September 02, 2008

KIKUYA de デート&ハッピーバースデー、ワタシ♪ 〜そしてヒメさんは元気なり・・・!〜

ハッピーバースデイ、わったし〜♪・・・(酔)

八月末日で45歳になった。
自分が生まれた区切りの日って、どんなときでも嬉しいものだ。
四捨五入でどうとかいうどうでもいい計算は、この際考えないことにする。
正直言って「イマサラなんだ」という気がするのだ。
負け惜しみじゃなくって、ですね。ホントです。

お誕生日だからケーキを注文する。
昨年クリスマスに『キッチン山田』で初注文を果たして以来、何故か何事かあるたび
なんちゃってケーキを頼む習慣になってしまった。
こうして人は「甘沼」にズブズブ嵌っていくのか・・・(怖)

当日にっきさんKIKUYAで待ち合わせ。
我がお誕生日向けに、ケーキをオーダーしたところまではよいのだが
結局家の近くまでご足労をいただくことになってしまった。
スミマセン・・・はは。

KIKUYAサラダKIKUYAのサラダからポテトが消えて
普通の野菜サラダになっていた。
ワタシは減量中でもあるし
もともとボリュームのある店なので
ポテトサラダにそれほど未練はないのだが
あったものがなくなると
寂しがる人も多い様子。

普段はお願いしてスープを一緒に先に出してもらうのだが、混む時間帯だったので
ちょいと遠慮。
実はあのスープは、メインと一緒に出てくるよりもサラダについてくるほうが
おなかがあったまっていい感じだな、と思っているのだ。
ワタシだけだろか?

KIKUYAバターマサラにっきさんはスリランカカレー。
ワタシは前回と変えてバターマサラにする。
トマト味でクリーミー。
辛さはややマイルド。
スリランカと二本立てで行くなら
個性の違いが出てよろしいんじゃ、と思う。
ご飯は少なめで頼む。


一人で食べていると感じないのだが、二人でアレコレくっちゃべりながらだと
ここはやっぱり量が多いのをしみじみ感じる。
いつもは一気呵成にガツガツいくので「こんなもん?」と思っていたが
しゃべりながら喰い、喰ってはしゃべり・・・と、ふとカレー皿を見ると、
中身があまり減っていないんである。

「けっこうな量ですねえ」とにっきさん。
「ううむ。すくってもすくっても減らない、不思議なカレーなんですよ」と、
つい常連ぶるワタシ。

にっきさんによれば「普通はこのお皿の半分がご飯でも不思議はない」と。
なるほど、そういう風に考えてみたことはなかったな。
そういわれてみればそうかもしれない。

本当にお会いするのは初めてなのだが、以前からよく知っている人のような気がして
なんとなく話が弾んでしまう。
ふと気がつけば、二人席待ちの人がいたので場所を空けた。

マラスキーノ・スライス















帰宅後、せっかくなので記念撮影をば。
マラスキーノ・スライスという。
アーモンド粉がたっぷり入ったスポンジにマラスキーノ酒がたっぷりしみている。
つい紅茶で食べちゃったが、これならばシャンパンでよかったなあ、と後で思った。
飲兵衛向けのケーキだな。
こういうものを上手に見繕ってくださるので、いつもにっきさんへのオーダーは
怪しい符丁にまみれた暗号電信分のようになってしまう。
毎度解読、ごくろうさまです・・・。

このケーキはクール便配送不可、ということで、わざわざお届けいただいた次第。
ありがとうございます。

本来ならば、そこで十分に恐縮するはずなのではある。
しかしここで「配送不能なケーキが食えるチャ〜ンス!」と、
あさましくも思ってしまうのだよワタシの場合。

シュークリーム
















そんなわけでシュークリーム。
嬉しくも「ヒメちゃんつき」だ。

こんな写真をタイムリーに見せてしまうにっきさんも悪いぞ。
ケーキはじめ甘いものに本来大して執着はないが、シュークリームやらエクレアは
ちょっと別なのだ。
しかしこれらは「配送不可」という壁が。
だからいつも指をくわえて写真を眺めていた次第。

ヒメ1箱を開けたとたん
ふと忍び寄る怪しい影・・・。
レプリカの向こうにリアルのヒメ登場。
ヒメちゃんは「クリーム・乳製品フェチ」なのだ。
「それちょうだい。ワタシにもチョウダイ」と
言い募って寄ってくる。
いいからあっちに行っていなさいってば・・・!

ヒメ2
む・・・?
なんだなんだ・・・?!
あっ、なにをっ・・・!!




ヒメ2
やめんかいっ!!

と、危ないところで追い払う。

まる一個くわえて走る体制だった。
まったくもう・・・。



にっきさんには申し訳ないのだが、一口二口ばかりシューをちぎって、カスタードを
載せてやったところ、狂ったようにかぶりついておりました。
ヒメさん、大喜び。嗚呼やれやれ。
まったく変な癖がついちゃったもんだ。

ヒメならずとも、このシュークリームは最高だ。
カスタードと生クリームがふんわり軽く混ざっていて、口の中で溶ける。
軽く塩気を含んだ香ばしいシューが、柔らかい甘味を受け止めて、これはタマラン。
初めてクリスマス用にマロンシューロールをお願いして以来、このシュー皮に
オットともども嵌っているのだよ。

シューロールシューロール







これは結婚記念日にお願いしたさくらんぼのシューロール。
これもヒメさんが鳴いて騒いで欲しがった逸品(???)なのであった。
記事を上げてなかったが、ついでに公開。
自家製サワーチェリーをちりばめたもの。

これも美味しかったのだが、忘れられないのが春先、オットの誕生日にお願いした
「苺のシューロール」だった。
雪解けのような淡い食感の生クリームに、ほんのり甘酸っぱい苺が入って
うっすら塩気のあるシューが・・・ああ、これが通年注文可なら、阿呆のようにこればっかり注文していたかもしれない。

オットはどちらも大喜びで、半分を恵方巻き状態で喰っておりましたな。

そんなこんなでもう既に4〜5回お願いしているのだけれど、毎度間違いなく
楽しいひとときとなっている。
すっかりケーキ癖がついちまいました。やれやれ。

ところで話変わって、ヒメちゃん近況。
世間では「飼い主とうりふたつ」といわれている猫だ。
にっきさんの感想も同様だったようで(笑)

実はヒメちゃん、年明け以来「悪性腫瘍持ち」と診断されていたのだった。
しかし最近あまりに元気一杯です、どうしちゃったんでしょう??
・・・と、主治医のドクターTに定期通院時に相談をしたら
厳しい顔つきで体中に聴診器を当て、体中を押し撫でさすり、目や口の中を覗き・・・

あまりに顔が険しく難しくなってくるので「ああこりゃあ最期のご診断が・・・?」
と覚悟を決めかけたところで

「・・・癌じゃない・・・」
「は・・・?!」
「やっぱり病理検査が正しかったんだ。癌じゃないよ」
「せんせえ〜」
「不思議なことだけど、この腫瘍は半年以上、まったく肥大していないんだ」

そう、ヒメさんの腫瘍、三月の某大学病院の病理検査では「悪性所見なし」と
出てはいたのである。
しかし顎骨の変形などなど、過去の山ほどある症例からすると99%癌です
という診断だった。
「病理が失敗することも、申し訳ないけれどあるのです」とお詫びまでされた
経過がある。

確かに一時期ひどく弱って、しばらくはろくにものも食べなくなった時期もある。
点滴を打ってもらいながら、ああこりゃあもう・・・と覚悟を決めていたのだけれど
何故か少しずつ食べる量が増えてきて、口から食べるほどに体が回復していくのが
目に見えるようだった。

食べることは生きること、と柄にもなくしんみり思った。
美味しいものはイキルチカラの源なのだ。

顎の骨は腫れて歯肉は傷み、もう高齢でもあるから油断もできない、とはいえ・・・
すっかり元気なヒメさんは、一日六回たんまり食べては健やかにクークー高鼾で眠り
遊びに出かけては「お土産よおぉぉっ!」と雄叫びをあげつつ
生きている蝉やらトカゲやら、挙句に昨夜に至っては
「コウモリの赤ちゃん(どう見てもアレはそうだと思う)」までくわえて帰ってくる。
オットには渡さず必ずワタシの目の前に置いてくれるので、どうやらワタクシへの
ご厚意のようで・・・(嘆)

無視すればよさそうだが、寝ていて起きていかないと、わざわざベッドの中まで
「ほらほら」と持って来てくれるので、例え深夜早朝であろうと「授与の儀式」は
執り行われるのだ。

ううっ、ありがとうね。ヒメさんはエライねえ・・・とありがたく押し頂いて
こっそり外にリリースするのだが、オットに言わせると「感謝が足りない」そうだ。
自分はもらえないから、ちびっとスネているらしい。
でも「目の前で喰って見せないとカワイソウ」はないだろう。
そこまで言うか?

そして外で鳴けば風流な蝉の声も、ひとたび家内に入れば耳をつんざくような
凄まじい音となるのを知ったこの夏。

それにしても元気になって遊び歩くヒメさんが、なんとも幸せそうに見えて嬉しい。
猫でも「健康のありがたみ」を実感することってあるのかしらん?



ランキングバナー人気blogランキングへ ←喜びのクリック!ほれ、ぽちっ!
お誕生日プレゼントは年中無休で受付中です(蝉、とかげ、コウモリなどを除く)。




コウモリ識別ハンドブック

猫がコウモリを差し入れてくれるご家庭に・・・。

泳いで帰れ (光文社文庫 お 36-2)

奥田英朗のアテネオリンピック野球観戦記。なんだ、穴は要するに同じじゃん・・・
という感想になるけど面白いです。

arima0831 at 13:20│Comments(19)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote カフェ、ケーキなど | 日ノ出町・伊勢佐木町

トラックバックURL

この記事へのコメント

19. Posted by アリーマ   September 04, 2008 09:10
kanさん

不安解消はめでたいのですが、毎日出かけては何かしらくわえてくるようになって、ちょいと頭が痛かったり・・・。
18. Posted by kan   September 04, 2008 01:21
誕生日おめでとうございます。

お姫様の不安もひとつ解消されて、ダブルでめでたいですね。
17. Posted by アリーマ   September 03, 2008 23:13
るる♪さん

ありがとうゴザイマス。
リアルなヒメちゃん、微妙にとぼけた顔をしておりますが、何かやらかす前はこんな顔をします。

シューだけ焼けるって、羨ましい。
アレならクリームチーズとサーモン、みたいな酒の肴系の組み合わせもよさそうだ・・・。
16. Posted by るる♪   September 03, 2008 21:18
お誕生日&ヒメちゃん回復の兆し おめでとうございます。
レプリカの向こうに映っているリアルなヒメちゃんの画像、ナイスです。
わたしにはソックリにみえました。

あと、そんなにシューが絶品なら絶対、先生から習わねば!

15. Posted by アリーマ   September 03, 2008 19:55
socitonさん

ありがとーゴザイマス。
最近日曜営業で、月曜はたまに休んでいるらしい。
14. Posted by sociton   September 03, 2008 12:55
おー誕生日おめでとーさんです。
KIKUYAもいいねー(^^♪
13. Posted by アリーマ   September 03, 2008 11:19
ヌシさん

しうくりいむは流石の逸品でやんした。
実は「ヌシさんも呼びつけて、ケーキ数種類オーダー」という企画が頭を掠めたんですが・・・あまりの暑さに話を詰める気力が湧かなかったんですよね・・・ゴメン。
12. Posted by 小径のヌシ(^−^)   September 03, 2008 08:17
5
お誕生日
おめでとうございますぅ (@゜▽゜)ノ。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆

… しうくりいむ (〃・¬・〃) イイナァ
11. Posted by アリーマ   September 03, 2008 01:00
>ひとりメシさん
お、旅から無事ご帰還ですね。

>そういえば私も8月生まれのお友達です(笑)

え、そうでしたっけ・・・?!
ではでは、合同お誕生日会でも!

>つちころりさん
確かにあのサラダはシンプルすぎてちょっと寂しいかも・・・。
初めて行く人には「十分過ぎるコスパ」という印象らしいけれど・・・難しいところです。

>とも2さん
ヒメちゃんは目下「緩やかに食事回数調整中」なのです。最近は比較的気楽にはなっていますが。
このまま本当に一日3〜4食くらいになってくれるとよいのですが。
10. Posted by とも2   September 03, 2008 00:50
改めまして、お誕生日おめでとうございます♪
ヒメちゃんも疑いが晴れてよかったですね◎

で、ヒメちゃんを置いてどっか…あっ、オットさんがいるか…
9. Posted by つちころり   September 03, 2008 00:30
オメデトウございます。

KIKIYAのサラダの変更は痛いです。
8. Posted by ひとりメシ   September 03, 2008 00:19
お誕生日おめでとうございま〜す。
ケーキもおいしそうだし、ヒメちゃんも元気になったみたいですし、よかったです♪
そういえば私も8月生まれのお友達です(笑)
7. Posted by アリーマ   September 02, 2008 22:41
しゅうるりさん

ありがとうございます。
おかげさまでヒメも元気です。
今日はソファーでダルビッシュくん鑑賞中、ワタシのお腹の上で長く伸びて寝ていました。
最近重くなったみたいです。

マラスキーノ・スライスは、にっきさんがわざわざ届けてくださったものゆえ、取り急ぎ喰い尽くしてしまいました。
確かに軽い味わいなので、食後にもよさそうです。
6. Posted by アリーマ   September 02, 2008 22:36
にっきさん

チベットからはるばるボンベイへ、遠征おつかれさまでした。
KIKUYAのカレーは確かに、ゆっくり誰かと食べると深い沼のようですね。
一人でイッキ喰い専門だったので、今まで気付かなかった。言われて初めて「そうか、これは量が多いのか」と気付いた次第。
そりゃあ毎度オナカイッパイになるわけだわ。

野毛の街自体は飲み屋さんが主体の「夜の街」なんだけど、昨今都市部では珍しくなった「軒の低い飲み屋街」として独特の空気があると思います。
確かに海も近いですしね。

「泳いで帰れ」など、奥田英朗の野球旅エッセイに結構はまっているのです。Number、知らなかったな。買ってこようかしらん。
5. Posted by しゅうるり   September 02, 2008 18:58
アリーマさん、お誕生日おめでとうございます。
先に師匠のアップを見てこてこて書き込みしてからあわててここに来ました。ヒメちゃんが元気になったのも本当によかった。

で、まだマラスキーノ・スライスが残っていたら是非ディナーの後のデザートとして食べてみて下さいね。単にそれだけ食べるより絶対美味しいと思うんだ。魚や肉をしっかり食べて、それから食べるとよいと思います。

なんならこの際ヒメちゃんゲットのトカゲやコウモリの後とかね。。。
4. Posted by にっき   September 02, 2008 18:38
いやはや、ご紹介どうも・・・。KIKUYAのカレーは本当に底なし沼のようでした。普通盛りご飯で完食した私ってスゴイ。でも次回は絶対「ご飯半分で、カレー2/3で、でも卵はまる1個、豚肉普通でお願いします」って言おう。しゃれのめしただけの田園都市線沿いのお店ならあのカレーであの値段ってことはないね。ぜったい平気で1800円くらい取るな。
 野毛の町・・なんか楽しそうなところでした。海が近いからかなぁ、開放感がありました。横浜の寒村とはちがうのね。また遊んでくださいね。
 それでもって私のほうも簡単な記事をUPしたところです♪

ああ、そうそう、奥田英朗「泳いで帰れ」は最近羊と二人して読みました。面白かった。で、Numberの北京オリンピック特集(先日出た刊)にも奥田さん今回の野球の観戦記書いています。併せて読むのもまた一興。
3. Posted by アリーマ   September 02, 2008 17:52
>里香さん
ありがとうございます。
8月生まれのお友達って、けっこういるんですか?

>いぬわんくん
をを、ありがとう。
2. Posted by いぬわん   September 02, 2008 15:49
おー
おたんじょうび、おめでとー!
1. Posted by 里香   September 02, 2008 14:14
遅ればせながら、
お誕生日おめでとうございますっ!!

8月生まれの人たちのお誕生日会を
やってみたいなぁと思いつつ、9月になっちゃいました〜。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔