April 15, 2009

中華街『雲龍』がいい味出してる♪ 〜食後の紅富貴茶は花粉症に効く!!・・・か?〜

横浜中華街といえば、世間的には中華の伝道にして聖地。
とりあえずその辺をウリにして、日々貴重な観光収入を荒稼ぎしている街なのは
間違いない。

どうでもいいような円盤型ヤキソバの某店が、全国各地から観光客を集めまくって
旧ソ連邦的行列体験もできるようになっている。

その向かいにひっそり佇む古典的な庶民派中華。或いは「うらぶれ系」ともいう。
『栄楽園』も同様だが、知らなければ入ろうとも思うまい。
こういう「うらぶれ昭和中華」は、たいがい小アタリか大ハズレのどっちかだが
南区の恰幅大魔人中華街探偵氏はじめ、皆さん好意的な評価。

一度入ってみようと思いつつ、それでも店の前だけ通り過ぎていたのだが
ある夕方にひどく牛バラ麺が食べたくなった勢いで入った。

雲龍 001

真っ直ぐな麺に醤油系の典型的な和中華スープ。
とろとろに煮込まれた牛バラ。
化学調味料は入っているが、ギトギトとくどい味はしない。
さっぱりしたスープに牛バラのコクが混じって、こりゃウマイのだった。

こんなことならもっと早く来てみたかったな。
チープなりに丁寧に作ってあって、なんだかほっとする味だ。

『栄楽園』のようなB級ながら殿堂入り中華、という程のものでもないが
さすが中華街でこういう形態の店を長年続けているだけのことはあると思う。
遠路はるばる遠征してくるほどの店ではないにしてみても。

あくまでご近所向けの店らしく、ワタシが行ったときはムサい学生風の男子らが
ぽつぽつと現れてはナニカシラの「大盛り」を食べていた。
これがみんなジャージ姿だ。
ここのドレスコードはジャージなのか?とつい思ってしまったな。

ま、そういう店です。
気に行ったのでまた寄ろうと思う。
ムサい男子はともかく、ということですがね。
ジャージで晩飯・・・なんだか青春だな。
特に嬉しくもない光景だが、とりあえず臭くなければ許す。

ワタシはやったことがないのだが、我が同窓の男子学生諸君の多くは新入生当時
ジャージで学校行ってジャージで学食行ってジャージで体育やって
ジャージでラーメン喰ってジャージで風呂屋行ってジャージで酒飲んで
そのまま寝て起きて学校行ってたのを思い出したよ。
ちなみに彼らは臭かったです。


雲龍 (中華料理 / 元町・中華街、石川町、日本大通り)
★★★★ 4.0


さてちょいとお茶でも・・・とぶらぶら蘇州小路へ。

悟空teabar 001わりあい最近できた『悟空TEA BAR』
セルフの店だから期待していなかったが
なかなか雰囲気良くてまったり和む。
しかし値段もセルフにしては強気。
写真の八宝白玉汁粉は甘さ控えめで
確かに美味かったのではあるけれど
量が実に「ちょんもり」だ。
大変女子向け?

ワタシの甘いもの消費量が最近上がっているから、ということでもないと思う。
このお茶碗たらホントに小鉢サイズ。
「少なめ」よりも若干「ケチ臭い」ほうに振れてしまいそうな量かなあ。

店の雰囲気は大変良いから、あくまで「お茶する場所」という認識で行けば
よろしいのかと。
この辺はさすが『悟空茶荘』のオシゴトです。

「セルフのわりには」とは言ったものの、セルフであるがゆえにスタッフの視線が
全くない環境というもの自体は悪くないと思う。
自分だけで好きに過ごせるので、思いがけずのんびりできる。
裏横浜の『Cimolo Cafe』なんかもそのパターンだ。
ちなみにジャージ姿は見かけませんでした。
コギレイ女子度ほぼ100%。
「ほぼ」なのはワタシが隅に座っているからだよどうせ。

このときに飲んだ紅富貴茶は花粉症に効くらしいので買って帰った。
効いたかどうかは定かでないけれど、結構気に入って愛飲している。
良いといえば良いような気はするな。
とりあえず緑茶なんで、和菓子によく合います。
かくして菓子消費がまた増える。

花粉症については、紅富貴茶が効いたのかワタシの花粉症はスギだけだったのか
最近どうにかそれほど目も痒くなくなってきたけれど。
あともう一息、な感じ?
ああやれやれ。



ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
お菓子の中毒性は実は酒並みだ、と痛感している今日この頃・・・。




紅富貴茶はコチラ。


ぼくと1ルピーの神様 (ランダムハウス講談社文庫)ぼくと1ルピーの神様 (ランダムハウス講談社文庫)
著者:ヴィカス スワラップ
販売元:ランダムハウス講談社
発売日:2009-02-20
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

最近読んで面白かった本。映画『スラムドッグ$ミリオネア』原作。
悲壮感がない軽いタッチながら、インド社会の複雑さが伝わってきます。
映画もみたいなあ。

arima0831 at 14:50│Comments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 中華料理(2008.6~2010.12) | 横浜中華街

トラックバックURL

この記事へのコメント

6. Posted by アリーマ   April 16, 2009 10:33
kanさん

メディアの力ってすごいです。
あそこまで騒がれなければたまには食べようという気になったかもしれないんですけどねー。

しかし、どうでもいいことは間違いないかと。
5. Posted by kan   April 15, 2009 23:56
>どうでもいいような円盤型ヤキソバ
(^^)…その通りですね〜
4. Posted by アリーマ   April 15, 2009 23:03
>本須さん
そうなんです。
ここの排骨麺、結構アコガレです。

この店、確かに「ジャージ着たヲッサン」もいそうな雰囲気ですね・・・。

>つちころりさん
海員閣はワタシにはどうもNGだったんですよね。

なるほど「貧乏男子向けサービス」アリの店なんだ。
そりゃあジャージのまま現れるわけだわ・・・。

>酔華さん
一時期お店を休業したとの由で、ずっと行きそこねていたけれどやっと行けました。
いいお店ですね!
3. Posted by 中華街ランチ探偵団「酔華」   April 15, 2009 21:42
ここは大好きです。
おじさんが鍋を振っている頃は、
排骨麺のスープはもっと透明でした。
その後、おじさんが倒れ、
おばさんが鍋を振るようになったとき、
スープにあるものを足したと仰っていました。
それで、色がすこし茶色くなったようです。
でも、これはこれで美味しい。
2. Posted by つちころり   April 15, 2009 20:59
海員閣の牛バラそばとは、実に対角をなす、あっさりそばです。割と好きです。

雲龍は、若い人には、麺やご飯を多くしてくれるんですよね。
その意味でも、とても、暖かい、中華街らしくない店ですね。

1. Posted by 本須   April 15, 2009 17:48
雲龍は派手さはまったくありませんが、
まっとうにおいしい店ですね。
末永くこのスタンスを貫いて欲しいです。

で、次は排骨麺あたりはいかがでしょう?

ジャージ着てビール片手にハチノスつつきながら、
テレビを見るという手もありますが。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔