September 16, 2008

関内『和茶房亀田』のアジフライがウマイ! 〜雨に降られて野球に振られた夜〜

ある晩、オットと野球観戦に。
雨が降るぞ降るぞ!という予想だったわりに終日いいお天気。
なんとかこれなら雨で中止はなさそうだ、と家を出て5分強歩いたら
にわかに空が暗くなってきて土砂降りだ。
まったくワタシの日頃の行いったら・・・。

関内駅で一応待ち合わせたが、どう見ても「雨で中止」の土砂降り加減。
根性なしの夫婦はあっさりと「晩飯」にシフトチェンジするのだった。

どっちにせよゲームのあとで行く先の候補は携帯に仕込んである。
こういう携帯の使い方だけは、ワタシやけに「こなれてる」と自分でも思うな。
格安優良刺身ランチの話をよく聞くので、一度行ってみたかったのだ。
ランチで美味い刺身が出るなら、夜の魚もとりあえず美味しいに違いない。

店に電話をしたら、カウンター二席ならなんとか、との由。
我ら2名で満席になったらしい。
夜も人気のある店なのですね。

アジ、サバ、生シラスなど、品数は多くはないけれどいい感じのオススメ品が並ぶ。
思ったより値段も安そうだ。
ちょっとした割烹のような店をイメージしていたのだけれど、ちょっと良い居酒屋
くらいの値段。雰囲気もざっくばらんで和やか。

実は隣の二人連れも「雨でハマスタ退散仲間」だったので、ちょびっと盛り上がる。

刺し盛り
















まずは刺し盛り。
サバは生と〆の二種あった。
この生サバが実に美味い。
脂が乗ってむっちりしている。
くふくふふふふ・・・と、つい怪しく笑ってしまう。
〆はちょびっと甘かったかなあ。美味しくいただいたけど。

イカ刺しイカ刺しも追加。
胴だけでなくエンペラも
盛り合わせで出てきた。
実は身のネットリも好きだが
耳のところのコリコリがもっと好きなので
これは大変嬉しいのだった。
いいぞいいぞ♪

刺身は確かに新鮮でよい。
御主人は横須賀の人で、地物の魚を横浜に出したい!と、横須賀から移転して
こちらに店を出したそうな。

この辺りで雨待ちしていたゲームが再開!というニュースが飛び込んできたが
こうなるともう「動くもんかモード」に突入している。

地アジのフライ
















まあ、ネタが新鮮ならば刺身が美味いのはある意味当然として・・・

珍しく「アジフライ」なんていう揚げ物を頼んでしまったのだが、
一口齧って二人「ををを!」とヨロコビの声。
軽くてサックサクの衣が、ふんわりとしたアジを包んでいるのだ。
汁気と脂もたっぷり。
サックリでふんわりでじゅわー。
けっへへへへへ・・・と、より一層怪しくなっていくぞ。

よく聞けば御主人は元々天麩羅の職人さんで、都内の大きな店で修行したとやら。
刺身もお値ごろで間違いないが、なるほど揚げ物がちょっと一味違うわけですね。
大ぶりのアジが二匹で幸いだった。
三匹あったらかなり醜い争いが起きていたに違いない。

他にもいろいろ頼んでみたが、とりあえずここのフライはまた食べに来たいなあ♪
ワタシは「脂」は大好きだが「油もの」はそれほどでもないし、オットは揚げ物が
ハッキリと苦手。
でもこのアジフライはオカワリしたかった。
理性がかろうじて二人を止めたのだが。

実はひっそりと揚げ油にもコダワリがあるようだし、メニューを見ると「串揚げ」なんてもんもある。
刺身もよいけどフライもね♪の店だったのである。
もちろん元の魚がよいからフライだってウマイのだけど。

焼酎ただし、焼酎の揃いが無いに等しいのは
焼酎派にはちょっと寂しい。
日本酒はそれなりにいろいろあるのになあ。

お店のオリジナル、という焼酎・・・
頼む前にドコのナニ焼酎か尋ねればよかったな
とかなんとかツブヤキながら
ヤケ気味に一本飲み切ったのだが。

実は中国輸入米転売事件の前だったのでもある。
事件の後だったら「ゴメン」と言って別のものにしていた、かなあ・・・。

ちなみに焼酎が安かったこともあるのだろうけど、お勘定をしたら本当に
普通の居酒屋価格でちょっとびっくり。
結構他にも飲み食いしているのにな。
焼酎がちょっと残念だったとはいえ、いいお店です。

こんな魚がランチで安く食べられるのなら、是非昼にも行かなくっちゃ♪
アジフライ定食なんて、あればもっと嬉しいのだけど。

和茶房 亀田 
採点:★★★★


それにしても「あの事件」以来、ただでさえ芋や麦に押されてマイナーだった
熊本の米焼酎が、すっかり沈んでしまったような気がしてならない。
魚なんかとあわせるには安くていいものが結構あると思うのだけれど。
極私的には芋や麦より米のほうが、料理に合わせやすくて好きなのだ、ワタシ。
熊本県球磨群出身のオットに相当洗脳されてるところはあるが。
彼にいわせると「本州の人間に飲まそうと思うからいかんのだ」となるわけだが。

そういえば昔よく通った野毛の某店は、たぶんどこより早く焼酎を揃え始めた店だ。
その後、焼酎ブームが到来してさぞや喜んでいるかと思ったらそうでもなくて
「いや、ここまで有名どころが大量生産になると今度は原料の出所が不安だ」と
マスターがぶつくさ。

確かに、芋が足りないから不動産業者が芋作りに進出した、なんて話もあったな。
まさか米がこんな事態になっているなんて、つい考えてもいなかったけど
普通に考えればありうる話だろう。
いままで専ら地産地消で賄ってきたものを、全国展開向けに大増産するのだから
歪が出ても不思議はない。

そうなると麦なんかも心配になってくる。
実際、芋・米・麦など問わず、味の落ちた蔵も少なからずあったようだ。

いまから確か3〜4年前の話だと思う。
最近なんとなく深い理由なくご無沙汰している店なのだが、
なるほどこういうことか・・・とイマサラに妙に感心している今日この頃。
久しぶりに顔を出そうかしらん。



ランキングバナー人気blogランキングへ ←今夜もぽちっとヨロシク♪
ちなみにゲームは再開したが、結局ベイスターズ優勢のままノーゲームでした(惜)




熊本の『文蔵』。そう高くもないしウマイ焼酎です。


魚を喰らう (ORANGE PAGE BOOKS 男子厨房に入る)


arima0831 at 10:30│Comments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 和食 | 関内

トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by アリーマ   January 08, 2010 13:29
おかちゃんさん

え〜〜!
そんなことってあるもんなのですね。
世の中って狭いなあ。

何はともあれ、見つけてくださってありがとうございました。
ベイスターズは、今年はガッチリ補強をしたことだし、何とか頑張ってAクラスの夢(?)を見たいものです。

最近なんとなく更新が滞ってますが、そろそろ復活するのでまた是非遊びにいらしてくださいまし。
3. Posted by オカちゃん   January 08, 2010 08:52
5 アリーマさま
初めまして。

ではないのであります、実は…

何を隠そう、この「和茶房亀田」記事に書かれてあります「カウンター隣のハマスタ仲間」の片割れなのです。
しばらく、亀田さんに行っていなかった為最近の状況をチョイと調べたく探していたところアリーマさまのブログが目に止まり…
なかなか面白く読んでいると、!!デジャブ??

いえいえ、覚えていましたともお隣さま!
早速、相方(家内)に報告したところ相方も覚えており、「凄い〜こんなの有るんだ〜!」と。。

他の記事も読ませて頂きましたが、行ったことの有るお店や徘徊エリアのお話しが楽しく、これからマメにアクセスさせていただきますね。

以後、お見知り置きください。。

2. Posted by アリーマ   September 17, 2008 23:54
ななしの飲ん兵衛さん

いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。

ランチにもフライがあるんですね!
是非とも行かなくては。
1. Posted by ななしの飲ん兵衛   September 17, 2008 21:30
5 初めまして
いつも楽しく読ませていただいております
お昼にも、『地魚フライ定食』というメニューがありまして、鯵フライが食べられます!いつも鯵ではないのかもしれませんが…
よく行くお店が登場したので、何だか嬉しくて初コメントしてしまいました(^-^;
失礼いたしましたm(__)m

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔