が強くなってきたらしいのだ。
この数年の研鑽(?)の賜物というヤツなんですか?

とりあえず、見た目ほどは辛くない、ということで。
ははは。

友悠ワンタン白濁したスープにワンタンがごろごろ。
メニューによると「ナズナ入り」。
日本では七草粥くらいのもんだが
上海ではよくナズナを食べるらしい。

けっこう大ぶりのワンタン。
皮がプリンつるんとしていて良い食感だ。


友悠ワンタン















寄ってみたがブレている。まあいいや。
レンゲの大きさと比べると大きさがわかる。
ナズナの味ってどんなもの・・・と思ったが、特に癖のあるにおいや味はなかった。

白濁したスープがサッパリしていて、ワンタンといいバランス。
化調風味がちょびっとジャンクだが、現地路面店風でウマイです♪
上海、行ったことないが。

小龍包小龍包をオーダーするのは
そこに小龍包があるからである・・・!

上海料理ということだし
まあ一応念のため頼んでみた。

冷凍だな、こりゃ。

メニューをよくよく見ると「アヒルの血の塊の炒めもの」だの「タニシの煮込み」だのと、かなり面白い食材をふんだんに使っている様子。
スタンダードな(?)モツ系料理各種もかなりソソル。
一皿頼んでみたかったが、それなりの値段だし一人じゃとても食べきれそうもないので
次回のお楽しみにとっておくことにした。
是非また何人か出来てみたい店だ。

上海厨房 友悠 
採点:★★★


つちころりさんの記事はこちらを参照。

店構えと隣の店さえ気にせずに、入ってしまえばこっちのもの・・・だろか?
夕方5時から深夜過ぎまで、お客さんがいなくなるまで営業するとやら。

〆炭につるんとワンタン。
なかなか良いかもしれないな♪
必要なのは、一歩踏み込むその勇気・・・(?)



ランキングバナー人気blogランキングへ
ワンタンメーーン♪
上海に行ってみたいよう。





一年中お世話になってるジェルクリーム。日焼け後の肌荒れに効きます。
ここの日焼け止めもかなりのすぐれもんです。


おいしい上海


小薇の愛しい上海料理 大切な人へのレシピ61品


arima0831 at 01:00│Comments(4)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 中華料理(2008.6~2010.12) | 日ノ出町・伊勢佐木町

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『????(旧『友悠』)』@福富町にて色々  [ 雑食日記 ]   March 01, 2010 00:07
かつて福富町の友悠という上海料理屋に2度行ったことがある。 最初は2008年4月。 2度目は2008年7月。 かのアリーマさんが気に入ってくれていた。 ふとしたことから、このたび約1年半ぶりに行ってみた。 店名が変わっていたが、同じ料理人が迎えてくれた。 お通し....

この記事へのコメント

4. Posted by アリーマ   August 07, 2008 19:44
上海人さん

現地路面店風の面白さって、イコール美味ではないもので・・・
まあ、そういうご意見があるのも理解できる店ですが。

ただこういう「ご批判コメント」をいただくのなら、出来れば具体的になにを食べてそれがどうであったか、という部分も書いていただけると参考になるのですけれど。
せっかくのご見識なので、もったいないですねえ。
3. Posted by 上海人   August 07, 2008 15:41
ここはオープン当初に行きましたが、たいして旨くもないし値段も高い!、と感じましたね。
厨師も本職ではなく素人だし。
1度行けば十分です。
客筋は小姐キャバクラの同伴が多いです。

2. Posted by アリーマ   August 06, 2008 23:00
つちころりさん

メニューだけ見ると前のめりに興味津々な内容です。
でも、あのワンタンだけ〆に、というのもありかと。
1. Posted by つちころり   August 06, 2008 22:49
ご紹介ありがとうございます(笑)

ここは中々楽しそうなメニュー構成なので、
色々せめてみたいですね。

タニシとか、特に…。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔