February 06, 2009

中華街『北京飯店』で北京ダックなど 〜そして小龍包ラヴ♪〜

水餃子フェチと言われつつ、小龍包ラヴなワタシでもある。
独立したカテゴリーまで作ってあった。
このブログを作ったときに、深い考え無しに作ったカテゴリーなので
ワタシも忘れてることが多いが。

小龍包、以前そうしょっちゅうあちこちで見かけるものではなかったが、
最近は増えたなあと思う。
しかし、まず滅多と真実ウマイやつにお目にかかることはない。
出現頻度が増えた分、がっくりくる回数が増えた。

そんな中、行けば絶対にうまい小龍包の店といえば『北京飯店』だ。
以前は1500円の8個入りしか出ていなかったが、しばらく前に「ハーフ」という
お得なポーションもできた。

小龍包をあちこちで食べてみて思うに、これって意外に同じ店であっても
出来不出来に差が出るものらしい。
包子自体が同じ出来でも、蒸し加減や出すタイミングなどで変わる。
同じ店でもアタリの日とイマイチの日がある。
でもここの小龍包だけは、ごくたまに破けたのが出ることはあるものの
ほぼ安定していると思う。

そんなある日、珍しく「中華街で普通の中華」というリクエストが来た。
大分で先日結婚式を挙げた姪が、新婚旅行の帰りに横浜に寄るという。

お祝いがてらか・・・と、東門脇の北京飯店に向かう。
普通の料理も食べてみたかったが、お祝いとなれば北京ダックくらい気張れそうだ。
ふっふふふ♪

既にもう、誰を何のために祝うかという目的がどこかに霞み、オノレの食欲のみが
先に先にひた走る。
いつものことだけれどね。

ちなみにこの店、場所が何しろわかりやすいんで、不案内な人とでも
気楽に現地待ち合わせが出来る。
東門の真横なので、日本語に不自由なければ誰でも辿り着ける。
中華街で一番場所のわかりやすい店、かもしれない。

前菜盛り合わせ春巻








左は前菜盛り合わせ。
湯葉巻き、くらげ、茄子の冷菜。
なかなか手間のかかった上品な味わいだ。
特にうっすら甘い汁が滲みこんだナスが旨かった。
ビールが進む。

春巻は外パリ中しっとり。
上々の出来だ。

ここ、確かに料理はウマイのだな。

北京飯店 小龍包何故か写真を撮り忘れたので
写真は古いのだがいつもと変わらぬ
汁気たっぷりたぷたぷ小龍包。
上端をそっと箸でつまみ
ふるふるする包子を持ち上げて
レンゲで汁を落とさぬよう構えつつ
下のほうをちょびっと齧り
溢れ出る汁をチュチュとすする。

ここの汁は薄味だが実にウマイ。
猫舌なので、汁をちょっと啜ってからレンゲに乗せて一休みし、フウフウ冷まして
おもむろにエイっと口に放り込むのである。

ああ、至福♪

姪が「おいしー♪」と喜びの声を上げている。
ほっほほほ、そうでしょうそうでしょう♪

北京ダック
















そして北京ダック。

見たところ、四枚の茶色い紙が皿に盛られて出てきた感じ(量はハーフ)。
はっきり行ってショボイのだ。
まあ、4000円かそこらで銀のワゴンを期待するのが間違ってるんだろうがな。

店のオバサマがやってきて、手際よく皮で包んでくれたのに齧り付く。
噛むと甘味のある香ばしい脂が口中に広がった。
おお、コレハウマイではないか・・・!と口元を緩ませていると、一瞬遅れて姪が

「これっ!すんごいおいしいーーー!!」と叫ぶ。

よかったよかった。
人生初北京ダックにしちゃあ見た目がショボイから、そこんとこでガッカリされると
連れて行ったワタシも悲しい。
素直にウマイと思ってもらえれば、それが何よりなのである。
実際、世間によくある見掛け倒しの「なんちゃってダック」に比べれば、
こちらは正しい北京ダックの味がする。

豚肉甘味噌炒めスープ







エビチリ五目焼きそば








豚肉炒め、スープ、エビチリに焼きそばと、実にオーソドックスなライン。

本来「エビチリ」という料理だけはどうにもうまいと思えなかったワタシだが
ここの場合はソースの味が実に良いし、大きな海老も食感ぷりぷり。
素直にうまかったです。

この日のメニューは以下の通り。
無難にコースを取ったのだ。
これに北京ダックと焼きそばをつけたら、激しい爆量となった。
そうそう、小龍包ハーフも追加しました。ハッキリと喰いすぎ。

「人気の特選点心コース(3150円)」
 ・本日の前菜三種盛り
 ・エビ蒸しぎょうざ
 ・ショウロンタンポウ
 ・春巻
 ・エビのチリソース
 ・豚肉の甘味噌炒め
 ・花巻(蒸しパン)
 ・イカのすり身の澄ましスープ
 ・杏仁豆腐

この店は一品の単価が高いので、コースが意外にお値打ちだ。

ちなみにこの杏仁豆腐だけはダメダメだった。
何故こういうところの杏仁豆腐ってダメなのかねえ。
安直なフルーツポンチの一種と、日本伝来の段階で大きく「誤訳」されているのか?

悟空茶荘『悟空茶荘』でお茶がてらリベンジを図る。
ここの杏仁豆腐はちょっとハイカラだが
口当たり滑らかで香りよくとてもステキ。
この時期痛みきっていた喉を
気持ちよくひんやりと滑り落ちて
胃もさっぱりする。
本当に肺や腸を潤す薬効があるそうで
喉や胃が心地よく感じるのは
あながち気のせいでもないらしい。

姪夫婦はそのまま大分に戻るということなので、『紅棉』の蛋達(タンター)を
6個買ってお土産に押し付けた。
たまたま焼きあがったばかりのタイミングにぶつかったのだ。

美味しく食べてくれたかなあ?


ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
やっぱりここの小龍包が一番好きだ。ウマイです!




北京ダックって、やはりこんな姿をイメージしてしまいますがね・・・。


やつがれとチビ―絵本漫画
やつがれとチビ―絵本漫画
クチコミを見る

「くるねこ」にずっぽり嵌ってしまった。こちらはちょっと切ない話。泣けます。

arima0831 at 15:35│Comments(19)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 中華料理(2008.6~2010.12) | 横浜中華街

トラックバックURL

この記事へのコメント

19. Posted by アリーマ   February 14, 2009 23:32
kotoさん

上の海老は大きい殻付きだったからおなじものでしょうか。
パイコウは排骨?

もうちょっと安いと気楽に麺飯+αでふらっと入れるんですけれどねー。
一品頼むとなるとランチ頼み・・・ランチはお値ごろらしいので、一度是非行ってみたいのですが。
18. Posted by koto   February 14, 2009 21:49
あそこは何を食べても外れがないが、コレは食べておけが数品あります。
・車エビのチリソース(カラ付き)
・タンツウパイコウ(字忘れ、パイコウの甘酢餡掛け)
・小籠(湯)包

です。お試しあれ
17. Posted by アリーマ   February 11, 2009 10:00
つちころりさん

いいなー。
ああ、ワタシも久しぶりにどっか行きたい。
16. Posted by つちころり   February 11, 2009 09:30
ワタシは昨日まで香港でした。
15. Posted by アリーマ   February 10, 2009 23:22
kanさん

この店の場合「隠れている」というよりは、あまりに目立つ店の姿が逆に目くらましなのかも・・・。
14. Posted by kan   February 10, 2009 23:10
おひさしぶりです。

ウマい小龍包は意外な店に隠れてるんですね。
13. Posted by アリーマ   February 10, 2009 00:32
通りすがりさん

なぜ皮だけ?
さあ、どうしてでしょうね??

皮だけスタイルの起源を考えると、それはそれなりに興味深いです。
肉も食べるのは広東式、皮のみは北京式・・・という説はあります。ダックの種類が違う、という人もいます。
昔むかし亡父が解説してくれたところによると、肉の部分は味が落ちるから、美食家は一番うまい皮のところだけ食べるのだ、ということですが(肉は賄いになるんだそうです)。

皮の旨味を極めると言う意味ではこのスタイルも「あり」だと思います。
詐欺云々ということではなくて、肉も含め全体を食べるスタイルの料理とは、別ものと考えればよいのじゃ?

これは正しいか間違っているか、という問題じゃあないと思いますし、そういう言い方もしてないつもりです。

そのように偏った受け止め方をされたのは残念です。

まあ、メロンは皮までほじって食べる貧乏性のワタシ、正直皮だけ出されると「肉も食べたいよう」と思っちゃいますけどね。食通やらグルメやらの感覚には程遠いです(笑)
12. Posted by 通りすがり   February 09, 2009 17:40
日本でいう所謂北京ダックというのは何故皮だけなのでしょう。
中国では皮を含め肉を食べます。
皮だけなんて信じられません。詐欺みたいなもんです。

皮だけの北京ダックが‘正しい’と思われるのは残念です。
11. Posted by アリーマ   February 08, 2009 09:50
maruto082さん

美味しいんですってね、肉まん。
ここのはオヤツにはちょっと大きすぎるし、中華街にいると「小腹満たし欲」が生まれることは少ない(いつもガッチリ食べてしまう)ので、なかなか食べる機会がなくて。

今度食べよう、絶対!
10. Posted by maruto082   February 08, 2009 09:00
4 自分的には、北京飯店は蒸し物がうまい!と思ってます。 その場で食べるなら、店頭の肉まんも某有名豚マンよりもおいしいかと。。。。

まるで小龍包のようにジューシーな具で、蒸かしてる間につゆが包の皮にしみこんでいく・・・

( ゚д゚)ハッ! イケナイイケナイ・・・ 今日は行けない・・w
9. Posted by アリーマ   February 07, 2009 11:03
socitonさん

こういう普通中華って、宴会とか接待とか遠来の客とか、特別なことがないと食べないものかもしれませんねー。

この店、営業は深夜までだそうです。
夜中の〆にいかが?
ちょっと遠いか・・・。
8. Posted by アリーマ   February 07, 2009 11:01
>hiyokoさん
調べたら相当検索に引っかかってきたから、まだあるんじゃないでしょうか。
また香港に行くことがあれば行きたいけど、現地に住んでないと人数集まるのは厳しいから「夢」ですね。中華はやっぱり大人数が基本です。
だからオットと二人で行ったときは麺飯飲茶ばっかりだったな。こればかりはしょうがないですね。

料理の写真を見る限り、けっこういい感じの庶民的ルックス。個人的には「皮の旨味だけを噛み締めて味わう」というストイックな高級モノよりはこっちが好きかも。まあ、違う料理といえなくもないですが。

>本須さん
そうなんです。単品ではやけに高い店ですが、コースだと意外なオトク感アリです。上では焼きそばと北京ダックを加えてますが、コースだけで十分な量です。味は良いし料理も手がかかった店なので、変わったものが苦手な人を中華街に案内するときなんかによさそうです。
7. Posted by sociton   February 07, 2009 10:03
ああ、このようなまんなか中華しばらく食べてません・・・
というか、夜にいってないだけかも・・・
6. Posted by 本須   February 07, 2009 01:02
いきつけのブログはマニアックな方が多いせいか、
こういうオーソドックスなコースの話はなかなか見かけないですね。
たまに見かけると逆に新鮮に見えます。

北京飯店はやたら高い印象だったのですが、この点心コースは結構CP良いですね。
これは盲点でした。
5. Posted by hiyoko   February 06, 2009 22:22
アリーマさん♪

わたしが香港に住んでたのは2001−5年です。
鹿鳴春が今でもまだあったら、ぜひアリーマさんを
ご案内したいわ。そのくらいオススメです。
で、大人数のほうがいいお店です。

http://homepage3.nifty.com/salon/
「2005年夏香港の旅」
の一番下にお料理の写真がありま〜す。
4. Posted by アリーマ   February 06, 2009 21:59
ひとりメシさん

まだやられてますかあ。
ワタシは漸く「明け」のような感じです。
あんまりに辛かったんで、かなり用心してるんですが。
今年の風邪はしつこいみたいです。
長引く風邪には漢方なんて意外と良いですよ。

誰かが仕切って決めた宴会だの仕事の接待だの、という機会がなければ、確かにこういうオーソドックスなものって食べないですよね。
避けてるわけじゃないけど、ついつい奇をてらったものに走りがちなのだろうか・・・?
ワタシもかなり久しぶりでしたが、この店はかなり美味しかったです。
食事のみで一人4000円くらい予算が取れるなら、けっこう良い選択しだなと思いました。

ともあれ、お大事に・・・。
3. Posted by ひとりメシ   February 06, 2009 21:42
中華街では意外にこういう中華!としたものを食べてないなあと思いました。
北京飯店も行かないですし(笑)

…今年の風邪は要注意です。
まだすっきりしません(涙)
体力は落ちてるのに食欲が落ちないのはなんですが(苦笑)
2. Posted by アリーマ   February 06, 2009 21:41
hiyokoさん

好みもあるとは思いますが、小龍包は間違いなくオススメです。是非どうぞ。

香港にお住まいだったんですね。
ワタシは昨年行ったのですが、現地の中華系飲食の物価は、当然場所や内容にもよるけど「三割安」という印象でした。いつごろお住まいだったのかわからないのですが、時期によってはもっと安いかもしれない。
その店は調べたら現地でも安くて美味しいと評判の店だそうですから、そのくらいの値段だろうなあとは思います。
北京ダックは高級品イメージが強くて、香港でも場所によってはその倍くらいしておかしくない料理ですから、この店の値段は「こんなもん?」という感じです。どっちみち高いもんです。
都内の有名店だと一羽15000円とか。この場合はけっこう立派なプレゼンになりますが。

しかし、こういう値段って日本国内に限っても単純には比較できないもの。
海外の価格と比較するのはちょっと無理があるかなあ。
日本のラーメンが海外で一杯千円以上しちゃうようなことを考えても、価格ってモノによりところにより違うもんですから。
でも4000円で一羽は確かに安いですよねえ。
そういうのを一度現地で食べてみたいなあ。
1. Posted by hiyoko   February 06, 2009 19:20
わ、一番のり!
日本で小龍包のおいしいお店に出会ったことがないので
うれしい、うれしい、行きます、行きます!!

それにしても、北京ダックってそんなに高いのですか?!びっくり
実は、わたしは香港に住んでいたことがあるのですが、
家族で贔屓にしていた「鹿鳴春」では、4000円も出したら
北京ダック一羽を食べて、おつりでデザートも食べれるぐらいでした。
あれは破格の安値だったのだなぁ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔