April 26, 2009

横浜西口『だんだん』で羊喰いになる 〜ひとりメシ嬢とふたりメシ 春の陣〜

春うらら・・・かなあ?という頃、ひとりメシ嬢と羊を喰いに『だんだん』へ。

一人で地味に炭火に向かう作業も決して嫌いではない。
ここは店の雰囲気も良いし、オーナーの多田さんもいつも良くしてくれるので
特に一人が苦痛な場所でもないのだが、やはり焼肉に同行者がいるのは嬉しい。

なにより春には羊が似合うではありませんか♪

一人でたまに出向いているのだけれど、記事にあげるのは久しぶり・・・。

海鮮盛りまずはクーポンで半額の海鮮盛り。
焼くのがちびっと面倒くさいが
これで二人前千円だったら
なかなか豪華ではないですか。
お店自慢のエリンギも頼もうと
思っていたら開店直後に売り切れ。
エリンギ大好きなひとりメシ嬢が
ちょっとがっかりする様子が申し訳ない。

ワタシがしゃべってる間に売れちゃったのだ。
ゴメンネ。

ブルーチーズ煮込み

毎度おなじみ、と言いつつも意外と久しぶりの『ラムのブルーチーズ煮込み』
最近は別注文のナンでソースを拭える。
ラム独特の風味にレモンの入ったブルーチーズのソース。
この組み合わせは鉄板だ。
ブルーチーズとラムのクセをレモンが繋いで生かして、別の世界を作ってくれる。
これがまたビールにあうから、一気に「ビールよ進めよどこまでも♪」モード突入。

ジンギスカン

艶々とした肉肌が美しいジンギスカン用羊肉。
ジン鍋の写真を忘れたが、モヤシとタマネギを下に敷いて焼く。
焼くうちに羊から落ちる脂は、鍋の下にある溝にたっぷり溜まっていくのだが
いい肉の例に漏れず、ここの羊はなにしろ脂もウマイ。
この溝のところにタマネギを敷いておくと、流れ落ちた脂がタマネギに染み渡って
余さず美味しくいただけてしまう。
モヤシも脂を吸わせてしんなりしたものをワシワシ。

モヤシやタマネギもいいが、やっぱり羊肉!
店特製のジンだれも良いのだが、やはり肉がいいから岩塩をちょびっとだけつけて
ワシワシ食べるのが、肉の旨みがストレートに味わえるからワタシは好きだ。
端がカリッと焦げたかな?というところで、口にはふはふ放り込む至福よ♪

長葱のぶつ切りも追加して、鍋すそに敷き詰めてみる。

ハーブカルビ

ハーブカルビはしっかりと焼いてください、とのこと。
骨の回りは味も旨みも濃厚だ。
骨つき肉を齧るのって、どうしてこんなに楽しいのだろう?

で、鍋すそに配置した太い長葱に、この旨みと香ばしい羊の脂を含ませてやる。
いい具合にしんなりするまで辛抱強く待って、おもむろにアチアチと頬張るのだ。
こうすると肉は倍美味く食べられるなあ、と思う。

ロース

そろそろお腹がいっぱいだが、これを食べずに帰れないロース。
写真は以前に撮ったもの。今回はがっついて忘れてしまった。

今回は「これホントにラムですか・・・?」と不思議に思うほどの巨大な塊登場。
写真のものより二周りほど大きい。
「なんでこんなにでかいんだろうね〜?」と多田さん。
しかし、臭みのない柔らかい肉質は確かにラムのものだった。

こちらは軽く外を焦がす感じで、中はレアのまま岩塩少々で食べる。
頃合に焼けてくると、多田さんが大きなハサミでちょっきんちょっきんと
肉を切り分けてくれるのも楽しい。
骨の部分はもう一度焼きなおしてしゃぶる。
骨をしゃぶるのが好きなのだ。
貧乏性なのでね。

本当はシビレも食べたかったが、この辺で定量に達した。残念無念。
是非とも次回に!

いやあ喰った喰った。
肉も脂もけっこう摂っているのだけれど、香と旨みは強いのに味わい軽いのが
羊肉のステキなところだなあ。
しかも牛肉の半分以下の値段だからなお嬉しい。

羊肉ブームはどこかに消えてしまったけど、ここだけは頑張って生き残っている。
これからも羊喰いの安息所として、末永くいい肉を食べさせてね、と切に願う。

久々の羊三昧。
シアワセな春の日だった。

シンプルに羊喰いたきゃ、やっぱりここ以上のお店はないです。


ランキングバナー人気blogランキングへ ←いちにち、いちポチ♪
500円ワンコインは550円ツーコインになったけど、ランチも好評営業中。
ラム丼が久しぶりに食べたい・・・。




ニュージーランド産ラムチョップのお取り寄せ。家で食べたいときにどうぞ。


ひつじにあいたいひつじにあいたい
著者:写真=佐々倉実 文=佐々倉裕美
販売元:山と渓谷社
発売日:2009-04-01
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

北海道に羊に会いに行くための本。喰いに行くほうじゃないです。

arima0831 at 11:30│Comments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 羊肉 | 横浜駅界隈

トラックバックURL

この記事へのコメント

5. Posted by アリーマ   April 28, 2009 12:47
>にっきさん
そうなんですよ。
この子羊の写真を見て「かわいい」じゃなくて「うまそう」としか思えないんですワタシも。

そういえば御主人「羊さん」でしたね。
お互い連れあいは草食系なわけだ。
いや、大きさがちょっと違うかもしれないけど・・・。

>トリノさん
豚系の悪疫が世間を怯えさせている、そう今こそが羊的平和運動促進のチャ〜ンス!といいつつ、スーパーで投げ売りになってる豚肉をこっそり買いまくってるのはワタシです。
豚に罪はない、ていうか、食べる分には大丈夫だそうですから。
怖いのは豚化した人間・・・じゃなくって、感染者ですって。
4. Posted by トリノ   April 28, 2009 12:26
えぇ〜。
と、横レス失礼します。
岩手県も羊の友ですよぉ。
羊食いの友達。
遠野物語を聞きに岩手まで行った時にジン、食べましたもの。
そもそも(偉そう(笑))、日本のジンギスカンの歴史は
〜省略〜
http://www.agri.pref.hokkaido.jp/nouseibu/zinngisukann/2.html

という訳です。
羊肉は宗教を問わずいただけるピースフードですし。
羊肉消費量を増やして、世界平和に貢献しましょう♪〜
3. Posted by にっき   April 28, 2009 07:50
先日、知り合いから南部鉄の羊型の栓抜きを頂戴しました。もちろん、うちの羊のことを念頭において選んで買ってきてくださったのですが「なにゆえ、このような羊型があるの?」と聞いたら「岩手は羊が有名だからではないかしら」とのお答え。ワタクシ、ジンギスカンで羊をワシワシ食べる図を頭に浮かべていたのですが、「そうじゃありません、ホームスパンが盛んなんです!」と強く否定されました。
アリーマさんが記事の下に載せている「ひつじにあいたい」の子羊を見て、舌なめずりをしているのは、きっと私だけじゃないはず。うまそうな子羊ちゃん。
2. Posted by アリーマ   April 26, 2009 21:03
ひとりメシさん

こちらこそ嬉しく楽しく羊肉♪でした。
またぜひ行きませう!
1. Posted by ひとりメシ   April 26, 2009 18:41
先日はありがとうございました。
ラムうまかったですね。
羊ってこんなにおいしかったのか〜と思いました。

だんだんに行ったのがつい先日だったはずなのに遠い昔のようになってしまってました(苦笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔