March 25, 2009

福富町『ソウル麻浦屋』でヘジャンクック 〜WBCが呼んだ赤辛熱衝動!〜

嗚呼、WBC!

北海道某所で歯科医をやっている友人のクリニックでは、
日本がアメリカに勝った瞬間翌日昼間の予約キャンセル電話が鳴り響き、
当日ゲーム中は普段ごった返す待合室が静まり返っていた、とぼやいていた。
電話はチンともならなかったそうだ。

予選からこんな調子だったんですと。
「明日また試合」と決まった瞬間にドドドとキャンセルが殺到して翌日は閑散。
きっとどこも似たり寄ったりだったのだろうな。
日本人はやっぱり野球をこよなく愛する国民なのだよ。

ワタシも昨日は野球だけで終わりました。ははは。
WBC自体は突っ込みどころ満載なイベントだと思うが、横浜の人間なら必ず
内川のファインプレーとムラタへのチームメイト愛にうるっと来ているはずだし
イチローの勝負を決めたタイムリーに快哉を叫ばない人はかなりのへそ曲がりだ。
別にへそ曲がりでもいいんですけどね。
スポーツはドラマよりはるかに劇的だ、としみじみ思ったりした昼下がり。
いやあ、いいものみせてもらいました。

国際試合といいながらひたすら日韓戦ばっかり見せられたWBC。
アメリカが日韓キューバと緒戦で当りたくないからあんな組み合わせだったんだろ
と言われても致し方ないほど、結果的に他のチームが大味だったものだから、
余計に日韓両国の存在感が増す。

韓国チーム・・・
日本の予選で見た瞬間に「韓国では恰幅が良くて運動神経のいい男子は
相撲じゃなくて野球に全面吸収されるのね」とつい思ってしまったな。
ホントのところどうなんだろう?

なにしろ体が太くてでかい。
別に馬鹿にしているのではないよ。
4番のキム・テギュンなんか、最初は「貴親方」なんてふざけて呼んでいたけれど
あまりに何回も何回も見ているうちに妙な愛情が湧いてしまって、
このまま日本のプロに移籍してくれないかしら、なんて思いはじめる始末。
日本じゃ最近は、ああいうドカンとぶっとくてパワフルな打者を見かけないから
もう昨日でお別れだったのね、と思うとかなり寂しい気分になるわ

・・・と思っていたら、阪神が来シーズンに向けて獲得に動いているそうな。
そうかなるほど。これから日本に来る韓国選手がどんどん増えるのだろうな。

ちなみにイ・デホは「若お兄ちゃん」です。
やっぱり阪神が狙っているらしい。
阪神打線が大相撲化する、の図(?)。

というわけで、突然韓国の汁物が食べたくなってしまった。
毎日毎日韓国選手の顔ばかり見ているのだから、無理もない反応だよ。
皆さん焼き肉なんか食べたくなりませんでした?

気がつくと福富町の『ソウル麻浦屋』に座っているワタシ。
いや、さすがに昨日じゃないですけれどね。
まだ日本で予選をやってたときの話。
初期衝動、というやつかしら。うにゃ。

ソウル麻浦屋 001相変わらずおかずがたくさん出る。
キムチとカクテキは鉢に山盛り。
「タッパを持ってきてこっそり持ち帰りたい」と
いつもひっそり思うのだが
毎度衝動的にふらふら出かけてしまうので
残念ながら残してしまう。
あれ、結構な量だけれど
残ったらどうしているのだろうね?

この日はたまたま花粉症で目がひどく痒かったので、5分ばかり真剣に悩んだ結果
赤くて辛くて熱い汁ものはやめる決断を下す。
定石を捨て気合で勝負を挑んだ結果、タイムリー決勝打を浴びるのも人生だろうが

・・・でもやっぱりちょっと目が痒いんだもん。

食欲に負けて体調と勝負するよりも、後を考えて敬遠を選んだのである。
ええとこの日はWBC決勝よりもかなり前ですが。

毎度ソルロンタンなので、今回はなにか違うもの・・・とメニューを見ていたら
「ヘジャンクク」が目に入った。

ソウル麻浦屋 003

ヘジャンククは「二日酔い対策に食べるスープ」が本来の意味で定型はないらしい。
有名なのは牛の血豆腐やモツ類なんかを入れたもので、前からどんなものか
一度食べてみたかったのだ。

この店は味噌風味で、具はそれほどたくさん入っていない。
ソルロンタンが抜群に美味い店だけに、スープ自体は間違いなく素晴らしいから
とりあえずは安心して食べられる。

さりげなく「これカライです」と横に添えてくれた小鉢の緑色のモノは唐辛子。
まあ彩りに、とパラパラ入れてみたら、これがかなり強烈に辛かった。
韓国やタイの人が「辛い」というものを、日本人は決してナメてはいけません。
過去覚えているだけで既に韓国料理で一度、さらには四川でもう一度くらいは、
食事の場が修行の場と化すカラくてツラい「辛辛経験」をしているので、
慎重にひっそりと数片入れただけだが、それでも結構シャープに辛くなった。
うっかり鉢ごと全部ぶちまけていたら・・・と軽く畏れを抱く。
ワタシだって少しくらいは学習するのである。

ソウル麻浦屋 004

近くに寄ってみる。
このヒラヒラと浮いているものはスネ肉を煮たもののようだ。
「ウゴジ」と呼ばれる牛の血豆腐とやらは、どこにあるのかよくわからなかった。
血豆腐って名前とイメージ(血の塊)のわりに味は淡白なものだけれど。

ソルロンタンより少しだけクセのある匂いがする。
もっとすごいモノを予想していたので、ちょっとだけ当てが外れた気分になったが
それなりに美味しくいただいた。
個人的にはここはやはりソルロンタンが「決めの一品」なのかもしれない。

ところでこの日に赤くて辛くて熱い汁物をあきらめてしまったのは大きな失敗で
以来立て続けに韓国チームの姿を見続けたもんだから
「ユッケジャ〜ン、コプチャンチョンゴルスンドゥプチゲ〜」などという語彙が
怪しい呪文のように脳裏を渦巻いて離れず。

昨夜はオットと出かけるのに、実に辛い思いで福富町突入を諦めたのだ。
なんぼ厚顔なワタシでも、昨日の夜の福富町で日本の勝利に祝杯は上げられん。

嗚呼必ずや近いうちに・・・と胸中ぶつぶつ呟いているのであるよ。

尚、愛するダルビッシュくんの髪が生え揃っていて、かなりほっとしたことを
ついでに申し添えておきます。
坊主でいる限り鼠先輩の呪縛から逃れられなかったんだもんね。
もうアレはやめてくれ。


ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪


追伸:
イチローの打撃シーンは山ほど放映されてるが、打つ前のドラマにしびれた。
あれを是非もう一度みたいので、動画をくっつけておきます。自分用♪




WBC 2009プレイヤーTシャツ、4月中旬入荷分予約受付中だそうです♪

プロ野球選手カラー名鑑2009 (NIKKAN SPORTS GRAPH)プロ野球選手カラー名鑑2009 (NIKKAN SPORTS GRAPH)
販売元:日刊スポーツ出版社
発売日:2009-02-14
クチコミを見る

最近はテレビの横に常備してあったりする。

arima0831 at 15:30│Comments(7)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 韓国料理 | 日ノ出町・伊勢佐木町

トラックバックURL

この記事へのコメント

7. Posted by アリーマ   March 27, 2009 16:57
>にっきさん
ワタシのダルちゃんはやっぱりロン毛が似合います。

そうそう、大相撲化した阪神打線は、嫁ぎそこねの三浦番長の希少な勝ち星をさらに減らしかねないからちょっと心配。

>トリノさん
韓国チーム、確かにイケメン度激薄でした。
え〜どうして・・・と思いながら、サッカーのアン・ジョンファンの類を目を皿のようにしてまず探したが、かなり残念な結果に。

ダルくんは出来婚すら順調らしいです。
勝ってなにより。結果オーライだもんね。
6. Posted by トリノ   March 27, 2009 09:41
9回で、あのまま日本が負けてしまったら、ダル様はゲーハーでしょうね〜。
つか、ダル様、突っ込みドコが無くてキライ。
出来婚くらいかな?突っ込みドコ。
えぇ、男の嫉妬はみっともないです。キィキィ。
因みに妻曰く『日本人選手は皆カッコ良い。シュッとしまってる』だそうで。
私ん中で、しまってるのは妻への愚痴くらい。。。
5. Posted by にっき   March 27, 2009 09:14
ダルビッシュ君の髪の毛が生え揃ってようございました。鼠先輩ってもう言えないのがつまらないけど。WBCは仕事中にハラハラしながらネットで追っておりましたので(アタシだけじゃないゾ)、終わったときには本当にこちらまでグッタリって感じです。
大相撲化した阪神打線は強力そうですね。横浜・・・大丈夫ですか?(大丈夫なワケないですよねぇ・・。)
4. Posted by アリーマ   March 26, 2009 12:09
つちころりさん

やっぱりなんとなく韓国系のものを食べたくなりますよね。
深いものなく、単に食欲的な連想が反応する・・・。

中島は韓国で非難轟々だそうで。
ヘルメットって割れるもんなんですね。
あれって剛速球が頭に当っても大丈夫なように作られていたはずだが?

ゲッツー阻止に体を張った方も必死だったんでしょう。野球も格闘技だなあ。
3. Posted by つちころり   March 26, 2009 00:52
WBCをみて思わずまた豚パパに行って来ました。
UPはしませんが、チーズチヂミが美味しかった。

私的にはゲッツー崩し?にヘッドスライディング
は、命を縮める危険な行為かと…。
君は悪くない、中島。
2. Posted by アリーマ   March 25, 2009 19:58
ひとりメシさん

そうかあ。
なるほどやっぱりコレは変則形なのですね。
「味噌味ですけど」と一言付いたのは、赤くてコッテリじゃあないやつだよ、ということだったんでしょうね。

でもやっぱり血豆腐(こうしてみるとコワイ言葉だな)たっぷりの赤くて辛くてこってり濃いやつを食べに行きたいいぃぃー!
1. Posted by ひとりメシ   March 25, 2009 19:27
穏やかな色のへジャンクですね。私が食べるのはカムジャタンのジャガイモ抜きみたいな真っ赤なヘジャンクとか、血豆腐たっぷりのこってり系なのでこういうのはほっとする味だろうなあと思いました。

いつか血豆腐たっぷりのヘジャンク食べに行きましょーう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔