October 26, 2008

タイ料理『イサン・クラシック 横浜ドリーム』@伊勢佐木モール脇 〜怪しい店だが実はウマイ・・・〜

伊勢佐木のオデオン近く。
非常に目立つ明るい大通り沿いにあるタイ料理屋。
しかし、地下に向かう階段の入り口あたりに微妙な「魔窟ムード」が漂うもので
タイ料理気分な客を片っ端から萎えさせているらしい。
一時期営業していないようだったが、いつの頃からか再開している。

イサンクラシック伊勢佐木モール裏『延明』に比べれば
はるかに明るく普通な構え。
定食980円は朝から晩まで出ていて
ボッタクリでもないのは明らかだし
ランチなんか夕方5時まで。
価格的には激安とは言わぬまでも
良心的だと思う。
ナニが店に入る足を阻むものでありませう。

あ、薄暗いのは夕方遅くだからです。
店のオーラではない。

ところで、あちこちで出ている店名は『イサン・クラシック』になっていて、
ワタシも一度確かにその名前の店に入った記憶があるのだけれど
いつの間にか店頭からその名が消えているのは何故だ?
正式には(?)『イサン・クラシック 横浜ドリーム』だったものが、
店の入り口だけ見ると『横浜ドリーム』と下半分だけになっていて、
こうなると店名だけでもひどく怪しげだ・・・。

しかしどうにもカレーが食べたい気分の夕方、KIKUYAがまさかの臨時休業。
募る空腹とカレーに向いた欲望を抱えてふらふらしていたらちょうど店の前だ。
ええい、と入ることにした。
初めてでもないのに、妙な勢いがいる店だなあ・・・。

階段の下から明るい「いらっしゃいませー!」の声。
スタッフの接客は明るく丁寧なのである。
それは以前にも来てわかっていたことだが、改めてそう思う。

店内は改装したらしい。
以前よりも雰囲気が多少とはいえ明るくなっている。
一昔前にアヤシゲな飲み屋なんかにおいてあったようなイメージの
臙脂色別珍ソファー(ところどころススケほころび有り)は健在なのだが
夏休みの家族海水浴向けな花柄の四角いクッション(色はブルーかオレンジ)が
センスのよさはともかく怪しさを緩和しているみたい。

イサンクラシックグリーンカレーのセットにした。
980円セットは他にもいろいろある。
ふわんといい香りが漂う。
安いセットなりにハーブや具材は
タイ風のものを結構きちんと使っている印象。
赤いトムヤム風のスープには
パクチーもちゃんと入っているぞ♪


グリーンカレー鶏肉のグリーンカレーには
ピンポン玉大の小さな茄子やら
パイマックルーやら
細身のバジルやらレモングラスやら
とりあえずなんちゃって系のエスニックでは
まず使わなさそうなものがいろいろと。
安い定食なのでかなり嬉しい♪

辛さは控えめだったけど、言えばきっと調整してもらえるのだろう。
ワタシにはこのくらいでちょうどよいです。


ヤムウンセン温かい春雨サラダ「ヤムウンセン」
ひき肉の出汁にレモンの酸味と
赤たまねぎの風味がシンプルに絡む。
パクチーやチリの刺激もあって
なかなかウマイ!

そうそう、以前来たときにも
味はよかったのだったな。

会計を済ませて振り返れば、二人の店員さんが「コップンカー」と合掌して見送ってくれて心和んだ。
接客も好感度高い。

店内も以前に比べれば明るくなっていると思う・・・以前に比べれば!

でもやっぱり、店内インテリアが味と接客のポイントを惜しみなく奪うところは
あるかもしれない。

がんばれ、もう少し!と、勝手なエールを送ってみる。

イサンクラシック (タイ料理 / 伊勢佐木長者町、日ノ出町、関内)
★★★★ 4.0





ランキングバナー人気blogランキングへ ←一日一回ぽっちりどうぞ。
店名の謎は結局聞きそこねましたとさ。誰かご存じない?



缶入りタイカレーなど。

タイの屋台図鑑
タイの屋台図鑑

料理オーダー用のタイ語解説が便利。

arima0831 at 15:25│Comments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 東南アジア | 日ノ出町・伊勢佐木町

トラックバックURL

この記事へのコメント

8. Posted by アリーマ   March 21, 2010 23:11
湘南のJOHN LENNONさん

するとこの時のコックさんはもういないのですね。
そういえば最近ゴブサタだなあ。

以前は午後通しだったけど、最近は間に休みが入るようになったみたいで、何回か行きそこねた記憶。

もうちょっと暖かくなったら、また是非出かけたいです。
7. Posted by 湘南のJOHN LENNON   March 21, 2010 18:57
5 はじめまして!
古い記事へのコメントですみません。

このお店、小生も大好きなお店です。このお店に2008年12月末までいたコックさんの料理が大好きでした。最近は行っていませんが、あの雰囲気は結構好きで、料理も落ち着いて食べることができますね。
日本人向けにアレンジしてしまっている若葉町のお店群より、よりディープなタイ料理が楽しめるお店だと思います。
6. Posted by アリーマ    October 27, 2008 11:15
つちころりさん

ワタシはタイ料理は好きだけれども突っ込んで詳しいわけではないので、マニアックな人がどう思うかはわかりませんが、若葉町辺りのタイ料理店の群れなんかを考えると他の地域よりは現地に近い料理が食べられる街なのでは?と思えます。
不毛と呼ぶのはちょっと厳しいのでは?

あのへんの店は原則タイ人相手で、よく行く人によると「値段が二重構造」と聞きました。
同国人だと別価格らしいです。
よくある話ですけどね。
5. Posted by つちころり   October 27, 2008 06:50
横浜ってタイ料理不毛の地というイメージが…。
アリーマさん的にはここはアリな感じですね。

横浜タイ人多そうなのに、何かタイ料理屋が
少ないような気が…。
(不法就労が多いから?なんて変な仮説)
4. Posted by アリーマ   October 26, 2008 23:53
えー、そんなことあったっけー?
そうだったか。

華隆や延明とは違った怪しさいっぱいだよ。
独特の東南アジア的熱と陰、ていうかなんていうか。

結構うまいんだけどねー。
今度また行こう。
3. Posted by エラワンイヌワン   October 26, 2008 23:35
あ、いや。
夏、華隆の帰りに前を通って、今度探検しよう、と言ってたからな。
しかしホント、妖しいよな、横浜ドリーム(´д‘)
2. Posted by アリーマ   October 26, 2008 23:31
いぬわんくん

勝手にって・・・
地味なお一人様ランチだってば。
1. Posted by いぬわん   October 26, 2008 17:16
あー
勝手に喰ってるー!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔