April 22, 2009

秋葉原『過橋米線』の極ウマ米線 〜胃もココロも温まります♪〜

久々に旧友アパ経と都内で暴れ・・・もとい飲みに行く。
まだまだ春遠い、木の芽の気配も薄いころ。
オット不在時である。

今更改めて言うまでもなく、オットが留守でないと夜の外出が出来ない・・・
なんてはずはないのだが、でもなんとなく「オット出張不在=夜遊びエスカレート」
になってしまう。

普段あれほど飲んだくれ遊び回っておって、一体どのあたりをどうやったら
もっとエスカレートさせることが出来るのか・・・と我ながらフシギに思うのだが
人間やればできるものなんである。
そこかよ、努力のポイントは?

今回は体を労わるべく薬膳中華を!ということで、秋葉原の『過橋米線』へ。

過橋米線早々と時間前に着いてしまったので
まずはビールでお通しをつつく。
ここのお通しはビールによく合う。
この日は厚揚げと茹でピーナッツの
ピリから和え。
日曜日の夕方5時を回ったばかりの店内に
ぽつぽつとお客が現れはじめた。

前回は今ひとつ気付かなかったが、店内は明らかに「アキバ系」の若いモンと
「中華中毒中年系」と言おうか、要するに現地風中華大好きなオッサンが
適宜混じりあっている印象。
週日だと御茶ノ水方面から地味な色合いの勤め人なんかも混じってくるのだろう。

メニューを見ていて改めて「ははあ」と妙に納得する。

サザエレンコン

何故かなかなか現れないアパ経を待ちながら、一品298円の小皿をいくつか。
サザエの雲南風冷製とピリ辛蓮根。
どの料理も多かれ少なかれ辛くて、とりあえず間違いなくソコソコ美味い。
ただし、酒の肴にすることが主目的の小皿料理なりではある。

なるほど、雑多な顧客層向けの中華居酒屋にもなるメニュー構成だ。
こんなもんをつつきながらマッタリするのも悪くないしね。
ビールおかわり。

とこうするうち、白いマントの裾を翻しつつアパ経登場。

ものの例えや冗談ではなくて、これが本当に白いマントなんであるよ。
時と場を大切にするアパ経は、アキバで食事なので大鷲の健のコスプレをしてきた
・・・のではなくって、昼間の集まりに合わせてフォーマルな装い、なんだそうだ。

このマントがあまりに白くてデカいので、ピッピッと醤油ダレを飛ばしたい衝動に
なんとなく駆られたが、ガッチャマンが怒ると大変だからやめておく。
なにしろアパ系の爪の鋭さはガッチャマンどころかベルクカッツェをも凌ぐのだ。
ああ怖いコワイ。

「ヤ〜マトの諸君!」という色違いなコメントとともにマントを脱いで座るアパ経。
実を言うと三十年ほど前にはアニヲタだった二人なのだよ。
年若き方にはワカラン内容でスミマセン。

モツ煮込み水餃子

雲南風モツ煮込みがなかなかイケる!
お茶碗一杯たっぷり盛られて298円ならば素晴らしい。
これも辛いのだが、クタクタにじっくり煮込まれたモツにじっくり染みていて、
温めた紹興酒を一本もらってチビチビやるのには最適なお供だ。

勢いでついでに頼んだ水餃子は・・・アキバ中華居酒屋小皿的だった。
まあいいや。水餃子を食べに来る店でもあるまい。

汽鍋(大)

薬膳気鍋鶏。
漢方風味は薄くて実にあっさりとした美味しいスープだ。
味付けは塩のみだそうだが、ベースが良くないとこうはならないぞ♪

青菜炒め大理回族羊肉

青菜炒めはまあまあの出来。
『大理回族羊肉』なる辛い羊肉の炒めものもウマイ。
全体に辛い料理ばかりだが、それぞれにひとひねり入っているから食べ飽きない。

本当は豆腐料理なんかも食べたかったのが、この辺でお腹一杯になってしまった。
こういうときは予備の胃が欲しい。

米線(大)

オナカイッパイと言いながら、これを外しては帰れない過橋米線。
今回は三七、クコ入りの薬膳過橋米線にしてもらった。
汽鍋とベースは同じ美味いスープがどんぶりに注がれて熱々状態の上に
薄く鶏の脂を張って出てくる。
そこに別皿で出される鶏肉、豚肉、ハム、叉焼、いか、湯葉、もやし、豆苗などの
具材を卓上で放り込んで調製してくれる。
薄切りの豚肉は生で出てくるが、一気に火が通って豚のコクも加わるのだ。

過橋米線 014

一応こんな風になっています、という参考写真。
前回のもの。
今回は夢中で食べてるうちに撮り忘れた・・・。

具材を入れて大きく混ぜると、様々な旨みが混じりあった湯気がフワアと上がる。
湯気だけでこれだけウマソウなのだから、啜ったらもう陶然となってしまう。

汽鍋と味がかぶりそうなのだが、鶏脂の膜やら具材のコクやらが入って
違う味わいのスープが出来上がる。
この店の料理は概ね間違いないと思うが、この米線は別格だ。
うますぎて他の料理がごく普通に思えてしまうほど。

米線「米線」なので米粉でできた米線が
具材と時間差で投入される。
この麺がまた良い!
不思議なクニュクニュの腰があって
断面が丸いせいか食感も面白い。
乾麺ではなくて生麺なのだそうだ。
汽鍋も捨てがたいが
この米線は他にない逸品だと思う。

米粉の麺なので、食後感は軽くて胃に優しい感じ。
どんなにオナカイッパイでも、これならばするりと滑り込んでくれる。


前回はコースだったのでわからなかったが、この店はアラカルト注文でも安い。
オマケに酒も安い。
こんなにうまい上に安いのだから、本当に困った店だと思う。

横浜にあったら通ってしまうだろうな。
なんとか横浜進出してくれないかしら。

ところでその後、帰宅してメールを開けたら
「今銀座を出るので、ゴメンちょっと遅れます」という気の効いた携帯メールが
アパ経から届いていた。
ああここにも文明文化に取り残されたものがおるよなあ・・・と、
妙に優しい気持ちになったのだった。



ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
胃もココロも満たされる店。次はいつ行けるだろう?



ガッチャマンなりきりコスチューム。6500円也。
(注:アパ経女史着用の一品は高級品ですから・・・?)


中国/雲南少数民族の音楽中国/雲南少数民族の音楽
アーティスト:民族音楽
販売元:キングレコード
発売日:2008-07-09
クチコミを見る


arima0831 at 23:59│Comments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 中華料理(2008.6~2010.12) | 神田・御茶ノ水

トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by アリーマ   April 26, 2009 11:45
Ryumanさん

さすがもうリピート済みですか。
Ryumanさん、さりげなく物凄い「ご健啖」なんで、食べ過ぎちゃったと言うとどれほどの量に・・・?!

このスープは本当に病み付きになりますよね。
なかなか遠征できないのが辛いですー(笑)
3. Posted by Ryuman   April 26, 2009 10:04
やや、過橋米線ですね〜。
あのスープにあの麺はかなり記憶に残ってます(笑)。
私もあの後また行ったのですが、薬膳だからといって自分に言い訳して思わず食べすぎちゃいました〜。
2. Posted by アリーマ   April 24, 2009 16:50
アパ経さん

そうそう。
確か普通に紹興酒を一本空けて、更にまだ紹興酒を飲み続けた記憶はあるが、写真によると生ビールも机にのっている、という・・・。

アレだけ食べて飲んで「え?」ってくらいの値段だったと思う。
また是非!
1. Posted by アパート   April 24, 2009 12:56
「はっはっは...さ〜らばだガッチャマン!」
ということでもう暖かいのでマントを着ていない
アパ経です。おいちかったねえ、あそこ。
紹興酒なんかもいいいっぱい飲んだのに安くてねえ
...また行きたいです!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔