September 26, 2008

大分・佐伯遠征してきました 〜大分・熊本ぶらぶら 其の一〜

姪の結婚式があって大分は佐伯に遠征してきた。
ついでにオットの郷里の熊本は人吉にも足を伸ばして4泊5日。

この姪は横浜に遊びに来たこともある
ずいぶん昔の話かと思えば、一年半ほど前のことだ。
ほお。
ブログなんてやってると、こういう日常の記憶がグタグタにならんでそこそこ整理されているので結構なことだ。

血のつながりもないのに、叔母によく似て美人の姪なのである。
しかもいまどき珍しく素直で真面目な箱入りときた。
誰じゃ、こんな姪を嫁に貰う運のいい男は・・・と厳しい目つきで新郎を検分したところ、背は高いが腰の低い、爽やかなイケ面好青年が現れた。
単なるモヤシのようなヒョロナガ男ではなくて、いかにも日当たりも空気も良いところでスクスク素直に大きくなった雰囲気だ。

ちなみに背がおそろしく高い。
ちょっと距離を置いて見ていたら、並んで立っているウチのばかでかオットが
小さく見えたので驚いた。
日本ではまず見かけない光景なのではある。

なにはともあれめでたい。
嬉しいことです。

そんな次第で大分へ。
改めて地図をよくよく見ると、なんとも不思議な形の県だ。
佐伯は海沿いの漁港の町で、大分といってもむしろ宮崎に近い。
大分空港から結構延々と長いドライブになった。

佐伯港のどやかな空気の港からは
四国行きのフェリーが出ている。
方向音痴のワタシには掴みがたい話だが
どうも愛媛県は目と鼻の先らしい。
はるか向こうに見えてる島影は
ひょっとして四国なのか・・・?
地図が確認不能なのでよくわかりません。


なぜ地図が確認不能なのかといえば、実はこれを書いているのが自宅じゃないからで
なぜ自宅で作業ができないかというと、帰宅後パソコンを立ち上げてしばしのち
突然画面が「プン」とかナントカ言って落ちてしまったからだ。

壊れたらしい。よくわかんないけどたぶんそうみたい。
嗚呼ああ・・・。
若くて美人の姪の自慢をするだけで、あえて紹介すらしてやらなかった
周辺生息独身♂的魑魅魍魎妖鬼怪異どもの呪いなのであろうか?

大分・熊本ほにゃららぶらぶらの顛末は、そういう事情でユルユルと上がる予定です。

今思ってみると、あちこちで振られ続けた話シリーズ化できそうなあたりから
ヤヴァい前兆があったのかも知らん。
まあ、しょうがないですね。
超級悪天候女のワタシが、この台風のなか雨にも祟られずにすごせたのは幸いで、
これはひとえに姪の人徳だろうなあ、と妙に納得してみたりするのだった。



ランキングバナー人気blogランキングへ ←今日もぽちっとヨロシク!
ともあれメデタイ♪

追伸:
入れ替わりで(?)いぬわんくんは復活してます。
イヌ妖型フィラリア治療には、やっぱりうまい中華が効くらしい。




佐伯の柿の葉寿司(食べそこねた)


るるぶ大分別府―国東湯布院 (’07) (るるぶ情報版―九州)


arima0831 at 19:03│Comments(15)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 風景 | 大分

トラックバックURL

この記事へのコメント

15. Posted by アリーマ   October 02, 2008 14:35
トリノさん

ううむ、確かにお忙しさが伝わってくるような・・・???
14. Posted by トリノ   September 28, 2008 22:41
ネタ的には、SEIKOmtd様辺りにお譲りせねばならないのでしょうが。
昨晩「イツザイ」なるテレビを見てから、どうしても頭から離れないので、書き込ませていただきます。

「青い珊瑚礁」の節で。

『あぁ〜
 私の姪はぁ〜
 南のぉ、国で結婚すぅるわぁ〜』

・・・。

最近、忙しいです。
土日共、出社だったり。
13. Posted by アリーマ   September 28, 2008 15:00
>にっきさん
「悪」が余計だと思う!

それにしても、ついこの間まで朗らかに幼かった親族の子供たちが大きくなるのって、本当にあっという間なもんです。
15歳かあ。
足のサイズからするとまだ背が伸びるんでしょうか?

>とも2さん
高台から四国の方を眺めてみたかったのですが、時間取れず。
高知の宿毛までフェリーで3時間ちょっとだそうです。
この辺の船便て、調べたら面白そうですね。
12. Posted by アリーマ   September 28, 2008 14:49
>ヌシさん@周辺生息独身♂的魑魅魍魎妖鬼怪異 其の伍ぐらぃ

ゴメン、うっかりスルーしてました…ネカフェだ携帯だと慣れない環境で作業してるのでお許しあれ。

でも其の壱は誰でもわかるとして、弐から四て誰?

>ぺけ助さん
おほめにあずかりありがとうございます…。

>つちころりさん
確かに鯖がバカウマでした。
しかし、なぜか鰺を食べ損ねたのが悲しい!!
あのあたりの魚の鮮度は抜群ですねえ。
11. Posted by ぺけ助   September 28, 2008 10:56
日記さん>(日本人なら)女の子で25.5って大きいですよね。私は26.5ぐらいですから。
とも2さん>へ〜。
10. Posted by とも2   September 28, 2008 10:39
佐伯市のHPをみると「鶴御崎自然公園」というところからは四国が見えるとのことです。
ちなみに60メートルの高さに立てば、30キロ先の水平線/地平線がみえるそうです。

ゆるゆると大分・熊本ぶらぶら話の更新をお待ちしております♪
9. Posted by にっき   September 28, 2008 06:19
>超級悪天候女
というのを「候」の一文字をすっとばして読んで「そうだよなぁ、可愛い姪っ子を鼻先にぶらさげて周辺生息独身♂的魑魅魍魎妖鬼怪異どもをからかうなんざぁ、超級悪天女・・・?これって堕天使の仏教バージョン?悪天女?」とマジに考えておりました。

ゆるゆると大分の美味しい話を更新してください。姪御さんご結婚おめでとうございます。私にもそんな良き日がやってくるのでしょうか?姪っ子はまだ15歳だけど足のサイズが25.5あるのよねぇ・・・。
8. Posted by つちころり   September 27, 2008 22:59
大分といえばやはり新鮮な鯖と鯵では?

刺身がべらぼうに旨かった気が…。
青魚というより白身でしたね〜。

楽しんできて下さいませ
7. Posted by ぺけ助   September 27, 2008 19:15
10日おきぐらいにでもこれだけ書ければちゃんと更新している部類に入ると思いますよ。

数ヶ月も記事が無かったりする人とかも見かけますし。推敲して投降したはずの記事が、急に消えたり
内容が変わってたり、する人もいます(私です)。
ブログ命ならいざ知らず、分量や写真もはいってますし、しっかりやっているほうだと思いますよ(もっと多い人も見たことありますが)。

もし、適当なブログだといいたいなら「随分前に姪の結婚式にいきました。
はじめてみた景色がよく、写真に写っているのは四国?かとおもったりしました」
大人の人が推敲している文でも、こうゆうのはいますよ。私もです。

歳下でほめてるだけなのでしょうか?

文が伸びましたが、最後に下の文章で真面目にやったえると思いました>ブログなんてやってると、こういう日常の記憶がグタグタにならんでそこそこ整理されているので結構なことだ。
6. Posted by アリーマ   September 27, 2008 11:38
よっさむさん

広島の人だったんですね。高校の修学旅行で行ったきりで、また行ってみたいものですが…なかなかチャンスないなあ。
牡蠣の季節にでもイキタイなあ。
5. Posted by アリーマ   September 27, 2008 11:31
ヌシさん

実はハタチの姪がもう一人下にいたり…へへ。
4. Posted by アリーマ   September 27, 2008 11:29
ペケ助さん

更新を真面目に…?
今一つ意味がはかりかねますが、あくまでもテキトーにやってます。

地図は結局未確認ですが、アレは四国じゃないんですね。
なるほど。
3. Posted by よっさむ   September 26, 2008 22:25
え、広島は来ないのですか?
待ってますよぉぉぉ〜
呪ぃぢゃあ Ψ(*σ∀σ)Ψ ウキャキャキャ…

と、まあ冗談はさておいて
ユルユルと上がる予定の大分・熊本爆食日記を楽しみにしていまーす♪
1. Posted by ぺけ助   September 26, 2008 20:58
3 お久しぶりのぺけ助です。
アリーマさんが更新を真面目にしてるだけだと思います。

Yahoo地図で確認しましたけど、左伯市(さいき。大分県にある)から四国は見えないと思いますが

間に大人島とか竹島、三栗島や八島などがあるみたいです。
県表記?の状態での地図上で、30キロメートルぐらいは離れてるみたいです。正確にはわかりませんが。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔