August 07, 2008

中華街『福満園』で陳麻婆豆腐 〜麻辣で暑気払いなのだっ!〜

夏の盛りに暑いアツイと愚痴るのは、たいそう愚かなことだと思うのではあるが
しかしそれにしても暑い。
愚か云々以前に、脳味噌は煮詰まって容量猫以下だ。
いや、密度が・・・と考えかけて、暑いからやめる。

煮詰まった脳味噌で、人間ナニが出来ようか・・・嗚呼、合掌。

オットと二人、鍼治療で二時間あまりも全身剣山プレイを楽しんだ後(やめろよそういう
暑苦しい冗談は嗚呼)『福満園本店』へ。

実は石川町駅の反対側にある『味香園』のほうが美味いなあ、というのが数回行ってみた
印象なのではあるが、なにしろ立ち止まったら目の前にあったのだ。

「四川」の文字が目に入れば、今の季節は脊髄反射的に「麻婆豆腐」だろ。
そうに決まっているぞ。

麻婆豆腐















座って注文したら、五分もたたずに出てきた「陳麻婆豆腐」。
花椒の「麻」な香が湯気とともにほわああんと立ちのぼるんだ、嗚呼ステキ。

なんでもこの「麻」の刺激は、蒸し暑くてだるい体の特効薬だとか。
季節問わず好きだか、確かに暑いと尻尾がよりきっちりピンと立つ心持ちだ。
麻辣効いた痺れる辛さがもうタマラン。

御飯をお茶碗一杯もらって、うふふへへへと喰らいつく。
一瞬ガツンと辛さが来て、ステキな痺れ感が間髪入れずに襲う。
店構えなりに上品でワイルドさは薄いが、バランスよくて大変美味しい♪

なによりも、この「魅惑の湯気」が自宅キッチンを一瞬も熱することなく
ひんやりエアコンの効いた店内で供されることが嗚呼なによりもシアワセだぞっ!
これ、真実心からの叫び。

ピータンと海鮮の煮込みそば間髪入れずに出た麻婆豆腐に続き
「ピータンと海鮮の煮込みそば」。
ここのそばなんかに入る海鮮自体は
どうも毎度固くてパサつき気味なのだが
ごっそり入ったピータンの旨味が
超コレステロール系な美味しさ。
蝦の粉のようなものが入って風味を増す。

風変わりな匂いや味がダメな人は泣いて嫌がりそうな一品ではあるが。

麻婆豆腐の上品なまとまり方からすると、こっちはいっそジャンクな感じさえする。
麻辣に痺れた舌には、コレもまたよし♪

ちなみにこの一品、某イヌ妖の口には合わなかった模様。

冬瓜と海老のスープ最後に出てきた「冬瓜と海老のスープ」。
ここのスープ類はサッパリ薄味で美味い。
冬瓜は形がわからないくらいまで
細かく刻まれていたが
冬瓜の味と食感がうっすら残る。
海老もどうやら入っているらしいけれど
刻まれすぎたか正体は見えない。

まあウマイからよかろ。
中華のオーダーとしては妙なのかもしれないが、麻辣な刺激で痺れた舌には
優しい柔らかい味でちょうどよい。

福満園 本店
採点:★★★★


お二人様とは嬉しいもので、これで一人2000えんくらい。
「もう一品・・・っ!」の衝動を抑えこむのに苦労したが、やっぱり夏はこのくらいでやめとくのが正解らしい。

ほんの一瞬だけれども、猛暑が遠ざかるような気さえした。
錯覚なんですけどね嗚呼。



ランキングバナー人気blogランキングへ
やっぱり夏はコレだなあ♪




レンジで茹でじょうず。火を見るより辛いことはない夏のキッチン対策に。便利です。


麻婆豆腐大全―なぜ?こんなに日本の家庭に普及したの!? (講談社MOOK)


arima0831 at 22:48│Comments(10)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 中華料理(2008.6~2010.12) | 横浜中華街

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 横浜中華街、福満園本館  [ 犬悔い ]   August 08, 2008 07:54
以前、「新館」で食ったランチがウマかった福満園。 ついに「本店」へ! あさりの葱生姜ああ! ああああああああああああああああああああ...

この記事へのコメント

10. Posted by アリーマ   August 10, 2008 01:34
本須さん

福満園で何度か福建系のものを食べたことがあるのですが、どうも海鮮だけは「?」です。
どうも品目によって当たり外れはあるようです。
どこの店でもあることですが。

味香園の四川は一品食べただけですが、そのときは美味しかったです。でも、他の人の話を聞いていると、こちらはけっこうムラがあるようですね。

どっちもワタシは好きな店ですが。
個人的にはウラブレ感の強い味香園により強い愛着は感じますが(笑)
9. Posted by 本須   August 09, 2008 23:40
最近あまり本店には行っていないので状況が分からないのですが、
前に食べた時は本店でも福建料理は悪くなかったですよ。

先の書き込みは、むしろ味香園の四川がイマイチの場合がある
というつもりで書いてました。

ただ、福満園グループではたまに人事異動があって、
傾向が(特に接客系)ころっと変わることがあるので、
最近の本店は状況が違うのかもしれませんね。

8. Posted by アリーマ   August 09, 2008 15:56
にっきさん

シャトルシェフか・・・なるほど、その手があるなあ。
うう、欲しいなあ。

衝動的にお買い物検討中。
どうしよう。
7. Posted by にっき   August 09, 2008 08:07
我慢できずに昨日、冬瓜と鶏ささみ&細葱&卵でスープを作りました。
ヌシ氏もご愛用、シャトルシェフを使ったので、一旦沸騰させたらあとは予熱でOK。時間さえあれば夏場には便利ざんす。でも熱いスープを飲む段階で大汗かいちまいました。
6. Posted by アリーマ   August 09, 2008 02:34
>いぬわんくん
あの海鮮は「具」と考えるとハラダチが理解できます。
過去の経過を考えると(実は数回行ってる)偶然とは思えないのよ。

しかし、ベースのスープはウマイ!
惜しいなあ・・・!

>にっきさん
冬瓜、いい出汁で煮て冷ましたヤツなんか・・・作ったら送って欲しいわ是非!

煮含める段階で「火がいる」と思うと萎えます。
電子レンジでどこまでやれるかなあ。
いや、案外良いかも?!
5. Posted by にっき   August 08, 2008 08:41
今日の私は麻婆豆腐より、冬瓜に反応したみたい。冬瓜食べたい。
この暑さでは横浜のチベット地域から海沿いの中華街まで辿り着く気力はなく、「いつか涼しくなったら〜」と念仏のように唱えるばかりです。それにしても暑い、暑すぎるぞ〜!
4. Posted by いぬわん   August 08, 2008 08:00
本須さんおっしゃるように四川料理がいいんでしょうねー。
それからたしかに、煮込みそばの海鮮はダシと割り切ればイイのかも。
でもそれだけマズい海鮮っちゅうことだわなあ〜
3. Posted by いぬわん   August 08, 2008 07:52
いや、煮込みそばはウマいと思ったよ。
クドすぎるし海鮮は最悪だったけど。。
今回の3品はセレクト力の勝利だ!
おめでとう!!
2. Posted by アリーマ   August 08, 2008 01:09
本須さん

ああ、なるほど・・・この本店て、辛くなくていいものが妙に辛かったりすることがあったんですよね。
ここで「四川」は初めてですし。

>華隆餐館ほどワイルドじゃないですが。

あの店の料理はちょっと「別世界のもん」ですものね。
とっても美味しいんですが。

ピータンの煮込みそば、海鮮はダシと割り切るとイケます。
最近「季節のメニュー」が別にあるようで、そこに載っています。
1. Posted by 本須   August 08, 2008 00:10
味香園と福満園ですが、福建系は味香園の方がおいしいものも
ありますが、四川系は福満園の方がおいしいと思ってます。
水煮牛肉もかなりいけますよ。華隆餐館ほどワイルドじゃないですが。

「ピータンと海鮮の煮込みそば」は未チェックでした。
かなりおいしそうですね。これは一度食べてみたいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔